--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2013'06.11.Tue

Orchestra An-Ninさん演奏会に行ってきた!(*´∇`)ノ[1/2]

6月ですねー梅雨ってこれから来るんですかね?(・∀・)っていう日々の晴天が曇天に変わった過日6/1(土)、
『Orchestra An-Nin』さんの第一回演奏会へ行って参りました!ヽ(*´∀`)ノ

130601annin.png
(※背景、パルテノンをドット打ちしようと思ったけど やめました)

Orchestra An-Nin(以下「杏仁」)さんは、「『任天堂のゲーム音楽を演奏したい!』という有志が集まったアマチュアオーケストラ」
なにゆえ「An-Nin」なのかは公式サイトさん参照(*´ω`*)

演奏予定曲目がどれもツボでなかなか聴けるラインナップではないこと、何より会場が超近所なこと(有難い…!)もあり、随分前から楽しみにしていた演奏会でした。

130601annin_00.jpg
女神を守護するキラキラした聖闘士が今にも駆け上がりそうなパルテノンの外観…正面から撮れればもっと十二宮ぽかったんだけどな!(・∀・)

直近の庭オケで入場制限があった件もあり、午前中(10:30)から整理券配布が行われ、13:00開場以前から会場内外には結構な人数の列形成がされていました。

130601annin_02.jpg
任天堂ロゴを模した杏仁ロゴ入りの整理券。名刺サイズくらいかな。


まぁ今回も長くなるので続きからですよー!.+゜ヽ(o`・∀・´)ノ.+゜
(※今記事では【第1部】のマリオメドレー・組曲MOTHERについてのみ感想しています。
【第2部】感想は次記事にて)
 

【第1部】
「スーパーマリオメドレー」
・スーパーマリオブラザーズ(水中~地上~コースクリアファンファーレ~
地下~プレイヤーダウン~城~ボス戦~ワールドクリアファンファーレ)
・スーパーマリオブラザーズ3(ワールド1~地上~アスレチック)
・スーパーマリオワールド(ヨースター島~お化け屋敷~お城クリアファンファーレ~
小クッパクリアデモ 卵を助けた時~小クッパクリアデモ~アスレチック~
コースクリアファンファーレ)

「組曲 Mother」
1. Mother Earth(OP)~My Home~ポルターガイスト~戦闘BGM1~Pollyanna
2. マジカント~戦闘BGM2~全滅
3. Humoresque of a Little Dog~TWINKLE Elementary School~
Bein' Friend~戦闘BGM3~工場~The Paradise Line~Snowman
4. 地下室~墓地~動物園管理事務所~動物園管理事務所2階
5. 砂漠~飛行機~戦車~遺跡~イースター村~ライブハウス~All That I Need(Was You)
6. ダンジョン~ホーリーローリーマウンテン~Fallin' Love,and
7. ギーグ戦
8. エイトメロディーズ(ED)


【第2部】
「ゼルダの伝説 夢を見る島メドレー」
・目覚め~剣入手前フィールド~メーベの村~お店~
フィールド~タルタル山脈~ゲームオーバー

「マリオカートSFCメドレー」
・タイトル~キャラクターセレクト~マリオサーキット~ドーナツ平野~
おばけ沼~クッパ城~チョコレー島~ノコノコビーチ~
バニラレイク~レインボーロード~表彰式~エンディング

「スターフォックス」
・Main Theme

「星のカービィ スーパーデラックスメドレー」
・GREEN GREENS~VSマルク~カービィ凱旋のテーマ~銀河にねがいを~スタッフロール

「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 5章メドレー」
・マンスター王宮~敵メッセージ3~危機1~中立軍~
悲しみの時2~因縁の対決~勝利1~謀略~愛しい人~失意の果て

「ファイアーエムブレム 紋章の謎~覚醒メドレー」
・オープニングテーマ~メインテーマ~
絶望ここに君臨す~力を感じる・・・私たちと同じ力・・・~
「I」~為(Orchestra Ver)


【アンコール】
「ファイアーエムブレム 覚醒」
・メインテーマ・湯(DLC絆の秘湯)
・メインテーマ・夏(DLC絆の夏)

「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」
・ハイラル城~表の地上~BOSSクリアファンファーレ

【お見送り】
・Eight Melodies(MOTHER)
・こんなところで寝てると風邪ひくぞ(FE覚醒)


この曲目をざっと見て頂いて分かるように、「こまごまとして長い」です!!
事前に公式で発表されていた曲目を見ても「これ…こんなに盛りだくさんで大丈夫なのか……( 。-ω-)」といらぬ心配をしていたくらいにマシマシのボリュームでした。全部で約100曲程あるそうです…

130601annin_03.jpg
シンプルーイズベストーなプログラム。代表さんからのご挨拶、指揮者紹介や曲目紹介、団紹介などに任天堂キャラのシルエットが添えられています(*´∀`)

---------------------------------------------

「任天堂と言えば…」マリオ全開のプログラムから演奏される【第1部】
ステージ上、指揮台の隣には既に人一人は入れそうな丁度良い大きさのハテナブロックが鎮座。その存在感に会場がざわつく中、真っ赤なマリオ帽を被った指揮者の伊藤(祥智)さんが颯爽と現れ開演です。

みんな大好き『スーパーマリオブロス』は1985年9月発売のFCソフト。
『マリオ3』が88年10月発売、『マリオワールド』からSFCに舞台を移して90年11月発売、全て近藤浩治さんの作曲です。5年て!
初代マリオから~ワールドまで、「すごい進化だ…!」って気がしてたけど、実際はそんな短期間だったんですね(・∀・)

『スーパーマリオブラザーズ』のメインテーマから悠然と始まり、お馴染みの地上面、そしてコースクリアファンファーレの重厚なオケで一気に惹き込んでくれます。
地下面(1-2)では、いきなり魅せるドラムや低音の金管がカッコイイ!
途中スターを取ったり、タイムアップが近付いてグロッケンで焦らしてくれたり、プレイ動画を追っているような構成もたまらんです。

マリオなんて超メジャーどころ、プロアマ問わずきっと色んな楽団さんで演奏されているのだと思いますが、個人的にフルオケver.で聴くのは今回が初めてでした。
改めて、たった3音の原曲がこうやって壮大に編曲・演奏されるのを生で聴けるのって幸せだな~と、そして近藤(浩治)さんの原曲の素晴らしさにうっとりすると共に日本に生まれて良かったー!!ヽ(´∇`)/と痛感するワケであります。

続いて、うきうきするようなポップな曲調がたまらない『マリオ3』ワールド1~地上面は、パーカッションと金管がとっても心地良かったです。
今言っちゃいますけど、杏仁さんのパーカス隊の4名は、色んなアマオケでお見掛けする手練の皆さんだったんですね。お一人お一人がレベルの高い仕事をこなしていて、それを終始見られたのは本当に贅沢でした(*´ω`*)
(他楽団さんで活躍されている奏者の方も多く参加されていたようです)


音楽は無論大好きだけど、ゲームもメッチャやり込んだ記憶しかない『~マリオワールド』
前二つと比べると絵本チックでファンタジー色が強く、音自体も可愛らしい作品ですよね。それがバランス良いオケアレンジになって演奏されているのが印象深かったです。

とにかく嬉しかったのがお化け屋敷~城クリアまでの流れ…!
ピアニッシモなストリングスから不気味なお城へと入っていく繋ぎが素晴らしかったです。アルペジオの光る中盤はピアノが恐ろしくも美しい旋律を奏で、それを表現力豊かな弦や重厚な木管が支える。
プレイ中は「うぉー超怖ぇーよぉー!。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。」って思いながら何度も聴いた曲なのに、まるでピアノ協奏曲みたいでした。こういう何とも言えない抑揚はオーケストラならでは!な感じがします…(*´v`*)

ピアノとマリンバがハイスピードで絡み合うアスレチック面は超嬉しかった…!そこにポンポコポンポコパーカスが混じってくるのがまたもう…!ヽ(・∀・ )ノ
コントラバスのお姉さんがすごく楽しそうだった…(*´ω`*)(※お姉さんはずっと楽しそうだった 割と最後まで釘付けでした)
ポンポコポンポコは~クリアデモもそうですな。あのコンガやボンゴのラテン楽器の音ってすごく『マリオワールド』を象徴する一つだと思うので、それがとにかく映えていたのが心持ってかれました。

ラストのクリアファンファーレでは、みんながずっと気になっていたハテナブロックから、指揮者がスライドトランペットをおもむろに取り出し、最後の美味しい部分だけ吹いて閉めるっていう…!(※クリア後、画面が黒丸でカットアウトになる部分)
なんて美味しいところだけ持っていく人なんだ…!Σ(・∀・)と、きっとお子さん達は…思ったんじゃ…ないかな…笑

---------------------------------------------

第一部後半、これを楽しみに来た方も多いんではないか、な『組曲 MOTHER』
ストーリーを8部に分けてのメドレー仕立てです。とは言いつつも流石メインディッシュ、これもかなりボリュームがあります…(;・∀・)dkdk

『MOTHER』は1989年7月発売、鈴木慶一さんと田中宏和さんが共作で音楽担当をなさった作品です。
EDの『エイトメロディーズ』が小学校の音楽の教科書に掲載されるほど、無条件で心に染み入る曲が多い説明不要RPGの一つです。
(つってもサントラしか聴いたことがなくて、1の方はゲーム未プレイだったりするんですが… …_(:3 」∠)_)

弦とグロッケン、ドラムだけで静かに始まるオープニング、Mother Earthからゲームスタートです。
じわじわ激しい戦闘BGM1、そしてPollyannaへと、冒険が始まるまでの流れをメドレーで再現してくれます。ポリアンナなんてうっかり聞き惚れちゃうよね…!

ただただ不思議でキレイなマジカント、そしてストリングスがピチカートで奏でるHumoresque~は一転してほんわか曲。クラリネットのソロがキレイだったなぁ(*´ω`*)
ノリが良すぎる戦闘BGM3The Paradise~を経て、真っ白な世界に相応しい名曲Snowman。ここもClソロが透明感あって美しくて、それを包む弦の和音のアレンジに心が洗われました…。

弦が本領発揮する、不気味な地下BGM等の「こわい曲メドレー」の後は、陽気なマリンバの砂漠BGMへと繋がります。
ストーリー通りなのでアレなんですけど、メリハリある構成とナチュラルな繋ぎで、長い組曲でも夢中になって聴いていられます。
主にパーカスですが、「こんな演奏方法あるんだ!」「その音そう再現しちゃうんだ!」と、視覚面でも魅せてくれたメドレーだったように思います(*´∀`)

またピアノ×マリンバが本気出す、へヴィメタな戦車BGM。メッチャ格好良かったなー!女子が超絶演奏を披露して下さるのは本当に悶えます。ゾクゾクしました。
だんだん激しく盛り上がっていって、ふっとカットアウトしてからの遺跡BGMは木管だけで物静かに。
つい聞き惚れてしまう(2度目)All That~。直近で聴いたなと思ったら、1月のSUPER JOHN BROTHERSさんライブでした(そう直近でもなかった…(・ω・))

ドラムが格好良いダンジョンBGM、WISDOM OF THE WORLDは弦にぴったりでやっぱり心が洗われるし(クイーンマリーさんとこ)、そして向かうはラストのギーグ戦
ストリングスのノイズと交互に、グロッケン→フルート→ヴィオラ…と、うたを紡いでいきます。この前後からEDまでの流れは涙腺崩壊している方も多かったのではないでしょうか…(つд;)

エンディングのエイトメロディーズは、ピアノとグロッケンの優しい伴奏の上を、フルートの主旋律が穏やかに凪いでいくのが美しかったです。
最後はピアノとヴァイオリンのソロという無敵の組み合わせで静かに幕を引きます。最後の一音まで丁寧に、ふんわりと奏でられるところに、すごい作品愛を感じました。


休憩中に祝電の紹介。休憩中の周囲の感想はやはり「MOTHER!!( ;∀;)」「MOTHER!!(´;ω;`)」ってものが多かった気がします。

---------------------------------------------

【第1部】感想はここまで。
【第2部】以降の感想は更に続きます…(うきうき書いてたら長く…なっちゃって…_(:3 」∠)_)

お付き合い頂ける方は以下からお願い致します…!

◆Orchestra An-Ninさん演奏会に行ってきた!ヽ(´∇`*) [2/2]
  http://gyuuhi.blog120.fc2.com/blog-entry-230.html



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∇`)ノ
関連記事
ゲ音(アマ)トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。