--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'12.28.Fri

蛇腹楽器のゲ音をめぐる(*っゝω・)っ

私、蛇腹楽器が大好物でして(・∀・)
蛇腹楽器というよりはバンドネオンが大好物なんですけど、先日、近場で『2台のアコーディオンによる音楽世界旅行』というレクチャーコンサート(大学の公開講座的な)があったので、大興奮で参加して参りました(*´∀`)

演奏に用いられるのは、「鍵盤式アコーディオン」「ボタン式クロマティック・アコーディオン」という二種類のアコーディオン。その時点で心拍数が上がります。鍵盤もいいけど、ボタン式っていうのがときめきの導火線です。

実際には、コンサートの前に蛇腹楽器についての講義がありました。
30分強の講義でしたが、これがもう充実しすぎていてヤバかった…(つω`*)

蛇腹楽器には「ダイアトニック式「クロマティック式」という分類がありまして、ざっと紹介すると

ダイアトニック 半音が出せない・蛇腹を縮める時と伸ばす時とで違う音が出る『押引異音』
クロマティック 半音も出せる・縮めても伸ばしても同じ音の出る『押引同音』

という違いがあるわけです。これが楽器ごとにまた分かれていったりするんですが、元々アコーディオンという楽器の起源は中国の「笙」。
そこからヨーロッパに伝わり、改良・発明されたのが現在のアコーディオンの御先祖様。
また、「電源がいらない・持ち運びがしやすい(・口も空くので弾き語りも出来る)」ということで、どんな環境でも演奏が可能なのもアコーディオンのメリットです。
「旅のお供」として大活躍だったアコーディオンは、西洋だけでなく世界各国へ渡り、楽器としても改良・進化し、アコーディオンを使った新しい音楽や演奏スタイルも多様化していったんですって。このあたりはヴァイオリンに似てますよね。

アコーディオンというと、一般的におフランスなシャンソン風ミュージックを思い浮かべると思いますが、他にも色んな種類がございます。

[ヨーロッパ]
・ミュゼット/フランス、パリのダンス音楽。
・ポルカ/中央ヨーロッパから世界に広く浸透したダンス音楽。
・アルペン音楽/アルプス山岳地方のダンス音楽。

[アメリカ]
・ケイジャン/ヴァイオリンとアコーディオンの素朴な演奏でフランス語の歌を歌う。
・サディコ/従来のアコーディオン音楽にブルースの要素が加わった独自の音楽。
・テックス・メックス/テキサス(Texas)+メキシコ(Mexico)でテックス・メックス。アコーディオンとポルカが現地のメキシコ系音楽と融合して生まれた音楽。

[南アメリカ]
・タンゴ/アルゼンチンのダンス音楽。バンドネオンの独特の音色が特徴。


など。割愛したけど、他にもたくさんのアコーディオン音楽があります。
実際に聞かせてもらったけど、アコーディオンという主役は一緒なのに、背景が変わるだけで別の音楽に変わるのが面白かったです。特にアメリカ音楽。

講義によると、アコーディオンを最も活用・重宝したのが船乗り=船夫さんなんですって。
(外界から遮断される航海の際には必ずと言っていいほど携行され、彼らの楽器が海を越えて新天地へ伝わって行ったんだそうです)
「ホーナー(HOHNER)」というドイツのアコーディオン・ハーモニカ老舗メーカーがあるんですが、そのホーナーのブランドロゴが

20121221c.jpg
錨(いかり)なんです!Σ(´□`ノ)ノ

講義の准教授先生が、「僕も今日奏者の○○先生から教えてもらって初めて知りました」と言ってましたw

最後に、会場にズラッと並んだ蛇腹楽器達に実際に触れていい会があったのでハスハス|*´∀`)=3していたのですが、気が付いたらコンサーティーナの撮影会が終わって…て…ッッ!!!
(※コンサーティーナ…六角形のアコーディオンの仲間。ちっちゃくてかわいい。)
コンサーティーナなんて珍しい楽器、直に見られるの早々ないのに!と悔し涙でこっちを撮りました…

20121221a.jpg
バンドネオンもどき……(*´v`)

実際のバンドネオンはもう一回りくらい大きくて構造も違うのですが、じゃあこの楽器は何というのかっていうのは言ってなかったな…
因みに見知らぬお姉さんが弾いてる姿を撮らせて頂きましたv(o´∀`o)v(無論お姉さんの撮影は私が試奏してる間の姿でしたw)

20121221d.jpg
これホーナーのボタンアコーディオン。
バンドネオンもどきもそうだったけど、実際に両手に持って伸ばしたり縮めたりしながら弾くのは見た目より一苦労でした。見た目はすっごく可愛いのにねぇ。

通常外国で主流のアコーディオン等々って、右手側にメロディを弾く鍵盤やボタンが付いていて、左手側はベースや和音を弾く伴奏用のボタンが付いているんです。
でも、小学生の頃に学校にあった・合奏部的なので弾いたアコーディオンって左側何にもありませんでしたよね?

あれは、日本が音楽教育のために左側をベースレスにしたピアノ式アコーディオンなんですって。(そしてちょっとお高い)
確かに音程に合わせた4色(ソプラノアルトテナーバス)があって、キラキラしてキレイだったなー。

そんな風に、国や用途によって出で立ちを変えるアコーディオンですが、今ホンット見た目可愛いですよね!
色も形もカラフルでセンス良くてとんでもないし、オーダーメイドも出来るしで、いや~ぐぐって画像検索だけで楽しかです。

そんな雑学も織り交ぜながら世界各国のアコーディオン曲を披露してくれて、あっという間に2時間が経っていました。
…これで500円は破格すぎだぜ!!レクチャーコンサートありがとう!!!私はこれからも蛇腹楽器を愛すよ!!゚+(人・∀・*)+。

-------------------------------------------

さて、これだけだとゲ音のブログにならないんで!ヽ(・∀・)ノ

私がバンドネオンにハマったのは、サガフロンティア2『Feldschlacht IV』がきっかけなのですが、浜渦さん絡みだとアンリミテッド:サガ『バトルテーマEX』だったり『バトルテーマ4』あたりがバンドネオンですよね。
前二つのインパクトに忘れがちだけど、『マイスのテーマ』も。浜渦さんの使い方は大好き!ヾ(o´∀`o)ノ

これ以外に「バンドネオンのゲ音曲」で分かりやすいのが「銃声とダイヤモンド」。完全にタンゴですね。しかもこれいとうけいすけさんじゃ私買うしかないじゃない…(´・∀・`)
「アコーディオン曲」となると「7〜モールモースの騎兵隊〜」やレイトンや、聖剣(下村女史の)など、哀愁や懐かしさを感じる曲には多く使われてたりするようです。
私のQ-Mex先生もアコーディオン曲作ってたりするんですね、pop'nで(*´艸`)

他にも、普段意識して聞いてないけど時オカの『風車小屋』とかDSぶつ森の『AM2:00』とか。
あと今、FE覚醒MUSIC SELECTION聞いてるんですが、『2.こんなところで寝てると風邪引くぞ』『3.「I」~安』もアコーディオンだった。音の雰囲気バンドネオンかもしれない…。
メロディだけにアコーディオン系が使われてるとスルーしがちだなぁ、と気付きました。
自分で「好きだ!」と意識して聞くのは曲全体・ジャンルでだから(ミュゼットとかタンゴとか)。

ドラマの劇伴等だと「おっ」と気付いたりするんですけど、ゲームだど言われてから「あ~そうだアコーディオン(バンドネオン)だー( ノ∀`)」って気付いたり。どんだけ気にしてないのっていう…

ここまで『アコーディオン(バンドネオン)ゲーム音楽作業BGM集』的なものを聴きながら参考にさせて頂きました(´ω`*)
自分でもいろいろ聴いて、蛇腹系ゲ音探していきたいな~。
聴いたところから、また蛇腹っぽいサントラを集めていこうと思います…!

そしていつかはバンドネオンを買うの!!!。+゚ヽ(*・∀・*)ノ。+゚


 


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
関連記事
その他ゲーム音楽トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。