--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2016'02.29.Mon

【祝10th】るーみゅ10周年記念演奏会に行ってきた(*゚∀゚ )

2016年1回目の更新でございます。
今年も有難いことにいろいろやらせて頂けそうで、それってつまり比例してここが滞るということなんですがそうならないように!!!

書きたいことはいっぱいだし積みゲ音感想になっとりますので、一つ一つ丁寧にアウトプットして参りたいと思っております!
どうぞ今年も宜しくお願い致します!!(*`・ω・´)

 


というワケで!
2016年最初に遊びに行かせて頂く、ゲーム・アニメ系アマチュア団体さんの演奏会は
「アニメ・ゲーム音楽を演奏する吹奏楽団」こと
『ルセッタアミュゼ吹奏楽団』さん(以下るーみゅ)の10周年記念演奏会でした!ヽ(´▽`)/

これまでにもるーみゅさんの演奏会は、第5回(2012)と第6回(2014)の定期演奏会に伺いました。
今回は第7回…と見せかけて、おめでたい10周年記念演奏会!

160130rumyu_01.jpg
OBOGさん達からのバルーンフラスタ…豪華!
マスコットキャラのるみぃちゃんはじめ、演奏曲目に登場するアイドルたちが一緒に華を添えてます(光で飛んじゃっててすみません)
ホワイエ奥の方には、演奏会に関連した制服・フィギュア・グッズなどの展示コーナーもありました。


最近、アマチュア常設団体さんの○周年記念公演って多いです。
単純に「○周年」と数えられるくらい、大人数で継続して活動されているのもすごいことですし、やはり10年というのはなかなか重みがあります。
予定される演奏曲目も、これまでの公演で演奏された楽曲の再演が多いとのこと。
ということは、当時聴きに行った人も、初めてるーみゅサウンドを聴く人も楽しめるのです!(*´∀`)

というワケでるみゅさん10年の集大成、お祭り騒ぎ!
以下から輝きの向こう側へ!٩(◦`꒳´◦)۶ドォン
 
 
│ルセッタアミュゼ吹奏楽団 10周年記念演奏会
│2016/1/30 (sat) 14:30start @タワーホール船堀 大ホール
│演奏:ルセッタアミュゼ吹奏楽団

--------------------------------------------------------

[第1部]
・さくらんぼキッス ~爆発だも~ん~(カラフルキッス ~12コの胸キュン!~)
・十二幻夢曲(十二国記)
・御旗のもとに(サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~)
・NonStop VOCALOID in BRASS - 10th Anniversary ver. -
 (VOCALOIDシリーズ)
・「星蓮船」よりシンフォニック・セレクション
 (東方星蓮船 ~ Undefined Fantastic Object.)

[第2部]
・僕らは今の中で(ラブライブ!)
・艦隊これくしょんメドレー「発動!RM反攻作戦」(艦隊これくしょん‐艦これ-)
・魂のルフラン(新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生)
・M@STERPIECE(THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!)

[アンコール]
・SKILL(第2次スーパーロボット大戦α)

印はサイリウム・キンブレOK曲


気合いを入れて出かけたはずなのに、第5回定演に続き盛大に遅刻しまして……_(:3 」∠)_<何故なんだ
ホントにタワーホール船堀が駅近くで助かったです…ありがたい…

到着したときは、「るみゅラジ!!」の公録ということで『さくらんぼキッス』の演奏が始まっていました。
「さくらんぼキッス」の初演は、なんと2006年の第1回定期演奏会。
約10年前に編曲・演奏された楽曲の再演が1曲目ということで、団員さんたちにとっては感慨深いものがあるんでしょうね。

アニメ「十二国記」より『十二幻夢曲』
こちらは2007年の第2回定期演奏会からの再演。
壮大で、いかにも弦楽が合いそうな雰囲気のオリエンタルな原曲が、激しい吹奏楽で再現されていました。
めくるめく情景が変わっていく後半部分、細かい縦のラインがバシッと揃っていくのが格好良かった。

「サクラ大戦3」より『御旗のもとに』(第3回定期演奏会/2009)。
るーみゅの御旗だものカッコイイに決まってる!!!ヽ( ´∇`)ノ
終始圧倒されていました格好良かったです(語彙力…)
きっとサクラ大戦曲全般に吹奏楽が似合うんだと思うんですが、御旗はその最たるものな気がする。(あと地上の戦士とかも)
インパクトあるイントロからカッコイイAメロBメロ、華やかなサビ、優雅な間奏、そしてソロの待つ大サビと、その抑揚がとにかく素晴らしかった…!

間奏でPerc.さんが膝立ててカスタネット鳴らしてるのとか、Bメロあたりの低音隊の伸びやかな副旋律とか全部好みすぎました。
サビのTb~Tpの繋ぎも気合いが感じられて、聞いてて気持ち良かった!
それらを統べる女性指揮者のシャキッとした背中が、異様に凛々しくて目を奪われていました(*´∀`)

--------------------------------------------------------

インターミッション、「るみゅラジ!!」のターンは、推しアニメ・ゲーム・特撮などを語るお便りの時間。
下手のラジオブースでMCを再開したBeautyさんが、ゲストにA.Saxパートのお二人を呼び込みます。
御一方が推し特撮に「ジュウオウジャーかな」と、まだ放映開始してない新番組を挙げていたのがさすがでした。笑

昔は練習のための部屋を取らずに河原で練習していたとか、それが成長して今は60名になった話とか…
そんな思い出深い10年の歩みを、タイムキーパーさんの「巻いて」の動きをスルーしながら続けます。

--------------------------------------------------------

2010年第4回定期演奏会からの再演、
『NonStop VOCALOID in BRASS - 10th Anniversary ver. -』
盛り上げ用のサイリウム有のボカロメドレーです!ヽ( ´∇`)ノ

『ミラクルペイント』から。ステージも客席も一面のネギ緑のサイリウム!すごくキレイ!
指揮と言うよりダンスだし、コントラバス格好良すぎだし弓に電飾付いてるし(!?)まわしたーーー!!(*・∀・)

ゆるやかにテンポを落として『ダブルラリアット』
会場全体が鮮やかなマゼンタに変わり、T.Saxのお姉さんのソロが響きます。
マリンバとボンゴのアンサンブルにビブラスラップ先輩がカーッ!して、疾走感ある『みくみくにしてあげる♪【してやんよ】』
Flさんとかもう吹かずにサイリウム振ってるし、Euphさんがユーフォ抱えながら棒振ってるアンバランスさカッコ良かった。
グロッケンさんも演奏の合間にマレットをサイリウムに持ち替えて、飛びながらリウム振ってるのどうかしてた。
そしてラストの盛り上がりには指揮が指揮じゃなくなってて、身体全体で音を動かしてる風で楽しそうで、すごく賑やかなステージでした!(*´∀`)

第1部ラストは、『「星蓮船」よりシンフォニック・セレクション』(第5回定演/2012)。
楽しい木管、低音と程よく調和したPerc.、東方っぽい曲調を吹奏楽へと押し上げる金管。

メドレーラストの『空の帰り道』には斉唱(歌)部分があるんですが、これが前回よりすごく上手になっていた気がしました。
奏者さんたちの歌声と一緒に歌うObの旋律、ピアノの伴奏がとても綺麗。
その後の、Perc.とTb/Tub/Cbのみ(多分)のアンサンブル+斉唱。ここの低音がすごく格好良かった…。
Hrが掲げられると、クライマックス来たぞ!ってカンジしますな。

約3年前にも聴いた演目ですが、よりシンフォニックでまとまった演奏に進化していて、また印象が違って聞こえました。

--------------------------------------------------------

20分の休憩を挟んで16時ちょっと過ぎ、[第2部]の開演です。

両袖からぞろぞろと登場する奏者さんたち、あまりの色鮮やかっぷりに客席からは笑いとツッコミ、「ざわ…」の声が漏れます。笑
特にお客さまから一番視線を集めるであろう、最前列の皆さん方の気合いがヤバかった。

サキエルちゃん(紺の全身タイツに頭部のサキエルお面が客席側向いてる)がいて、絶対皆「こっち見んなwww」って突っ込んだと思うの…
サキエルちゃん一緒にATフィールド持って来て、自分の足元にそっと置いたのずるいし何なら中の人女子だったの衝撃だった。

定演ごとに意識付けられる「るーみゅの女子はカワイイ」を上書きした、「ラブライブ!」第1期OP『僕らは今の中で』(2014年第6回定演より再演)。
今回は女子はお預けでしたが(コスプレした奏者さんたちの中にはμ'sの皆さんもいます)、その分曲に深みが増し、複雑に編曲されて聴き応えある演奏になっていました。

ところでとにかく、パーカッションがおかしかった!(*´◒`*)
Perc.の配置は最後列の上段と下手側の鍵盤打楽器等なんだけど、まず後ろ一列に並んだセンターで構えている、存在感が半端ない大神さん(帝国華撃団の)。
鍵盤打楽器の奏者さんがマレットと赤リウム一緒に持って演奏してんのおかしいさっきまでは一旦置いて持ち替えるスタイルだったよね!?(;・∀・)
そんなところに目を奪われていると、タンバリンをシャンシャラ叩きながら高速で左右移動するタンバリンさんが後列に…!
クールな大神さんを中央に、左の職人芸タンバラー・右の荒ぶる赤マフラーティンパニ…!

どんなに楽しくっても座奏は動きに限度があるけど、Perc.の方々は天井がないのでズルイなぁって、どちらの演奏会行ってもいつも思います(*´・v・)

--------------------------------------------------------

「2曲目に移りたいと思います」とアナウンスが入ったところで、けたたましいサイレン音と共に真っ赤に染まるステージ上!

寸劇と共に始まるのは、「艦これ」こと
『艦隊これくしょんメドレー「発動!RM反攻作戦」』
こちらは今回10周年記念演奏会が初演。且つるーみゅ編曲陣が全員編曲に参加した、初の【大規模作戦】になるそうです。

第1楽章 出撃/第2楽章 鎮守府の日常/
第3楽章 暁の水平線/第4章 暁の水平線≪最終形態≫/
第5楽章 出逢う前から解ってたこの想い


ぬあー!艦これやっておけば良かったなー!(*`◇´*)って悔みたくなる、演出やネタに凝りに凝りまくってるターンでした。
(※流行り出した頃、何度も事前登録に弾かれるうちに諦めて飽きてしまった勢)

出撃中のグラをイメージしたような照明などの演出・SEでの再現はもちろんのこと、
衣装に身を包んだ艦むすちゃんたちが(※中身はむすめとは限らない)、女子の声に当て振りして出撃前のあれこれや戦闘後のあれこれをやってくれます(ぼんやり知識)

未プレイなので曲を聴くのも初めてだったワケですが、艦これ、曲カッコイイのなー!(*´∀`)=3
そして曲も格好良いけど、編成というかパート割り?つまり編曲が格好良すぎた!

中盤、大和ちゃんが赤い和傘を広げて「大和、推して参ります!」と出撃すると、ステージが暗くなって青い光がドバー!
転換して、背景と合わせてライトもオレンジに染まって「暁」へと変わっていったり、こだわりがすごかったです。

肝心の楽曲も、忙しない曲調なのにカチッカチッとハマっていったり、激しい中でもフレージングが素晴らしかったり、それを操る指揮が終始格好良かったり。もうカッコイイしか出てこない。
「提督が鎮守府に着任しました」の後のピアノソロ、踊るようなメロディも素敵だった…
締めのB.Saxがとってもイケメンだった!

ステージが静かな青に変わり、サスペンションライトを浴びるのは、「僕らは今の中で」では指揮をしていた吹雪ちゃんによるClソロ。
からの激しくなる部分、ベースがたまらんかった!曲はフィナーレへ、そして「任務完了」。

物語のエピローグは、さっきまでTp吹いていた金剛さん(長身)が、ヴェールを被ってしずしずと登場。「結婚行進曲」のアレンジみたいな演奏だったでしょうか。
「そういえば、提督は?」と辺りを見回すと、客席から婚姻届けを持って現れる、本日の主役な提督。

2人がステージ前方に揃ったところで指揮者さんがくるりと客席側を向くと、ロザリオを着けた神父に早変わり。
神父さんが二人のケッコンカッコカリを祝福した瞬間に、「ていとくー!!」と金剛ちゃんに押し倒されちゃう提督さんでした。

ラストに神父さんがぺこりと一礼して大団円!という、30分以上の大メドレーでした。すごかった!(*´∇`)

--------------------------------------------------------

金剛ちゃんはヴェールを着けたまま着席して3曲目へ。

劇場版エヴァンゲリオン「DEATH & REBIRTH シト新生」エンディングテーマ、
『魂のルフラン』 \世界初演/
原曲の作編曲担当、大森俊之先生御本人による吹奏楽アレンジです。

演奏の前に大森先生のプロフィール紹介、今回の編曲・演奏に際して頂いたコメントを読み上げていたんだけど、パンフと全く同じ内容なのでそこそんなに時間使う必要あるのかな…(・ω・)って思っていたら、客席に大森先生がいらっしゃったんですね。

「(前略)納得のいく吹奏楽演奏を聴いたことがありませんでした。(中略)是非私の思い描く吹奏楽演奏をお楽しみください」
という大森先生のコメントが読み上げられた後、闇に包まれる視界。
ほのかな地明かりにぼんやりと照らされるステージ。
薄いバイオレットの光が集まる板の上、左右に枝葉のシルエットが浮かび上がり、天面は蒼に光って幻想的な空気が満ちていきます。

綾波さん(コス)のTpソロによるメロディ、厳かなピアノが加わるイントロ。
奏者さんたちをよく見ると、サキエルちゃん以外の使途も集結していました。

そして、「♪たまっしーの」から一気にステージを染める、鮮血のように眩しい赤!!!

Aメロのメロディは木管、Bメロは金管。Tpの美しいアーティキュレーションでサビへと上がって行きます。
絶頂へと向かう疾走感を牽引するベースも素晴らしい。

間奏、地明かりなしでスッと青に染まるステージ上。
そこで堂々と構える指揮者さんの緊迫感ある背中は、最早ゲンドウ総司令そのもの。

正調「魂のルフラン」だった1番と比べて、ジャジィなアレンジの2番!
照明も、緑と紫が混ざり合って危うい大人の雰囲気に変わります。
もーカッコイイ編曲と演奏を追いかけるのに精いっぱいであんまり覚えてないけど、とにかく凄いとしか言えない「プロの編曲による『魂のルフラン』」でした。
艦これの照明演出とはまた違った、キレのあるアニメOPのような照明の演出も相俟って凄まじかったです。

作編曲を手掛けられた御本人がすぐそこで聴いてらっしゃるという状況、吹奏楽での「世界初演」に相応しい演奏を客席に響かせるというのは大役で、ワクワクと共にものすごい緊張があるのではないかと思うのですよ。
「勢いだけ」で奏できるのだって大変なこと。圧倒的でありながら本当に楽しかったです。

第6回定演のジョジョの時にも思ったけど、プロの編曲家さんの編曲は聴きやすいけど精巧で楽しくて奏者も聴衆も情感を募らせられる「作品」なんだなぁ。
すんごい美味しいけどどういうスパイスや材料の組み合わせで作ってんのか分かんないカレーみたいな。とにかく至高でした。

--------------------------------------------------------

奏者からMCに戻ったBeautyさんが降りてきて、第2部最後の曲について紹介。
…の間に、アイドル達がそそっと捌けて行きます。これは…??(*´ω`)

これまでるーみゅは演劇やダンスなどを取り入れ、吹奏楽の枠にとらわれない活動をしてきたということ、
今回のラストの曲もその流れでとても盛り上がる曲になっていますが、会場の規定上立ち見はご遠慮ください、というご挨拶とアナウンスを経て、10周年記念演奏会の大トリを務めるのは『M@STERPIECE』
今演奏会3つ目の初演であり、感動と涙しか巻き起こさない劇場版IDOLM@STER『輝きの向こう側へ!』の主題歌!ヽ(*´∇`*)ノ

あれっさっきも言ったよね!?「るーみゅの女子はカワイイ」!!
その女子(本物)が13人、一列に並んで手を繋ぐ姿は壮観…!
1 3 人 … ! ! !

そして上手に立つプロデューサーさんがこう言って、アイドル達を見送るのです。
「俺は忘れないからな。今日のこのステージを」

原曲同様に鳴り響くエレピ、耳の奥のハンドクラップと共にじわじわと盛り上がって行くイントロ、金管特にTbが力強くて素晴らしいしCbのお姉さん(コスはエリーチカ)も相変わらずとんでもない…!
いつの間にか、指揮者の吹雪ちゃんはセーラー服を脱いでアイマスTになっていました。

2次元でも3次元でもなくまさに2.5次元、とにかく765プロの13人が可愛い!!
完璧なダンスにそれぞれのキャラクターが降りてきていて、誰を見ても楽しい。
つい推しを見てしまうけど、全景で13人を応援しないと勿体ないと思わせてくれる、壮観のステージ!ヽ(*´∇`*)ノ

圧倒的なるーみゅ女子のステージング、それを支える熱く厚い吹奏楽演奏も万感の思いがこもっていて素晴らしかった。
テクニカルなFlやHr、楽しそうなブラスの音色とか、総じて攻めてきてる感あってすごかったです。
Perc.に冬馬くんがいたのもグッときたよね。
M@STERPIECE、アイドル達のパフォーマンスがメインと見せかけてやっぱり曲と歌の良さが肝じゃないですか。ここがヘタってるとアイドル達に集中出来ないもんね。

中盤、アイドル達がまさかの客席降りのサービス。ステージ上には春香・千早・美希が残ってパフォーマンスを続けます。
その後再びアイドル達が壇上に戻り集合した後、貴音さんが響にハム蔵返すのぞわっとした…!( *´艸`)
ミキミキとやよいちゃんのヅラ完璧すぎてどうなってるんだ。

13人のパフォーマンス、特に笑顔が本当に素敵で、可愛さに拍車をかけていました。
私は向こう側に立ったことないから分からないけど、ああやって変身して、客席からサイリウムを振られてコールを浴びて、後ろからは仲間たちの音が支えてくれたらそれはもう可愛い以外の何者でもないじゃない。男だろうが女だろうが。

そんなことを考えて涙目になりつつラスト、ウィンドチャイムの余韻が原曲そのもので、もーパーフェクトに締め括られた感満載でした。
そして、この演奏会終盤において「ライブ」の幕が開かれた瞬間でもありました…。

--------------------------------------------------------

「ステージでまた会おう」と書かれたマフラータオルを持った奏者さんががステージを左右に疾走して最後の賑やかし、約2時間半の本編が終了。
(※タオル…ア!劇場版の前売り券特典)

そしてまだまだ終わらないのです、[アンコール]!(ノ*'◇'*)ノ

こちらは事前に「10周年記念演奏会の演奏曲を、あなたの投票で決めちゃおう!」と、
webでアンケートを取っていた企画の一つでした。
「どこで演奏するかはお楽しみに!」とパンフレットにはあったけど、…まぁここだよね!ここしかないよね!(*´∀`)

「結果はこちらです!」と始まるドラムロール、暗いステージ上をグルグルと回るスポットライトが止まる先は…!

起立したTpソロ、トランペットには電飾がキラキラと輝いて、あの時と同じイントロを奏でます。「We'll go into the space over the future.」
その音色を噛み締めるように左胸に手を当てて天を仰ぐ、団長のBeautyさん。

勇壮な序章がふっと終わって開かれた運命の扉(ドア)、強烈な「♪ウォーウォーウォー…」を全員演奏で送るその曲は、JAM Projectの『SKILL』!!
第5回定期演奏会(2012)・アンコールより再演の「SKILL」は、6曲の候補から選ばれた、ダントツ一番人気の真のアンコール!

2012年版は吹奏楽+男女ヴォーカルが付いた、より原曲に近い「SKILL」でした。
事前配布された細いサイリウム振りながら「Motto! Motto!!」も出来て、本当に「ライブ」だったんですよ。

しかしそれと同じことをやったんじゃ10周年記念演奏会じゃない!ヽ(・∀・)ノ
…という気概を感じる、吹奏楽一本で締め括る2016年版「SKILL」。
「光り物持って来てね!」の事前告知もあって、会場は太いサイリウムの光で満ちて盛り上がる準備万端でした。

中盤、Beautyさんと赤いハットを被ったぺろさんが前方に登場、レッツパーリィの時間!
ステージの端から端まで走り回って、「女の子の声聞かせてください!」「じゃあ!男子!熱い声聞かせてください!」というコール&レスポンスで徐々に声出し(「セーガー」「南無三」「かしこいかわいいエリーチカ」というジャンルの問わなさ)
しまいには客席降りして会場内を走り回りウェーブをさせるという無茶ぶりまで!
このしつこいくらいの強制的な掛け合いがクセになるのかもしれない。笑

客席があったまってきたところで、
「I can fly! You can fly! We can fly! "Motto Motto"!!」
のコール練習!ヽ( ´∇`)ノ
もちろん客席は座っての参戦だけど、拳とサイリウムを振り上げながら声を絞り出す、その効能で心はもうピョンピョン飛んでました。
からの本演奏に戻っての「Motto Motto!!」の盛り上がりたるや!!
ホール全体の一体感!練習の賜物!

この間、場を繋ぐピアノとドラムが地味に良い仕事してたし、ぺろさんが煽るときに手指をぴらぴらさせんのッつもーー心の臓貫いてですね、私あの煽り方であんな格好良いのニノちゃん(ars)かぺろさんしか知らないわ!!!マジで!

終盤のアウトロ、Tpのソロが綺麗だったし、それを繋ぐTbも本当に気持ち良かったです。
ヴォーカル付も良かったけど、歌ナシの今回は吹奏楽本来の熱さを体感出来ました。
逆に聴く側に歌(コール)を担わせることで、無意識に「ライブ」に参加させてアンコールを作ったっていう、こっち側のやりきった感もすごい。
これでもかっていう盛り上げ隊のおかげで、気恥ずかしくなくコールを楽しめたのも強いですな!(*´∀`)

これがまさに「ライブは一体感!」!
前回の「SKILL」終わりはカラオケ行きたい!と思ったけど、今回はこの「SKILL」で大満足して、その欲全然出なかったもの!(*´・∀・)(※当社比)

お祭り騒ぎの10周年記念演奏会を締め括るのに相応しい、情熱的で痛快な時間でした。
ありがとうございました!!╰(*´︶`*)╯

--------------------------------------------------------

終演は17時15分。
ホワイエはコスプレしたままの奏者さんと、たくさんのお客さんで賑わっていました。
私は次の予定があるので即離脱!。・*・:≡( ε:)
もっとみんなに可愛いステキありがとう言いたかったよー!ウッ…

全体的にムラがなかったわけではないけど、ラストに向けて奏者さんたちが高まっていくその熱気が伝わってくる、楽しい演奏会でした。

聴く・見るだけの演奏会も勿論楽しいけど(それが本来の「演奏会」のあるべき姿だろうし)、客席と一緒に作り上げていく「参加型」はまた違って楽しいですな。
しかし客席がいつまでも(´・ω・)なら意味がないわけだし、ステージ側の技量を問われるスタイルですよね。
それを開花させる腕があるというのは、ライブ慣れしてる人が多いから、しいてはそれが「10年の重み」なんだろうなとぽんやり感じた演奏会終わりでした。


160130rumyu_02.jpg
A5/FCのパンフレット。
パステルレインボーな背景と、おめでたい五線譜に包まるるみぃちゃんがかわゆすです。


160130rumyu_03.jpg
傾けて紙の質感が分かるかしら。表紙はマットPP。ちょっといい同人誌です。
友人が「いつも私がお世話になってる印刷所さんと同じとこだわ…」って言ってて笑いました。

160130rumyu_04.jpg
めくって中表紙の前に遊び紙入ってるあたり、紛れもない10周年記念同人誌です
(色上質さくらかな…サクラ大戦だけに……)

160130rumyu_05.jpg
1曲につき1ページの曲紹介。
初演当時の演奏会の情報/出来事や、編曲担当の方のコメントなども一緒に振り返ることができちゃいます。


160130rumyu_06.jpg
\世界初演/
なんと魂ルフページだけ贅沢なエヴァ仕様!
作編曲の大森先生から頂いたコメントも載っています。(*-人-)



160130rumyu_07.jpg
各パート紹介のページはアットホームなサークルカット風。
ふと、高校生の時地方のイベントに参加していた頃を思い出させます。


--------------------------------------------------------

というワケで、輝きの向こう側は銀河の果て、遥かな大宇宙(おおぞら)だった…
と、突き抜けたエンターテインメントが凝縮された、るーみゅさんの10周年記念演奏会でした!(*´∀`)

因みに私765プロでの担当は我那覇さんなんですけど、
まーーーーーるみゅさんの響ちゃんハチャメチャ可愛くて、可愛い上にダンスも何もかも最高で、なんなら私の席の視線の先で踊ってて眼福もいいところだったんです。

それが終演後、ホールの階段を上っていたらその響ちゃんさんが赤さんを抱いていて、「!!??」と三度見しました。
三度見というか「これが『尊い』…」とファーってなってチラチラ見ながら合掌させて頂きました…(kimoi)

その赤さんが響ちゃんさんの中の人のお子さんなのか、他の方の赤さんなのか実のところは分かりませんが、その笑顔が先ほどまでのアイドルの笑顔とは異なり、
「10周年記念演奏会」という大仕事を無事に終えた感慨を家族と分かち合う中の人の笑顔で

そのわずかな時間での光景で、改めて「10年」で紡ぐ軌跡の凄さ、奥深さを認識させられた気が致しました。

改めて、10周年おめでとうございます!
この先も15年20年と、るーみゅカラーの演奏会を楽しみにしております!ヾ(*・∀・)/


…ところで、テニミュの曲は??(・ω・)

 


★因みにわたくし、2014年8月に行われた『第6回定期演奏会』の感想を…行ったのに書けなくてですな…
すごく楽しかったのに文字に起こせず…ということは団員の皆さまに感謝も伝えられずで悔みまくりなので、当時作っていた素材の供養と共にちょこっと感想を載せさせてください…_(⌒(_'ω' )_
(注※供養とは思えない長さになっております)


│ルセッタアミュゼ吹奏楽団 第6回定期演奏会
│2014/8/3 (sat) 15:00start @タワーホール船堀 大ホール
│演奏:ルセッタアミュゼ吹奏楽団

--------------------------------------------------------

[第1部]
・英雄の証「モンスターハンター」より(モンスターハンター)
・ジョジョ~その血の運命~(ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ファントムブラッド)
・BLOODY STREAM(ジョジョの奇妙な冒険 第2部 戦闘潮流)
・UNICORN(機動戦士ガンダムUC)
・ルクセンダルク紀行(BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY Linked Horizon”ルクセンダルク大紀行”)

[第2部]
・VAMOLA!キョウリュウジャー(獣電戦隊キョウリュウジャー)
・Can Do(黒子のバスケ)
・乙女のポリシー(美少女戦士セーラームーンR)
・マジLOVE1000%(うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%)
・僕らは今のなかで(ラブライブ!)
・On My Way(ミュージカル テニスの王子様)

[アンコール]
・猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(モーレツ宇宙海賊)



140804rm_1.jpg
まずパンフが可愛かったなぁ。うちわも配布されてました。

140804rm_2.jpg


「これが吹奏楽!」というインパクト大の『英雄の証』から始まって、早々に興奮のジョジョゾーン。
1曲目の『その血の運命』と2曲目の『BLOODY STREAM』。
この2曲は、江原大介先生(作曲の田中公平さんと同事務所所属)と大森俊之先生(原曲の作編曲者)という、プロの作編曲家様が今回の演奏会のために吹奏楽編曲を手掛けられたという、まさにこの場限りのッ!贅沢な演奏ッ!!

指揮者がジョジョ立ちしてからの『ジョジョ~その血の運命~』は、練習量が伺えるクオリティでテンション上がりました。
イントロの疾走感あるブラス隊でグッと惹き付けておいて、AメロBメロは木管~金管と各パートが絶頂に向けて丁寧に紡いでいく。
そうして迎えたサビ、ラストの「そーのーちーのー」のユニゾンで魅せるブラバン感とんでもなかった!大サビ2回目の直前超カッコ良かった。

雰囲気変わって、大森先生編曲の『BLOODY STREAM』
サックスのまとわりつくようなメロディと、(さっきまで指揮者だった方の)色っぽくも鮮やかなボンゴ捌き。こちらもブラスが裏で丁寧に仕事してる楽曲ですが、それが吹奏楽アレンジになってバランス良く聞こえてくるのが流石プロの編曲だわーとしみじみ聞き入ってしまいました。
ノリノリのマリンバやコンバスも格好良かった。こちらも、間奏から大サビに盛り上がってふっと突入するところがステキでした。

圧倒的な迫力で攻めてくるのは前者なんだけど、もう一回聞きたいのは『BLOODY STREAM』の方かもしれない。これがスルメ曲…

--------------------------------------------------------

140804rm_3.jpg
見覚えのあるシルエットがちらほら!

[第2部]からは、「紅白”奏”合戦」というテーマで進行。
前座をやりたいお笑いっぽいお二人(大阪シャーベッツ)が登場し、コントしたりこの後の曲のコールの練習したりコントで締めたり。

140804rm_5.jpg
ホワイエにもこんなお祝いの花輪がありました。

チューニングを経て[第2部]開演!
天面で回るミラーボール!ガブリボルバー持ってくる指揮者!!
「Presented by るーみゅ☆」とアナウンスが入って『VAMOLA!キョウリュウジャー』
ニチアサで聞くのはテレビサイズだけど、こちらは壮大なイントロから始まるフルバージョンだー!ヽ(*´∇`*)ノ
キョウリュウ自体も大好きだけど、キョウリュウはOPもEDもとっても楽しいので嬉しかった!

TbやTpが牽引するメロディライン、木管が優しく奏でる中間部…その後ろでホリゾントがレッド~グリーン~ブルー~イエローと変わっていって、サビでピンク!そして赤に戻る!っていう細かい照明演出がたまらんかったです…パーカスさんが楽しそうだった。
転調してホリゾントがアイボリーになったときの!!私の心の中の!!
\ウッチーーーー!!/という声!
あれっ黒の存在忘れてるな…(・v・)
大サビでは、カラフルなのがチカチカ転換するの目に悪かったですw

--------------------------------------------------------

るみゅさんお馴染みBeautyさん(MC)が登場して、改めて2部の趣旨を説明。
「紅白に分かれたウチワで盛り上がってください、男女逆になっておりますのは曲の愛故です!」
とフラグを立てると、白組1曲目の意気込みを語るべく段ボールのチャリアカ勢が登場。
緑間っちが「俺の今日のラッキーアイテムはアルトサックス…」とドヤると、赤司様が登場し「僕が指揮を振る限り負けることはないよ」と勝利宣言。

からの、黒子のバスケOP『Can Do』
サイリウムをマレットに持ち替えて、さっきまで寸劇してた高尾さんがマリンバ叩いてたり、緑間っちがラッキーアイテムのアルトサックスでソロ吹いてたり、赤司様がソプラノサックス吹いちゃってたり、金管さんはサイリウム振ってたりと自由で賑やかなステージでした。
ドラムを叩くP3主人公が荒ぶっていくラストが、なんかこう、今現在の黒バスの勢いを見せつけるようでした(*´-`)

--------------------------------------------------------

続いては、前方にセーラー戦士(変身前)の5人が現れての紅組1曲目。
「私たちらしい演奏で、乙女の強さ、見せたいと思います!」とうさぎちゃんが宣言すると、
「その調子だ、月野うさぎ!」と薔薇持ったタキシード仮面様が登場。
タキシード仮面様、「私も共に戦おう!トウッ」と指揮台に上がります。

可憐なフルートのメロディで始まる『乙女のポリシー』
ここもホリゾントが5色に切り替わって目にも鮮やかでした。
ロックテイストな「Can Do」のすぐ後にも関わらず、しっとりしたパーカッションが丁寧だし、ユーフォの女性陣によるソロがあるのも嬉しかったー。
タキシード仮面様かな?「ピッと」で小首を傾げるの可愛かったです。

--------------------------------------------------------

「ここから2回戦、ダンス対決です!」
ということで、先行は白組ST☆RIるみーりっしゅの皆さん。ダム様が一瞬半紙出したの腹抱えて笑った。
アイドル達による客席降りまであって盛り上がりました。

一方紅組のるみゅーずの皆さん。流石人気アニメだけあって声援も大きい!
「ここである方が応援に駆けつけてくれたみたいです!」と紹介されたのが白い犬の着ぐるみ…と思ったら、アルパカさん(指揮者)でした(*´∀`)

るみゅーずの皆さんも可愛いんだけど、演奏もすごかった!そしてTbとかに色違いの電飾が巻き付けてあってとっても華やかだった!
天を仰いで演奏してて、あぁこんなん即死!即死だわ…!って心躍ります。
高尾さんがもういちいちサイリウム置かずに、マレットと一緒に握ってグロッケン叩いてるの最高に萌えました。

--------------------------------------------------------

最後は代表と紅白の各リーダーが前に歩み出て、野鳥の会の皆さん(2名)もお越し頂き、会場投票を計測するっていう寸劇。ここにウチワ活きてくるのすごくない…!?笑

とは言え、野鳥の会がカウンターかちかちしてる時のBGMとか、ドラムロール×ピンスポぐるぐる回す煽るヤツとか、ちょっとした小芝居とか本当に細かかったですw
アルパカさんがコメント言おうとして涙に詰まっちゃって、\がんばれー/って声掛けられてるのとか、勢いで一気に行くの素晴らしかった(*´w`)

「俺たちは皆で一つのルセッタアミュゼ吹奏楽団だー!」
とまとめると、「エクスタシーなショーやった」「るーみゅの真骨頂見せてくれたな」
「まだまだだね」ときて『On My Way』!オマウェ…オマウェ…!!!
吹奏楽でテニミュが聞けるのはるーみゅだけ!!!!。゚(゚´ω`゚)゚。

私は2部アタマから気付いていたのですコントラバスのお姉さんがルドルフユニフォームな上にきらきらミトンしていることも!なんだよきらきらミトンて!!!(今更)

るみゅさんの演奏会の中でもアンサンブルでのテニミュは聞いたけど、全員での合奏は流石にゾクゾクしました…
コンバスのお姉さんは弾きながら踊っちゃってるし、2番はアレンジ違いだし、生演奏で聞くと佐橋先生がいろいろ趣向凝らして作曲してるんだなぁっての分かるし、
Perc.さんがパン!パン!って手拍子してくれてるし、コンバス回ってるし(物理)、最後の掛け合いDL7かよってくらい泣けるし、Flの対旋律たまらないし、もう有難うございます有難うございましたって平伏でした…リメンバーパッション……

--------------------------------------------------------

最後の挨拶が終わって、\ちょっと待ったー!/と感動の空気を遮る声。
「るーみゅの演奏会でいつでも会えるアラサーヒロイン、るみゅいろクローバーZ!!!」
…アルパカさんがアルパカを脱いだらかなこぉ↑↑でした。

「さぁ、アンコールの時間だ」ということでラストは
『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』!!
最後まで客席を巻き込んで攻めるモーレツな1曲…!
ここも今までの照明演出同様、各ソロの時に背景が担当色に変わって行くのがステキすぎました。
コール完璧だしまさかのベースソロあるしでなんという私得!(*´Д`*)

「無限の愛」、いい曲だけどシンフォニックロックっていうかプログレぽいっていうか長くてノリづらい曲なのに、よくそれをアンコールに選んできたなぁって感心しつつ聞き入ってました。
これも機会があったらもう1回ちゃんと聞いてみたい…!

そして私のメモの締めには、「ぺろさんのHPがへっていないのがふしぎ」と書き残してありました。かゆ

140804rm_6.jpg
第6回定演のチラコレ。見たことないver.もある…!

--------------------------------------------------------

もう1年半も前の演奏会の感想で大変恐縮でございました。

でも、この第6回定演の終演後、コンバスのテニミュのお姉さんにはどーーしても感謝を伝えたくて、この人見知りの私が!出待ちしてお話して、「今日(8/3)赤澤くんの誕生日なんですよ!」というどうでもいい話でキャッキャと盛り上がったり、一歩踏み出せた演奏会でもあったのですよ(現在再会してお知り合いにクラスチェンジ)

2012年の第5回定演の時は、まだるみゅさんのお知り合いっていなかったんじゃないかなぁ。
その後、一方的にお名前存じ上げてた方とお友達になれたり、何でも続けてみるもんだなって心から思います。
そういうきっかけやご縁をくれる演奏会や団体さんには、圧倒的感謝しかないです。長く楽しく、活動してくださってるおかげですね(´ω`*)

これからも皆さまどうぞ健やかに、「好き」や「楽しい」を奏で続けてください!
ここまで読んでくださった方も有難うございましたー!ヾ(*`・∀・´*)ノ


140803rm_0.png
最後の素材供養!(´-人-)
この第6回定演の感想を書こうと思ったときに作ったタイトル画です。
今回(10th)作れなかったので…!



blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ やってます(✿´ ꒳ `)
関連記事
ゲ音(アマ)/2015~トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。