2011'12.26.Mon

GAMEバンドさんを聞きに行ってきた ぞ!

昨日は、GAMEバンドさん(Game Addict's Music Ensemble)の、『Game Addict's Music Ensemble Extra Concert~勇者も魔王もおねーさんも。~』を聞きに行って参りました!

色々と噂に名高いGAMEバンドさんの演奏会ですが、実は聴きに行くのは初めて!ヽ(*´∀`)ノ
お名前は存じ上げてましたが、今回は4☆でお世話になった方々も乗るということで、初!GAMEバンド演奏会でした。

場所は鶴見区民センターサルビアホール。この春に出来たばかりらしく、駅近で立派なホールでした!
初めて行きましたが、清潔感があってすごく綺麗でした。そして街はクリスマス色に溢れていました……

一人ぼっちで行ったんですが、4☆のなかまたちに混ぜてもらって着席(有難うございます)。
こういう場所に行って挨拶するような相手が出来るなんて、私も偉くなったものだ…(・ω・)
ホールは客席とステージが近く、550席弱の客席はお客さんでいっぱいでした。


17:30の開演前からステージ上には奏者さん数名が立ち、ちょっと変わったアレンジの「Meridian Child」などが演奏されていました。多分そうだと思うんですが、それくらい原曲を煮込んだアレンジだったので間違っていたらすみませぬ(ノ´∀`*)
「煮込んだ」って言いましたが、個人的には好きなアレンジでした。アフリカ…?中南米?っぽい、軽快で民族性の高いアレンジから、時折あの勇ましいメロディが漏れるのが楽しかったです。


定刻開演し、第一部の一曲目は『天外魔境風雲カブキ伝』
ちょっとしか聞いたことがなかったので予習してこようと思ってたんですが、何の問題もなくただの田中公平節でしたヽ(*´∀`)ノ
ストリングスの効いた和風一色の「風雲カブキ伝」がしっかり吹奏楽アレンジされていました。
「カブキ団十郎のテーマ」では原曲より更にパーカッションが活き、「京を行く!」では、後半のブラスが勇壮。
締めの「敵を断つ!!」は、田中公平特有の低音ホーンの裏メロがきっちり響いてホントたまらんかったです。
公平しゃんの「ここ!」という聞かせどころが見事活きでアレンジされていて嬉しかったなぁ。おそらく公平氏主催のコンサートでもそう聴けない曲なので(ていうか演ったって聞いたことない)、ここで聴けてよかった。

二曲目はDQ4より『勇者の仲間たち』。真島さん編曲の正規吹奏楽スコアですね。
頭と終わりを「間奏曲(インテルメッツォ)」でサンドした仲間たちメドレー。ところどころ勿体ないと感じる演奏はあったのですが、トルネコのチューバソロからのジプシー・ダンスへの繋ぎはゾクゾクしました(*´Д`)

1stコンサートでも演奏されたと言うマザーメドレーがあり、同じく1stコンサートからの再演となる『クロノ・トリガー』。これは楽しかったです!
前述通り、GAMEバンドさんの演奏会はこれが初見なので、どんな仕掛けがあるか分からないままだったのですが…(;・ω・)

CTの物語に準えたように「朝の日ざし」から始まり、奏者さんの掛け声や手拍子も入る「ガルディア王国千年祭」。
「王国裁判」「魔王決戦」「シルバード」と物語が進み、途中には「ファンファーレ」まで挟んじゃう。
「世界変革の時」と来て、「エピローグ」がしっとりと終わった後、ラストに「クロノ・トリガー」が始まる演出がずるい!素晴らしい!の一言でした。
3年前に一度演った曲を新生GAMEバンドとして改めて演奏する。パンフレットにあったように、まさに「つよくてニューゲーム」な勢いある演奏。聞きながら、また数年後「もっとつよくてニューゲーム」するのかなぁと思わせるような、格好良くもありインパクトもある『クロノ・トリガー』でした。


休憩を挟んで第二部はアンサンブルステージ。
チューバとユーフォの三重奏『レッドアリーマー 魔界村外伝』からのメドレー、
クラリネット六重奏+オカリナの『月の明り-ファイナルファンタジーIV愛のテーマ-』
サックス四重奏「初音ミク-Project DIVA-2nd」より『ダブルラリアット』

自分の中で特筆すべきは『ダブルラリアット』。正直ボカロというジャンルには興味がないので、巡音さんのこともよく知らないのですが、このサックス四重奏がすごく上手で、原曲を知らないのに「上手い編曲だなぁ」と感じてしまうくらい丁寧な仕上がり・演奏になっていました。
他の2組も勿論そうなんですが、知らなかったからこそ特にこの「ダブルラリアット」にすごく演奏者さんの愛を感じたというか、それを受けて「原曲も聞いてみよう」って興味が沸きました。で、今聞いてます○ ・ω・)
そういうアプローチもあるんだなぁと思ったアンサンブルステージでした。


そして、このアンサンブルステージの奏者さんが既に「コスプレ解禁始まったな」なので、イヤでも吹奏楽ステージ『勇者のくせになまいきだ:3D』のステージ演出を期待してしまうというもの…!
壇上に次々と登場する奏者の皆さんは、噂に違わぬコスプレ姿でした………(*´∀`)

ステージ前方では、曲の進行に合わせて魔王や魔物vs勇者勢のミニコントが粛々と進められ、その後ろでは正装に身を包んだ奏者さん達が迫力のある演奏!とってもシュールでしたw
第一部で「この人すごい上手いなぁ」って思った人がものすごいシュールなコスプレして真剣に演奏してる姿がものすごい異空間でした…あぁ、これがGAMEバンドの魅力なのか…!Σr(‘Д‘n)

前方のコントに気を取られがちですが、個人的には勇なまの演奏が一番のびのびしていながらもまとまっていて、聴きやすかったような気がします。
因みに主役のコントですがw、センターで小芝居やダンスする皆と一緒に、上手のめくりの係さんが踊ったり決めたりしてるのが可愛かったな…(*´ω`*)
他にも、過去演奏会を振り返るように2ndGのサブタイトルを言い放った、言わずと知れたあの悪女が登場したり、過去演奏会のコスプレ衣装を身にまとった方がちらほらいたり、ホントに上手から下手まで気が抜けないステージでした!

選曲に関してもそうですが演出も、初参加の私にはピンと来ない部分が多かったのですが、皆勤賞の方にとってはまさに「Extra」なステージだったんじゃないでしょうか。


そしてアンコールは、サックスさんが「カモォーン!エヴリバーディー!」と叫んだところで『塊オンザスウィング』!!!
しげる!しげるじゃないか!!!

そこにしげるはいないのに、しげるが見えてしまう不思議…(・ω・)
『塊オンザスウィング』に限らないんですが、『クロノ・トリガー』とか、『勇なま』とか、本当に奏者さんが楽しそうで楽しそうで、歌いながら、身体を揺らしながら、指揮をしながら、笑顔満開で演奏されてるのが本ッ当に印象的で、途中それに泣いたりもしました。
(ただちょっと客電が明るめなので、大っぴらには泣きづらかったw)

演奏自体も良かったけれど、こうやって「演奏することが楽しい」「みんなと一緒にいられることが楽しい」「この曲が好き」という感情を、音にだけじゃなくて、身体全体で表現できるから(して良いから)アマチュアの演奏会は楽しいんでしょうね。
団体にもよるのかもしれませんが、GAMEバンドさんはその意味ではすごく楽しかったし、観に行って良かったです。

「ゲーム音楽って楽しいね!いいもんだね!!」と隣の人(「GAMEMUSIC GARDEN」のひでさん)をバシバシ叩きそうになりました。叩いて良かったですか?(・∀・)

神経を研ぎ澄まされるような「大興奮!」という過剰な昂ぶりではなく、適度に楽しく興奮させてくれる曲で演奏会はセーブ。本当に温かい余韻の残る2時間の締めくくりでした。
「この人の○○、もっと聴きたいなぁ」っていう奏者さんもいたし、指揮者さんも好きなタイプの指揮だったし、知らない鶴見の地まで行って良かった!
もっと「この人の演奏がこうだった」「あのコスプレがああだった」と細かく綴ることはできるのですが、長くなっちゃう+恥ずかしいのでこの辺で(ノ´∀`*)

素敵なクリスマスプレゼントでした。GAMEバンドの皆さん、関係者の皆さん、お疲れさまでした+有難うございました!(*´∀`)


111226_000841.jpg
メリークリスマス!ヽ(*´∀`)ノ

余談ですが、普通のコンサートライブや舞台は月1~2で行くけど、「ゲーム音楽の演奏会」に足を運ぶということが殆どないので(特にアマチュアの)、色々感じるところがあったし、すごくいい経験になりました。
数を見ないと分からないこともいっぱいあるので、来年はいろいろ行ってみたいな~(*´ω`*)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
ゲ音(アマ)トラックバック(0)  コメント(0)
2011'12.23.Fri

moon TRILOGY(人´∀`).☆.。.:*・゚

前回は、「月」をテーマにしたアニメソング・BGMでしたが、今回はゲームの方で参りたいと思います(`・ω・´)

・wiki/月を扱った作品一覧
PC用ゲームテレビゲームTRPG

TRPGまで来るとまた意味合いが違っちゃうけど一応。
『アニメ』の時には、月の美しく神秘的な面をした作品や曲に触れましたが、ゲーム、取り立ててPCゲームは月の「狂気的で霊妙」な部分に準えた作品が多いような気がします。
wikiの「PCゲーム」に名前の挙がってる「MOON」「月姫」「夜が来る!」あたりは、当時PCエロゲに精通した友人がいたので普通に馴染みがあるんですよね。
しかし今作品概要を見ても、かなり……な内容ですな(;´∀`)



夜が来る! "A night comes!"

アリスソフトでは初めてボーカル曲をあてたムービーOPが用いられた作品だそうです。2001年ぽさはありますが、普通にカッコイイ曲です。

「テレビゲーム」だと、有名処は「ムジュラの仮面」「スパロボ」「Fate」とか。
RPGやアクションだけでなく、「アインハンダー」「怒首領蜂」といったシューティングにも多いんですね、ほうほう。

今回皆既月食を見るために外に出ていたら、空気が澄んでいるので星もとっても綺麗でした。
「星」というと、頭の中に必ず浮かんでしまうのがこれです。



Final Fantasy Tactics OST - Under the Stars ~ Battle Theme #15

『BGMききたい』では「星が降るんだよ」。岩田さんの作曲です。こんな綺麗な曲がイズルード戦等の戦闘曲であることが不思議でならない!
あの秀逸なタイトル揃いの『BGMききたい』の中でもかなり普通でオシャレなタイトルです。
英題では「Under the Stars」(星の下)なのに、邦題にすると「星が降るんだよ」なんて、たまんないじゃないですかヽ(*´∀`)ノ

曲は、星空や星屑が美しくチラチラと煌いているところに、ホルンのような低音が主旋律を奏でることで、荘厳な曲が一層凛と引き締まります。
因みに、FFT全体では「Apoplexy」が好きです(*´∀`)


で、「月」に戻ってきまして
「月」と聞いて一番思い浮かんでしまう「FF4」よりコレを。



【FF4】 The Lunarians 月の民

「月の明り」でも良いんですが、私の中ではこちらですね。
最初の重く響く2音から、美しく鳴り響くアルペジオが転調しながら連なっていく展開。CDで聞いて1分では勿体なさ過ぎます!ヽ(*´∀`)ノ

「月の民」繋がり。



Okami OST - Theme of the Moon Tribe (月の民のテーマ)

「大神」も、カグヤちゃんが登場したあたりから裏テーマである「月」に密接した曲が多くなります。
とある重要人物のテーマとも言える「月の民のテーマ」は、曲としてはクライマックスもクライマックスに流れる曲。
その直前に流れる、切なくも美しい「天神族のテーマ」とは違い、こちらは覚悟を背負った悲壮感漂う曲。
同じようなリバーブで雰囲気は似ているのに、曲調が違うと印象がガラッと変わりますね。

おおっと大神やりたくなってきたぞ(*´ω`*)

最後は、サウンドチーム繋がりでコレ~(*´ω`)ノ



Bayonetta - Fly Me To The Moon (Climax)

正調「Fly Me To The Moon」ではなく、ベヨネッタのテーマソングとも言える「∞ Climax Mix」の方。
「最高にパワフル・最高にセクシー・最高にファンキーな女性」をイメージした(@ライナーノーツ)、とにかくカッコイイ戦闘曲アレンジです!ヽ(*´∀`)ノ
疾走感のあるアレンジに、ヘレナ・ノゲラさんの迫るような甘いヴォーカルが色っぽくてたまりません。こんな風に攻めてくる「月」もいいじゃないですか!

因みに、ジャズのスタンダードナンバー、正調「Fly Me To The Moon」はサントラ4枚目の最後の方に収録されています。こちらはブレンダ・リーさんの歌唱です。


というワケで、まとまりのない個人的「月」をテーマにしたゲーム曲でございました。
敢えて触れてない月曲もありますが(「moon」は心の別枠なので全省略ですw)、ホントにいっぱい!聞きながら何度も夜空を見上げた神秘的な数日間でした!(*´ω`*)





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他ゲーム音楽トラックバック(0)  コメント(0)
2011'12.20.Tue

月と走りながら。

表題は真綾ちゃんの5枚目のアルバム、『夕凪LOOP』より、『月と走りながら』です。
FLYING KIDSの浜崎貴司さん作詞・作曲で、しっとりしたアコースティックな曲調に、切なくも甘酸っぱい気持ちを冬の情景にのせた片恋の歌。

と、なんだか普通のカンジで書いてみましたけど、先日10日にあった皆既月食時にぼんやり考えてた「月」をテーマにしたアニメソングやゲームソングをメモまとめです。今回は【アニメ編】
J-POPならいくらでも検索して引っかかるんですが、こっち系の曲はあまり引っかかってこないですね(´・ω・)
アニソンで一番有名なのは、みんな大好き『ムーンライト伝説』でしょうか。

セーラームーンは「ムーン」と言っちゃってるだけあって、主題歌や劇中歌も月に因んだものが多いですね。
武内直子節全開(作詞)、姫・恋・夢・きらめき全部を詰め込んだ『プリンセス・ムーン』(2代目ED)始め、キャラソンにも「moon」という単語を使った歌が多く見られます。

他にも、個人的に「月」と言って真っ先に連想するアニメは「∀ガンダム」です。ロラン(主人公)がいきなり月の民ですからね。
音楽担当が菅野さんということもあって、すごくハマって見てました。
その中で、月を見上げながら思い浮かんだのはこれ。


月の繭と月(Moon and Moon)

っていうかこれしかないですよね、『月の繭』
奥井さんの浮遊感と力強さを兼ね備えた歌声も好きなんですが、個人的にはやっぱりこっちが好き。


Moon-Gabriela Robin

Gabriela Robinの『Moon』。英詩なこともありますが、Gabriela Robinの繊細且つ透き通るような歌声が神秘的で、壮大な展開の曲に合います。
今回の澄み切った夜空に煌々と輝く月には、文句なく良く合うような気がしました。

それから、タイトルには「月」は付いてないけど、「月」をテーマに歌った∀ガンダム枠はこちら。


Turn A Gundam the Movie OST - AFTER ALL

Donna Burkeさんの歌う『AFTER ALL』
神曲・名曲の多い∀ガンダムの中でもおそらく一番好きな曲です。劇場版のエンディングテーマ。
劇場版見てなかったのに、曲だけでボロボロ泣けたもんね(つд;)

ハープやストリングスで静かに始まる曲はしっとりと穏やかで優しくて、聞く人を癒すように丁寧に進みます。そして、Bメロ、Cメロと進むに連れてドナさんの歌声が力強くなっていく。
サビの「See how~」から曲が一気に盛り上がり、その歌声も段階的に解放されていくのが本当に心地良いのです。それだけに留まらず、その後何度も押し寄せる盛り上がりの、圧倒的な作曲と歌唱の技術。

その曲と歌声の漣は、まるで無限に広がる星空の中を宇宙旅行しているような感覚に陥らせてくれます。
終盤はそっと大切に包みの口を結ぶようにキラキラと煌きながら終わり、先程まで漂っていた夜空を部屋の窓の内側から仰いでいるような印象を残して終わるのです。

あぁそうか、『AFTER ALL』は宇宙旅行の歌なんだなぁ…(*´ω`)
因みに、この曲をDonna Burkeさんがピアノ伴奏などで歌っているライブ映像がつべには良く上がっています。
原曲より気迫に溢れ、カジュアルな『AFTER ALL』が楽しめますので、興味のある方は是非~!


菅野さん繋がりで言えば、こちら(*´ω`)ノ


時の記憶

『ぼくの地球を守って』OVA主題歌(ED)、『時の記憶』
ぼく地球も月が舞台になっているので、今回の皆既月食には当然これが頭を流れました(*´ω`*)

本当に菅野さんはこういう雰囲気の曲書かせたら絶妙ですね。
このシンプルで柔和な曲に、SEIKAさんの少しハスキーでさすらうような歌声が楽器の一つのように相俟って、とっても耳に優しい(*´∀`)
バージョン違いで、新居昭乃さんのスキャットのみ+ピアノアレンジの『月からの祈りと共に』は、更に宇宙感が増してオススメ。(『ぼくの地球を守って OST3 』
あ、↑の作曲に関しては菅野さんですが、ぼく地球劇中の音楽は溝口(肇)さんが担当されてるんですね。

新居昭乃さんの『三日月の寝台』(月欠けちゃってるけど)に始まるサントラも、幻想的にして愛くるしい一枚です。
全然関係ないけど、新居さんと言えば『金色の時 流れて』がぼく地球のサントラの中では1、2番に好きです。『時の記憶』であんな浮遊感のある「静」の曲を作ったかと思えば、こちらは荘厳で重厚な「動」の曲。サントラ、買い直そうかな~。

放っておくと菅野談義しかしなくなるのでこのあたりで(ノ´∀`*)


今、月と言えば「魔動王グランゾート」も思い浮かんだ昭和の子です(`・ω・´)
相方がグランゾート大好きなんですが、『魔動王グランゾートヒット曲集』に収録されている『聖地ルナ』は、聞いただけで号泣できると言っておりました。公平しゃんの各種イベントで弾かれたら生きていけないって言ってましたが(良い意味で)、行ったコンサート等では聴けなかったね(´・ω・)

音源ないから紹介できませんが、今まで紹介してきた「月を羨む」「想いを馳せる」ような神秘的・寂寥感のある曲ではなく、月にしっかり足を着けてその美しい故郷を想うような、温かく優しい、そしてほんの少し切ない曲です。

グランゾートは音楽が我等が田中公平氏ですからね、力漲り冒険したくなるワクワクする曲も、心の優しい場所にそっと触れる『聖地ルナ』のような、ただただ美しい曲も満載なので、機会があれば是非聞いて頂きたいです!(*´∀`)


地球人は宇宙が大好き。中でも、地球に一番近い衛星の「月」は他の惑星よりも親しみやすいこともあって、神話や伝説は勿論、作品や曲のテーマにされることが多いんでしょうな。
・wiki/月を扱った作品一覧

宇宙に行く漫画アニメは、大抵月に立ち寄るもんね。『プラネテス』とかも好きな月モノでした。
今回は触れないけど、今期の『フォーゼ』や過去作の『キバ』など、特撮モノにも月を扱った作品は多いですね。
『フォーゼ』は特に基地がまんま月面だしね(*´∀`)<フォーゼおもろい


そんなワケで偏り気味ではありますが!
次回は【ゲーム編】に行くグリ~(=´∀`=)ノ






にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
菅野曲トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP