2010'04.16.Fri

ネ申 【植松伸夫と伊藤賢治】 対談 聞けて良かった

そんなワケで
先ほど19時?21時近くまでニコニコ生放送で放送していた『植松伸夫と伊藤賢治の音楽を語る夕べ』

0415.jpg



ノパソを横に置いてデスクトップで別の作業しながら作業用BGMを流していて、ふとノパソの画面を見たらニコ割に対談やってるお!(^ω^)とそっと流れるではありませんか
おせええぇぇええぇぇヽ(`д´;)ノ
気付いたのは19:35…もう40分近く経ってるンン!!!!Σ(゚д゚lll)
二大神の競演を見ないワケにはいかぬ!!と作業超中断して入場!


↓↓以下はちょいちょいメモったもの

・入場した時は二人の代表作がBGMとして流れていました 後半は無音(何故…)
青字は運営からの質問(リスナーからのメール分含)

◆「サウンドクリエーターになるためには何が必要か」
イ「タフであること 精神的に」
植「実践で鍛えられることが一番 (自分には相応の知識がなくて業界に入った、という事を前提にして)知識がいらないというわけではなくて、学べることは学んで土台とした方がいい」
イ「あとは核を持つこと」
「勝手に頑張れってことだ」

◆「どんな音楽に影響されたか」
植「中2(1?)から日本の音楽を聴かない事にした 日本の音楽は血がそうだから(=自分が日本人だから)今すぐ出来る。
  知らない自分になりたかったのかもね
  今考えれば演歌も歌謡曲も当然簡単には出来るもんじゃないんだけどね」
イ「歌謡曲、御三家とか」

◆「じゃあ何かこの一曲、この一枚というものがあれば」
植「チャイコフスキーかな。6番のシンフォニーは一生オカズにして飯が食える」(即答)
イ「オフコース…」

◆「一曲作る時の所要時間は?」
植「早い時は30分の時もあれば、1週間~2週間かかる時もある」
イ「(沈黙の後)それ言っちゃうと、今抱えてるプロジェクトがいくつかあって『じゃあ(その期間で)早く作れよ!』って言われちゃうんで…」
植「『プレリュード』は15分で作った曲。坂口(呼び捨て)が早く作れって言うんで、仕方ないからすぐ作った曲
  というか時間の都合上それ以上掛けられなかった」

◆「スクエニ時代と今(フリー)、作品の違いは」
イ「昔の方が勢いがあった。(サガ2リメイクを挙げて)例えば当時21~22歳だったけど、まず曲のテンポが速くてビックリした」
植「昔の方が作品にかけられる時間が長かった。大人の事情だけど、今は契約書で締め切りを決められる。
グラフィックやシナリオそれぞれの担当がいて、皆で実験しつつ作業出来るのが良かった」

…と、笑いも含めつつ結構きっちり答えて下さってました。他にも、
・ノビヨ師匠が『10ショート・ストーリーズ』を急に宣伝、しかし光の加減で中身が全然見えない
・ノビヨ師匠驚きのツンデレを次々と発動
・イトケン深夜アニメを見るの段 しかもけいおん!と荒川…!(´∀`;)
 荒川繋がりで杉田智和ともゲーム音楽の話で盛り上がったとか何とか
・そんなイトケン杉田に負けず劣らずとってもいい声
・イトケン「植松さんとこんなに長い時間喋ったの初めてかも お酒もなく!(笑)」


…と、楽しい話をたくさんして下さいました(*´∀`*)
因みに、最後の方に視聴者プレゼントがあって、それが『SaGa2のパクったCD(ムックのおまけ的な)』(@ノビヨ氏)
あんまりノビヨ師匠が「パクった、イトケンは2枚パクったから」的に囃すのでイトケンが「じゃあやめよっかな?」みたいに拗ねるのが可愛かったです。いい師弟関係や…(*´д`*)

そして、贅沢すぎる時間は終わり…
鳴り止まないアンコールコメントの嵐… 場面転換明けて現れたのはキーボードを従えたイトケン

「あ、ビッグブリッヂは無理だかんね」とコメに返事する余裕も見せつつ、ちょっとお喋りした後鍵盤に置かれる手

まさか…まさかな…(・∀・;)
「ザナルカンドにて」→「ポドールイ」→「悠久の風」→「プレリュード~ファイナルファンタジー」→(間違えて(´Д人)このポーズ)→「Riging Sun」→「Romancing SaGa オープニング」

このメドレーをイトケンのピアノで聴けるなんて…涙出ました。あと間違えて一瞬手合わせて謝るイトケン超可愛かったです。
イトケンのピアノはすごく優しいんだよねぇ…σ(*´∀`*)
流石の生放送で、指先が震えて緊張してるような雰囲気の箇所はあったけど、本当に優しくて温かいピアノでした。
そして皆得なメドレー…リアル泣きましたありがとうございました。

正直こんなに長い時間話すノビヨ師匠を見るのもイトケンを見るのも初めてだったので、画面に噛り付いてる間は良くわかんなかったです。そのコンフュ具合は下の記事参照。
終わって、イトケンメドレーあたりから実感沸きだしました。すごい感慨。
イトケンの口から「光田くん菊田さん」って単語がでるのもすげードキドキしたし、ノビヨ師匠の気さくな大御所っぷりにもワクワクしました。
一回も退出せずに見られて良かった…またこまめに生放送はチェックしようと思います…

・イトケンついった 『帰宅なう~!』可愛すぎる
・生放送なのに水分が机上に用意されていない事に対して、始めは「お水あげてー」「お酒を~」だったのに、次第にコメ欄が『下水道出せよ!!』で埋まってたのは秀逸でした


ホント楽しかった…二大神の豪華すぎる対談、また違った形で見られることを祈って。



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
関連記事
ゲ音関係トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL