--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2013'02.05.Tue

GAMEバンド4thconcertに行って来た!ヽ(・∀・ )ノ

過日1/26(土)は、はるばる越谷まで!
ゲーム音楽アマチュア吹奏楽団、Game Addict's Music Ensemble(通称GAMEバンド)さん定期公演、
『Game Addict's Music Ensemble 4th Concert~世界を救うのはもうやめた~』
へ、行って参りました!

130126gb_01.png
(※ストレイさんは実行いいんちょver.です)

場所は越谷サンシティホール。駅や商店街からほど近い、地元の公民館的雰囲気たっぷりのいいホールです。大ホールなので広いです。

開場16:00・開演16:30にも関わらず、15:30に並びに行った時点で大階段を折り返すほどの行列…!期待の程が伺えます。
GAMEバンドさんの演奏会にお邪魔するのは、11年末のexコンサートが初めてで、2度目の参加でした。
(※過去記事/GAMEバンドさんを聞きに行ってきた ぞ!(2011/12/26)

しかも今回はexではなく「REGULAR」(レギュラー)と冠を付け、賛助にゲーム音楽合唱団体として唯一無二のChor Crystal Mana(コール・クリスタル・マナ)さんを迎えた、豪勢且つ大所帯の演奏会…!
更に噂によると3時間超というスーパーステージ…!

開場後無事にいいカンジの場所に着席すると、次々にお客さんが入場してきて、あっという間に空席が埋まっていきました。
さてさて、今回も若干長め+写真もちょいちょいあるので畳みます!続きからー!(*´ω`)ノ
 

 

【開演前アンサンブル】
・アリア(FF6)
・Mass Destruction(ペルソナ3)

【第1部】
・英雄伝説Ⅵ 空の軌跡より ~空の軌跡~
・マリーのアトリエ メドレー
・SUPER桃太郎電鉄DXメドレー
・アクトレイザー

【第2部】
・ファイアーエムブレムのテーマ
・ICO ~You were there~
・ペルソナ4メドレー

【第3部】
・組曲 LIVE A LIVE

【アンコール】
・檄!帝 ~最終章~(サクラ大戦4)
・エンディング(スーパーマリオワールド)

・サヨナラ(ポケットモンスター ブラック&ホワイト)


実は今回、事前発表された演奏曲目のうち、8割方が未プレイor音楽しか知らないゲームなのでいつもよりはざっくりになってしまうことをご了承下さい…(;´・Д・)

130126gb_09.jpg

130126gb_010.jpg
ホールロビーにはこんなカンジの小道具が色々並べられていました…(*´∀`)


開演前アンサンブルは、既にGAMEバンドの正装(コスプレ)姿で現れた7~8名のメンバーによる、FF6屈指の名シーン『アリア』アレンジ。
金管で演奏されるスカ?スウィング・ジャズのようなポップな「アリア」で、可愛らしい声の女性ボーカルによる歌入りでした。
『団体「劇団オルトロス」が行う公演の曲目が"愛しのあなた~Aria di Mezzo~"』、というような設定になっていたので、頭にオルトロスさんの被り物をのっけて首から下は紫全身タイツという出で立ちの方がいまして、そのうにゃうにゃ(オルちゃんの足)させながら演奏している姿が大変シュールでした(*´∀`)
今回CCMさんが乗るので、ヴォーカルさんもそちらからの派遣なのかなと思いきや、アリアでのヴォーカルはGAMEバンドの団員さんだったんですね。

青いホリゾントをピンクに変え現れた、開演前アンサンブルもう一組はP3キャラ達。バンド隊にブラス、男女ツインヴォーカルという編成でP3戦闘曲の『Mass Destruction』
こちらのヴォーカルはCCMさんだったようです。P4メインでやるからP3もやってくれたのかな。

130126gb_08.jpg
ホールにはこんな案内も貼ってありました。P3側のもあったのかな?(´・ω・)

--------------------------------------------

130126gb_04.jpg
「Game Addict's Music Express」ということで、第一部・第二部のテーマは「列車旅行」。
司会の駅員さんが現れ、進行のアナウンスから本編が始まります。
列車の「タタンタタン…」という走行音をスネアドラムを軽く叩くことで表現したり、それぞれの曲が始まる前にはその曲を模した15秒ほどの発車ベルをパーカッション(木琴や鉄琴とか)で演奏したり…というのが「列車旅行」の雰囲気を倍増させていてステキでした。
ただコスプレして「列車の旅ですよ」と言うのではなく、音楽で魅せてくれるのも演奏団体ならではですよね。

『英雄伝説Ⅵ 空の軌跡』は、金管の低音が綺麗だったなぁ。ホリも青空に雲が流れていて演奏とマッチしてました。

男性のナレーションから劇が始まる『マリーのアトリエ メドレー』
ここから、スタイルの良いマリーちゃんを中心にして本気の寸劇が始まります!
と言ってもアトリエ分からないのでアレなんだけど、今似たような「ノーラ」やってるから流れは分かった!(*´∀`)

工房での曲は、途中手の空いたパーカッションさんが花道に出てきて手拍子をするのが、ポルカ!って感じで楽しそうだったな~。酒場のオヤジさんの曲も渋くてステキだった。
クセのあるカッコイイバトル曲を、また指揮に合わせて皆が楽しそうに吹くんだ!w
合成やバトルのシーンを表現するのに、アイテムや敵のボードを持って黒子が度々現れるんだけど、黒子以上の仕事をこなす、意思を持ち踊りまくるアグレッシブな黒子でしたw

キャラセレクトのシーンから始まる『SUPER桃太郎電鉄DXメドレー』。このためだけに数名のキャラが用意され壇上に立ち、その中から選ばれたのは赤鬼社長、スタートです!
DXはやったことないので曲は分からないのですが、止まったマスできちんと背景も赤-青-黄に変わったり、目的地(今回の会場に準えて埼玉)に到着すると、地元の住民達(大勢のCCMさん)が両花道にずらっと現れて歓迎してくれたり、特産品のネギ/だるま/越谷サンシティホールwを全買いする小芝居があったり(後にキングボンビーが出て全差押えされるフラグ)、ここぞとばかりに小ネタのオンパレードでしたヽ(・∀・ )ノ

「特急カード」を使って赤鬼さんがステージ上を全力疾走していたかと思えば、今度は客席を縦横無尽に、またステージに…と、何機仕込んでるのwwと突っ込みたくなったり、
巨大お面+茶色の全身タイツのキングボンビーさんが登場してみたり(ここの音楽ティンパと大太鼓カッコよかったー)
一回しか使えない吊り物(ステージの天井から降りて来るバトンにくっついてくるヤツ)を『決 算』という大看板で使用したり。
しかし一つ勿体なかったのは、キングボンビーさんがマイク持って台詞言うところ、低く良い声が完全に音に負けて雑音のようになってしまって、客席側からは何を言っているのか分からない部分が多かったことですかね。
そこを差し引いても、なんか分かんないけどこの桃鉄の全力感はすさまじかったです。

第一部ラストは『アクトレイザー』。名曲「フィルモア」を含め、暗めのイケメン曲が多い本作ですが、音楽のクオリティの高さ・重々しさもあってか、第一部の中ではかなり真剣に演奏された長いメドレーでした。


--------------------------------------------

130126gb_05.jpg
休憩挟んで第二部は『ファイヤーエムブレムのテーマ』。ブラスバンドの後ろ、後段には色とりどりのコスプレ衣装を身に纏った35名弱のCCMさんが立ち、ステージ上はみちみちです。

茶色い馬のハリボテの中に茶色いタイツの人が前後2名入ったソシアルナイトがとことこ登場。
パラディンにジョブチェンジするところです!という寸劇から入ると、例のテーテーテーっていうジョブチェンジの音楽。
半身が茶色い馬は180度回転すると白い馬で馬部分はチェンジしたけどwww、中の人たちはどうなるの…!と思っていたらおもむろにタイツを脱ぎ出して白タイツ!まさかのタイツonタイツ!!!パラディンの出来上がり…!
テーレーテッテー(ジョブチェンジ成功)じゃないよ!!wとんだタイツ愛でした!!(*´∀`)

ステージ前部には可動する体力ゲージがあり、CCMさんの圧巻のコーラスが入ったCMさながらのFEのテーマに合わせて色んなキャラが現れ、戦闘シーンを再現してくれます。横歩き完コピのサジマジバーツには参った。
因みに指揮者さんがマルスコスだったんですが、指揮後の挨拶もマルスっぽくお辞儀をしてくれて軽く萌えました(*ノ´ω`ヽ*)

『ICO』より『You were there』。CCMさんの真骨頂です。
これも主人公のイコとヨルダが登場し、曲を背景にゲーム通り手を繋いだり走ったりするのですが、今までの寸劇とは趣の違う空間がとても幻想的でした。
合唱による息を飲むような導入部から始まり、イコがヨルダを呼ぶ間奏はとても清廉で美しく、ゲームを知らないのに泣けました。
最後は長椅子に座って二人もたれかかり、セーブをするような様相でしっとりと終わります。段々と照明が落ちていって暗くなってしまうのに、この長椅子手が込んでいて遠目にもすごかったなぁ。
ここからはワガママですが、折角そうやってプレイ中の雰囲気を大切にしてくれているなら、暗闇の中捌ける時も手を繋いでいて欲しかったなぁ。パッと離されたのがちょっと寂しかった(´・ω・)

CCMさんのコスプレに多いからもしや…と気になっていた『ペルソナ4メドレー』
列車の旅も終盤です、的なアナウンスのうちに、黒系だった譜面台隠しがあっという間にP4カラーのイエロー(に例のストライプ)に…!!心持ってかれたー!(*`艸´)
ここの発車ベルが『Reach Out~』モチーフだったんですが、すごく綺麗で嬉しかったです(*´∀`)

CCMステージから降りてきた4人がステージ上手に集い、きっちり歌入りの『Pursuing My True Self』
入場時に配られたイエローのサイリウムはこのためだったのかあぁぁぁ!!!ヽ(*´∀`)ノと、思わずテンションマックスになるライブ仕様!
ヴォーカル担当のCCMさんは、左からP3のエリザベスちゃん/P4のマーガレットさん/P4の主人公/P3の主人公と男女2名ずつでコスプレもばっちり、このCCMノリノリである…
「♪gonna short circuit my identity(ahhhhh)」の「はぁ~ん」の吐息部分、姉妹二人が背中合わせに膝を落として色っぽくやってくれたのはたまらんかったです…!

途中ストーリーに合わせてまさかの着ぐるみクマが出てきたり、紙芝居的に画面を変えられる段ボールTVに番組や砂嵐を映し出して、そのBGMはきちんと合奏で演奏しマヨナカテレビにしてみたり、とにかくアイディア満載でした。
特に私舞台版P4(VLP)で、動く3Dのクマ間近で見てるけど、もふもふ感と下半身以外はw頭部の球体感や可動、表情替えのオプションまでそれと遜色なかったのではないかと思います…スゴイ!

からの、パーカッションパートに潜んでると思ったんだよ!イゴールさんがイス持ってきて頬杖付いて座ってからの『ベルベットルーム』!ステージ上も照明が落ちて、妖しい雰囲気に一転。
ここも、CCMソプラノさんの美しい高音を使って神秘的に仕上がっていました。主旋律(歌)を大切にしたナイス編曲で、金管低音の奏でる副旋律と木管との掛け合いがすごく素敵でした…。
ラストはステージ全体が明るくなってCCM全員で合唱するという演出が、『全ての人の魂の詩』のような壮大な感じ。最早「賛助」の域を超えている…

ステージ上全ての出演者がスチャッと眼鏡を掛けて始まった『Reach Out To The Truth』は痺れるの一言!嬉しい!嬉しいなぁぁ!!
激しくロックなバンド隊のイントロに乗っかるように、先程のCCMヴォーカル4名様が英詩ラップを代わる代わる歌っていくのがとにかく格好良かった!
さっきまで寡黙だったイゴールさん(※パーカスパート)はやたらノリノリだしw、よく見ると眼鏡じゃないメガネを掛けた、マヨナカテレビに行けない人たちが数名いたり、激しくもウォームな曲調に合わせたように奏者の皆さんもお祭り騒ぎでしたヽ(*´∀`)ノ

後半のソロは、ふいに出てきたりせちーが歌い上げ、このまま原曲形式で終わるのかと思いきやラストバトルっぽく曲調が変わり、吹奏楽でぐわっと盛り上げる「Reach Out To The Truth」(『The Genesis』)。その流れは考えが至らなかった…!皆気持ち良さそうでした…!

P4枠最後は『Never More』。CCMさんを最大限に生かした、まさにこのメドレーラストに相応しい一曲です。
曲に合わせ客席も黄色のサイリウムをゆっくりと左右に振るその景色は壮観で、なんかもうまるでサライ……
歌詞の一部がまた、『2組のゲーム音楽演奏団体が巡り合い、長い期間練習を積み重ねていく中で仲良くなって大きな舞台で共演する、そして今日ついに本番…』という状況に絶妙に合うんですよね。
まだ第二部だし、「エンディングまで、泣くんじ(ry」なんですが、そういうエンディング感や充足感が会場全体に行き渡っていて、最高のネバモアでした(つд;)


--------------------------------------------

今回のメインプログラム第三部、『組曲 LIVE A LIVE』
これを楽しみにいらした方もたくさんいたのではないかと思います。華やかなコスプレから一転して、普通の黒の正装に緊張感が漂います。
先に他団体からの祝電紹介があったのですが、噛んで笑いの取れる司会さんがその緊張を一旦解きほぐしていました…(笑)

LALもゲーム未プレイで、有名どころのバトル曲だけは知ってる程度の知識だったのですが、それでも、それでも!!とにかく「ライブアライブ愛」と、その熱が波のように伝わってくるステージでした…!
ゲーム内容知らない私でも圧倒されるのだから、実際にプレイしていて「大好きなゲーム」に位置づけているような人達にとってはたまらない30分間だったのではないでしょうか…。

LALの名曲を4部構成で送る「組曲」。一曲一曲の繋ぎが上手いし、芝居でログアウトしている人がいないこともあって音に厚みがありまとまっているように感じました。いっぱい練習したんだろうなぁ。その音の渦を、闘うように熱情的な指揮が操っていたのが心に迫ります。
音の広がりが欲しい時にはCCMさんを使ったり、本当にもうオープニングから息をも付かせぬメドレーでした。

ちゃんと曲名予習してくれば良かったなぁ。本当に静動関係なくどの曲も格好良くて、「SFCではこういう音なんだろうな」って想像付くような丁寧な編曲だと感じました。
下村曲に吹奏楽が合うのか、はたまた合唱が入ることを見越して作られたアレンジが上手いのか、音の一粒一粒に愛情がこもっていて、旋律一フレーズ一フレーズがその愛情に応えるように奏でられていたと思います。
LAL原曲を知り尽くしていて、色んなアレンジを聞いている方ならまた感じ方も異なると思うのですが、知らない私が圧倒されてしまう、無条件の愛が溢れていました。

どこがどこか分からないのが悔やまれますが、歌うようなソプラノサックスすっごく綺麗だったし、×ピッコロの鳥が天空高く舞うような高音も尊く澄んで美しかった。
ティンパを始めとしたパーカッションの暴れっぷりも気持ちよかった。特にメガロはパーカス無双×合唱×吠える金管がとんでもなくて、身体の自由を奪われた。
知らない私でも泣ける(数度目)エンディングも無条件で震えました。「もう出せないだろ!」っていう高音が、気持ちだけで、勢いだけで出ているのがたまらんかったです。
技術があって出ている高音は勿論大好きですが、気持ちで押し出している高音はグッときます。
今LALサントラ聞いていて耳に残るのは、全編に渡り印象的な鐘の音。鐘(チューブラーベル)の方、すごく良い仕事してらっしゃいました。

勉強不足で、あの曲が、このあたりが、って突っ込んで話せないのが口惜しいです(´Д⊂
これはLALが大好きな方々に任せましょう…なんでLAL発売当時私手出さなかったんだろうなー。他のゲームやってたのは分かる(ex:マザー2・FF6)んだけど、ゲーム雑誌とかで良く見かけていたタイトルだったのに何故。
当時~今やり込んで心を打ち抜かれた方達へのご褒美組曲だったと思います。素晴らしかったです。


--------------------------------------------

アンコールは、指揮者さんの『おれたちは絶対に勝つ!…全員必ず帰還せよ!』の台詞から始まる『檄!帝 ~最終章~』。ヤダー!!ゲキテイ最終章とか神中の神ですよーーー!!!Σ(*´∀`*;)
ここ良く聞こえなかったけど、「GAMEバンドのみんな、CCMのみんな」とか言ってたりしたのかな?(・ω・)\了解ッッ/

ゲキテイから始まり、転調して御旗をCCMさん(男声)が朗々と歌い上げるのがぴぎゃりました…!これが落ち着いていられるかーー!やっぱり原曲通りの男声御旗は重みがあって美しいです!(*´艸`*)
途中、大神隊長のセリフ部分のギターソロがすごく格好良かったです。

後半、再びゲキテイパートからはステージ前に男子達が現れて指揮者込みのダンス…歌謡ショウ宜しく、コスプレした女性が華やかに踊るのは良くあるパターンのヤツやですけど、華やかでもない黒一色の男子が一生懸命踊る姿に心を奪われて、今回も振りするの忘れた…!!!!Σ(´Д` )
しかもラストの「パパ・パパ・パパン!」の手拍子も忘れた!不覚だった…_(:3 」∠)_
それだけ夢中になってしまうゲキテイさんでございました。

声の良く通る指揮者さんの挨拶の後、「お馴染みのこの曲でお別れです」とスーパーマリオワールドの『エンディング』。この曲に合わせてスタッフロールするのがGAMEバンドさんの恒例なんですね。
ほんわかした前半部~、スピードアップしていく後半部から司会者さんが各パートのメンバー紹介。それぞれのパートで小ネタを用意していて、ジョジョ立ちっぽいことしてたり、「カッ(※<●><●>)」って書いてあるプレートを手に張って目の横に翳しポーズ取るとか、もう早くて追いつかない!!w
個人的に好きだったのは、チューバパートさんのビアジョッキでかんぱーい☆でした。ドワーフかー

後段CCMさんの各パートメンバー紹介に続き、最後は黒子隊やスタッフさん、ステマネさんまで裏から出てきてぺこぺこしていくのが『みんなで一つ』を見せ付けられている感じがしてすごく良かったです。
奏者だけでは演奏会は出来ないんですよね。表舞台に立たず、1日中裏方に徹して走り回って気を張っている人達がいなければ演奏会は出来ない。双方が最大限に輝いて、今日の「4th Concert」なんだぜ、って言わずともステージ上から滲み出ているような気がして、曲も相俟って幸せな気分でした。

終盤、ヨッシーがたまご割っていくシーンでは、実際に赤ちゃんマリオ(きっと団員さんのお子さん/幼児)を背負ったヨッシーコスのお父さんがたまごを割る小芝居を入れてくれて、「むしろお前(赤ちゃんマリオ)、良くこの一瞬の本番のために3時間耐えたなぁ!すっごいご機嫌じゃないか!!」と無条件に幸せな気分になれました。赤さんご苦労さま…。
最後はコーラスの「でゅわ~」でつつがなく閉まり、万雷の拍手でコンサートは幕を降ろしました。


舞台上が暗くなり、GAMEバンド・CCM両団体がステージから捌ける最中ずっと、ピアノさんが弾いていたのがラストのラスト、ポケモンBWの『サヨナラ』
もう帰り支度をしている人も多い中、静かで美しいワンマンステージでした。
最後の音が終わると、会場からは温かい拍手が。楽団によって、様々なアプローチがあるなぁと穏やかな気持ちにさせられるエピローグでした。


--------------------------------------------

全てが終わって19:30。事前に聞いていた通り、ほぼ3時間のステージ。
アンケートを書いてロビーに出ると、LALの時の黒一色を高速で脱ぎ捨てた、華やかなコス姿(正装)の団員さん達やその知り合いの方々で大変混雑していました。
家が遠いのであんまり長居出来ないな~と思い、その時ご挨拶出来た知り合いの方達にだけは「お疲れさまでした」と挨拶をしてそそくさと出て来たのですが、出入り口に辿り着くまで、ロビーや階段にお見送りをして下さるコス姿の方々がいらっしゃって、すっごい笑顔で次々と「ご来場ありがとうございました!!」と言って下さったのが正直一番きました。

全て出し終えて、今一番興奮してる!という幸せに満ちた笑顔とその充足感は伝染します。
いやいやこちらこそ、溢れるほど楽しい気持ちを頂きました。本当に有難うございました。

--------------------------------------------

最後に、ヲタクからの観点としてはコレに触れないわけには参りません!(`・ω・´)

130126gb_02.jpg
パンフレット!!(※右の黄色い曲がったのサイリウムです)

薄い本薄い本とは聞いていましたがまさかここまでとは…!
オールFC/B5/P24/中綴じ/無料 のうすいほん…!!!(;´∀`)

130126gb_03.jpg
24ページもあったらモノクロとか1Cだと思ってました。まさか写真もふんだんに使ったオールFCだなんて…

130126gb_07.jpg
また中身が一切手抜きナシで、デザイン班やパンフレット班が「やりたいこと全部詰め込んでる!」感がスゴイ。
趣味の範囲ではなくて、本業の人が仕事と並行して作ってる感がスゴイ。
デザインがこだわっていたらテキストはそうでもない、その逆然りも少なくないと思いますが、デザインや写真、紙面センス、企画、細部のテキストに至るまで容赦ないのがスゴイ。

勿論好みもあるので褒めすぎもアレなのかもしれないし、同業の方が見たら色々気付くこともあるんでしょうが、演奏予定曲目だけ分かればペラ紙一枚でいいはずのところを、身銭切って時間すごく費やしてこんなん作って、待ち時間や帰った後も持て成そうとしてくれるホスピタリティがスゴイ。

130126gb_06.jpg
特別付録ボードゲーム。今回の演目をモチーフに作られているそうで、ここまでくるともう意味が分からない。
FR(懐)の大辞典みたいなコーナー(用語集)もありました。あれ特にセンスの出る部類だと思います。複数人の方が書いてるのに、変にまとまって突き抜けているところ、好きでした。

一番すげぇのは、こういったパンフレットって先述の通り「曲目だけ分かればいいや」タイプの方には、一瞥もされずスローインされてしまう可能性だってあるのに、お仕事や学業や家事の最中、本番に向けての練習だけでも相当大変なのに、『好きだから』って熱意だけでこんなの出しちゃうところ。そういうメンバーを抱えているGAMEバンドがスゴイ。
…しかしながら、今後これ以上を目指そう、期待に応えよう!と無理をなさらず、愛と本能のままに突き進んで頂きたいと思います…。

だってあれ、普通に大手で出てて、出すとこが出したら1,000円はくだらない薄い本でしょ?(・∀・)


--------------------------------------------

そんなに長くならない♪と思ったら割と通常運転でした。
改めて、演奏会に携わったGAMEバンドの皆さん・CCMの皆さん・スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした+有難うございました。

長い期間一緒に練習や合宿をして交流を深めた両団体が一旦離れるのはお寂しいと思いますが、またそれぞれの団体が色んなシーンでご活躍されることをお祈りしております。
GAMEバンドさんはSPコンサート、CCMさんは年末の単独コンサート、楽しみにしています!ヽ(*´∀`)ノ


取り敢えず私はLALやりたいです。実機ないけど。

26日関わった全ての方と、ここまでご覧になって下さった方へ。
\そうだろ、乙ッ!!/


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます('-'*)
関連記事
ゲ音(アマ)トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

くつ下

しぃちゃん愛あるレポ乙であります!
行かなかったから、凄く助かるよぅ~
そして多分、行っても入れなかった予感www

それぞれのゲーム曲を発車メロディにするって素敵ね! いろんなゲームをとりあげても、まとまりが出る上手い構成だと思います。
はぁ~んどれも聞きたかったよぅ~

ノーラ気に入っているなら、多分ザールブルグアトリエははまると思うよ!
個人的にはエリーさんがオススメ!

2013/02/05(火) 20:03:20 | URL | [ 編集]

shiinet

>くつ下ねーさん

わーいいつも有難うございます!(*´∇`*)
もっと色々予習して行けば、もっとくつ下さんのお役に立てたのに…!ギリリ

発車メロディ、始めは気が付かなかったけど途中で気が付いて「上手いな~」って思いました。
発車メロディだから、特徴ある箇所を短時間にアレンジしなきゃいけないワケで…
聞いて欲しかったな~(*´ω`)

エリーさんね!おk…おk…!!
PSPないので据置でしか出来ないのがアレですが、探してみます!
そして私はねーさんのII魂レポを楽しみにしています♪ヾ(*´∀`*)ノ

2013/02/07(木) 01:41:40 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。