--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2013'04.26.Fri

FE覚醒サントラ(クラニン)の作曲者ひとりクイズ大会(`・ω・´)

いいカンジのタイトルが思い付きませんで。

『ファイアーエムブレム 覚醒』(以下FE覚醒)が発売されたのが2012年4月19日。

クラブニンテンドーの景品として、ゲーム楽曲の中から20曲選んで収録された『ファイアーエムブレム 覚醒 ミュージックセレクション』が登場したのが2012年4月19日同日。(ポイントでの交換は同年10月21日まで)

そして、待望の全曲収録『ファイアーエムブレム覚醒 オリジナルサウンドトラック』が発売されたのが、ソフト発売から約1年後の2013年3月27日。

----------------------------------------------

因みに、私の今一番嫁にしたいゲーム作曲者近藤嶺さんが『「ファイアーエムブレム 覚醒」音楽の一部(約30曲)を担当させていただきました』とブログで発表したのが2012年5月8日。

私3DS持ってませんで、ゲームこそ未プレイですが『ミュージックセレクション』の方を手に入れたのが2012年12月でした。

20曲しかない『ミュージックセレクション』を何度も何度も聞き込んで、『オリジナルサウンドトラック』を発売当日に購入。そしてふと気付いたのです。

「ミュージックセレクションの方さ、作曲者当てクイズ出来んじゃね…?(・∀・)」

130422_fe1.jpg


お持ちの方はご存知かと思いますが、『ミュージックセレクション』の作りは非常に簡素なもので、ジャケットやCD盤面のイラストこそ美麗ですが、付属のブックレットは長方形の紙1枚を正方形(CDサイズ)に畳んだだけのもの。
スーパーバイザー・ディレクター・コンポーザーからのコメントが載っていますが、イコール誰という記載はなし。
(今考えれば辻横さん・森下さん・近藤さんの順なんだと思いますが)

厳選されたという20曲の曲名も、ジャケット裏に羅列されているだけで、どれが誰担当曲かという記載はないのです。

一方4+1の計5枚組特製ケース付き、4000円弱というサントラにしては中価格のフルサントラなら、3名の作曲者が関わって流石に担当記載がないということは有り得ないはず…(・ω・)

ということで、嶺さんを堂々と嫁に迎えるべく、『この20曲の中での「嶺担当曲」を当てよう!!』と、私は10日近くサントラの聴き込みを行ったのです!!(・∀・)ゞ
もともと「嶺さんっぽい曲だな~」と感じた曲だけエンコードしてipodに入れてたわけですが、今その真偽が明かされるとき…っ!!

----------------------------------------------

というワケで、続きから一人クイズ大会ですヾ(*´∀`*)ノ
以下からいきなり回答始めるので、この貴族の遊びを是非体感したい!と言う方はどうぞお気を付け下さい!

(辻横さん・森下さん・近藤さんの中に好きな作曲者さんがいて、フルサントラの方でまだ担当を確認してないという方はやるといいと思います超楽しいから

 

・因みに、宣誓じゃないですが不正はしてません
・不正してない!という証明が困難ですし、仮にしてたとしても誰も興味ないと思うので(ノ´∀`*)
・己の矜持とのみ闘った結果であります!!!!!!!


130422_fe2.png
(※クリックで大きくなります)

上記が解答用紙。作業時や暇な時、就寝前などに聴き込んだ結果です!
ナンバリングの左の赤字が「嶺曲だと思うか」(○が絶対そう、△が多分)
数字の上の青字が正誤です。

※以下打ち直し一覧です(・∀・)

----------------------------------------------

01. 予兆 / メインテーマ
02. こんなところで寝てると風邪ひくぞ
03. 「I」~安
04. 序幕
05. 序幕~炎
06. 猛襲~鋼
07. 大敵
08. 泊まらせてもらおうよ?ね?
09. 政治や外交は苦手だが…
10. この山を越えればもうすぐだ
11. 使命
12. 使命~炎
13. 強襲~鋼
14. 強敵
15. 俺様としたことが忘れてた
16. きらーんって来て、ばーんみたいな感じ?
17. 宿命
18. 宿命~炎
19. …少し、むずがゆいな
20. 俺はもっと強くなる!

…辻横さん/…森下さん/…嶺さん)

----------------------------------------------

ここから言い訳セレクション解答解説、できるとこだけ(*´ω`)ノ

FEメインテーマとも言える1曲目『予兆 / メインテーマ』。メインテーマだから辻横さんのハズなんだけど30秒前後のピアノ~合唱使い、展開が怪しいと思ったら、辻横さん原曲の嶺さん制作だったのでホッ。一応○。

2~5曲目はそんな感じしなかったので×。『こんなところで寝てると風邪ひくぞ』『「I」~安』は特に、嶺さんあんまりアコーディオンとかバンドネオンみたいなの使わないので…

6曲目『猛襲~鋼』は、ここ最近ダンボール戦機とかで見られる不穏系の音の動きっぽかったのと、ピアノのアルペジオで△。
7曲目『大敵』も、変拍子×緊迫感が嶺さんっぽかったのですが、あんまりマリンバとか使ってんの聴いたことないんで不安になって△。

8曲目『泊まらせてもらおうよ?ね?』はすごく任天堂っぽい音だったので×。
っていうか森下さんの曲が何かのゲームに似てる気がするんだけど何だろう…過去FEかな…ここ(喉)まで来てるんだけどずっと出てこないの…( 。-ω-)oO

重厚な曲調の9曲目『政治や外交は苦手だが…』は痛恨のミス!(つд;) この手の曲調で作曲者を見極めるのは難しい…

10曲目は私の中の嶺さんの引き出しにこういう曲がなかったので×。
11・12曲目の『使命』シリーズは、音が違う気がしたので×。13曲目『強襲~鋼』も、嶺曲でこういう展開は聞いたことないから×。

一方「嶺さんならやるかもしれない」と思って△にしてしまった14曲目『強敵』。6拍子からの変拍子バトルで惑わされたのですよ。
続いて15曲目『俺様としたことが忘れてた』も「意外に…こんな閑話休題曲LBXにあったし…」と思って△にしたものの、ここ2曲はまたまた痛恨の一撃でした…_(:3 」∠)_

16曲目『きらーんって来て、ばーんみたいな感じ?』はタイトルで気付くべきだった一曲。タイトルとは無関係のキラキラしてなくて騎士系の曲なんですけど、クラスチェンジ系の曲ってことなんだろうか(・ω・)
まぁタイトルはディレクターさん達が付けてるのかもしれんですが…もうちょっと旋律の絡みや音の動きを深読みしてたら嶺曲だって気付けたのかも…むむ…!!

肝でした17・18曲目の『宿命』シリーズ。これは悩みました!
「序幕」「序幕~炎」、「使命」「使命~炎」と同じシリーズなんだけど、これは同一の作家さんが制作しているのか、それとも先の方はAさん、「~炎」は変化を持たせるために敢えてBさんが編曲しているとも考えられる…とか深読みしすぎて、いろいろとハマった箇所でした。
で、『宿命~炎』がどう転んで聞いても100%嶺曲なんです。冒頭から嶺さんっぷりを発揮している曲ですが、1:10~の展開、1:45~のピアノ乱入と、分かりやすい特徴が散りばめられているにも関わらず嶺さんの曲じゃないなんて言われたら私重婚するしかないです。
ただ、シンプルな『宿命』の方も嶺さんなのかどうなのか…と悩んで考えて、弦の使い方や『~炎』への展開を考えて自信を持って○にしました。あーここ本当に正解してて良かった(´;ω;`)

19曲目は大人しい癒し曲。私の嶺ダー()に引っ掛かんなかったので×。

ラスト1曲、『俺はもっと強くなる!』。メモに「ちがうきがする」と書きましたが、何となくダンボール戦機のような「立ち向かう強さ、若々しさ」を感じたので△に。

----------------------------------------------

以上、20曲中16曲当たり(かなりゆる判定)、嶺さん制作の8曲のうち担当だと当てられたのはうち6曲でした。大体7~8割の正解率。うう悔しい。

言い訳っつーか、覚醒プレイしてないので、きちんと遊んでれば「序幕」「序幕~炎」みたいなのはマップ~バトル曲で、しかもゲーム中ではシームレスで流れてる(=作曲者は同じ)って分かったはずなんですよねー。(これ書くに当たって調べたんですが)(「好敵」だけイレギュラーなんですね)
でも、でもまぁ、ミュージックコレクション聞いて「これ以外に人気の曲とかないの?」って調べてた時にたまたまつべで見つけた『貴様らが…姉さんの言葉を語るな!』が、5秒で「あ、嶺さんの曲だ」って思って、サントラで確認したらちゃんと嶺曲だったっていうのが、自己満足だけど嬉しかったです(*´ω`*)

何よりアレですよ、このひとりクイズ大会するためにフルサントラの方1ヶ月未開封で寝かせてましたんで、それがきちんと聴けると思うとそれがすっごく嬉しいです!。゚+.ヽ(。・∀・)ノ ゚+.゚

フルサントラの方もひとりクイズ大会しようかとふと思ったけど、答え合わせのために見ちゃったから無理だしw何より結構死ぬww
『天命』(森下曲)とか、うっかりしたら嶺曲と間違えそうな感じだったし(その後の『宿敵』(嶺曲)聴いたら全然違うんですけど)
森下・近藤共作『強敵・情』とか、一聴では共作とは分からないくらい、大神やBASARAで和を極めた嶺さんの個性が強烈だしで難問揃いだったような…気がします…_(:3 」∠)_

----------------------------------------------

改めて、今回辻横さんは「スーパーバイザー」という立場で、3人の共作というよりは森下氏・近藤氏がメインで関わっている作品なんですね。(立場上は森下さんがメインコンポーザー)

サラッと聴いただけですが、バリエーションに富みながらも世界観を壊さない、上手く二人の個性がまとまったアルバムだなぁと思いました。片方にない個性や引き出しを片方が発揮してるんだけど馴染んでるというか(*´ω`*)
他の作曲者さんと共作で作品に携わることの多い嶺さんですが、いつもどの作品も上手く一つにまとまっているような気がします。
だからこそダン戦の時とか個性が爆発しているんだと思いますが(*´ω`*)ウフフ

森下さんの作品は今まで存知上げなかったのですが、今回「ミュージックセレクション」をみっちり聴いて研究できたので結果オーライでした!
あの曲が、フルサントラのあの曲のここやあそこに生きてくるんだな~っていうのが、未プレイなのにパッ!と分かったのが嬉しいと言っていいのか虚しいのか…(´-ω-)

覚醒……やりたい……(*・ω・)それに尽きる

----------------------------------------------

いつもサントラ買うと、「わーいサントラだ!ヽ(*´∀`)ノ」ってすぐ開封して舐めるように頂いちゃいますが、こういう聴き方もある意味楽しいなぁって思いました。(余裕がある時しか出来ないと思うんですけど…)
複数の作曲者さんが携わるサントラ、オムニバスというよりは「音楽全体が統一された世界観のサントラ」を、「この曲は○○さんだと思う…!」って音を推理しながら聴き込むのオススメです。
自分のいろいろが試されると共に、より楽曲や作家さんに愛情が沸く気がしました(*´ω`*)

まぁどちらにせよ、覚醒フルサントラのレビューはゲームやってからですね!(`・ω・´)ゞ





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
関連記事
任天堂トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。