--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'12.11.Sat

[ちぇりお]【第十二話 「炎刀・銃」】[うちっち]

私は5月の第五話からの参加でしたが(再放送で補完しましたが)、そこからもう半年。
月日が経つのは本当に早いものです。

1月から始まった『刀語』、今宵12月、遂に最終回です。



~第十二話 「炎刀・銃(エントウ・ジュウ)」~
※ネタバレ満載ですので、バレNGな方はご自衛下さい/(´・x・`)\



【あらすじ】
右衛門左衛門が発した「炎刀・銃」にて急所付近を撃ち抜かれたとがめ。目標達成目前にして死の縁に立たされ、その間際で七花に何を残すのか。
一方、遂に尾張幕府八代将軍家鳴と対面した否定姫。そこで互いが打ち明けた完成形変体刀・この大乱を取り巻く歴史の真実とは…




「急所は外した、奇策士の最期の言葉を聞いてやるといい」と言ううえもんざえもんの赦しから始まった第十二話。
血が止め処なく溢れ、息も絶え絶えで話すとがめ。その赤と、白蛇から連想された白のコントラスト、演出がとても綺麗でした。
BGMも静かで切なく、まさに、というシーンの中での細谷さんの熱演。本当に素晴らしかった。
あそこでホロリときたのは、細谷さんの演技による力が大きかったと、個人的にはそう思います。

この旅が終わればそなたを殺めるつもりだったと、駒であったと言うとがめが、最期に『それでも、…』と呟き絶命。
白髪を一房腰に携え、尾張城へと現れた七花。「面倒だ」と呟きながら、城内の武士達を薙ぎ倒す、そこまでの流れが無駄なく、緊迫感がありました。
「面倒だ」って、とがめに禁じられるまでの当初の口癖なんですよね(・ω・)
ここから、「あんたに決められた掟を破る」という意味合いの台詞が増えていきます。


何の事なく城内に侵入、そこからVS家鳴将軍家御側人十一人衆(長い)、11連戦。
当然一人一人名前があって、必殺技があって設定もあるんですが(フロムwiki)、一戦一分弱で決着が着いていくのでご披露する場もなく進んでいきます(・∀・)
殆どの御側人を絶命させ、全ての変体刀を破壊していく七花。
一人一人のバトルの前に名前と所有変体刀以下略が白背景にいつもの筆文字でバン☆と出るんですが、これも平田さんの題字なんでしょうか。地味に好きだったなー。

3人目の浮義さんを撃破した後からフェードインで入るいつものテーマがすごく格好良かったです。
そして天守閣前、VSえもんざえもん戦。
最後なだけあって、戦闘シーンも劇伴も血の量もすさまじかったです。まさに流血注意です(;゚Д゚)

そして七花は否定姫と将軍家鳴の待つ天守閣へ。
既に城内にはこの3人だけ、あとは殺められるだけという立場になった否定姫と将軍家鳴ですが、潔い否定姫と「お前に世界の半分をやろう」と言わんばかりに狼狽する将軍家鳴を前にしての、否定姫と七花の距離感、『ちぇりお』の使い道…

『ちぇりお』に関しては、とがめが死に際に七花に託した懇望にも関係してくるんですが、この二大シリアスな局面でこう入ってくるか、こう締めてくるか~、ってのがいかにも『刀語』で、悲しいだけじゃ終わらせない余韻を残してくれました。有難うございます。


否定姫はえもんざえもんと上手くいってほしかったし、とがめは七花と上手くいってほしかったなぁ、と、結末は知っていたけどやはり思ってしまうヲタ心です。
意外な組み合わせな2人での新たな旅立ち、終幕なのに爽やかなのは何故でしょう。

最終回のまとめとしては、細谷さんすげぇ
自分の中ではこれに尽きます(・∀・)
とがめが死ぬ間際の、感情が駄々漏れの状態→一人になってからの無気力になった状態→天守閣でのラスト、この前・中・後の感情の移り変わりは本当に見事でした。

視聴者が一年かけてこの物語を追いかけてきたように、細谷さんも一年かけて鑢七花という人物を作り上げたんだなぁと、それが真っ直ぐ伝わってくる最終回でした。快演を有難うございました…!(・ω・)
「レベルE」では筒井雪隆をやるそうで…えっ…どんなキャラだったっけ…



ちょっと1年という長いスパンでアニメを見続けるのが初めてなため、上手く感想がまとめられないんですけども…録ったDVD見たらもっかい来るかもしれません(・ω・)


EDは栗林姐さん。姐さんに始まって姐さんに終わる、良い締めでした。
最後にチラッと現れた俺達のうちっち@三途神社に、テレビの前で相方さんと「うちっちぃぃいぃぃぃぃ(*´Д`)」ってなりました。なるよね。はー可愛かった。


<--バレここまで!-->


未だまともな感想を書けるアレじゃないので、書き直しがあるかもしれません。
同じように一年追いかけた皆様、本当にお疲れさまでした(*´ω`)ノ
一年をかけて制作してくださったスタッフキャストの皆様お疲れさまでした(*´ω`)ノ
もうこんな風にアニメを追いかけなくて良いと思うと…若干無気力です。


ちょっと寝て起きたら、また見てこようかな…


第十二話今後の放映予定は
毎日放送:12月15日(水)26:30~
BSフジ:12月25日(土)25:00~

です。これからご覧になる方も、もう一度ご覧になる方もお忘れなきよう。

一応これにて私の『刀語』感想記もこれにて終幕!有難うございました!ヽ(*´∀`)ノ



【以下、これまでの感想記事リンク】
【刀語 第五話「賊刀・鎧」】を見た!
【刀語 第六話「双刀・槌」】を見た!
ついに参の陣【刀語 第七話「悪刀・鐚」】
[涼しい]【第八話「微刀・釵」】[夏コミでした]
[ペンギソの]【第十話「誠刀・銓」】[問題]
[もう団子は]【第十一話「毒刀・鍍」】[食べられない]







blogram投票ボタン にほんブログ村 アニメブログへ お疲れさまでした!(・ω・)
関連記事
刀語トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。