--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'11.30.Wed

【gem3】イトケンライブに いってきたぞ!

もう一週間経っちゃってますが、私にとって忘れられない11/23になったので思い出し書き書き!

11/23は、伊藤賢治バトル曲バンドライブ、「THE NEXT STAGE ~gentle echo meeting 3~」へ行って参りました!(*´ω`)ノ

前回のgem2から1年とちょっと、「全曲バトル曲ライブと銘打たれて行かない理由がない!」とチケットを取って遂にこの日が。
夏からずっと楽しみにしていたら、半月前くらいにイケメン握手会が急に決まって動揺Σ(・∀・|||)
(これもある意味行かない理由がなかったのですよ…(ヽ´ω`))
イケメン→イトケン、の慌ただしい一日になりました…(*´ω`*)

イケメン達と心行くまで握手した後、日本橋三井ホールへ。
「バンドライブ」向きの会場ではない気はしましたが、流石日本橋様、綺麗なホールでした。

自分は結構早い整理券番号でスタンディング席を取っていたので、スタンディング最前列にて待機。隣のお友達さんと混ぜてくれたSさん有難う。
開演まで1時間立ち続け、流石日本橋様(2回目)のオシャンティ開演ベル(メロディ)。
影アナ(開演前諸注意アナウンス)、妙にいい声だな~と思っていたら、安定の杉田氏でした…!
ごめん、私杉田はキバットしか知らないんだ(・∀・)

「(撮影・録音等はお断り致します)心のメモリーにしっかり焼き付けて下さい」
「もしお守りできない場合はアサシンギルドが動きます」「死ねェ!ジャミル!!」「うごわぁぁ!!」

みたいな、サガに絡めたネタ満載で盛り上がる影アナ!
因みにこの影アナ、本来はもっと濃いネタを仕込んであったそうです…さすがのサガヲタ杉田だぜ!

開演。
ベートーヴェン交響曲第九番(第4楽章)のフィナーレを使用したイントロダクションが流れて、イトケンさん以外の5人がステージに登場。(教えて下さっただよタン有難うございます)
曲が終わるかというところで本日の主役、イトケンさんが登場しショルダーキーボードを装着、さぁライブが始まる…!!


1. Shake and Shout!! ~Long Version~(GuitarFreaks & DrumMania V7)
2. OVER THE LIMIT! ~Long Version~(GuitarFreaks & DrumMania V6)
(MC)
3. インタールード(デビルサバイバー2)
4. 絶体絶命~運命への挑戦~セプテントリオン(デビルサバイバー2)
(MC/メンバー紹介)
5. 金城湯池(バレットソウル -弾魂-)
6. 奸人之雄(バレットソウル -弾魂-)
(MC)
7. LEVEL∞(アラド戦記 ~スラップアップパーティー~ED)
8. 明星に生まれし、影の闇へ(DystopiaGround#003 第六楽章第一節)
 ~休憩~
9. Battle #5(サガフロンティア)
(MC)
10. 必殺の一撃~死闘の果てに(Sa・Ga2 秘宝伝説)
11. 七英雄バトル(ロマンシング サ・ガ2)
(MC)
12. 四魔貴族バトル1~四魔貴族バトル2(ロマンシング サ・ガ3)
13. ラストバトル(ロマンシング サ・ガ3)
(MC)
14. 戦いの序曲(ロマンシング サガ -ミンストレルソング-)
15. Believing, My Justice(ロマンシング サガ -ミンストレルソング-)
(MC)
16. 決戦!サルーイン(ロマンシング サガ -ミンストレルソング-)
 ~アンコール~
(MC)
17. 呼び醒まされた記憶(ロマンシング サガ -ミンストレルソング-)
(MC)
18. マナの嬰児(聖剣伝説DS チルドレン オブ マナ)
(MC/メンバー紹介)
19. 戦闘2 -勇気と誇りを胸に-(聖剣伝説 ~ファイナルファンタジー外伝~)



『ギタドラ』は聞いたことなかったですが、このバンド編成に当然すごく良く合っていて、ゆっくりと「ロックライブが始まるぜ!」みたいな感じで良かったです。
ギターの寺前さん(上手/王子)が終始すごく良くて、彼のギターがまたいい具合に歌うんだね。
『泣きのイトケン節』と相俟って、知らないギタドラ曲なのにとんでもなく良かったです…!
(しかし今御本人のブログとか見てきたら、あの見た目とプレイに反して寺前さんご自身はいい具合にユニークで最低(褒め言葉)っていうw)

というか、前半部分は殆ど未視聴の曲ばかりでしたが、それでもバンド向きのイトケン節で随分楽しませてもらいました(*´∀`)
ピアノソロ~バンドへ繋ぐ、という流れが多かったんですが、この静と動の比率、MCのくたくた感とライブの盛り上がり感の静と動の比率が上手いこといってたらもう少し盛り上がれたのにな~って思います。
折角暖まったのがMCで戻っちゃうみたいなカンジですかね…

『バレットソウル』も初聞きでしたが格好良かったです!こんなんでシューティングしたら気持ちいいだろうなー!
疾走するイトケン節、絶妙なとこに入り込んでくるツーバス、いや楽しかった!ヽ(*´∀`)ノ

『LEVEL∞』、『明星に生まれし、影の闇へ』は、元々女性ヴォーカル曲なのをまさかのイトケン氏が熱唱!
「お聞き苦しい点は耳を塞いで頂いて…」なんて言ってたけど、これが全然!!
ちょっと高めのイトケン氏の声に合うのなんのって!あと想像以上に歌が普通に上手い!!w
「ロマサガ風で」と発注されたという、切なくも激しく熱い各サビ、男声の方が合うんじゃないの?っていうくらい格好良かったです。
原曲もそれぞれ聞いたけど、イトケンver.のが断然好きでしたw

休憩を挟んで第2部!
2部はお待ちかねの聖剣サガ祭りだよおぉぉぉぉぉ三三三ヽ(*´∀`)ノ


お色直しして登場したイトケンさん一派、キーボードでしっとりと弾き始めたピアノソロは『Battle #5』…!
悦に入って泣きのメロディを引き続けるイトケン氏に上倉さんが「あの…イトケンさんもうそろそろいいっすか」とツッコミw
ピアノソロも…ピアノソロもいいけどそこはそのままロックして欲しかったよ…!!(`;ω;´)
『Battle #5』なんてこのバンド編成が一番似合う曲じゃないのよ…!!

しかして改めて、イトケン氏のバトル曲は一転してピアノバラードにも成り得ると痛感する場面でもあったわけで…
そのメロディは通常は激しいバトル曲のものって、やっぱりイトケンさん随一のカラーなんですな。

イトケン氏が「サガやるよー!」と呼びかけると、客席は一気に盛り上がる!
耳馴染みのある『必殺の一撃』~『死闘の果てに』メドレー。会場が一気に熱を帯びるのが分かります。これもとんでもなくギターが格好良かった…!!!!

「バンドライブに合わせて色んなアレンジをしていますが、原曲以外の部分も楽しんで欲しい」というようなことを事前のインタビューで仰ってましたが、アドリブやソロパートの掛け合いなどはどの曲も文句ナシにしっくり来て本当に素晴らしかったです!ヾ(*´∀`*)ノ

続いてもイトケン氏のピアノソロから始まる『七英雄バトル』
ショルダーキーボードを上倉さんが持ち、寺前さんはアコースティックギターに持ち替え、ピアノソロが終わってからアップテンポに切り替わった曲調はラテン風。
メロディを奏でるショルダーキーボードからはアコーディオンチックな音色が流れ、さながらロマサガ1のアレンジアルバム、『La Romance(ラ・ロマンス)』に入っててもおかしくないようなアレンジでした。


『四魔貴族バトル1』~『四魔貴族バトル2』メドレー。
『四魔貴族バトル1』のイントロが流れると、客席からは「うっひょおぉぉぉ!!」という歓声(奇声)も!(私も言った)
イトケンソロ~ギター(寺前氏)ソロ、絡み合う二つの音、その裏のギター(上倉氏)とか最高にカッコ良かった!

そのまま『四魔貴族バトル2』の長いイントロへと流れ込む!
やると分かっていても、生音でやられるとその感動は比じゃないですね!!!!
1より2のが好きなので、思う存分暴れさせてもらいました!頭もがっつり振りました!ヾ(*´∀`*)ノ
でも、指定席後方でもっと暴れていたお姉ちゃんの方が気になって気になって…本来ああやって暴れるものだよね!!!

その熱が冷めやらぬままイトケン氏の「いくぞー!」の掛け声と共に『ラストバトル』!!!
あぁああぁあ本当ご馳走様でーーーーす!!!!
もう一回暴れられるなら心行くまで暴れて来たい!
本当に寺前さん・上倉さんのギターが上手と下手で格好良くて(それ以上の日本語が出てこない)、それをしっかり刻む山内さんのドラム、ちょいちょい間違えながらリードするイトケン氏のキーボード!wまたアレンジやアドリブ、テンポが絶妙なんだ…!
実はイトケンバトル曲の中で『ラストバトル』が一番好きなので、これ以上ない贅沢でした…!
そして『ラストバトル』の途中に『バトル2』(ロマサガ1)のメロディが入ってたの超痺れた…(*´∀`)
ヘドバンしながら、曲の後ろにあの(破壊するものの)空が見えました。

まだまだ攻めます。ミンサガより『戦いの序曲』
あのイントロがロマサガの全ての始まりだったので感慨深い。そしてミンサガ×生ロックは合いすぎる!!
このあたりかな?イトケン氏が上倉さんとソロの順番を間違っちゃって「ゴメン(;´∀`人」みたいなジェスチャーしたの…
ファンの多い『Believing, My Justice』では、ようやっとベースの榎本さんの見せ場が…!欲を言えばもっとベースソロ聞きたかった!

「最後の曲は?」「下水道!」的なイトケン氏と上倉さんの掛け合いがあった後は、「サルーインやりますよ!」『決戦!サルーイン』
CD出た時にヘッドフォン爆音で散っざん聞いてる曲だけど、やっぱり格好良さが全然違いますね!
何と言ってもこの辺りは無条件に盛り上がる曲だから、弾いてる皆さんも楽しそうなんだー(*´∀`)
オルガンソロをイトケン氏が早々に諦めちゃってたのが印象的でしたw

サルーインが終わって6人が捌けて早々、万雷の拍手の中、訓練された「イトケン!イトケン!」とアンコールが!w

gem3グッズのTシャツを着た6人が再び登場、MCで一ネタ挟んでのアンコール!
「まだミンストレルソング行きますよ!ツーバスですよ!の煽りで始まるイントロは『呼び醒まされた記憶』!!シェラハキター!!!*・゚(n‘∀‘)η゚・*
まだまだ暴れる余地があるだなんてこれだからイトケンバトル曲はた ま ら な い !!!!!
サルーインよりもシェラハのが縦ノリだと思うので、しっかり振ってきました!ツーバスサイコー!!


そしてラストスパート、「今年は聖剣伝説20周年!」と声を張り上げ、最近出た『Re:Birth』に触れてトーク。
新作や今後の展望について語った後は、その『Re:Birth』より『マナの嬰児』
ここまでの追い込みと違って「激しく盛り上げる!」という曲ではないですが、この最終局面に来ても寺前さんのギターは泣くように歌い、6人が揃って安定した音を聞かせてくれました。

最後の最後は『戦闘2 -勇気と誇りを胸に-』
「今日は本当にどうもありがとう!」とイトケンさんが言ってすぐにイントロ。こういう演出は毎度ズルイです。
縦ノリで熱気に包まれていた先程とは打って変わって、客席の揃った手拍子が暖かいミドルテンポ。

会場で聞いた時は「gem2でもやったのにな~(´・ω・)」なんて思ってしまったんですが、今考えると(そしてこの後を考えると)ものすごく綺麗な流れだったように感じます。
止まない拍手の中6人が去り、すぐに会場に鳴り響く『心のたからばこ』。ちょっと~それは卑怯じゃないですかー(;・∀・)

沸騰したまま幕を引くのではなく、70度ぐらいに下げて少し余韻を持たせた感じで帰路へと誘ってくれる。鮮やかだなと思います。

イトケン氏が「今回のライブは『ベストオブベスト』みたいなものなので…」「上澄みだけを集めた定番曲のライブで…」って何度も繰り返していたのが印象的でした。
確かに作家生活20年で、たった2時間のライブに人気曲も推し曲も詰め込むというのは大変な作業だったと思います。
「あの曲はやらないの!?」みたいなとこもあったけど(特にサガフロ的な意味で)、マイナーもメジャーも網羅されていたと思うし、新しいイトケン氏の一面を伺える良いセットリストだったように感じます。


◆さて、ここからは少し愚痴ですよ!ヽ(・∀・ )ノ
-----------------------------------------------

ただ、問題はやっぱりトークと座席ですね~!!w
「バンドライブ」と言うからには、休む間もなくガンガン暴れているっていうのが私の感覚だったし、不必要、とまでは言わないけど、もたっとしたトークの分1曲増やしてほしかった。
前回のgem2のように「トークライブ」と銘打っているのならそれでおkなんですが、折角手練のバンドメンバーを集めたのならそっちの演奏を聞きたかったというのが本音です(´・ω・)

これは座席にも言えると思うんですが、チケット発売前後は『スタンディングが前』というような情報が流布されていたと思うんですよ。イトケンさんご自身もそんなことを仰っていたと記憶しています。
gem3の公式サイトには、ホールの座席表がいつ頃からかそっと載り始めましたが(発売時から載ってた…?)、そちらでは指定席(椅子席)が前、スタンディングが後ろの表示です。

その辺りの告知がきちんとしていなくて、
「座ってじっくり聞きたいのに立つかもしれない指定前方になってしまった」
「暴れたいのに指定は立っちゃダメって」
「スタンディング後方じゃちっとも見えない、後ろって分かってたら無理して指定取ったのに」

みたいな、直前まで情報が錯綜していた印象を受けました。
(勿論、きちんと把握していた方は把握していたと思いますが…)

私は『バンドライブ=暴れる』という図式しかないので、スタンディング一択だったし、それで勝ち組だったと思ってます(*´ω`*)
+1,000円出したからこその前方の指定席なんでしょうけど、それで盛り上がるのを制限されるのは厳しいよなぁ、と思います。

「後方スタンディングの人が見えないから指定席はなるべく立たないで」みたいな事前アナウンスもありましたが、あれも個人的には判然としませんでした。
あの箱の大きさでバンドライブなら、見えないのが当たり前だと思うし、「『見に』来てるの?」って思っちゃう。
「見る」のも含めて生の演奏会というのは理解していますが、この手のライブは「体感する」のが先なんじゃないかな…。
後々のクレームを避けての事前告知だったのかもしれませんが、だったら「立ちたい」指定席の方のストレスの方がクレームになるんじゃないのかなと思います。

三井ホール、調べるとスタンディング前方+指定席後方、っていうレイアウトもあるので、それでも良かったんじゃないのかなぁ…って気も致します。
もっとも、自分はロック系のライブやコンサートはいっぱい行くけど、こういったゲーム音楽のバンドライブには殆ど行かないのでその温度差というか慣習が分からないんですが…。でも暴れられないの勿体ないよね…!

上手の指定席は大人しめだったカンジですが、下手は結構ちょこちょこ立席してノってる方がいました。
先述のバンギャっぽいお嬢さん(私の中でMVPです)、『LEVEL∞』等歌モノ曲の時に手扇子してた方(UO見えました)、色々制限あった中でもご機嫌な方が見られて嬉しかったです。

あと、スタンディング最前ということもありましたが、ラスト付近指定席の方々が総立ちになってもステージは問題なく見えました。(楽しめる範囲で、という意味で)
その前のイケメントーク会の方がよっぱら見えませんでしたw(※500人スタンディング/イケメンは『観る』ものです(`・ω・´))
コインロッカーがないのにも驚きました。スタンディングエリアでは皆さん足元に荷物を置かれてましたが、もしぴょんぴょん飛んだら結構普通に荷物踏んじゃうよね…。


まぁそんなワケで、2時間強のライブでしたが、座席とか盛り上がりの問題はちょっとあったものの、すごく楽しいライブでした!(*´ω`)

しかし実はこの日色々楽しみすぎて2時間しか寝ていなかったことに気付き、よぼよぼと帰ったわけですが…
・2時間睡眠→朝パン食う(9:00)→イケメン会で5時間立ちっ放し→イトケンライブで4時間弱立ちっ放し(19:00)
私強靭過ぎだろ…(;´∀`)(年の割りに)
個人的には、1年前のgem2の時にはぼっち参加で感想を語り合う知り合いもいなかったのが、今回は挨拶をしたりお話できるお友達が増えたりして、もう…っ、ホントに…っ(´;ω;`)

色々とご縁が続いたり、繋がりが広がっていくことに感謝しきりの11月23日でした。
この年の瀬前にこんないい思いが出来て本当に幸せでした!(*´∀`*)

来年はお休みということですが、また再来年のgem3、楽しみにしてます!!
そしていつかは『全曲サガバンドライブ』を…!!!(*´ω`)ノ


(※セットリストは一部「4Gamerさんgem3レポート」を参考にさせて頂きました)

・前回『gentle echo meeting2』(2010/9)レポ 『gentle echo meeting2』押して参る・1






にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
関連記事
公式様トラックバック(0)  コメント(4)
Next |  Back

だよ

ライブお疲れ様でしたー!

寺前さんのギターはマジ神でした!!

合唱付き交響曲風のイントロダクションは、
ベートーヴェンのいわゆる「第九」ですね。

会場都合と思ってましたが、
スタンディング前、座席後ろもできたんですね。
そっちのほうが色々と良かったと思います。。

2011/11/30(水) 21:54:13 | URL | [ 編集]

しいねっと

だよさんもお疲れさまでしたー!(*´ω`)ノ

寺前さんのギター、音は勿論プレイまで素晴らしかったですね!
あれを見て聞けただけでも大満足です!
あと、開演前のだよタンの髪型に衝撃でしたw

> 合唱付き交響曲風のイントロダクションは、
> ベートーヴェンのいわゆる「第九」ですね。
なるほどホントだ、「第九」ですね(「合唱」聞いてみました)。
有難うございます、補足させて頂きました!(*´∀`)ゞ


ホールレイアウトを見てみると、結構色んなパターンが可能だったみたいです。
私はスタンディングで100%満足だったので問題ないんですが、
指定席の方の意見を伺ってみたいところですね。

2011/12/01(木) 05:58:03 | URL | [ 編集]

福。

スタンディング上手側最前列おりました(*´ω`*)
バトル曲で首振りまくりは大変楽しかったです!!
またやってほしいなぁと切に願います。

でも運営はちょっと?でしたね。
スタンディング後方発表は確かに発売後でした(ホールHP記載レイアウト例だとスタンディング前)、
あのレイアウトだとスタンディングって表記しないで
立ち見って書くべきなんじゃないかと(´・ω・`)
スタンディングの整理番号1番ずつ丁寧に呼び始めた時も驚愕しましたが。

でも楽しかったので満足でした(*´ω`*)

2011/12/03(土) 21:06:13 | URL | [ 編集]

shiinet

福ちゃんだ!お疲れさまでした~!(*´∀`)
私最前列下手寄り中央(PA卓と通路のあたり)にいました!
開場ギリだったから整理券番号順に入れなかったんだけど、
きちんと番号順入場だったら福ちゃんに会えたかもしれないのに…あ~

> あのレイアウトだとスタンディングって表記しないで
> 立ち見って書くべきなんじゃないかと(´・ω・`)
なるほど確かに…
指定席が「スタンディング不可」ということも、発売時にアナウンスがあれば
チケ取りの仕方もまた違ったかもしれないし…
ライブが楽しかっただけに、そのあたりがちょっと惜しかったです(´・ω・)

しかしまた、存分に飛んで頭振れる全曲バトル曲ライブを期待したいですね!(*´ω`)

2011/12/04(日) 23:48:03 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。