--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2013'09.26.Thu

【ウンメイヲ】RdM第2回演奏会、船堀制圧【カエルッ】

涼やかな風が心地良くも冷たくも感じる季節になってきました。サンマはまだ安くなりません。
本格的な秋が近付く9/22、Ritter der Musik(リッター・ダー・ムジーク)さんの第二回演奏会に行って参りました!。゚+.ヽ(。・∀・)ノ ゚+.゚

130922rdm_01.jpg
そこいらに私の嫁が転がっていたのでパンフレットと一緒に…(嫁を転がしておくな)

Ritter der Musik(以下RdM)さんは、『ファイアーエムブレム・ティアリングサーガシリーズの曲を愛し、FE・TS音楽だけを演奏する団体』さんです。
こうした演奏会以外にも、FEシリーズのオンリーイベント(所謂同人誌即売会)でミニコンサートを行っていたりするそうです。
私も同人屋だから分かるけど、イベント中ゲームの音楽が生演奏で聴こえてきたら嬉しいよねぇ(*´∀`)

そんなRdMさんの第2回演奏会、なんとなく…そう、なんとなくそんな気がしたから…「行った方がいい」という力を感じる…私た(ry 不思議な力に導かれて船堀まで一人旅してきました!ヽ(´∇`)/

つづきは以下から!(長いよー!(*´∇`)ノ)
 
│Ritter der Musik 第2回演奏会
│2013/9/22(sun) 13:30start @タワーホール船堀(大ホール)
|Guest:Gamejive


------------------------------------------------

[開演前管弦楽アンサンブル]
・《紋章の謎》より 進撃

[第一部]
序章:ファイアーエムブレム メインテーマ(紋章の謎ver.)
第1章:《新・紋章の謎》より 戦を前に
第2章:《聖魔の光石》より マップメドレー
第3章:仲間入りメドレー
第4章:《聖戦の系譜》より バトルメドレー
第5章:《外伝》より エンディング1

[開演前弦楽アンサンブル]
・《ティアリングサーガ》より ラゼリアの騎士

[第二部]
[冒頭/金管&打楽器アンサンブル]
・《封印の剣》より 新たなる光の下へ~ロイの勇気~

第6章:《暁の女神》より 絆永久に
第7章:《烈火の剣》より バトルメドレー
第8章:《覚醒》より 予兆/メインテーマ~序幕
第9章:《覚醒》より 遠征
第10章:《覚醒》より 俺様としたことが忘れてた
第11章:《覚醒》より 宿命
第12章:《覚醒》より 貴様らが…姉さんの言葉を語るな!

[アンコール]
・《封印の剣》より Eternal Wind
・《覚醒》より メインテーマ・祭


開場前から結構な数のお客さんがホール前に列を作っていました。後述しますが、優秀な歩兵スタッフ(上級職)の列整理や誘導で、とても落ち着いた列形成とスムーズな入場となりました(*´∀`)
「狩りや闘技場へ行っているお客様は列が動き出すと大変危険ですので、中断して頂くようお願い致しまーす」的な、「ここは有明…?」と錯覚するネタ込みアナウンスを滑らかにされていたのが上級職の貫禄でした。
(余談だけど私知ってる…この歩兵さんはあの超大混雑の庭オケの時に、汗だくで大声を上げ、終始走り回りながら列整理・入場制限の謝罪をして回っていたことを…!)

ゆるりと会場入りしてまず目に付いたのが、RdMさんのツイッターアカウントでも触れられていた
『キャラクター達の名(迷)言を書で記した「書道展」』

130922rdm_03.jpg
何故書いたの…あとどうしてこんなに普通に上手いの……(・ω・)

今回こういった小ネタが非常に散見されたので、これもまとめて後述します!笑

------------------------------------------------

開演前アンサンブルは、ヴァイオリン×2・ファゴットによる『進撃』(紋章の謎)。あのあたりのマップ曲はどれも好きだな~(*´ω`)
勇猛な原曲ですが、弦のメロディにファゴットのリズムパートがまた景色が違って面白かったです。途中曲調が変わったのは別の曲とのメドレーだったのかな?最後もう一度『進撃』に戻って転調したの高まった~!

開演。原曲通りトロンボーンとホルンのゆったりとした二重奏から幕が開く『メインテーマ』(紋章)。
ここ最近聴かせて頂いてきた楽団さんの中では、30人前後という一番の少人数編成ですが、少人数だからこそ品良くまとまったマーチという印象でした。エレキベースの控えめな電子音が、勇ましい金管に程よく溶けていたのが良かったなぁ。

曲が終わり、司会のマイクを取ったのがピアノのお兄さん。「アンタが司会なのかい!w」と脳内でツッコミました(σ´∀`)σ
でもピアノの配置場所も一番下手(しもて)だし、司会ポイントとしては絶好の場所!
なんと一部は指揮者がいないので、このピアノさん(リオさん)の司会や曲紹介と、最後列中央のドラムのお姉さん(ケロリンさん/頭に付けていたのはヘッドドレスだったのかRdMバッヂだったのか…)のカウントインのみで進行していきます。すげー!

戦いが始まる前の『戦を前に』(新紋章)。管弦ちょうどいいバランスで緊迫した雰囲気を重ねます。
『マップメドレー』(聖魔)は明快なイントロから。中盤の木管さんがキレイでした。指揮者不在の中、曲にしっかりと起伏を持たせつつ、最後はバスン!と決めるのはスゴイです。


出撃後は、ピアノさんから改めて「Ritter der Musik」さんの紹介。
2009年7月に創設されたRdMさんですが、現在設立当時のメンバーは少なくなっているそうです。
「『ビラクは好きですか?』と聞くかもしれませんが、いつでも入団・見学募集中です!」、そして「これから入団するかもしれないあなたのために!」
『仲間入りメドレー』は第一回演奏会からの再演だそうです。じゃあずっと…仲間を募集しているワケですね…(つд;)

バトル曲かと聞き違えてしまいそうなカコイイ曲だらけのFE「仲間入り」ですが、正調『仲間入り』(聖戦)の後にピアノソロの『仲間入り』(紋章)を挟んでしっとりさせてから、再び全員で勇ましくMAXへ向かっていくところとか、構成も熱かった…!

「今のメドレーを聞いて援軍がいらしてくれたようです!」と、ステージ上に現れたのは黒マントの大柄な勇者さん(外国人男性)。しかし既にターン終了で膝を付き灰色状態…
ピアノさんが「誰か来てくれないかな~」とチラッチラッすると、ピアノのお姉さん×マリンバが『踊子おうえん』を軽やかに奏でます。その曲に合わせて現れたのが、セクシーなオレンジの衣装にポニーテール(好き)の踊り子のおねえさん…!!(*´艸`*)

まさにゲーム中の踊り子のように、曲に合わせてターンし、ステップを決め、身体の一部のようにシフォンのショールを操る華麗な踊り子さん…!
勇者さんのターンが回復したところで、改めて司会から「GameJive」さんの紹介とご挨拶のターン。

元々は「モダンジャイブ」というサルサ+スイングがミックスされたペアダンスを踊るグループで、「GameJive」さんはその中でも「ゲーム音楽でダンス」をテーマにモダンジャイブを踊るチームなんだそうです。
これが初舞台だそうですが、そうは思えないくらいとても堂々としてキュートなパフォーマンスでした。
コスプレも完璧だったんだけど、あれは誰をイメージしたものだったのか…画で見ると、聖戦子世代代替キャラのレイリアちゃんなんですけどね(・ω・)(※レイリアちゃんだったみたいです)

最後に、司会のピアノさんに「誰にも見せてない踊り、アンタになら見せてあげると、シルヴィアばりの可愛い色気を残して勇者様と去って行きました…

「話している間に敵に囲まれてしまったようです!大丈夫です、我々が応戦します!」と頼もしい台詞から始まったのが『バトルメドレー』(聖戦)。
クリアなマリンバと力強いトロンボーンがキレイな『仲間になる敵』、その力強さを引き継ぐ『味方の攻撃』と、攻勢な曲が続きます。
『因縁の対決』『対アルヴィス』も、指揮なしでは結構難しい展開だと思うんですが、その中でも緩急付けてラストに向け激しく昂ぶっていくのがたまらんかったです。

第一部最後の曲は、外伝より『エンディング1』
ヴァイオリンとヴィオラ(+グロッケン)が、冒頭の優しいメインテーマを紡ぎ、木管が加わって厚みを増していきます。トロンボーンとホルンだけの中間部があったり、色んな情景をみんなで繋いでいくのがまさに「エンディング」という趣きでした(*´ω`*)

曲が終わり、最後列のお二人がバッ!バッ!!と掲げたのが「ちゅうだんしますか?」のコマンドとアンナさん(のボード)。これはRdMさんではお馴染みのアレなんですねw
会場からクスクスと笑いが漏れる中、ゆっくりと暗転していくのがツボでした。

------------------------------------------------

第二部開演前アンサンブルは、弦楽アンサンブル(Vn/Vla/Vc)による『ラゼリアの騎士』(TS)。FEとはまた違う味わいの壮大な全体マップ曲が、上品なアレンジになっていました。

アンサンブルメンバーが捌けて、残った譜面台を片付けに来たステージスタッフA…用意される台座付きの立派な剣…
もう一人現れたステージスタッフBが(剣の位置が違う…)とちょいちょい手直ししてまた別の作業へ…
Aが(もうちょっとこっち…)と位置をずらす…Bが(その向きじゃない…)と傾いた剣を直す…
Σなんなのこの小芝居!!!!!

二人が剣を気にしながら舞台配置を確認している姿に、ざわ…ざわ…としていた観客がいつの間にか見守り体勢に、笑いのポイントがぴったり合っていたのが素晴らしかった!ヽ(・∀・ )ノ
片方は友人なので、今度会ったとき小芝居だったのか素だったのか聞いてみようと思います。笑
(10/3追記:小芝居ではなく素で通常業務をしていたそうで、「もっとざわざわした中で作業出来るかと思ってたら、結構客席静かで注目されてるんだもん!!」と照れていました(*´∇`*))

------------------------------------------------

[第二部]開演。
奏者さんが全員着席している状態で、金管さんたちが譜面台を高くしたな~と思ったら、立ち上がり金管楽器と打楽器によるアンサンブル『新たなる光の下へ~ロイの勇気~』
金管による明朗なファンファーレが幕開けにはぴったりです。

一部では不在だった指揮者が二部ではついに!ヴィオラ兼指揮者のRdM団長さんが指揮台に立ち、放たれるのは『絆永久に』(暁の女神)。
スネアドラムからの重いイントロで始まり、一部では使われなかったティンパニも加わることでより重厚さと勇壮感が増します。というかパーカッション無双…ピアノ弾きがてらトライアングル叩いてる人は始めて見ました(・∀・)
迫力を出すのにパーカッションがリードするんですが、位置や数的な問題もあってどうしても弦が負けてしまうのは勿体ないところですね…(´・ω・)

改めて団長さんからのご挨拶の後は『バトルメドレー』(烈火)。
「『聖戦~』ではアルヴィス戦で敗れてしまいましたが、烈火はラスボスまで行きたいんですがどうでしょう。聞いてからのお楽しみです」と始まったのが『攻撃』。金管と弦のバランスが良くて格好良かった!
ベースとバスドラが気持ち良かった変拍子気味の曲は『静かに、そしてしなやかに』だったのかな?(未プレイ)

メドレーを無事終えて、「えー…黒い牙までは倒せたんですが、通常バトルで死んでしまいました、と…」とオチ込みの烈火のターンでしたw
戦闘を終え、これからボリュームある覚醒のターンに入る…ハズなのですが若干力尽きているメンバー。その様子を見た団長さんが「踊り子さんもいないので…同盟軍の皆さん、…祝電をご紹介します!
祝電までちょっとしたイベントにするのは珍しいですね!(*´∀`) 届いていた祝電を全て読み上げて下さいました。しかもこれまた他団体さんからの祝電もネタ込みなんだ…( 。-ω-)-ω-)-ω-)


笑いの取れる応援の祝電で気力を回復したRdMの皆さんの前に立ちはだかるのが最後の難関、「覚醒」のターン…!
※ここから私うるさくなるので、お時間のない方は引き返した方が良いですよ!!ヽ(´ω`*三*´ω`)ノ

覚醒のターン一曲目は『予兆/メインテーマ』『序幕』のメドレー。
『予兆/メインテーマ』を演奏するのも珍しいけど(今後増えるかもですけど)、『序幕』も繋げてメドレーにしちゃうのは美味しいですね(*´ω`)

ここまで隠してたんだろー!ってくらい唸る金管の『予兆』、メインテーマに向けて駆け上がっていく疾走感は、思わず「キタキター!」と手に汗握ります。登り詰めた先の『メインテーマ』は原曲より優雅な仕上がりでした。

山を登るような心地良さのある『序幕』。広大な世界へまずは一歩踏み出すような爽やかな一曲です。風のような弦と、歩を進めるようにしっかり刻まれる管楽器が、その心地良い緊張感や希望を表現していました。

軽やかなボンゴのイントロから始まる『遠征』。この後シームレスで遭遇戦に行くとは思えないくらい、安眠を誘う癒し曲です。中盤にメインテーマを挟み、うっとりしたところでドラムのカウントイン!『遠征~炎』!!!いやあぁぁぁ!!!ヽ(*´∀`)ノ

止まらないマリンバ、暴れるエレベ、ヴァイオリンとピアノの迫る裏メロ、今度は寝る隙など与えないのです!サントラ版の『~炎』よりもカジュアルな良いアレンジだったと思います。好きでした。それに合わせて踊るような勢いある指揮もステキだったな~(*´ー`*)
この指揮の際、タクトが変わっていた?ようで、指揮の団長さんが「『これが俺のファルシオンだ』ってパンフレットにありますけど、コレ(タクト)ですからね、変な意味じゃありませんので」
「…変な意味ってなんなんだ、まぁいいや」と指揮台で一人ごちてらっしゃいました。突っ込みません(・∀・)

閑話休題曲『俺様としたことが忘れてた』。クラリネットのイントロから始まり、木管や金管がメロディを繋ぐ裏で弦楽器の皆さんはピチカート。
間を埋めるマリンバとグロッケンが愛らしかった…というか、パーカスさんはこのまったり曲にあっても多忙でした(;・∀・)

そしてパーカスさんの忙殺はまだ続きます、続いては『宿命』
控えめな弦と朗々とした金管の掛け合いが美しい序盤、大人しめのいいアレンジです。
……この後に『宿命~炎』くると思ってなかったからさ!!!!!そのギャップを印象付けるための味付けですよね!!(つд;)
『遠征~炎』の時にはカウントインがありましたが、『宿命~炎』はシームレス!高まります!高まります!!!

一丸となってしっかり踏み締めながら立ち向かうような演奏、中盤以降のピアノ協奏曲化は死にました。ドラムの「カン!」の後に降り注ぐようなピアノ。これが嶺さんのピアノ無双です本当に有難うございます
あの高音から下りてくるピアノ、来るって分かっているのに聞いた瞬間に涙目でした。まだ終わりじゃないっ…!
また編成と配置の妙もあって、このピアノが有難いことに良く聞こえるんです。その無双をしっかり再現して下さったリオさん本当に有難うございました…。(個人的感謝)
ピアノピアノ言ってますけど、このピアノが輝き引き立つのは荘厳で重厚を意識した周囲の演奏があってこそです。この終盤に…!

『宿命』でこんなで、私この後どうなっちゃうの…あの曲が控えているのに…_(┐「ε:)_

そう、『貴様らが…姉さんの言葉を語るな!』。入場してパンフレットを見てこの曲目を見て、「墓標だー墓標きたわー」とふかふかの椅子でぐんにゃりしました。
「行った方がいい…」というただならぬ力を感じて、この22日に予定を入れた私は間違っていなかったのです………

暗雲立ち込めるティンパニから、光差すように開いていくピアノのイントロ。追いかけるような弦や重なっていく管楽器。
一瞬雲間から見える光、美しいピアノソロは情感こもって本当に素晴らしかった。それを何度も繰り返しながら力強く迫っていくような展開は嶺さんのお家芸ですよ。
正直なところ、もっと迫力があれば…と思ってしまう部分もありましたが、もう、この難曲を選んで二部のラストとして演奏してくれたというだけで賞賛で感謝しかありません。
静のピアノ、動の全楽器の繰り返しを幾重にも積み重ねて終末へ向かっていくこの曲。原曲ではフェードアウトのところを、RdMアレンジではピアノが軽やかにメジャーコードで締め括るのです。「あぁ、雨が上がった…!」と思いました。

演奏が終わった後は不思議な脱力感がありました。きっと私もステージに向けて元気玉か小宇宙を送っていたのでしょう…。

------------------------------------------------

アンコール1曲目は、封印の剣より『Eternal Wind』
ピアノとフルートの掛け合いに、密やかに絡むエレキベースが安穏な雰囲気。ドラムや他の楽器の音が加わると、より和やかな感じになって、先程までの緊迫した空気とは一転します。まさに戦い終えたエンディングの様相。

これで演奏会は終わり…「…と油断させておいてバカめ!!」と、団長さんがラングばりに声を荒げると、奏者の皆さんがわやわやとクラスチェンジ。弦の皆さんは最後列のパーカス隊の方へずらりと移動。
ハロウィンコーナーから買って来たような(笑)、魔女っ子帽やとんがり帽子、仮面を付けている方もいらっしゃいました…。

いつの間にか剣と台座が中央付近に近付いていてΣ(・∀・)、再びGamejiveのお二人が呼び込まれます。
そして始まったのが『メインテーマ・祭』!サンバ!サンバキター!!ヽ(・∀・ )ノ

観客の大きな手拍子が加わって賑やかで一層華やかな中、ガニ股歩きで斧まで持って現れた海賊に、勇者さんが剣を抜いて応戦!勝利した勇者さんを称えるように、踊り子さんが一緒にダンス!(これがモダンジャイブなのかな…?)
パーカス以外の管楽器さん達が自分のターンが終わると帽子を取ってペコッ!ってしてくれるの可愛かったし、肩を出してセクシーなコンミスさんが後ろの方で魔女帽で嬉しそうにサンバのリズムを刻んでいるのなんてグッと来たし、とにかく楽しそうなステージ上を一緒に盛り上げる観客パートの手拍子が素晴らしかったし、
他団体さんの名前出しちゃって恐縮ですけど、私6月に杏仁さん行って同じような『メインテーマ夏・湯』聞いてるけど、当たり前だけど全然別物で改めて「ゲーム音楽アマチュア演奏団体」のカラーというものを痛感したし、

なんでしょう、私こういうのに弱いのです。内輪ウケとか言う人もいるかもしれませんが、奏者のみんなが楽しくて溢れちゃってるものが観客パートに波及して、こっちまで楽しくなった上に皆の充足感が手に取るように分かる瞬間ってのは、ただただクるものがあります。

130922rdm_12.jpg
こうです!! これじゃちょっと心理状況違うじゃねーかって感じですけど、本当にこんなカンジで泣きながら聞いてました。

いろいろ、ただ浸りながら聞いていたり、あーだこーだと考えながら聞かせて頂いていた2時間でしたが、もう最後のコレで全部持って行かれました。すっごいパワーでした…!

130922rdm_11.jpg

------------------------------------------------

これは2記事に分けるべきだったな…と今更思っていますが、このままいきます。
画像と小ネタを拾うコーナー!ヽ(´∇`)/

130922rdm_04.jpg
冒頭でも触れた「書道展」。左下が狂気。

130922rdm_05.jpg
オルレアンはみんな仲良しなのが好きです。ビラクはいいおとこでも普通です。

130922rdm_06.jpg
ビラクは普通です(二回) でもこのビラクはカワイイ。
全部の作品にきちんと落款が押してあるのがニクイ…!


130922rdm_07.jpg
団員さんで分担された演奏曲紹介も、それぞれにゲーム愛と個性が溢れていました。
パンフレットはA4/P16。個人的にA4版は久々でした。


130922rdm_08.jpg
パート紹介も皆さんで分担して描かれたようなイラスト・コメント付き。
コメントにもFE用語やゲーム内容が織り交ぜられているのが安定のアレです。


130922rdm_09.jpg
終演後入り口付近にいたビラク。やりません(三回)

130922rdm_10.jpg
パンフレットの裏表紙と秘密の店(RdM演奏会)に入れるメンバーカード。再入場時にはこのメンバーカードの提示が必要だったようです。
余ったとのことで終演後には「ご自由にお持ち帰りください」になっていました。意外にもちゃんとマットなイイ紙!(・∀・)


130922rdm_02.jpg
列整理をしていた歩兵スタッフ(友人)が翼を授かっていたので撮らせてもらいました。お仕事中すみません…
貴女は最後尾札を翼にしたペガサスナイトだよ…!!


全部はチェック出来ませんでしたが、他にも↑このピクトグラム風な注意事項の張り紙なども随所に散りばめられていたようです。
展示物もきりがないから全部は撮りませんでしたが(あと私の携帯カメラの限界)、書道作品ももっとありましたし、FE関係の貴重なソフトやコミックの展示もありました。
色々関連グッズや作品を展示してくれる団体さんってたまにありますが、演奏聞く前から宝探しみたいな雰囲気が文化祭みたいで良いですよね(*´ω`*)

------------------------------------------------

第一回演奏会の感想などを拝見していて、RdMさんは「アットホームな団体」というコメントをあちこちで目にしました。実際この第二回演奏会に足を運んでみて、その評される意味がすごく良く分かった気がしました。

ゲームの情景を演奏と同時にパフォーマンスや寸劇で表現する団体さんはたくさんありますが、そこではなくて、進行のアナウンスにあそこまでゲームの内容を盛り込んで表現しているのって珍しいなーと感じました。
曲と曲とを繋ぐト書きにもストーリーがあるので、ちょっとしたお芝居を見ているようでもあり、物語を追っているようでもあります。

それはRdMさんに『FE・TS特化型演奏団体』という一番の武器があるからですよね。聞きに来るお客さんもFE・TSに詳しい人達、ファンだというホーム感があるから、演奏会丸ごとを細部に至るまで、思う存分FE色に染め上げることが出来る。その強みや距離感が結果「アットホーム感」、家族感に繋がるのかなぁと思いました。
もちろん、少人数編成だからこその「アットホーム感」もあると思いますけど(*´v`*)

私がもっとFE全編に詳しかったら、演奏曲目や編曲に目を輝かせ、追体験にゾクゾクすることが出来たのでしょうが、うーんまだまだまだ…!知識不足で全てを追い切れなかったのが無念です。
でもこうやって感想を綴っていて、「じゃあ何か未プレイのシリーズやりたーいヾ(⌒(_*'ω'*)_」って気持ちになるのだから、かなりFE愛が上がったのではないかと!思います!!今我が家にはティアサガしかない!!Σ(・∀・)



ここからは独り言です。
ゲーム・アニメ音楽のアマチュア演奏団体、特に無料公演を好んで聞きに来て、何に期待をして足を運ぶのかによっても、持ち帰る感情や感想は異なってくると思います。
好きなゲームの曲を生演奏で聴いてみたいとか、上手い演奏を生で聴きたいとか、その時間を皆で共有したいとか、いろいろあると思います。
その願望が満たされなければ「上手くなかった」「つまらなかった」になるのかもしれないけど、プラスの感情しかない演奏会においてマイナスの感情のみを持ち帰るのは、掛けた交通費と時間の分勿体ないなぁと、個人的には思います。

絵でも音楽でも、手芸でも料理でも、何か一つの作品を100%満足いくものに完成させるというのは、楽しいけれど困難が伴うものです。
一人で創り上げるのも結構大変なのだから、それが数人、数十人と規模が増せば、その分100%に近付けて完成させるというのはより困難になってくるのではないでしょうか。
作り手のスキルや情熱、細かく言えば普段の職業や環境の違いも影響すると思います。受け手の感性も異なるし、その中で一つ着地点を設定して創り上げていくという作業の困難さは、規模が大きくなれば大きくなるほど想像を絶します。

そうやって創り上げられた演奏会に「良くなかった」とマイナスの感情を抱くのは自由ですし、受け手の当然の権利でしょう。
しかし、報酬はなく達成感だけを目指して創り上げるアマチュア団体による演奏会、しかも無料公演にして創り上げてくれている人達の努力や姿勢までもを叩く権利は、ただの受け手の我々にはないと思うのです。上手く言えませんが、そんな風に感じました。

なんだか分かんなくなってきましたけど、このあたりは酒で喉を潤わせつつ色んな人とぼんやり話をしてみたいところです。飲み行こうぜ~(*´ω`)ノc日

------------------------------------------------

最後は雑感をちらほらり(*´ω`*)

演奏会前に呟きましたが、今回のスタッフさん達は私の知る限り本当に手練の皆さんばかりでした。
大混雑というわけでもなかったので、スキルをフル発動!という感じでもなかったのかもしれませんが、視野広く丁寧に誘導案内する勇者やパラディン、状況に応じて持ち場を変えられる賢者、ステージ上で黙々と仕事をこなすアサシンやスナイパーなど、多彩な方が少数精鋭で揃っていました。これが神軍師を擁するRdMさんの連携力…!(・∀・)<感動した

あとは個人的なことになりますが、先述した通り私6月に杏仁さんでも「覚醒」を聞いてるんです。
6/12記事◆Orchestra An-Ninさん演奏会に行ってきた!ヽ(´∇`*)[2/2]

その時も嶺さん編曲の『力を感じる・・・私たちと同じ力・・・』を聞けた上にラスボス曲『あいため』も聞けて、大変満ち足りた心地で帰路に着きました。
まさか数ヶ月のうちに嶺さん作曲の『予兆』・『宿命』・『貴様らが…姉さんの言葉を語るな!』をまとめて聞けるなんて…!!(´;ω;`)
おまけに『遠征』も聞けるなんて、っつあーー生きてて良かったー!ですよ!ヾ(:3ノシヾ)ノシ

正直『貴様らが…』は聞けるかなぁってちょっと期待してましたが、ここまで聞きたい曲がフルで聴けると思わなかったので、近藤嶺クラスタとしてはアカネイアの方向に足向けて寝られません!*<(:3[__]

改めて本当に有難うございました!そしてこういう「帰りに原曲聞いて行こー♪」って時に限って、iPodの充電が落ちてるんだ!ガッデム!!ヽ(`Д´)ノ

余談ですが、今、嶺さん所属のT's musicが音楽担当している「ノスタルジオの風」を、音楽聴きながらゆっくりプレイしてるんです。(裏ボス前でうろうろしてるところです)
で、演奏会で生音の『宿命~炎』を聞きながら(あぁこういう流れの曲ノスタルジオにもある…使える音や楽器の編成が変わっても嶺さんらしさって変わらないんだなぁ…)と、深いところで感覚的に味わえたのが、妙と言うかそわそわする感じでした。

今までCDで聞いてもそんな風に感じることはなかったのに、生演奏で奏者の皆さんが一つ一つの音を奏でて、それがまとまって自分の耳を通じて脳に届く瞬間に初めて味わえる心地良さっていうか、不思議な体験をさせてもらいました。
ちょっと私しか言ってること分からないと思いますけど、実は本人も良く分かってないですけど(すみません)、生で聞かないと味わえない体験にもいろいろ種類があるんだなってことですよ!(ノ´∀`*)

------------------------------------------------

最後、雑感っつーか完全に嫁トークになってますけど。
改めて、RdMの皆さん、Gamejiveのお二人、スタッフの皆さん、FE愛に溢れた演奏会を有難うございました+お疲れ様でした!ヽ(*´∀`)ノ
あの場に集ったFE・TS好きの観客ユニットの皆さんもお疲れ様でした!
また次回第三回演奏会の際には、一緒にホール制圧出来ますように…!(*´∇`*)

いつも長々とすみません…ここまでお読みくださった方も有難うございました!
秋どころか気分はシレジア!急に寒くなってきましたので、心温まるゲーム音楽を聞きながら温かい格好をして、ぬくぬくでお過ごしください!(*´ω`)ノ


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ ブログランキングならblogram やってますヽ(・∀・ )ノ
 
関連記事
ゲ音(アマ)トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。