--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'09.14.Tue

クラシック、たまに聞くとやっぱりスゴイ

身内から「急に聞きたくなった、『詩人と農夫』をCDに入れて送ってくれ」と、大変しちめんどい依頼を頂きまして
「んでもさぁ、80分弱入るCDに10分程度の曲一曲だけ入れるってとっても勿体ないんだけど、どうせCD-R代出すの私だし、『詩人と農夫』×8とかやろうか?」と提案したら
「じゃあアンタのオススメ曲80分たっぷり入れて1枚のCDにして送ってよ」と、更に更にしちめんどい依頼になってしまい、しかもいつもお世話になって全く頭の上がらない身内からの依頼なので無下に断ることも出来ず、腹ぴっぴも持ち直してきたので、ここ2日くらいせこせこやっていたんです。

[因みに依頼者からの注文]
・ピアノ曲は頭がキーンてするからダメ
・眠くなるのヤダ(車内で聞く前提なんでしょうな)
・明るくてテンション上がるのがいい


……(#^ω^)
『ゲーム音楽』からの選抜だったら「明るい」だろうが
「元気が出る」
だろうが「見知らぬ仲間をとにかく集めて旅に出る」だろうが
「死にたい時に聞くとどん底まで落ちてからの不思議と上がってくる」だろうが、
無茶な心情にお付き合いできる自信があるんですけど『クラシック』は……流石に幅が広すぎる……(;´∀`)
と思いながら作ってたのが以下のリストです。

流石に色んな意味で全曲張るワケにはいかないので「こんな感じだよ」程度に。
『軽快且つ車内での眠気を防ぐ力強さで元気が出る』的な目標をクリアしてるでしょうかどうでしょうか。

==================================

1. 双頭の鷲の旗の下に
2. ラデツキー行進曲
3. 行進曲「旧友」
4. 交響詩「ローマの松」 第2部 カタコンブ付近の松
5. ヴィヴァルディ「四季」より「夏」
6. 「アルルの女」 第2組曲より「間奏曲」
7. 高貴なる葡萄酒を讃えて
8. トランペット吹きの休日
9. 「くるみ割り人形」 第2幕より「トレパック(ロシア人の踊り)」 
10. マーチ「青空と太陽」
11. エル・カミーノ・レアル
12. 大草原の歌
13. アルヴァーマー序曲
14. 詩人と農夫
15. 交響曲第9番「新世界」より第4楽章
16. ドラゴンクエスト4より 序曲

==================================


以上16曲。16曲目のおまけは「しちめんどくさいことさせやがってゴラァ」の愛情の裏返し。

「ローマの松」「四季」は身内リクエスト、「アルルの女」「大草原の歌」は自分がリアル吹奏楽部時代に吹いた曲でした。
「旧友」、神曲「アルヴァーマー序曲」も吹奏楽部さんなら大多数が吹いているであろう一曲ですよね。
「青空と太陽」は2009年の課題曲ですな。去年の夏地元に帰ったとき、たまたま地方大会を聞ける機会があって、全国金賞候補の演奏を聞いてウワッフゥ(*´Д`)ってなった一曲です。
「エル・カミーノ・レアル」も吹奏楽曲ですが、聞き覚えがあると思ったら吹奏楽ヲタの叔父の着メロがこれでした。
あとは好きそうなところを寄せ集めてみたんですが、80分の壁に阻まれて今回はリスト外な曲もありました。

自己満足ですが楽しく時間泥棒されたぜ(*´∀`*)


で、以下↓は編集作業中一部抜粋。


【Franz von Suppé - Poet and Peasant - Overture】

大体なんで身内が『詩人と農夫』を入れてくれって言い出したかというと、小学校の時の吹奏楽クラブみたいなので吹いて(Tp)その時の思い出が残ってるから、なんだってさ。40年前くらい…なのかな?(・∀・)
当時の小学生でこれをやるって結構オシャレだと思うんだけど。

ロマサガ2でいうとこの『村』『人魚の伝説』系のメロディアスな中間部が終わった後に、「スッペですよ!」的な軽快できらびやかな展開部に、そして三拍子になってクライマックスへ向かっていくのが好きです。
流れ的にはマターリした曲ですが、穏やかと華やかさを何層にも重ねた綺麗な曲ですよね。



【Dvorak - Symphony No. 9 "From the New World" - II (part 1)】

交響曲第9『新世界』聞いてた時に一緒に聞いた『第2楽章 Largo』。大好きカラヤンです。
「遠き山に日は落ちて」ってやつですな。小学校だかの頃の下校の音楽でした。
何の気なしに聞いたら、始めの4音で涙ジワ~って出てきてヤバかったです。これがすぎやん先生の言う「音のごちそう」か…っ

生まれ変わったらオーボエかファゴット吹きになりたいです。
あっユーフォ吹きにもなりたいんだった。…現世のうちに何か一つやっておくか…(・ω・)



今はネットで課題曲や練習曲を聞けるので、吹奏楽曲やそこに流れるキャピキャピした若い皆さんのコメントを見るだに「自分ももうちょっと練習しときゃよかったなぁ(-v-).oO」とぼんやり思います。おまいら個人情報気をつけろよ。

自分の学生時代の吹奏楽部がビックリするくらい練習しなくて、顧問の先生が結構指揮の上手な著名な先生だったんですが、まさかの運動部顧問と兼任wwたまにしか吹奏楽部来ないwwwという有様で、吹奏楽部員はがっつり胡坐をかいて練習しませんでした。
あんな音の出ないトランペットも、譜面通りリズムの取れないクラリネットもあの部が最初で最後ですヽ(・∀・ )ノ

…って、校舎の片隅で堂々とサックスで「七英雄バトル」や「ビックブリッヂ」吹いてたヤツに言われたかないと思うけどな!
部員はみんな仲良しでした(*´ω`*)


さてさて、最近はハードの進化で生音に近い音っていうか生音を発せるようになりましたが、そうはいかなかった時代のハードのゲーム音楽は吹奏楽や管弦楽で演奏するって妄想するとすごく楽しいですよね。
公式アレンジは勿論、個人でアレンジしてる方やそれこそ有志の楽団プロの楽団の方もいますが、「まずオケ(バンド・ブラス)アレンジになんかなんねーだろ」って曲を頭の中で音を当てはめてる時がサイコー楽しいです。
時間のある移動中にぼーっと、じゃないと出来ないので滅多にやらないけど(・∀・)

イトケンバトル系は吹奏楽にしたら超楽しそうだ…(*´ω`*)






にほんブログ村 音楽ブログへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
関連記事
クラシック・吹奏楽トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。