2014'04.06.Sun

春のたびのきろく

いつの間にか4月になってました。
花粉症でもないのに、「アレ~~グラ~~」とポーズだけは取るshiinetです。

本年度は、もうちょっと適当なことも書いていきたいなーと思うわけで、その実践としていつも通りに好いかげんな日記を(*´∀`*)

--------------------------------------------

家庭の事情以下略で、良く東京⇔福島を行き来することが多いのですが、今回帰省する際に買った!かわいいおいしいがコレ!!ヽ(・∀・)ノ

20140406a.jpg
名古屋の老舗和菓子屋さん、浪越軒の「どうぶつえん」。

流石にひとつひとつ袋から出して撮影出来んかったので、こんな状態でアレですけど…
上野駅で期間限定(3/31で終了)の出店をしていたので、閉店間際に買ってきました。一緒に買った鬼まんじゅうも好評だったよ(*´v`*)

20140406b.jpg
ちょっとズレてたりするけど、それも味なんだねぇ。
どうぶつによって中の餡の種類が異なっていたり、手も込んでました。私タヌキしか食べなかったけど(・ω・)
その場にいた若い衆や子供たちには大変好評でございました。

--------------------------------------------

20140406d.jpg
実家の片付けをしていた時に発見ピアノ楽譜。

弾かなくなって15年近く経ちます。今の家には鍵盤がないので、今後も弾く機会にはなかなか恵まれないかもしれないけど、捨てるという選択とかいらないものという認識はないんだよなぁ(♪´∀`)
結構しっかり書き込みとかしてあって、若き己の努力を垣間見ました。今ももっと頑張ろう(ノ´∀`*)

ところでどうして若き己よ、このラインナップでロマサガ2はないのだ?笑

--------------------------------------------

20140406e.jpg

先日・高速道路にて。
夕焼け自体もすごく綺麗だったけど、山を覆うほど厚く鎮座する雲と強風に押し流されていく積雲が、同じ空間で金赤に輝いているっていうのがなんだかしあわせだったのです(*´▽`)

この時ちょうど、いろいろ一区切りの束の間だったこともあって染みたのもあるのかもしれんよね。そういうのってあるよね。

20140406c.jpg

つい先ほど撮ってきました。
東京での桜の開花を見ないまま、東北へと上京してきてしまったので、福島(浜の方)で桜を見られてホッとしてます(*・ω・)
一年に一回はきちんと桜を拝まないと、自分の中に「春だぞー」ってしるしが付かないような気がするんですよね。
ここ数日の雨と暴風で散ってしまっていた子もいましたが、つぼみもまだまだ残っているのでもうしばらく楽しめるかな。

東京では散ってしまっていた木蓮も、福島ではいっぱい見られたので良かったです。

木蓮と言えば、3/30の深夜~早朝に放送されていた『生さだスペシャル』(~朝まで生で音楽会2014~)の、スタレビさんの「木蘭の涙」が大変ベネベネ素晴らしかった件!(*´∀`*)

もともとスタレビさんは母が大好きなので、登場まで待機しているつもりでいました(※結果朝方)。
5時間という長丁場の番組でしたが、もちろん他の出演者さんたちも素晴らしかったこともあって、番組そのものを楽しんで見ていたワケです。

ピアノと歌だけのシンプルな「木蘭」。
朝4時の眠気がすべて洗い流されるような歌唱力、否、歌唱力なんてこじんまりとした枠組みではなくて、要氏の深い表現力、歌に感情や想いを載せる力、その絶妙な力加減によって生まれるエナジー。
それにより、一音も聞き漏らすまいと惹き付けさせられ、解放された瞬間に自分の中に広がる何とも言えない感覚。
この感覚を与えてくれる職業音楽家や歌手の方って、人によってそれぞれ違うとは思うのですが、そう数はいないと思うのです…

みんなのさだの番組なので、さだご自身の精気ダダ漏れな感じもすごく良かったです。
スタレビさんに関しては、「次コンサートがあったらアンタは強制的に連れて行く」と母に宣告されております。

--------------------------------------------

ヲタ事から隔離された生活をしていると、ヲタ活をしたくなるのですよね(・∀・)
心機一転な4月、出だしが肝心ですので、健康には気を付けて新生活を楽しみたいと思います。どうぞ皆さまもご自愛ください。

「好いかげん」でもこんなある程度長いんじゃあ…とうっかりしつつ(ノ´ω`*)


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram やってます(ノ`・∀・)ノ~~
 
関連記事
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL