2012'06.10.Sun

最近買ったあれとそれ

なんてこっちゃないんですけど、最近買ったサントラについて触れておこうかと思うです(´ゝ∀・)ノシ
と言っても、ここ1~2年くらい買うのを我慢してる傾向にあるので、他の方に比べたら大したことはないんですが…
(※いい加減収納場所がないため)

直近で買ったのは『ドラゴンズ ドグマ』
キラータイトルということもあり、プレイしてる方も周囲には多いですし、サントラ自体も持ってる方は多いと思います(*・∀・)

カプコンが発売元でありながら、サントラCDはスクウェア・エニックスが販売するという珍しいスタイル。
気になる作曲者さんは4名。メインコンポーザーにモンハンシリーズの作曲を担当し、モンハンオケを監修したという牧野忠義氏を据え、Inon Zur氏近藤嶺氏Chamy.Ishi氏の3名を加えた4名による構成です。

普段ならすぐには購入しない系なんですが、今一番結婚したいゲーム音楽作曲家近藤嶺さんが参加されているということで、即ポチった本作!
私モンハンやったことないので、牧野さんの曲聴くのも殆ど初めてだったんですが、これがとっても格好良くて…!
しかも、4人の作曲家さんが集ってのサントラCDということで、どんな化学反応が起こるのかしら!(´Д`*)とドキドキしていたんですが、個性ある4名の作曲家さんが同じ方向を向いて一つの作品を創り上げているのが感じられる、まとまった1枚になっているように感じました…!

ゲームは未プレイなんですが(ハードがないんで)、デモなどで見受けられる悠久の風景、未知との闘いがすごく楽曲に詰まってます。
土臭い重厚感、風のような疾走感が映画音楽のようにスケールの大きいオーケストラで迫ってくる感じが…もうお腹いっぱいで…(〃)´艸`)(※いい意味で)

オケメインですが、おそらく牧野さんが得意とする「×ハードロック」がお気に入りでたまらーん!(・∀・。)です!
これがどうゲーム作中で流れているのか気になる…うむーやりたい!

てなワケでまだ1枚目しか聴けてません。(1曲1曲が割と重いので、聴き込むのに時間がかかる…/CMで掛かるような綺麗なヴォーカル曲もあります)
今実家でこれ書いてるんで、帰ったら2枚目聴こうと思います!(o´▽`o)ノ

ドラゴンズ ドグマ オリジナル・サウンドトラック公式
http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/dd/ (※音が鳴るよ!)


2枚目はコレ!
こっちはそんなに(と言ったら失礼ですが)持っている方は少ないのではないかと…

zombi.jpg
『ぞんびだいすき』!!
ぞんびて!!カワイイ!!(*´∀`*)

チュンソフト発売の「ぞんびぞろぞろアクション」っつージャンル。
なんやかんやあって、ぞんび達が悪い人間達に立ち向かうゲームです。
サントラジャケットやゲーム概要見てお分かりの通り、どこかほんわかしてるんですけど地味にCERO[B]ですヽ(*´∀`)ノ
アクションと牧場パートに分かれていて、「アクション」でクエストをこなして、「牧場」でぞんびを育成するんですって。
DSなら出来る!買っちゃおっかな~

これも作曲家買いで、大好きな岡素世さんが担当してらっしゃるとのことで購入を決めまして(*´v`*)
岡さんと、ノイジークロークのいとうけいすけさん、2人の作曲家さんが音楽を担当しています。(発売元はノイジーさんです)
ほんわかドットのぞんびに合わせた、オーケストラサウンドや8bitサウンドが楽しめます。

これもね、岡さん目当てで購入したのにいとうさんの音楽がすごく良くて、1枚をエンリピして楽しめた良い1枚です(・∀・)
一番最後に、井上侑さんによるCMソングが収録されてますが、これがまた多彩な1枚を締め括るのに絶妙な脱力癒し系なのです。「あっもう終わりか!」ってハッとする。

二人の作家さんによる今風のピコピコサウンドの競演が楽しめて、気分を上げ過ぎない作業用BGMとしてもオススメですヾ(*・ω・*)ノ


◆ぞんびだいすき公式(更新終了も有) http://www.spike-chunsoft.co.jp/zorozoro/

◆noisycroak RECORDS / ぞんびだいすき オリジナルサウンドトラック http://www.noisycroakrecords.com/products/detail.php?product_id=4


それぞれ、気が向いたらレビューしたい2枚です(*´∀`)
その前に、夏以降SQラッシュがあるんですよね~いやまったくどーしたもんか…






にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他ゲーム音楽トラックバック(0)  コメント(0)
2012'06.05.Tue

ぼくの考えたくらやみのくも

小学生の時の夏休みの宿題かなんかで、良くある工作の宿題があったんです。
最早自分が何を作ったのかは忘れたんですが、友人のサトウ君(男)の作ってきたものが強烈だったのを、何故か今思い出したので綴ります。

「俺はこれだぜー」と、クラスのリーダー格が作ってきた工作を仲間数人に見せている時、割と引っ込み思案で陰気なサトウ君が「おれはくらやみのくもを作ってきた」と言ったのです。


くらやみのくも
そこに辿り着くまでが至難の業と言われる、FF3の誉れ高きラスボス様。
緑のおばちゃん。これ。
kurayami.gif


余談ですが、DFFでは野村氏の魔力もあり、おばちゃんと呼ぶには神々しく色々何かに引っ掛かりそうな御姿で登場。これ。
kurayami_2.jpg


まぁ、我々が小学生の頃は前者の「緑のおばちゃん」の方のくらやみのくもなワケですが、サトウ君はこれを作ってきたとシャイながらにドヤ顔なのです。

小学生には少々刺激の強いアレをどう立体化してきたのか…
その時のくらやみのくもをイラストで再現してみました。




kan.jpg
これ。

「カンニャボじゃねーーか!!」
瞬間、リーダー格が爆笑しながら指摘しました。

カンニャボとは、…これを書くに当たって知ったんですがご当地物だったのね!Σr(‘Д‘n)

・福島県阿武隈地方に棲息するキセル貝の一種で(カタツムリやナメクジの仲間)、うちの地方ではこれを特殊加工して、肝臓などに良く効く健康食品として用いているそうです。

で、このカンニャボの看板が国道沿いなどに良く立っているのですが、これが絶妙にキモイゆるキャラに仕上がっているため、小学生の羨望の的だったわけです(・ω・)

「カンニャボ 看板」でググって頂けると宜しいです。
(↑画像直リンクなので、カタツムリとか苦手な方は踏まないようにね(ゝω・))


それからと言うもの、みんなの大好きなカンニャボ(のイメージキャラ)を用いて宿題に挑んだサトウ君は、時の人としてクラスの人気者…
…になることはなく、普通ならここで「カンニャボ」というあだ名が付くはずが、リーダーが彼の元々の根暗な側面を鑑みたのか、「やみのくも」→「やみ」…「やみ」というニックネームで中学卒業まで呼ばれることになりました。やみ って。


確かに大きく見たら、カンニャボとくらやみのくもは似ているところもあるのかもしれませんが
何故彼がカンニャボをして「くらやみのくも」と言ってしまったのか、はたまた彼は本当にラストまで行ってくらやみのくもを見たのか、この後しばらく「やみ」と呼ばれる生活に入ったことを今の彼はどう思っているのか

そんなことを考える6月初旬でございます…(*-ω-)





にほんブログ村 ゲームブログへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
雑記トラックバック(0)  コメント(2)
 |TOP