--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'07.01.Thu

不思議なおっさん、『アスレチック』を弾く

『ゲーム音楽の祖・近藤浩治さんの作った曲が聞きた~いってな気分になって、25でタグ検索していたら気になった動画をご紹介

この時はまだ、新しい出会いの扉が開こうとは思ってもいなかった…(・∀・)



【謎のおっさんがヨッシーアイランドのアスレチック面のテーマをプレイ】

トムという、若干禿げ散らかした眼鏡とヒゲのおっさんがヨッシーアイランド「アスレチック」の楽譜を渡され、それを眺めつつ、左手ベース+和音部分の確認のために鍵盤の上で指を滑らせております
一息ついた次の瞬間…!!

おっさん初見で謎のスーパープレイ
初見だというのが分かるくらい音も外しまくってるし、もう色々誤魔化しに誤魔化しまくってるんだけどそんな問題じゃない…!
だってこのおっさん楽譜しか見てないから!!鍵盤はチラリとも見ていない…っ!\(^o^)/

で、割と雑ではあるけれど勢いで楽しい演奏を終えた後、おっさんはこの「アスレチック」を気に入ったようで『これは誰が作ったんだい?』と撮影者に尋ねます。
そのおっちゃんの気に入った感が伝わったのか、周りで見ていただけのおばちゃん(フルート)やおっちゃん(チューバ)が集まってまさかの2回目

2周目(3:20~)からはその3人での即興演奏になるんですが、この頃にはおっちゃんのピアノ演奏が完璧に。
それどころか、この難曲にアドリブや装飾音まで加えてしまう外国人ならではのグルーヴ感?ジャジィィな感じがたまりません。音楽は国境も言葉も越えるんだね!(´・∀・`)

そして
後日、この「アスレチック」がいたく気に入ったおっさんは、仲間を集めて再録音


【Yoshi's Island Athletic Theme played by the Raspberry Jam Band】

そしてそして
おっさん達はバンドとして発表会(コンテスト?)にも出場


【スーパーマリオ ヨッシーアイランドのアスレチック面の音楽】

編成はおっさんのピアノを始めとして、チューバ・ユーフォ・ヴァイオリン・ピッコロ・洗濯板というなかなかどうして斬新な編成です。
チューバ+ユーフォの金管低音部隊がたまらなくいい…っ!
パーカス担当おばちゃんの洗濯板もシュールすぎていい…っ!


さて、一番最初の動画を見ていた時には”ただちょっとピアノの上手な愉快なおっさん”という認識しかありませんでしたが、動画リンクを踏むにつれ、このおっさんが普通にプロなのが分かってきます。

この愉快なおっさんの名前はTom Brier(トム・ブライアー)さん。
ラグタイム界では名の知れた演奏家さんだそうです。おプロ様なワケです。
ようつべ見てたら、他にも色んなゲームのラグタイム曲を初見で弾いていて(弾かされていて?)、とっても親近感が沸きました(*・ω・*)

その紹介はまた次回!(`・ω・´)
あぁヨッシーアイランドやりたい。大好きなゲームだったなぁ。





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
関連記事
任天堂トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。