--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'06.05.Sat

【休日の】メール返信時の「作業用BGM」【昼間にでも】

オンで知り合った方とメール文通みたいなのをしていて、それがお互いそんなに筆まめじゃないのでラリーをするたびに長くなる。
で、今回は自分が返信する番なんだけど案の定長くなる予感。作業用BGMが欲しい。
しかし歌モノや、いつもテンション上げる時に聞くようなバトルものはあんまり良くなさげ。

ただでさえさっきONE PIECEの最新刊読んだばっかりで気が昂ぶっているのに、それを助長するBGMでは上手いメールなんて書けやしない。

さあどうしようと思って、以前触れた『100分間耐久シリーズ』を、「次メール返信する時に活用させてもらおう( ・∀・)」と思っていたことを思い出したので、メールの返信をしながら聞いてたものを挙げてみます。



【100分間耐久『海底宮』(ロマンシングサガ3)】

海底宮大好きなのでこれは嬉しい…!ヽ(*´∀`)ノ
ロマサガ3サントラ3枚目に集結された神バトル曲達の中で、それらとは相反した静寂の曲なのに厳かに輝いている、ゆったりとしたアンニュイ且つ重厚な曲です。
(これをより心地良く聞くならアレンジサントラの「ウィンディ・テイル」が超オススメ)

しかし重厚故に結構主張が強く、30分過ぎるとちょっと重くなってくる…(; ´∀`)



【100分間耐久『Breezy』(Final Fantasy 8)】

海メロです。『Fisherman's Horizon』に雰囲気似た曲です。8はこういう良曲がホント多い!
これは60分過ぎるのもあっという間でした。FHより空気(BGM)感が強いのかな。



【100分間耐久『浄夜』(聖剣伝説2)】

マナの聖地で流れる曲です。3音で静かに、美しく紡いでいく一曲。
菊さんの、こういう一風なんの変哲もなくて実は計算されつくした系の曲大好きです。
聖剣2は好きな曲が多いので、うpされてたものは色々試させてもらったんですが、似たようなものでも『風の焉わるところ』『暗黒星』はちょっと趣が違いました。何が違ったんだろう?(・ω・)

…と、ここまで3曲は同じうp主さんっていう…最早ケコーンできるレベル…!(゚∀゚)ノ



【FF5海底BGM『深き碧の果てに』を100分!】

『深き碧の果てに』っていうタイトルからしてまず大好きな『深き碧の果てに』
光の届かぬ場所に未知が無限に広がっている様と、穏やかな美しさとを併せ持つ海中をイメージさせるAメロ(マイナー)Bメロ(メジャー)、という構成がしっかりしているので、安定して聞いていられる一曲。
3拍子のアルペジオもちょうど良い速度で一定のリズムを刻んでいて、信頼の安定感に拍車をかけます(・∀・)


※この場合の『100分間耐久シリーズ』は、例えば「FF6のCDをまるっと流したら100分」「バトル曲だけ繋いでメドレーにしてみたら100分」ではなくて、「"仲間を求めて"を100分間エンドレスで流してみた」の意味合いの方でチョイスしてます。

今回挙げたものは『メールを心静かに書く用』なので、割りとおとなしめの曲ばかりです。
最近厚っつい新書読んでたので、『雰囲気邪魔しない読書用』としてもいいかもしれんですね。

それから、「耐久シリーズ」系にこだわるのは、・リピートする手間が省けること・繋ぎ目が不明瞭なループなので集中力が途切れないこと、が理由です。
CDでもそうですが、一旦FOしてリピート機能でまたアタマから?…でもいいんだけど、没頭してた意識が一瞬ふっと返るんだなー。これは私の気にしすぎもあるんだと思いますが。

普通に背景に流れて良さそうなのはクロノトリガーの「時の最果て」とか、ICO関連ものったりしない静寂系でいいよね。
あとこの前ちょっと短めのメール打ってた時に聞いて良かったのはマリオギャラクシー「Wind Garden」(60分耐久)
個人的に100分聞きたいのは、前も言ったアンサガの「ヴェントのテーマ」、クロノ・クロスの「次元の狭間」です。
聞きたくてあそこずーっとうろちょろしてた(´・ω・) 作るしかないのかー


ていうかこんなん書いてる間にメール書けよって話じゃね?



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
関連記事
その他ゲーム音楽トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。