--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'05.07.Fri

暑くて溶けたら溶岩魔人になりたい

どうでもいい話。

こないだの『植松イトケン対談』の中で、「昔はFM音源=3和音+ノイズで作ってたよねぇ」という話の流れになり、昔々、ノビヨ師匠がすぎやん先生に会ってその話をしたら「僕は2音で作ってるけどね(どや顔)」と返され若き日のノビヨ青年はえらいビックリしたorz…という有難いお話の件があったんです。
(※全て私の意訳)
(すぎやん先生は効果音が入ることを考慮して2音で制作している、みたいな話でした/DQでいうと『1』はまんま2音ですね)

私自身もそれを聞いて、たった2音であれだけ印象に残るものを作れてしまうという事がとても感慨深くて「流石すぎやま先生だなぁ」と思っていたんです
なので、なんの話の脈絡だったか、相方さんにそのトリビアっつーかビックリ話を分かち合ってもらおう!と勇んで話しましたら

「え… それは何がスゴイの?(´・ω・`)」
と素で返されてしまい

・確かにうちの相方さんは今日日の若者より遥かに音楽を聞かない
・DQは1~3までやってるけど3で止まってる、故に3が最高峰
・他に好きなゲームは「迷宮組曲」 あとナシ
・J-POPもTVで流れるから聞くけど別に興味はない
・CDは年に1枚買ったらいい方


というスペックの持ち主なので、そう返されるのも仕方ないっちゃー仕方ないんですが
「じゃあ分かるように説明しておくれ」と言われた時には、始めは熱く語ってたんですがそれでも奴の顔色が全く変わらないので最後には説明を放棄しました(゚∀゚)
クールダウンした今なら上手く説明できる自信あるんだけど…その時は虚を突かれて上手く説明出来なかったんだよなぁ…

そうか、普通の人にとっては「何がすごいの」レベルなのかぁ…と考えた深い一日でした。


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
関連記事
ゲ音関係トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。