すあまにPOTION

ゲーム音楽やその他いろんな好きなものに想いを紡ぐぼんやりブログです。

TOP >  コンサート・ライブ感想/レポ >  ゲ音(アマ)/2015~ >  GAMEバンド8(Octo) Concert生配信見てました🐙

GAMEバンド8(Octo) Concert生配信見てました🐙

バレンタインですね!💝
我が家は母から定期的にLOOKが届くためチョコに困りません!(※Sn⛄w Manちゃんが不二家さんのブランドキャラクターを務めているため大量買いしたチョコが配給される)
ホワイトのやつがおいしいです! あといちご食べくらべのやつ!🍓

どんな前置きやって感じですが、さて、我々ゲ音の国の人たちにもバレンタインデーのプレゼントがやって参りました。

「Game Addict's Music Ensemble 8(Octo) Concert
~サブストーリーは突然に~」!!!


Game Addict's Music Ensembleこと、GAMEバンド(以下Gバンド)さん8回目の定期演奏会です!!🎉

210213gb_00.png
/開催本当にありがとうございました!!!\

当初は越谷サンシティホールでの演奏会が予定されていた8(Octo) Concertですが、
新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の延長・安全管理の観点から、現地開催はされるものの、「会場に入場出来るのは団員関係者のみ」という制約がついてしまいました。

これが発表されたのが、開催一週間前の2/6。
悲しいけれど「こんなご時世だし仕方ないな」、と一般側の客席パート誰もがしょげていたところに、「コンサートを生配信するよ!」の追加発表! これがなんと2日前!! 天啓…っ!!

日々情勢が変わるからこそ、これが予定調和ではなくて、最後の最後まで検討・調整した末の最善手だということがわかる…っ! 感謝…っ! 圧倒的感謝…っ!!
途中から福本化しても伝えきれない感謝っ…! ギリギリでとんでもない荒業を繰り出してくださった…!!

もともと演奏会当日はこのために空けていたし、あとはおやつと飲み物を買い込んでパソコン前に座っとくだけですよガハハ!
当日起きて12時(昼)だったときは青ざめましたね。

 


どうでもいいものですが、一方的に付き合いが長い自慢がしたいので、私のGバンドさん遍歴をおいときますね。

・2011年 EXコンサート→初めて行って感想も書いた
・2013年 4thコンサート→2度目の参戦感想も書いた
・2014年 SPコンサート→うっ頭が(定型文)
・2015年 5thコンサート→行ったのに感想書けてない(アルカイザーさんの写真だけがフォルダに残っている)
・2016年 REコンサート→行く気満々だったのに葬式が被る
・2017年 6thコンサート→第一部のみ参加で途中離脱、絵は描いた
・2018年 RPG Concert→お盆被りにつき断念
・2019年 "7"th Concert→引越ししたばっかで余裕なかった


2018-2019年とお休みしちゃったこともあり、実は今年の8thをすごく楽しみにしてたんです。
過去参戦した4th→6thも越谷だったから、家からはすごく遠いんだけどちょっと親近感あるしさ。

2008年に第一回演奏会を開催したGバンドさん、何気にこんなに長く追いかけてるんだなぁ…
そして今回8(Octo) Concert、ある意味節目というか、ターニングポイントな演奏会になったんだなぁ、しかし私は感想をまとめられていない公演もあり不義理ですなぁ、と思い返しながら粛々と綴って参ります。よろしくお願いいたします。
 
#初めましてのみなさまへ →ようこそ 長いです。
 

  
│Game Addict's Music Ensemble 8(Octo) Concert ~サブストーリーは突然に~
│2021/2/13 (Sat) 13:30 start @越谷サンシティホール 大ホール
│演奏:Game Addict's Music Ensemble

-------------------------------------------------------------------------

【プレコンサート】
・あつまれ どうぶつの森メドレー(あつまれ どうぶつの森)
・FFCCメドレー(ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル)

【第一部】
・Serendipity Parade!!!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!
・ダークプリズン(スーパーロボット大戦シリーズ)
・純愛♡❤十字砲火(BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY)
・スターウルフのテーマ(スターフォックス アサルト)
・エクスデス先生万歳メドレー(FINAL FANTASY V)
・星に駆られて(モンスターハンター:ワールド)

【第二部】
[OCTOPATH TRAVELER より]
・メインテーマ
・メドレー1 ~OCTOPATH~
・メドレー2 ~TRAVEL~
・エンディング

【アンコール】
・魔女と呼ばれる者~覚悟を決める時~魔神の血を継ぐ者(OCTOPATH TRAVELER)
・エンディング(スーパーマリオワールド)

【お見送り】
・OCTOPATH TRAVELER -メインテーマ-(OCTOPATH TRAVELER)


事前にアナウンスがあった通り、13:10からアンサンブルによるプレコンサートがございました。

YouTube生配信のコメント欄には、既にスタンバイしている客席パートのコメントがちらほら。現場での演奏会とは違ったワクワク感が高まっていきます。

・あつまれ どうぶつの森メドレー
パーカッション/フルート/クラリネット/バリトンサックス/トロンボーン/トランペット の6人編成。
全景の配信だとサムネイル化してあんまよく見えないけど、みなさまどうぶつ達のお面を着けてらしたそうで、どのどうぶつか判別できた方には二重の楽しみがあったのではないでしょうか。私はウマしかわからんかった🐴
少し上手寄りに並んだアンサンブルの目の前にはベル袋。もう Gバンドの演奏会 は始まっている…!!

『あつ森 メインテーマ』から始まって、けけメドレーを数曲。2~3曲あったのかな…
曲が終わって、画面の向こう側(客席)から小さく拍手が聞こえるのが「あっ、現地にもちゃんと客席パートがいるんだな」と実感できます。

・FFCCメドレー
リコーダー/フルート/クラリネット/オーボエ/ファゴット/ホルン/ユーフォニアム の7人編成。
賑やかだったあつ森部隊とは趣が変わり、コンサートっぽい黒いお衣装で揃えていました。
リコーダーと木管の音色が可愛い牧歌的な曲を演奏して、続いてカッコイイ『約束のうるおい』。先の1曲なんだったのかな…これはけけメドレーと共に有識者に託します。(他力)

-----------------------------------------------------------------

コメ欄やTLを見ながら余韻を楽しんでいると、5分前に諸注意の影アナ。
\みっなさ~~ん! あっ、ご挨拶は心の中でお願いします! おはようございます!/

Gバンドの名物MC、ソビーさんの声だ!✨
一気に「おはようございまーす!」で埋め尽くされるYoutubeコメ欄! 優秀 and 統率!!

会場と配信のお客様に向けて、それぞれ注意事項をアナウンス。
「LV(ライブビューイング)をご覧のみなさまは、ハッシュタグを付けてたくさんのツイートお願いしますね~!」って元気よく締めたのが「アイドルだ…」と思ったけど、あれは事務員さんだったんですね。完璧なイントロダクション。


第一部

13:30開演。
暗いステージの上、青いホリゾントをバックに奏者さんたちが入場。

・Serendipity Parade!!!

開幕1曲目は、デレマス5thテーマ曲『Serendipity Parade!!!』
「予習しようと思って忘れてた!」と気付いて、プレコン終わったタイミングですぐ予習しました。自宅組便利だなぁ。

ホリゾントがグリーンに変わり、始まるファンファーレ! 同時に明るくひらけるステージ!
原曲が"そう"なので当然なんだけど、すごく吹奏楽向けで1曲目からめちゃくちゃ上がります。

上下(かみしも)から色とりどりの大きなフラッグを持ったお姉さんたちが登場。あっ…お兄さんもいる…??
旗の色はアイドルマスターシリーズを象徴する3色、CuteCoolPassionの属性カラーです。現地組に配布されたパンフレットのデザインは、この曲が使われたライブのメインビジュアルのパロディですな。

今までもアイマス関連楽曲は数多パフォーマンスしてきたGバンドさんですが、ははんなるほど、今回は敢えての入場曲で『素敵な偶然』ツアー(旅)に導いてくれる、そのオープニングということでしょうか。やるじゃない。
と、マーチングバンドばりにしっかりしたフラッグの動きを見てたんですが、後で流れてきた有識者のお話によるとこれは『Serendipity Parade!!!』のアイドルちゃん達の動きと同じらしく…なんだって…

一丸となったフラッグのパフォーマンスに目が行きますが、演奏も素晴らしかったです。Tbとかの低音が格好良くて初っ端から泣いちゃう……

演技終了、会場に響き渡る「私たち~? \GAMEバンドです!/の声!
うわぁ! うわぁぁ!! 今回もアイドルたちはいたんだよ! 泣いちゃうよ!!(すぐ泣きます)
そして会場・コメ欄共にあたたかい拍手…この穏やかな開幕が、困難を切り開いた現状に重なってグッときました。 YPTは流れなかった……(流れたら即死する)

-----------------------------------------------------------------

暗転+青いホリゾントで、奏者さんたちがシルエット状態に。上手に落ちるスポットライトの中、2脚のイスを運ぶ影。
通常の演奏会なら、立ち回りして司会されてたんだろうな。Gバンド名物MCと言えばこのお二人、ソビーさん(女性)とヒローシさん(男性)。着席のまま進行していきます。

「8(Octo)コンサート演奏マメ知識その1 FF5のボス、エクスデスは『ファファファ』と笑う」(SE)
「いよいよ始まりましたOctoコンサート!最初にお送りした曲は~…」

セクションごとにマメ知識を披露してくれるヒローシさんと、クールに進行してくれるソビーさん。
このあたりは事前公開されてたフィルムコミック(※小芝居冊子)を読み込んでいたので、動き少なめ・説明多めの会話劇でもすんなり理解することが出来ました。表面上はな。
何故ストーリーがこうなっていくのかはいつもわからない。

◆演奏会のプログラム用に悪役の役者さんを発注する予定が、いろいろあって「ファーファーいう感じの悪役」を発注してしまったMCヒローシ!
この後のプログラム、本当に悪役の役者さんは来てくれるのか!?



2人の小芝居の後に流れてきたのは、リズムを刻む木管のイントロと邪悪な旋律を奏でる金管…
会場に来てくれたのは『覇王エクスデス』だ~!!! 配信でもしっかり響いてくるEbやティンパニがカッコイイー!
そして下手から現れたエクスデスさん(紙)。小芝居少なめと言いつつ、「魅せる」演出も多かったです。ステージ中央、下部(舞台端)にはスクリーンが用意されていて、そこに映し出される「ファファファ…!」の青いFF5コマンド枠。

・MCヒローシのうっかりミスにより、大変なレベルの悪役が呼び出されてしまったのである!

-----------------------------------------------------------------

「いい感じの悪役って言ったのに、すごく悪いやつ来ちゃったじゃない!」
予想外の事態に頭を抱えるソビーさん。多分みんなそう思ってます。
そこに突然登場したのは、無駄にイイ声・声のみの登場、小難しいことを言うシュウ=シラカワ。
シュウ=シラカワ氏曰く、この会場は"次元のはざま"の力で不安定になっているという…なるほどこれが「サブストーリーは突然に」…

#逆にいつも思うけど、こういうイイ声の人とか可愛い声の人はどこに発注してんだろうな……🤔 地産地消…?

◆やたらと強そうなシュウ=シラカワや他ボスを退場させるため、またも発注をかけるMCヒローシ。
一方好戦的なシュウ=シラカワ、珍発注vs天才科学者、闘いの行方は…!?



・ダークプリズン

「来なさい!グランゾン!!」、シュウ=シラカワの号令から始まったのは、
「スーパーロボット大戦シリーズ」より、シュウ=シラカワのテーマ曲『ダークプリズン』

ステージが明るくなって始まる重厚なイントロ、いきなりボスバトルの様相。終末感とスピード感ある曲調とは逆に、上手からゆっくりとした足取りで登場するのは…先ほどMCヒローシが発注したボスボロット!(着ぐるみ)
対して下手に現れたのは、ちょっと立体で格好良いネオグランゾン(ハリボテ)。すげー最強マシンのはずなのに、ボスボロットの攻撃を受けるときちんと上下に揺れるのが可愛かったです。

敗北したネオグランゾンが退場し、背景が赤く染まってカッコイイままクライマックスへ。ボスボロットも捌けて、最後に演奏にだけ集中できる時間があったのも良かったです。曲カッコイイもんね。

-----------------------------------------------------------------

ブレイクタイム、MCヒローシが「ミ・ナ・ギ・ル~!」なマメ知識を披露。
次の役者さんに確認を取っている間、暗いステージセンターにゆっくりと歩み寄る一つの影…
ふりっふりな青と白のお衣装、金髪ウサミミのアイドルちゃん…サムネでも萌え…これは…??

「えっ、こんな状態からでも来てくれるアイドルがいるんですか!?」
お約束の発注ターンにて驚くMCヒローシ、これは後世に語り継ぎたい名台詞。

ルクセンダルク大芸能事務所からブッキングされたのは、
"スーパースター" 戦場アイドル プリン・ア・ラ・モードちゃん!

ステージ下のスクリーンにプリンちゃんのアイコンとテキストが映し出され、それの合わせて可愛いお声のトークを始めるプリンちゃん。
配信だとちょっと小さくて見えないけど、やりたいことと雰囲気は十分伝わってるからヨシ!!👉

\ミ・ナ・ギ・ル~!/
「みーなぎっちゃえ!それじゃ、聞いてください!🍮」

・純愛♡❤十字砲火

スポットライトの中、う、歌う!? 歌うのかな!? と思ったら、イントロを奏でてくれたのはプリンちゃんのフルートでした!🍮 ステキ!(※Flパートさん)
スローなイントロ終わりにパアッと明転、ブリンブリンな金管低音とベースがイケメン! 超上がる! かっこよ!!
クラップを煽るプリンちゃん、曲に合わせてステージの奏者さんたちもサイリウム! クラップ! ボリュームあるスカートを揺らして踊ってくれるプリンちゃんがめちゃくちゃかわよ…!!😭

ステージ前方では、両手にサイリウム装備したファンの人たちが盛り上げてくれます。右手に女性2人、左手に男性2人でオタ芸打ってくれるんだけども、これが曲とばっちり合っててテンション上がる!⤴⤴
きちんとペース配分してる女の子たちの動きに対して、男性2人が完全にキレッキレのオタ芸。PPPH、女の子側は地に足付いてたけど、男子は完全に跳んでたもんね。(しかもこれLongバージョンなんだよなぁ…)

演奏中、休符の奏者さんたちがクラップ+リウム続けてるのもよき! パフォーマンスだけじゃなくて演奏もすっごく良かったの!
パフォーマンスしてる奏者さんが多いのに、そんなに音が減った感じになってないのは会場全体の盛り上がりや構成(編曲)の巧さもあると思います。

上手でのSaxソロ、ギターソロ、再びプリンちゃんのFlソロと、これでもか! これでもかと詰め込んでくる!
プリンちゃんのFlソロでは、背後に男の人(スタンド)が顕現して、美しくも激しいFl二重奏を披露。勢いがあった…! それを囲んでケチャするファンのみんな。
プリンちゃんには全力ケチャするけど、直前のSaxソロ/エレキソロには腕組んでタイガー*してるファンの法被の人、ストーリー性があって大変良かったです。(*腕組んで直立不動で応援すること)

間奏ではファンサも忘れないプリンちゃん。かたや法被の人、クライマックスに向けて懐から取り出したUOを取り出してパキパキ、ラスサビでUOグルグルマンになってるの主張が強くて最高でした。プリンちゃんのパフォーマンスと合わせて生き様見せていただきました。
その間もTb、Euph、Tubaと低音効かせてくれて耳も幸せだった…も~~目もメモも追いつかねーわ~~!!!カッ

ラストは、黒子さんが持ってきたキラキラ投げテープを客席に投げ入れる4人!
超ライブだった…本当はみんな現地で光る棒持って飛びたかった、飛んでもらいたかったやつだよね! わかるわ!!!😭 でもす~ごい! 楽しかったです!!
ホリが最初はプリンちゃんの青だったけど、曲中は十字砲火の赤になってたのも良い演出でした。「♪十字砲火♡」のサビのフリも良かった~!

「この後も、私のステージたーっくさん楽しんでいってね~!♡」

長っげぇ。(感想が)
どうでもいいけど、ここでBDFF挟んでおいて二部のオクトラへ繋げていく感じ、関係ないようで薄~く繋がってるのがいいな、って思います。最初の公開情報ではやるって書いてなかったもんね。

-----------------------------------------------------------------

◆みなぎっておかしくなってしまったMCヒローシ。一方、まだまだ続くトラブルを解決しようと、警備を依頼していた「スターフォックス」を呼び出そうとするソビーさん。
しかしMCヒローシが発注していたのは「スターウルフ」…それ、ライバルの方!!😫
しかもエクスデスの用心棒として寝返ってしまったスターウルフ、会場を占拠しようと攻撃を始め…!?



・スターウルフのテーマ

宇宙感ある薄いブルーの背景。そして金管が頑張る勇ましさ全開のイントロ!
下手から登場、赤い機体でポリゴンみのあるウルフェン(スターウルフ@黒子さん)、上手から颯爽と現れたアーウィンII(スターフォックス@黒子さん)!!
中の人同士がサイリウムで戦います。十字砲火の余韻が残っている。一見茶番だけど、赤と青のサイリウムによるチャンバラに不思議と感動するとこがあります。曲がいいからね!

下部スクリーンではフォックスとウルフが会話してました。配信でスクリーンは見えないけど、黒子さん同士の闘いではウルフェンが迎撃されたっぽいので、そういうことらしい。
オケの原曲を吹奏楽に落とし込んでなお際立つウルフさんのクールさ、曲のスケール感はすごいなと思いました…

-----------------------------------------------------------------

スターウルフを追い払ったスターフォックス。しかしどうして、今回はこんなにトラブルが多いのか?
「そうか、いつも二次元と三次元をオムニバスで演奏するこの演奏会が『次元のはざま』を発生させてしまったんだ!」

????🤔

「いやいや、今までの演奏会だってオムニバスで大丈夫だったじゃないですか~!」
「でもいつもと決定的に違うことがある…それは『今回は誰も全身タイツを着ていない』ということ!!」

??????🤔
このあたりのコメ欄、草生やしてる層と「???」なピュア層が混在していて大変良かったです。

◆「全身タイツ」に頼らず、スパロボ方式で『説得』してこれまでの強敵を仲間にしたMCヒローシ、エクスデスとの戦いに挑む! 目指すは大団円だ!!



「詳しくはフィルムコミックをご覧ください!」ってぶん投げてたの良かったです。いやフィルムコミック読んだ方が絶対理解は早い。
今も読み返しながらこれ書いてるんですけど、スパロボ方式作成の前に開いたMCヒローシのステータス画面、「最近もらい事故で車がダメになった」ってあってかわいそうだなと思いました。ご安全に…


・エクスデス先生万歳メドレー

覇王エクスデス / 決戦 / 最後の戦い


ついに最終決戦。青いホリゾントをバックに、二度流れるのは『覇王エクスデス』
淡々と進行する中、木管の高音や金管の低音、這うようなベースが重なっていくのが嬉しい…!

轟くティンパニで始まるのが『決戦』! 原曲通り、タムやバスドラのパーカッションがドッコドッコしてるのがいい…! これは会場で浴びたかったね~!😭
音に乗ってお出ましになったエクスデス先生(紙)。Tp高音キレイだったしベースもえっちだった!!

ステージ左側にエクスデス先生(紙)、右側に仲間たちが登場して順に攻撃していくバトルターン。
最初に登場した赤い帽子の人は誰だったの…(素養がないから分からない) 攻撃されるとちゃんと小さく揺れるエクスデス先生。続いてネオグランゾンの出撃&攻撃!

「無が エクスデスを のみこみだした!!」
ゴウゴウと鳴り響くパーカッションの中、下部スクリーンに映し出されるのはエクスデス先生の断末魔もとい例の名台詞。
その間、ハンガーラックから取り外され解体されるエクスデス先生(紙)。ちょっと時間がかかるのを、ドラムやスネア等がどよめかせて間を持たせてるのが流石の団体芸でした。
大きく「無」って書いてあるゴミ袋無にのみこまれていくエクスデス先生、ざわつく配信勢、そして退場…なんか…いいもの見せていただいた……

無に飲み込まれたのでネオエクスデス戦、『最後の戦い』
今回も上手に仲間たちが登場してダメージを与えていくんですけどなんで真っ先に煉獄さん来たの??🔥

ずっとテンション高めの「最後の戦い」、中盤には突然のTpソロ。コスプレ無しの団T男子がファイティングポーズを決めて登場、プロ野球応援並みの高音アドリブ連発でネオエクスデスに攻撃していくのが(概念)グッときます。
ソロの方は前方上手にお一人だけど、後ろで低音を支える金管パートとの響き合いがたまらんです。現地だとまた違ったレイヤーで聞こえるんかな。それにしてもずーっと金管がカッコイイ。

激しいTpの音色に導かれるように、プリンちゃん、武闘派な感じの男子(だれ…?)と、次々と過去の悪役や仲間たちがセンターに召喚されていくのですが
あっ…ひょっとしてこれ下手(左側)にネオエクスデスがいて、右側のプレイヤー達と戦うっていうFF5バトルシステムの形なのか!?🤭
さっきは実体(紙)だったから分かりやすかったけど、ネオエクスデス先生は概念になってしまったので画面には戦う側の人間しか映っていないんですよね。
わぁ~激アツ展開だ! と思ったら、まぁそれは正解だったけど配信では見切れていたみたいです。


#ぴよさんのついーとお借りします🙏🏻

現地組は見えてたんかな、壁面に投影するこのスタイルだと、いつもの寸劇よりものすごくスケール感あっていいですね。
配信組は配信組で妄想の余地を与えていただいてたのでオッケーです!🙆
んっ…今気付いたけど、武闘派の人↑がしてた正拳突き、術式展開じゃないよね…猗●座さんってことはないよね…まさかね…そんな流行りに乗っかるなんてことないよね…

Tpさん、ラストは高音で駆け上がっていって「勝利のファンファーレ」のフレーズで演奏終了。なんかイケてるポーズとって遂行したの、超絶ガンギマリでカッコ良かったです。


「敵役たちと和解し、無事にエクスデスを無に還すことができました~!!」

元気いっぱいに大団円を締め括るMCソビーさん。
コメ欄かハッシュタグで突っ込んでる方いましたけど、エクスデス先生とんだとばっちりだと思うんですよね…MCヒローシに誤発注されて…一方的に無に還されて…
でも呼び出されなかったら、よそでは聞けないこの「エクスデス先生万歳メドレー」は聴けなかったわけなのでオッケーデース!(@ア!)

-----------------------------------------------------------------

なるほどまとまった脚本だった。という訳で最後にもう一曲、と曲紹介のソビーさん。
君に、導きの青い星が輝かんことを… それではどうぞお聞きください~!」

・星に駆られて

モンハンはモンハンでも、よく聞くあちらじゃなくてMHWorldのメインテーマの方! 牧野さん楽曲だ! ありがてぇありがてぇ…!!!🙏

青く染まるホリゾント、少し静寂を湛えてから始まる『星に駆られて』
配信で見てると、ちょうど暗くなったステージ下の左右にキラキラ輝く星が見えるわけですよ。緑に変わったホリゾントと緑のイルミネーション、袖と舞台端の暗さがフレームみたいになって絵画のようで、曲の良さと相まってすごく良かったです。これは現地でも配信でも嬉しい見え方だったんじゃないかしら。

210213gb_02.jpg

さっきまでのコメディは何だったんだ…というような優しさと雄大さを兼ね備えた曲に、堂々たる演奏…!
第一部のラストにじっくりと演奏を聴かせてくれます。このきれいな側面も…Gバンドだ!! クライマックスは全員で高揚していって壮大に終了。

ここで盛りだくさんの第一部終演、20分の休憩となります。


#作曲者の牧野さん+和楽器ユニットのHIDE×HIDEさんが演奏してる公式アレンジ動画もあるので、ご興味ある方は是非!!(ドット絵やらせていただいたご縁で宣伝するよ😘)
※「モンスターハンター:ワールド」メインテーマ 「星に駆られて」 和楽器アレンジ演奏


楽曲のコンセプトとして語られているのが「"導きの青い星"に駆られて」なんだそうですが、これもこの後の第二部ともリンクしてそうなのがニクイなぁと思いました。





第二部までの間にTLを覗いたりコメ欄を遡ったり、自分のメモを見返して注釈し直したり。ちょっとお花摘んだり歩いたり、やることはいっぱいだ…!

第二部は、まるっと『OCTOPATH TRAVELER』特集。
今回の演奏会のナンバリングにも使われている「8(Octo)」は、オクトラの「Octo」由来ですね。
8人の主人公が道を歩く物語、Octo+Pathという意味だそうです。

いろいろあって私も1月にプレイし始めたばっかりなんですが、「タコの八本足」だと思ってた。だれ! ウソ教えたの!!😠
あぁ~でも予習しておいて良かった…もともとゲームとサントラが同時発売されたくらい音楽重視のオクトラですが、ゲームと一緒に勉強しといてよかった! まだみんな3章くらいだけど!😊


第二部

休憩明け、14:30頃開演。
明転して入場してきたのは、思い思いのコスプレをした団員さんたち…これこそがGバンドの正装だ…!!(もちろんNoコスプレでブラックスーツ・平服の方もいます)
今プログラムに関係あるキャラ、ただ好きなキャラ、「っぽい」キャラ、いつものやつなどなどクセがありすぎ。自分が好きなキャラがいると、やっぱりそのパートを見守っちゃいますな。

・メインテーマ

1曲目は『メインテーマ』。始めのフレーズからはぁぁ~そのものだ~~!!✨
ひそやかな木管の刻みとピアノ、中低音の柔らかな副旋律。タイトル画面を開いてデモが流れゆく時の爽やかな気持ちが湧き上がってきます。
軽やかなボンゴが入って広がっていく2周目、じわじわテンション上がるし聴き入っちゃいます。うれしい。

上手にスポットライト、不思議な格好をしたMCヒローシによるゲーム紹介。最後までMCヒローシが何のコスプレをしているのか分からなくて話頭に入ってこなかった。(ごめんなさい)

・メドレー1 ~OCTOPATH~

神官オフィーリアのテーマ / 学者サイラスのテーマ / 商人トレサのテーマ / 剣士オルベリクのテーマ / 踊子プリムロゼのテーマ / 薬師アーフェンのテーマ / 盗賊テリオンのテーマ / 狩人ハンイットのテーマ


8人の主人公たち、それぞれのテーマ曲をメドレーにした「メドレー1」。

暗いステージ、センタースポットに現れたのは…指揮者さんだ!
『神官オフィーリアのテーマ』は、指揮者さんのFlソロ+アコギによるイントロから。すごく優しい音色でした。Tuttiでステージ明転、指揮に戻る指揮者さん。

ホリが赤くなり、流れるように3拍子の『学者サイラスのテーマ』
原曲は重厚な弦楽主体のワルツ曲ですが、こちらは吹奏楽。軽やかな木管、丁寧な金管の音色がきちっと揃うと、シンプルながらクールで格好良く感じます。やっぱり金管の副旋律がカッコイイ……

サイラス曲の途中で下手に現れたお姉さん。手に持っているのは鍵盤ハーモニカ。これは…??
バックの色が消えて『商人トレサのテーマ』。なるほどこの曲のメロディ担当か!(・∀・)
原曲のメインメロディはクロマチックハーモニカ。それに似た鍵盤ハーモニカの音色が、明るく爽やかな世界を見せてくれる。可憐に歌うようなお姉さんの鍵盤ハーモニカ、トレサちゃんみたいで好きだったな~。
イントロのカスタネット、時折入るウィンドチャイム、ピアノのポロロン、グロッケンの音色が海や潮風をイメージさせてくれてステキでした。

青い背景でカットイン、『剣士オルベリクのテーマ』
大河のOPみたいなずっしりとしたイントロを、金管のベースと木管の主旋律がゆっくりと導いていきます。Bメロは原曲通りHrのみなさんのご活躍でした。オルベリクのカッコイイの見える。

綺麗なシームレスでパーカッションが入ってきて赤いホリゾント、『踊子プリムロゼのテーマ』
アコギやパーカッションなどいろんな音色で奏でる異国感が、物悲しさだけでなくエナジーも感じさせます。ステージ最後方のPer.パート、肝となるボンゴとコンガを叩く人がモルボルさんと赤いあまんがすさんだったの、私、気になります。

薄い緑の背景に変わって、『薬師アーフェンのテーマ』
Saxの主旋律にアコギとピアノの伴奏が穏やか。後半、木管やピアノ、控えめな金管の裏に見え隠れする素朴なアコギの音色がよきでした。グロッケンのキラキラも、クリアブルックの朝露のようでときめきました。

『盗賊テリオンのテーマ』。ホリゾントの色が消えて、地明かりも少し暗くなります。
Tpのイントロ+アコギの伴奏。Obの淡々としたメロディが寂寥感を際立たせます。これホリの色はメンカラなのかなと思ってたらそうでもない…? じゃあテリオンくんの白はなに…? 何者にも染まらない"白"…??🤔
(#今調べたけど、紫っぽい色を出すのは手間かかるのでノーカラーだったのかな…そりゃそうだよね…)

ホリゾントは緑に染まり、『狩人ハンイットのテーマ』
物悲しいピアノソロから始まってObの主旋律。ピアノ一本の原曲に対して、全員演奏のGバンドver.。ハンイッさんの強さと優しさを聴かせてくれてる感じがして良かったです。サビではみんなで丁寧に優しい世界を紡いでいきます。

-----------------------------------------------------------------

再びステージが暗くなり上手にスポットライト。現れたのはMCヒローシと…あれ? テリオンさんだ!!?

「いや~どの主人公も個性があっていいですよね!」
テリオンさんの他にも、オルベリクさんやプリムロゼちゃん…さっきまで奏者として演奏してた8人が、前方に歩み出て一列に並んでくれます。ちょっと圧巻。

8人の主人公の中から、MCの上手そうな人を探すMCヒローシ。
「テリオン! キミにきめた!!」
「…厄介事は御免だ…」
松岡声でお断りするテリオン。

「あれ!!? もしかして…ソビーじゃない!!?」
バレんの早い。8人の列から一旦抜け出て、MCとしてスポットライトの中に戻るソビーさん。いい茶番!!

「みんな見てー! ほらー! すごくない!!?」
いつもの明るいソビーさん声に戻って、他7人含め見せびらかしてくれんの可愛い。「見てみて~」って、8人で同じ方向にくるくる~っと回ってくれる。
衣装とウィッグと全部各々自前で、奇跡的に8人の主人公が揃ったそうです。配信のこの時点では中の人の性別も分からないんだけど、ぱっと見のシルエットがキャラクターそのものだし、ちゃんと身長差もついてるのが嬉しいしすごい。


・メドレー2 ~TRAVEL~

赤き断崖の集落 / 張り詰めた糸 / 宝物のために / ボスバトル1 / 復讐のために / ボスバトル2 / ちょっとひと休み / 崖下の村オアウェル / 純然たる悪 / 再起のために / 旅路の果てに立ちはだかる者


主人公達が歩んだ旅路を振り返る、「メドレー2」。

まずは薄い赤のホリゾントで『赤き断崖の集落』。好きなやつだ!
難しそうなリズムをキメていく木管勢と民族調のPer.の掛け合い、木管と金管による主旋律の掛け合い。ノってきたベースや副旋律も気持ち良かった~!

『張り詰めた糸』。Fl×ピアノによる冷たい緊迫感の上に、木管の音色が重なっていきます。チキチキ・チカチカしたPer.も原曲とは違っていて生感がありました。

◆で、ここからはオクトラ音楽の肝の一つである「バトルエクステンド」ゾーン
私もまだゲーム本編をそんなに進められてるわけじゃないので、バトルエクステンドに立ち会った記憶があるような…どうだっけ…🤔 っていう記憶の薄さなんですが、つまり
・固有イベント曲→共通ボスバトル曲への繋ぎが超シームレスに移行するすごい仕掛け
が、「バトルエクステンド」なんですって。
つまり、人によってはプログラムだけでどのキャラのルートか事前に分かってしまうということ…!

というわけでまずはトレサちゃんルート、『宝物のために』
さっきの『トレサのテーマ』のメロディは鍵盤ハーモニカでしたが、こちらでの担当はS.Sax。そして、『トレサのテーマ』では一瞬だけだったカスタネットが終始クールに鳴ってくれていて、(さっき聴いたような気がする…!😳)という潜在意識をチクッと刺激してくれるのがいいなって思いました… …
…ってすっごいナチュラルに『ボスバトル1』! これがバトルエクステンドだ!!!
中盤、原曲通りのピアノにSaxが重なってくれるの好き…各パートがそれぞれの仕事をして徐々に盛り上がっていくのが好き…あとずっとドラムがカッコイイ。

カットイン、ホリゾントの赤が濃くなって『復讐のために』。印象的なアコギの音色と民族チックな曲調は…プリムロゼちゃんのイベント曲だ!
後半駆け上がっていって解けるように『ボスバトル2』! シームレスや~~!!! シームレスに目のないワイ、このへんだけずっと聴いてたい!! 生のシームレスは3倍美味い!!!
「ボスバトル1」より迫力ある! 力強い金管、中間部の木管と繋いで、吠えるHr、Tpとコンボが決まっていくのすごかったです。こんなキマってる曲、演奏してる方も楽しいだろうなぁ大変だけど! 会場で生で浴びたかっ(2回目)
「1」よりもドラムやEbが全面に出てバンド感もしっかり効いてるのに、浮いてないのも最高でしたね。

ピアノで変奏曲なアウトロ、熱を落ち着かせている間に、ハンイットさんが前方へ。
その間に宿屋ジングルの『ちょっとひと休み』。(一瞬)

青いホリゾントをバックに、ハンイットさんのリコーダーソロとアコギによる『崖下の村オアウェル』。切ないけど安定した音色に心が落ち着く…。
途中でサイラスさんが現れて、二人で温かなリコーダーアンサンブル。向かい合って演奏する二人のハーモニーと、ひそやかなクラベス(拍子木)の音が雰囲気あってすごく良かったです…。

『純然たる悪』
ピアノのアルペジオとTubaの低音。少しずつ音が重ねられていって、悪の要素が満ちていきます…

オルベリクルート、王道のシリアス曲『再起のために』。整然と刻む木管とTpの音が緊迫感と疾走感を増していき、一つ一つ上がっていった先に待ち受けシームレスで『旅路の果てに立ちはだかる者』
一応のラスボス戦だけど、いきなりボス感を出さず丁寧に丁寧にテンション上げてく感じが演奏から伝わってきます。テンポキープするリズム隊や、静かに熱い指揮も大変格好良かった…!
後半テンションアップしてハードになっていくとこは、演奏と一緒になって手に汗握ってました。
最後はメインテーマのモチーフでフィニッシュ。こういうのは各団の個性も出るしカッコ良いから大好物ですね!😊

-----------------------------------------------------------------

テンション高いメドレーが終わり、まだふわっふわしてる客席パートを鎮めてくれる祝電紹介のコーナー。

「手元にいっぱいあるので置かせていただきますね」
と、届いた祝電を一度置くソビーさんに対して「来てよかったですね」って言うヒローシさん、めちゃくちゃツボった。

その後各団体名を読み上げていくソビーさん、「わぁ、たくさん…」って小声で言うヒローシさん。いっぱいあるって言うてたやろ!! 笑

-----------------------------------------------------------------

最初に選んだ主人公キャラでクリアした際に、スタッフロールで流れるそうな「エンディング」。
「初めて聴くという方は是非ゲーム本編をプレイしてみてください!」とソビーさん。
おっ私だな!?😋 そういう入り口を提示してくれるサブカル演奏会が私は好きです!

・エンディング

ホリゾントがグリーンに染まって始まるイントロは、小雪が舞うように美しいピアノのアルペジオ。ヴィブラフォンも、鍵盤を弓で引いてなんか金属的な…綺麗な音出してた…?
ピアノの繊細なアルペジオと、HrとEuphの温かい音色で浮かび上がるのは、『フロストランド』の銀景色。

雰囲気が変わって楽しげなPer.にObのメロディ、葉ずれのように軽やかな木管の音色が絡む『フラットランド』
続いて大海を臨むようなTpソロ、伸びやかな合奏の音色に身体が揺れる心地良い『コーストランド』

優しい木管パートのアンサンブルから、中低音の金管が重厚に生み出す『ハイランド』の気高い景色。
流れるように3拍子、金管のみなさんの柔らかな音色とピアノの高音が哀愁を感じさせる『サンランド』。踊るような指揮やボンゴの音色もステキ。

柔らかな金管とピアノの音色、美しいFlとキラキラしたグロッケンで表現する『リバーランド』。淡々とした旋律を丁寧に奏でる木管、優しい金管の刻みで始まる『クリフランド』。後半豪華版になるのすごく好き。
全員で悠久の森を奏でる『ウッドランド』。各パートが活きる壮大な演奏もパーカッションもマシマシで格好良かった。

少し照明が落ち背景が白になり、上手のスポットライトの中にテリオンさん、切なげなT.Saxソロ。
ホリゾントがグリーンに戻って最後は『メインテーマ』へ! オクトラメドレーでは1時間近く演奏を重ねてきた旅人達なので、第二部最初のメインテーマとはまた違った結束と勢いを耳に感じます。
クライマックスはみんなで「出発だ!」みたいに全力で駆け上がって締めるのが格好良かった! お疲れさまでした…!(フラグ)


ゲームをクリアした方には釈迦に説法とは存じますが、この「エンディング」は、「メドレー1」で聴いた主人公モチーフのメドレーではなく、それぞれの主人公のスタート地点となる『フィールド曲』をモチーフにしたメドレーなんだそうです。「旅」をテーマにしたゲームだからですって。へぇ~
構成として、各主人公のテーマと人気バトル曲とかそういう組み合わせでも良かったはずなのに、「メドレー1」で8種の雰囲気や特徴となる楽器を聴かせておいて、ラストの「エンディング」でもう一度サンドすることで我々にも旅感を味わわせてくれるの、感情移入しやすいし嬉しいな~って思いました。

オクトラなんて音楽の評判が良いゲーム、この先どこの楽団さんもやりたくなっちゃうはずだから、こうやって各楽団の味付けを楽しめるのは最高だなって思いました!
Gさん以前にも予定してた楽団はあったんだろうなぁ、という気持ちにもなりましたけど…😢





本編終演。会場に響く大きな拍手が画面こちら側の配信パートにも聞こえてきます。88888!!👏

アンコールまでの間に、ステージ上手に置かれるいくつかの譜面台。そこに立ち並ぶのはトランペットのトレサちゃんとトロンボーンのサイラスさん。おっとこれは…?


アンコール

・フィニスの門メドレー (#「フィニスの門メドレー」って勝手に付けたのは私です)

魔女と呼ばれる者 / 覚悟を決める時 /魔神の血を継ぐ者


背景が赤く切り替わると同時に始まる『魔女と呼ばれる者』ガルデラ(裏ボス)戦だぁ~~っ!!!!! さっき表ボス戦が終わったばっかりなのに…無茶しやがって…

と、イントロから気合いの入り方が違うのビシビシ感じます。クワイア(合唱)と強い女性ヴォーカルが印象的な曲ですが、ヴォーカルのメロディはお歌の代わりにサイラスさん(Tb)とトレサちゃん(Tp)が繋ぎます。
Aメロ担当Tbの後ろにObが重なってるの、パーティで一緒に戦ってる感じがしてちょっとくる。BメロのTpも、HrかEuphの厚い副旋律がしっかり支えてるのがたまらん。(これ一聴では分からんけど、前に出てる二人とは別の旅の仲間が本隊で音を重ねていたのかもしれない…)
思ったより迫力が物足りない気がするな、それともソロやハーモニーを際立たせるために少し編成を薄くしているのかな、と思ったけどこれ当然現地で聴いたら臨場感が全然違うんだろうな…!

一礼して退場するトレサ&サイラスペア。
木管の刻みとパーカッション、終末感なチューブラーベルによる『覚悟を決める時』で繋いでいる間に登場したのは…バリトンサックスのオルベリクさんと、テナーサックスのテリオンさんだ!!!

そして裏ボス2戦目、『魔神の血を継ぐ者』!!!! セルフバトルエクステンドだ!! 変な声出たわ!!
イントロの圧がまるで違う! こっちのために「魔女」は抑えていたんだ!!!😭

こちらもオルベリクさん(B.Sax)とテリオンさん(T.Sax)で、ヴォーカルのメロディ部分を繋ぎながら戦っていきます。バリサクのソロなんて滅多に聴けない(と思う)ので「ヤバヤバヤバ」ってなりました。またこれサックスなので両方とも「歌ってる」のが伝わりやすいしそれでこの最高のクサメロを歌ってくれるんだからそりゃヲタク早口で天を仰ぎますよ。

配信では見えなかったけど、これもエクスデス先生の時と同じく左の壁面にガルデラさんがいたそうですし、演奏も大変なの分かるから配信勢のコメント「がんばれ~」ってなるじゃないですか…なんか…もう…演出すっご…ってなりますね。

原曲通り「魔神」から加入してきたEbはずっとカッコよかったし、Sax裏のTbや木管の副旋律も大変素晴らしかった。
逆に原曲にはないシロフォンやマリンバの「吹奏楽だよ!」という主張もここでしか聴けない感があってすっごく好きでした。個人的にはお姉さんがドラム担当してたのが性癖にきた。どうぶつの耳付けたおねえさん……🐻(リスかもしんない…)(タヌキかもしんない…)

-----------------------------------------------------------------

やるかな、と思ってたけど「本当にやりやがった…」なガルデラ戦を無事に終え、万雷の拍手を浴びるGバンドのみなさん。
MCのお二人が前方に歩み出て、ラストのラスト曲を紹介してくれます。

「最後はいつものあの曲をお送りします! 音と共に目で見てお楽しみください!」

・エンディング

ラストは「いつもの」、「スーパーマリオワールド」より『エンディング』
序盤は木管やSaxの演奏に合わせて指パッチンしたりクラップしたりな奏者さんたち。徐々に増えていく音色! あれ、上手にMC2人は残ったままだ…🤔

演奏がぶんちゃか盛り上がって、これにて大団円…というところでシロフォンが\コイーン/
曲が「ヨッシーアイランド」の『アスレチック』に変わって『各パート紹介』だ~~!!✨
(#このへん聞き取れてなくてスルーしてるパートがありますごめんなさい)

「私たちが叩いていいのは、楽器とボタンとクソキャラと投げキャラだけですわ~! パーカッション&ピアノパート~!!
紹介を受けたパート陣がリアクションしていくスタイル! コメントでみんな「ゲー○ングお嬢様じゃん…!」って即ツッコミ入るのが、配信ならではって感じがしますね! 笑

「どうして俺たちを殺そうとするんだ! トランペットパート~!頑張って! 笑
「旅立とう! 君だけの物語へ… OCTOPATH Tromboneパート~!7+1!! 泣

このあたりから『エンディング』の軽快なとこに戻る! 耳と目と脳足りない!
「1+1+3で300だ! ストリングスパート~!
「次元のはざまに いくがいい! ユーフォニアムパート~!ユーフォこわい! 笑

軽快で楽しい曲が続く間、自撮り棒みたいの持ったルイージさんがステージを走り回って撮影してるのが、「終わっちゃうんだなぁ…」感あって、楽しいんだけど寂しい。

曲が「マリオカート Wii」の『レインボーロード』に変わる!
「腰を下げて~…のばす! ビクトリー!! ホルンパート~!
パート全員でホルン持ってちゃんと下げて↓伸ばしてんのが↑可愛い! 筋肉に効く!!
「Clパートの意地に掛けてこの連符は吹ききるわ! クラリネットパート!

「せーの、\ミ・ナ・ギ・ル~!/ フルート・オーボエパート!
プリンちゃんの周りに集まってUO振るFl・Obパート勢、指揮者さん含めて可愛い。あと台車にマリオカート乗せたマリオさん出てきた。緑と赤が揃うとお祭り感がめっちゃ増す…!

我らが指揮者パート、演出パートと紹介が続きます。演出パート、今まで出てきた小道具を持ってジェットストリームアタック仕掛けてきたの画が強い。
そしてステマネパート紹介と、MCお2人の自己紹介。闇のバックスタッフにまで光を当ててくれる団体はいい団体!

最後にまさかのもう一押し、「スーパーマリオギャラクシー」より『ウィンドガーデン』…!
あ~~ダメダメ泣いちゃいます…かっけ~金管のファンファーレ…からの木管とアコギが素晴らしい…
またこの最後の最後に演奏が良いんですよ…「エンディング」はずっと良かったけど、右手に見えるみんなの感謝の配信コメントも相まって泣き笑いになっちゃうな…😢

締めにピアノでマリオのモチーフを挟み、「エンディング」原曲に戻って\でゅ~わ~/で終演。MC2人からお別れのご挨拶もいただき、本当のエンディングです。

「みなさまに、聖火のお導きがありますように」
いい声で締め括って一礼するソビーさん。今日はたくさん導いていただきました。
もうそのテリオンちゃん邪道じゃないじゃん……!!!

ステージが暗くなって、配信パートの画面には「終演しました」の告知イラストが映し出されます。終わっちゃった……





お見送り

告知イラストが消えて、再び越谷サンシティホールのステージ映像。
青いホリゾントをバックに前方に並ぶ8人は、先ほど旅を終えた仲間たち…!

画面左側から、オフィーリア/サイラス/トレサ/オルベリク/プリムロゼ/アーウィン/テリオン/ハンイットの並び順。(Tb/Tb/Tp/B.Sax/Ob/Tuba/T.Sax/Fl)

・OCTOPATH TRAVELER -メインテーマ-

まだあった! おかーさんまだあったよ!!
それぞれに顔を見合わせながら始まったお見送り曲は、オクトラの『メインテーマ』のアコースティックっぽいアレンジ。
ソロがあり、アンサンブルがあり、高い音があり、低い音があり。8種8様の音色で紡がれるメインテーマ。「勇壮に」ではなく、穏やかな雰囲気で8人が送り出してくれている感じが良かったな…

奏者さん達が退場、ステージの照明が落ちたところで本当の終演となります。15:40くらいだったかな。
公演時間自体はプレコン込みで2時間半くらいなので、いつも参戦してるGバンドさんの演奏会からしたら短い気もするけど、中身はギュッと詰まっていつも通り盛りだくさんに感じられました。

#あとここまで黙ってたけど、オクトラ好きで参戦してた勢のみなさまはコスプレの奏者さん達がペアになったりなんだりして演奏するのすっっごい萌(燃)えたと思うんです…私まだそういう萌え方してないからあら~~かわいいねぇ~でフラットに見てられたけど、最後までこんないい感じに締め括られちゃって大変だったでしょうね…お察しします…いいですね……





というわけで改めまして、この大変な情勢の中、熟慮の末にこのような楽しい演奏会を開催・配信していただき本当に本当にありがとうございました。
本来ならば昨年の10月に開催される予定だった8(Octo)演奏会。2月への延期、加えて直前の新コロちゃん問題と、ご苦労やご負担は多かったと思うのですが、つつがなく開催されたこと、制約がある中でも想像以上にみんなと心から楽しめて元気をいっぱいもらえたこと、また一つ素晴らしいGバンドさんとの思い出をいただきました。

こうやって終演から無事に2週間以上が経ち、次の演奏会や別の現場へ向かう方、ひと休みされる方など、みなさまそれぞれに歩む先があるのだと思います。
また素晴らしい旅の続きを見せていただけますように、心から楽しみにしております! お疲れさまでございました、本当にありがとうございました!


-----------------------------------------------------------------



演奏会前後、いつも以上に「ハッシュタグ付けて呟いてね!」って呼びかけされてると思ったら、こういうことだったんすね。
奏者さんや演奏そのものを応援してるのもいいし、映像や進行にアドバイスしてる方がいるのも面白かった。笑 演奏会鑑賞というより、まんま配信楽しんでる感覚ですよな~。

先の方にも書いたけど、通常の演奏中@会場では出来ないこと(実況・応援・知らないゲームや楽曲について調べる・気に入った作品をダウンロードする等)をその場で行えるというのは配信ならではですよね。
特にGさんのように大人しくない演奏会だと、知らない小ネタは他の誰かが呟いてくださってたりするのでピックアップしやすい。知識が増えれば楽しみも増える。

休憩中や終演後に呟いた感想を見てもらえるのも嬉しいけど、リアルタイムでGバンドさん達に発する「がんばぇ~~!」が届いているんだ、と視覚化出来るのはすごいことですよ。これはサブカル系アマチュア楽団界のThis is 嵐ですよ。
(※嵐ちゃんの休止前ラストライブ、アンコール直前に視聴特設サイトからメッセージが入力出来るようになってて→アンコールのいいとこで東京ドームの天井というか天の空間にメッセージが投影されるサプライズシステムになってたんですよ…それとおんなじですよ…YouTubeの公式動画で上がってるダイジェストの最後らへんに映像あるので気になる方は見てほしい…)

という話でした。
制約がついて、「じゃあ配信やろうか!」って思いついてくださるのもすごい行動力だし、「じゃあこういう遊びはどうかな!」って実行してくださるのもとんでもない機動力ですよね。そのおかげで客席パートも全力で楽しむことが出来ます。
これはGさんに限らずですけど、演奏会開催するだけでも大変ですのに、いろいろ時間を掛けて考えてくださって本当にありがとうございます。感謝マシーンです。





◆最後に個人的なあれこれをまとめて締めたいと思います!

・あまんがすミリしらなので変化してったの分からんかった…
・信玄さんいらっしゃるの気付けなかったのでやはり現地が最強(FRAMEのP)
・全身タイツの件も気付けなかったので現地が最強

・配信に際しネガティブな気持ちもあった、という団員さんのコメントも拝見しました。でも今回の配信きっかけで初見の人もそこそこお越しになってたみたいで、あぁ良かったなぁと思いました。長い歴史の団体だけど、そりゃ機会がなければ出会えない人もいるよなぁ。
・ただ、この形がスタンダードだと思ってはいけない(自分への戒め)
今後増えていくかもしれないけど、各団体の規模やパゥワー(経験値)、予算、横や縦の繋がり、楽曲の権利面によっても選び取れるものは異なると思うので…過度な期待をして勝手にがっかりしないようにしよう(戒め)

・ところで現地勢はパンフあるから大丈夫だったのかな。配信勢としては、プログラム変わるたびに曲名と出典が表示されるのめっちゃ助かりました。
・配信、私の環境は音響(イヤホン付)も映像も良くて、家で何か公式の動画配信見てるレベルに超快適でした。音に関してはホントにすごかったです。
・はぁぁ~~パンフレットほしかったなぁ~~~~~!!!(大の字)
・これだけいろんなこと書いといて、フレクサトーンに触れてないのはファーストガンダム未履修だからなので、ファーストはいい加減義務教育にしてほしいです。恥ずかしい。


210213gb_03.jpg
こんなのは私の自己満足ですが、用意したお菓子を食べる暇もなく、ハッシュタグで呟く時間もなく、右手はずっとメモっていました、というヤツです。
会場ではなかなか…いつもは堂々とメモ取るの出来ないので(迷惑にならないように後ろの方の席でこそこそやってます)、目と耳はロックオンで右手動かしまくれたの、競技感あって楽しかったです。
知ってます? Gさんやえふしびさんの進行ってメモるのすっげー大変なんですよ。(知らんがな)

時間も経っちゃったし呟かなかった代わりにもならんのですが、おかげさまでひとつGさんとの思い出を書き残すことができました!
これからもタイガーの態勢で見守っていきます。本当にお疲れさまでした!!!
ここまでご覧になってくださった方も本当にありがとうございました! ゴッドブレスユー!!



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ にほんブログ村 にほんブログ村へ やってます🐙
 
関連記事

Last Modified : 2021-03-03

Comment







管理者にだけ表示を許可