--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'07.28.Sat

Fミュージアムに行ってきたよ!ヽ(*´∀`)ノ

いや~、とろけますねー、とろっとろですねー(;´∀`)
でも、8月までエアコンは我慢しているのでどうなるかはてさて!
せめて溶けるならバターになりたい!!!。・*・:≡( ε:)

蕩け切る前に、1ヶ月前に行ってきた『藤子・F・不二雄ミュージアム/川崎市民ご招待デー』の覚え書きでもしておきましょうかね。1ヶ月前かよっていう。

120701_095807.jpg

現在Fミュージアムは『ハワイフェア~スネ夫の夏休み~』中。(7/1~8/31)
で、初日の7/1を市民招待デーにしてくれたんですね。
事前申し込み分が当選したので、相方ちゃんと一緒に行って参りました~(*´ω`)ノ

※画像が多いのでたたむのです!(・∀・)
 
藤子・F・不二雄は、言わずと知れた藤子不二雄Fの方。
パーマン・21エモン・ドラえもん・キテレツ大百科・エスパー魔美を代表作にしているのがFで、ハットリくん・プロゴルファー猿・怪物くん・喪黒福造を代表作にしているのがですな。
オバケのQ太郎は共作扱い。エスパー魔美ってどことなくA臭するけどFなんですよね。

『藤子・F・不二雄ミュージアム』はそのFの作品世界やメッセージを集めたミュージアムです。
アダルトな部分もありますが、基本イメージ通りファンタジー。
行ってみたいな~とは思ってたんだけど、Fミュージアムはジブリヨロシク日時指定の完全予約制なので「空いてからでいっか(*´ω`)」とンフンフしていたところに招待デーのお知らせが目に飛び込んだんですね。

もう既に行ってる方もたくさんいらっしゃると思いますが、まぁこの年になっても楽しめるFミュージアムですよってことで!ヽ(*´∀`)ノ


そして流石Fの志を受け継ぐ美術館、最寄の登戸駅からファンシーです。

Fmy 001
シャトルバスは4種類あるんですって。
青のパーマン・白のオバQ・水色のドラちゃん・そして黄色のコロちゃんバス。
降車ボタンなんかもキャラに合わせて作られていてとっても可愛い。しかしほぼ親子連れの混雑で身動きが取れませんでした。概ね家族連れだったな…(・ω・)

すぐ隣にいた、ご両親と小学生くらいの男の子女の子の4人家族が、結構な藤子不二雄ファンのようで「どんな展示があるのか」「藤子不二雄両人の出会い」をディスカッションしてました。
…お母さんが「藤本さんと我孫子さんは同級生でね…」と真剣に説明すれば、息子が「転校してきて出会ったんでしょう?」と真剣に受け答え。笑いを堪えるのが大変だったw

ミュージアム自体はふっつーに道路沿いに建っているので写真は撮れず。
曇り~小雨を繰り返すような生憎のお天気でしたが、既に沢山の人が並んでいてミュージアムは盛況でした(*´∀`)

-----------------------------------------

エントランスで諸注意のVTRを見てから、受付で音声ガイダンス装置の「おはなしデンワ」を受け取り『展示フロア』へ。おはなしデンワに大人用と子供用があるのが丁寧だったな~。

Fの膨大なカラー・モノクロ原画が展示される『展示フロア』は撮影不可。
原画が壁面だけでなく、子供でも楽に見られるよう、低めに作られたガラステーブルの中にあったり、自由な空間だったなぁ。
Fのカラーものすごく綺麗でした。相方と「ふえぇ」ってばっか言ってた。

また、劣化などを防ぐために複製原画も多く展示されてましたが、その場合は端にコピーロボットのマークで「複製だよ」と記してあるのが流石F!可愛かったです(*´ω`*)


そこを抜けると、藤本氏自身の年表のコーナーへ。その先は先生の仕事部屋を再現した『先生の部屋』。ここ素晴らしかったなーー!!
机周りの再現も緻密でリアリティがあって素敵だったけど、ちょっと薄暗いデスクを仰ぎ見ると、ハリポタを彷彿とさせるような膨大な書籍やオモチャが天を貫いているのです!Σ(´Д`*)
正直死角だらけで、そこにぎっしりと本が並び、「見せる気ないだろコレ…」っていう贅沢な展示の仕方!
かと思えば、デスク周りにあるゴミ箱に甘栗の包み紙が捨てられていたり。スタッフの方が「先生の好物だったんですよ~」って教えてくれました(*´∀`)

で、ここから2階の『どうぶつたちの部屋』へ上っていくんですが、そのゆるやかな階段の合間からもこの積みあがった古書やオモチャ達が見えるわけです!かなり大変な体勢にならないと見えませんが…(;´∀`)

大きなどうぶつたちのオブジェの飾られた癒しの空間を抜けると、1階の展示室とは趣の違う『展示室II』
開放感のあった1階と比べると、照明も落ちてかなりシックな場所です。こちらは作品をテーマごとに鑑賞できるんだそうで、「子供向け」なFの一面とは別の、「大人向け」SF作品なども見られるようになっていました。

公式に写真載ってるんですが、パーマンバッヂを模したソファがあって(この日は中央に4つ集められて丸くなってました)、ちょっと贅沢に休憩したりしてました。
こういう一つ一つのアイテム含め、通路の壁や天井や、至るところにFっぽい遊び心が散りばめられていて、かなり童心に戻ってキョロキョロできたな~(*´ω`)

展示室を抜けると休憩コーナー。噂の「きれいなジャイアン」がいるデッキに出られるんですが、「きれいなジャイアン」を出すのは手動(バーを一生懸命上下すると泉から上がってくる↑↑)なのね。
たくさんの親子連れが列を成して記念撮影していたので、ジャイアンはチラ見だけして元のルートへw


父・夫としてのプライベートの藤本氏を紹介する『先生のにちようび』
短い通路いっぱいに、藤本家をイメージさせるアイテムや映像が並んでいるんですが、相方とまた「ふえぇ」ってしたのは、朝食の風景でした。
Fが幼い娘さんたちに朝食を用意する時は、食パンにジャムを市松模様やストライプに塗って出していたんですって。バターたっぷりの食パンに整列して輝くイチゴジャム、それがまた美味しそうでねぇ…(*´q`*)
Fの描くごはんって何でも美味しそうだけど、実生活からこうやって食を楽しんでいたんだな~というのが良くわかりました(*´∀`)<そのうち家でやろう!

-----------------------------------------

撮影不可の展示フロアを抜けると、子供向けの遊び場に出ます。
おもちゃが置いてあったり、Fの漫画を読めるスペースがあったり、ミュージアム限定のガチャガチャがあったり…。(やらなかったけど)

子供でいっぱいの遊び場の奥には『Fシアター』と呼ばれる、オリジナルショートムービーを上映しているミニシアターが。
エントランスで貰ったFシアターの入場券を渡して、100席ほどの映画館へ入ります。

Fmy 015
鋏を入れた後がちゃんと『F』になってるんですよ。ホントもういちいちスゴイ。

10分程度のドタバタ劇を観た後は、前方のスクリーンが観音開きになって、そのまま開放感ある中庭に退出させるっていう爽やかな演出付き!Σ(*´∀`)
雨天の時にはどうしてるのかなー今回は曇り~小雨くらいだったので無問題でした。


3階へ進むと、お待ちかねのはらっぱ+カフェへ出られます。
取り敢えず『はらっぱ』を先に満喫ー!(*´ω`)ノ

Fmy 002
土手で寝ています(*-ω-)
土手を登り切るとこの人が。

Fmy 003
壁から出たQさん。
Qさんの正面には記念撮影用のカメラ置きもあって、ここも家族連れの撮影スポットになってました。

Fmy 007
ピー助とドラちゃんたち。

Fmy 009
シュゴオオオォォ。・*・:≡( ε:)

Fmy 008
こんな隠しキャラもいます。ちょっとコワイ。

Fmy 010
「ジャングル黒べえ」一味ですな。

Fmy 005
例のドアもあります(*´∀`)
でもまだ帰るわけにはいかぬ!!

Fmy 012
ドラちゃんもいました。子供達にめっちゃ撫でられてたw

Fmy 004
引いて全体図はこんなカンジです。右手建物がカフェです。
このあたりから小雨~中雨くらいになってきてしまいました。

-----------------------------------------

さてさて、展示物をほぼ見終わった+時間も頃合!ということでお待ちかねかねの『ミュージアムカフェ』へ!ヾ(*´∀`*)ノ
軽食+ドリンクの『テイクアウトコーナー』や、どら焼きや暗記パンラスクなどを販売する『ギフトコーナー』も隣接しているので、お腹と時間の都合に合わせて利用できて便利です。
カフェは案の定入店待ちでしたが、お店前のメニューにipadを使用していたのが何とも21世紀でした……
子供達がみんなシャッ!シャッ!!ってやってた(私もやった)

食べたいものが決まっていたので早速注文!先に席を取ってからレジに並ぶシステムです。

Fmy 014
この木製キューブの「ウェイティングナンバー」が各テーブルに置いてあります。
我々の「8」はコロちゃんのシルエットが付いていますが、当然の如く、番号によってこのシルエットのキャラも違うんですってよ!!Σr(‘Д‘n)

そんなきゃあきゃあしているうちに来たのがこちら!

Fmy 016
ふわふわ卵のドリアもん!(…) \1,200

Fmy 017
これで2~3人分。ドラちゃんはパプリカパウダーだそうです。
ふわふわ卵の下は、ライスとパスタが半分ずつ。全体の味はあっさり目で予想通りですが、意外に食べ応えがありました。

Fmy 019
お皿とナプキンもめんこい(*´ω`*) こんなの使えないよ~

Fmy 020
もういっちょ。相方が食べたかったフレンチトーストdeアンキパン \900
これはもう見たまんまフレンチトーストです(・ω・)

Fmy 021
ホントに細部まで夢を壊しません。スゲー!

Fmy 023
ラテアートしてくれるカフェラテ。\550
チョコやバニラなどからフレーバーが選べる+ドラちゃんやコロ助など数種類の中から(選べない)ラテアートがしてもらえます。甘い。(ノンシュガーもあります)

Fmy 022
見つけた途端、相方が目を輝かせて注文したウソ800 \450
おまい…ハーブティー苦手なのに…(´・ω・)

写ってませんが、右手にガラスのティーカップがあってそちらに青(本体/ハーブティー)と黄色(はちみつレモン)を適宜混ぜて頂きます。
そうすると薄~いピンクになるんですが、デジカメ越しだとどう見ても透明で画にならないので割愛。

Fmy 024
コースターもコミックス仕様。これも数種類あるようで、当然未使用でお土産ルート。

他にもジャイアンのカツ丼とか、小池さんのラーメンとか「味の想像は付くけど食べてみたい」メニューが並ぶカフェ。
今回「ハワイアンフェア」が催されていたように、季節ごとの特別メニューも期待出来るので、味の想像は付くけど食べてみたい(2度目)よね!☆(ゝω・)
10時の回入場なこともありカフェ着いたのは昼前後だったんですが、混むだろうなと思ったけどそんなに待たないで入れたなぁ。20分くらいかな?

ただ、家族連れが多いと、子供達は早々にお腹いっぱい+飽きてしまってDSなどのゲームに夢中、手が掛からなくなって安心したお母さん方はお話に夢中、というテーブルが両隣でした。
お話は外でも出来るんだからカフェの回転率を上げておやり~。
それから個人的に、子供達が文化施設でDS等のゲームをプレイしているのがキライなので勘弁して下さい(´・ω・)

今回初めてだったので、ルート通り1~3Fを回ったけど、入館していきなりこの3階カフェに直行するのもOKだそうです。
混雑回避ということもあるし、~11時までの限定で、「先生の朝食」という特別メニューが用意されているから。
順路通りでは先生の朝食にありつけないもんね…次は是非先生の朝食を狙いたいです(`・ω・´)<普通みたいだけど

カフェのある3階から、お土産の買える1階『ミュージアムショップ』までは階段で一直線。
Fのメジャーマイナー問わず様々なキャラグッズやお菓子は勿論、Fの漫画やツチノコ(…?)やフィギュアまで網羅していて、本当に目移りします。
特に、入館前とこのショップに足を踏み入れた時のF知識は段違いなワケですから、チェックしてなかったチンプイのグッズなんかが欲しくなってしまうわけですよ!!!!チンプイマジカワイイ!!!!

Fmy 027
このように。
まんまとハワイアンフェア限定のミニタオルを手に入れてしまいましたぞ…かわいい…
そういえばカフェではハワイメニューは何も頼まなかった(・ω・)

真ん中はお馴染み魔美ちゃんのブローチ型のピンズ(*´∀`)
「おはなしデンワ」貸し出し受付のお姉さんが付けていて、思わず「お姉さんのバッチ可愛い…」って呟いたら「ショップで販売してますので是非ー(*´∇`*)」って案内されちゃったんだよね!
まだどこに付けるかは決めてない!テレポーテーション!!。・:*:・゚

他にもマスキングテープ(※マスキングテープ厨)とか、Tシャツとか食器とかステッカーとかぬいぐるみとかミニトートとか、欲しいものはいっぱいあったんだけどきりがない!!という結論が出て一旦退却ですぞ殿!!むむむ!!近いから割といつでも来られますぞ!!
でもなー…芋掘りロボットのマグカップは素敵だったな…(*´∀`)(※I love 芋掘りロボット)

ショップの出口がミュージアムの出口になっていて(上手いなこの造り)、そこを抜けるともうミュージアム前。
少し雨脚も強くなっていて、余韻を感じる間もなく帰りのシャトルバスに乗り込みました。

Fmy 025
帰りは水色のドラちゃんバスでした。
そしてお気付きでしょうかこのナンバー、シャトルバスのナンバーは全てドラちゃんの生まれた「2112年」になっているんだそうです。
あと100年っていうこの良い機会に行けて良かったな~(*´∀`)と、ほわほわ帰路に着いたのでした…。

-----------------------------------------

自分たちが絵を描く人種なこともあって、藤子先生の展示作品は本当に勉強になることが多く、時には感動、時には迫力、時には癒しと、色んな力を持ってそこにあることが素晴らしかったです。
1番人気であろうカフェは「目で楽しむ」ものなので、それを理解してる方にはオススメ(*´ω`*)

カフェとお土産ショップだけではなかなか満足度を高められないかもしれませんが、藤子作品が好きな方だったら期待以上に楽しんで帰れるのではないかと思います。また気になるフェアが開催されたら行こう!(*´ω`)ノ

たまらなかったのは、
・お手洗いの男女のピクトさんがのび太さんとしずちゃん(のシルエット)
・バードマン(と呼ばれる超人)は数人いる
・おはなしデンワから急に流れる「ベートーベンだねRock'n'Roll」
・「みどりの守り神」(多分)の超拡大見開きパネル 素晴らしかった


あとねー、チンプイとSF短編とかをちゃんと読んでみたい!っていう気持ちになりました。(チンプイはただ可愛いから)
改めて、Fミュージアムとっても楽しかったー(*´∀`)満喫しました!=3


そして、これだけFを満喫すると気になるのがAの存在。
相方と「Aミュージアムはないのかなーw(*´∀`)」とか冗談言ってたら、あるんですね、A推しがヤバイ氷見市に。
正しくはミュージアムというか、A作品による町興しと言うべきなんでしょうね。

いつか、ドリンクは黒烏龍茶しか出さないAミュージアムカフェへ行ってみたいものです。

-----------------------------------------

※ところで、今回の『ハワイフェア』top画像のしずちゃんと魔美さんが大変けしからんですよ。
け し か ら ん で す 。

◆ハワイフェア~スネ夫の夏休み~ 公式 http://fujiko-museum.com/hawaii_fair/

こういうことをサラッとやってのけるFの女子キャラは国宝レベルですね。





にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
関連記事
プチ旅行記トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

くつ下

うおお! これはタマランね!

写真たくさんで楽しさが凄く伝わったよ!
藤本さん作品を愛しまくったカンジで素敵なトコですなぁ…細かいトコまでしっかりしているのは嬉しいね。

混雑しているの苦手だから、しばらくたってから…と思っているんですが、見たら行きたい気が凄く出たw
レポありがと~!

2012/07/30(月) 21:16:35 | URL | [ 編集]

shiinet

わーいくつ下姐さん!!ヽ(*´∀`)ノありがとうございます!

楽しくって、気が付いたら写真いっぱい撮っちゃってましたわ…
子供向けの施設だけど、多分、藤子(F)作品と長く触れ合ってる大人の方が「おお!」「おおお!!!」って心躍っちゃう作りなのではないかと思います(*´∀`)

土日は混雑避けられないと思いますが、平日なら快適に見られると思うので、是非是非涼しくなったら!
入場料よりも、ご飯やお土産でお金を落とすこと必至ですw

2012/07/31(火) 17:14:56 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。