--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'02.27.Sun

Re:【POTION2 Relaxin’ with FINAL FANTASY】

POTION(2)Relaxin’ with FINAL FANTASYPOTION(2)Relaxin’ with FINAL FANTASY
(2001/12/19発売 1枚組)
植松伸夫

商品詳細を見る

☆4.5




01. とどかぬ想い
02. 遠い日々の名残り
03. GAIA
04. Once You Meet Her
05. Não Chora Menina
06. はるかなる故郷
07. Theme of Love
08. 大森林の伝説
09. Into the Darkness
10. セリスのテーマ
11. Fisherman’s Horizon
12. Melodies of Life
13. Love Will Grow
14. Eyes on Me(Acoustic Guitar Version)



「FFシリーズのアレンジ音源から『癒し』をコンセプトに選曲されたコンピレーション・アルバム」ということで2001年2月に発売された『POTION』の第2弾(06年に再販済)。
FF系アレンジアルバムは、この頃良作が多くて殆ど持っていたという方も多いと思うんですが、その中の癒し系をまとめたコンピアルバム+ひっそり新曲ということで、結構好評な1枚だったように思います。
私も当時そればっかり聞いてました。家に帰ったら『POTION』、原稿しながら『POTION』、おやすみ前に『POTION』。ジャケットがキャンソン紙に透明水彩、みたいなアナログ感だったのがまた印象的でした。

その第2作としてこの『POTION2』がおおよそ1年後に発売されたわけです。
順番的には前作のを先にレビューすべきなんでしょうが、こっちのが取り易いところにあった+聞きたかった、ので久し振りに思い出したようにやります(・ω・)

さて、前作『POTION』に比べると妙に評価が分かれる今作。
というのも、所謂「歌モノ」が多いのです。
「癒し系」を謳っているので、就寝前とか、ちょっとオシャンティな病院の待合室的なBGMとか、ゲ音好きなあの子とちょっといい雰囲気に…☆などなど、まったり癒されたいシチュエーションに用いたい人は多いハズ。ところがそこに「歌」が、しかも割と強めの女性ボーカルが流れてきたら作業用としては良くても「まったり」は出来ません。
前作『POTION』では特別そんなことはなかったと思うんですが、『POTION』で手札を使い切ってしまって、第2作では歌モノアレンジアルバムからも多めに引っ張ってくることになってしまったんでしょうか。そんな印象。

さて、その「歌モノ」と普通のアレンジ、割合はいかほどかと言いますと(・∀・)

01. とどかぬ想い (FF9 「Piano Collections」)
02. 遠い日々の名残り (FF Vocal Collections II 「Love Will Grow」)
03. GAIA (FF Vocal Collections II 「Love Will Grow」)
04. Once You Meet Her (FF Vocal Collections I 「Pray」)
05. Não Chora Menina (FF Vocal Collections I 「Pray」)
06. はるかなる故郷 (FF5 「Dear Friends」)

07. Theme of Love (FF4 「Celtic Moon」)
08. 大森林の伝説 (FF5 「Dear Friends」)
09. Into the Darkness (FF4 「Celtic Moon」)
10. セリスのテーマ (FF6 「Piano Collections」)
11. Fisherman’s Horizon (FF8 「Piano Collections」)
12. Melodies of Life (FF9 「Piano Collections」)
13. Love Will Grow (FF Vocal Collections II 「Love Will Grow」)
14. Eyes on Me(Acoustic Guitar Version)

全14曲中、7曲が歌入り、実に半分が歌モノなので好き嫌いが分かれるところです。(参考までに前作『POTION』は全17曲中歌モノはゼロ。)
原曲だけ取って見たら「癒し系コンピ」で間違いないんですが、先述の通り94~95年に発売されているFFヴォーカルコレクションの『PRAY』『Love Will Grow』から『強めの女性ヴォーカル』が多く収録されているのです。
勿論この『PRAY』『Love Will Grow』だけで見たら、この2枚は十分すぎるほど神アルバムで然るべきなんですが、さて今回の「癒し系コンピ」にまぜまぜするとなるとどうなるか、ってとこですよね。

因みに、私はその2枚がとても大好きで大切な2枚であるため、他の大人しめな良曲とミルフィーユになってもそれほど抵抗はありませんでした。
でもやっぱりテンションの波は左右されるので4.5。この力強いヴォーカルや、曲によっては熱いアレンジもあるので、そこに違和感を感じる…という方は3~3.5が妥当なんじゃないかなぁと思います。

先に結論言っちゃってますけど、そこを踏まえて頂いて曲紹介レツゴー(σ・∀・)σ


1曲目はFF9のピアノコレクションズから『01. とどかぬ想い』
原曲の少し焦がれるような優しい曲調が、ピアノの柔らかく穏やかな音で丁寧に綴られます。入りの3音が物語を予感させてとても素晴らしい。

で、2曲目の『02. 遠い日々の名残り』から早速ヴォーカルゾーンに入っていきます。
日本語(2)→日本語(3)→英語(4)→ポルトガル語(5)→サーミ語+英語(6)
の流れになるんですが、多国籍語だけならまだ異国感で歌入りもアリになるのかもしれませんが、日本語は少し現実に引き戻される感があるのかもしれませんな。

FF3「水の巫女エリア」のアレンジ『03. Once You Meet Her』は、幻想的なアレンジながらも大木さんの歌い分けが美しく、水の神殿へ沈んで行くような遠ざかる光を求めるような、不思議な感覚を覚えます。
そしてFF6「街角の子供達」のギターアレンジ『04. Não Chora Menina』。これもアコギ一本×ヴォーカルのみのシンプルな聞かせるアレンジです。

ヴォーカルゾーン第一陣を締めるのは女性3人が「ヨイク」で歌い上げる『06.はるかなる故郷』
これは『ディア・フレンズ』の中でも人気の一曲なので、安心且つ浸って聴くことができます(*´ω`)

で、ここからその安心の『ディア・フレンズ』『ケルティック・ムーン』ゾーンに入るので、しばらくはぼんやり身を委ねることができます。『08. 大森林の伝説』は、歌じゃないけど「語り」が入ってくるのでビックリしてしまうことはあるかも。

そしてクライマックスに向けて誘うのは、ピアノコレクションズから『10. セリスのテーマ』『11. Fisherman’s Horizon』『12. Melodies of Life』この3曲。
『10. セリスのテーマ』で、憂いが漂いながらも愛に満ち溢れた気分に浸らせ、
『11. Fisherman’s Horizon』ではただただ牧歌的で和やかな気持ちに、
最後の『12. Melodies of Life』で爽やかで瑞々しい情景を聞かせてくれます。
ともすればただまったり聞き流せる3曲ですが、本当に見事な選曲です。まさに癒しのなんちゃら。

しかしこの後、この1枚の集大成であるところのヴォーカル曲『13. Love Will Grow』が控えているのです。
FF2のフィナーレをフルオーケストラにアレンジ×大木さんの有り余る歌唱力…この曲1曲だけで聴けば、本当に力強くて美しくも格好良くて文句の付けようのない良曲なのですが、前3曲のピアノコレクションズでまったりしていたところにこれが来てしまうと、「『癒し』じゃねーじゃん!ヽ(`Д´)ノ」って尻ジャンプしちゃうかも。

が、何といっても特筆すべきはボーナストラックの14曲目、『Eyes on Me(Acoustic Guitar Version)』。これが本当に素晴らしいです。
『久遠 -光と波の記憶- Music from FINAL FANTASY X-2』にも参加してるという榊原長紀さんが編曲とギター演奏を担当してらっしゃるんですが、軽く爪弾くイントロから風景がぶわあっと広がって、一陣の風が吹き抜けていきます。
緑豊かな農村、新緑の丘陵の草花をそよ風が揺らすのどかな風景のようであり、麗かな日差しを浴びる白壁と青の、さながら地中海の街並みを煽る優しい潮風のようであり…ギターのタッチ一つで如何様にでも風景が生み出される、音楽の・表現力の可能性をとても強く感じます。
勿論そんなこと考えなくても、うららかな春の日に窓を開けっぱにしてカーテンそよそよさせて、ベッドでゴロンとしたり床にころんとしたりしながら、ただ流してたい1曲です。
今日までにいろんな「Eyes on Me」アレンジが出ていますが、私の中ではこれ以上の「Eyes on Me」アレンジがありません。

これがラストで、そしてまた1曲目『とどかぬ想い』の穏やかなピアノに戻る。構成本ッッ当たまらんです。

所々のヴォーカル部分に慣れれば『癒し系BGM』として1時間あっという間に聞き流せる1枚ではありますが、慣れない人は何度も聞けないかもしれないですね…。そういう方は是非前作の方を(・ω・)つ 『POTION』

110225_181755.jpg

おっと語ってたら長くなってしまいました。
春一番も吹いたことですし、ぽかぽか暖かい日に聞きたい1枚ですね~。

そんな中私は気管支炎です(´ε`;)<咳きついぃぃ
皆様お身体にはお気を付けなすってぇ…



 


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(σ・∀・)σ<ぽちっと…
関連記事
スクエニ系(アレンジ)トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。