--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'10.31.Mon

4starから1ヶ月(*´ω`*)

おっともう11月だ!Σ(´Д` )
ホントに私は放っておくと書かないタイプです。

間が空きましたが、4starからちょうど1ヶ月ということで、ちょいちょいっと四方山話を。

初めてのスタッフミーティングの時、公民館の一室みたいなとこに車座になって座っていたんですが、途中から入ってきたちょっと小粋な男性。
なんか見たことあるけど、間隣なのでじろじろ見るわけにもいかず…でもその特徴的な髪型…もうあの人としか思えない…(;´∀`)
隣からはすごくいい匂い(※白檀/ムスク?)がして、もう業界の人です!ってオーラが出ていたんですが、会合の最後に紹介されたその御仁こそTECHNOuchiさんでした……

ゲーム音楽の作曲者さんが間近に、しかもこんな長時間いるなんて初めての出来事でドキドキしてたんですが、まぁとにかくすっげーいい匂いだった!もうそれしか頭にない…!w
TECHNOuchiさんは、4star開催への激励の言葉を下さった後にアイルー村の宣伝をして去って行かれましたw


あとは開催当日の話…ステージ裏ですれ違ったなるけさんがすっごい美人だったとか…
3日目朝、開場前にわたわた走り回ってたら正面玄関から普通に光田さんが入って来て度肝を抜かれたとか…(この日のサプライズゲストでした)
生蛭子さん(息子の方)を見てテンション上がったとか…
2日目夜の後の光吉さんが、ステージ裏から閉場後ホールに捌けるまでずっとテンションが高くて気持ちよかったとか…

開催中、途中何度かリハーサル室のお手伝いをしていたので、濱渦さん+黒田さんやピアコンズさんが間近に通り過ぎて行ったのも感慨深かったです。(弾いてるところは見られませんでしたが…)
勿論接触は1ミリもなかったんですが、今まで芸能人と同じように『向こう側』の人たちだと思っていたゲーム音楽の作曲者さんや著名な演奏家さんが、至近距離にいるのを見ると「同じ人間でいいんだなぁ」って思っちゃいますね。
私自身、「ゲーム音楽の作曲家」という職業に傾倒しすぎているところもあるし、あまりゲーム音楽のコンサートやイベントに行かないタイプなので尚更そう思うのかもしれません。

特に生濱渦さんは、写真とかで見る濱渦さんそのもので(当たり前ですが)、ちょっと滾りました(*´∀`)


111015_1.jpg
こないだ4☆の打ち上げ@某所でしたときの写真。これしか録れなかった…(´・ω・)
モニターに公演中の写真などを映し出して振り返っていました。この時映っているのはしげる☆なんですが全然見えませんね…しげるが白くて見えないなんて。

そういえば会期中も結局生しげるは拝めませんでした…|ω・`)
大ホールのホワイエでリハーサルしてる時に、その中ではしげるの昼公演リハーサルが行われていて、その「塊オンザスイング」がとんでもなくしげっていて、ホワイエにいる皆でリハの手を止めて「しげる…マジパねぇ…」って聞き入っていたくらいです。

111015_2.jpg
この全体打ち上げが終わった後、スタッフだけで2次会!つって行った先の「伝説の唐揚げ」とやら。
唐揚げ好きな友人を連れて行ってあげたいんだけど、最早店名も分からないっていうw

1時間で帰るはずがオールになっちゃって、朝まで飲んで食ってしていました。
ゲーム音楽の話も他愛のない話もリア充爆発しろも女装や腐や性癖の話もいろいろ出来て、とっても有意義でしたミ☆
くどいですけど、半年前まではこういう形で仲良くできる・してもらえる人たちができるとは思っていなかったので、本当に感慨深くて楽しかったです。
この後も飲み会や忘年会、ゲ音イベントがあれば集まるだろうし、本当に合縁奇縁ですね。多分意味ちょっと違う。

いや~唐揚げは本当に美味かったなぁ…あれは『腹八分目』だったのかなぁ…







にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
スポンサーサイト
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2011'10.10.Mon

夏アニメ感想、そして『ウィーゴー!』

一つ大仕事が終わったので、ちょっとヲタクっぽいことを書こうかと思います(・∀・)

4star関係であっちこっちしてるときにも、私の心を癒して?くれたのは??夏アニメでした。
他の方に比べたらいっぱいは見てないと思うんですが、今夏見ていたアニメを列挙してみます。

[日]
・異国迷路のクロワーゼ The Animation
・魔乳秘剣帖
・探偵オペラ ミルキィホームズ

[月]
・ゆるゆり

[火]
・逆境無頼カイジ 破戒録篇
・TIGER&BUNNY

[水]
・ダンボール戦機
・日常
・いつか天魔の黒ウサギ

[木]
・THE IDOLM@STER
・うさぎドロップ

[金]
・ダンタリアンの書架

[土]
・うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%
・WORKING!!

7月からの地デジ化の影響で、ローカル局(tvkとMX)ががっつり映るようになったのもあって、見るアニメが増えました。
の割に、メジャーどころは全然見ていないっていう(ピンドラとかあの花とか青エクとかそういうの)

今夏一番面白かったのは、なんといっても『日常』かなぁ…流石の京アニ、OPからEDまで一分の隙もなかった!!
シュール過ぎて(・д・)って顔になるときは度々あれど、爆笑したり萌えたりっていうのがコンスタントに味わえる良アニメだったと思います。そして前山田氏を再評価。あの人やっぱりすごい人だ!

個人的に次点は『ダンタリアン』『ミルキィホームズ』
前者は世界観の統一が、後者は世界観の破滅がとても良かったです(・∀・)
『ダンタリアン』も、始めは良く分かんなかったんだけど、中世の雰囲気に合った美しい音楽、安定した作画のお陰で引き込まれるように見るようになりました。
『ミルキィ~』は…見るごとにミルキィの人気の秘密を垣間見た気がしました…恐ろしい…恐ろしい子…!!

『クロワーゼ』も湯音ちゃんが可愛かったんですが、いつ見ても作画崩壊が酷くて
クロワーゼに限ったことではないですが、最近のアニメは視聴を困難にさせるレベルの作画崩壊が多いように感じます…えっ普通なの?なんなの??
あのワンピだって平気で作画は崩れるのでアレなんですが、その点では『カイジ』は徹底して美しい福本節でした。いつまでも見ていられる福本アニメ…!

ストーリーが今一つ、というかテンポの悪いものもありましたが、『魔乳~』みたいな徹底して馬鹿なアニメは大好きです。
珍しくメジャーどこのTBも見てましたが、後期は首を捻る展開が多かったです。
『クロワーゼ』は(戻るんかい)、あの男子が…!(※クロードさんです)
もだもだしててイライラして…!毎回「お前うちの湯音ちゃんに…っ!!!(#・∀・)」ってムキーしてました。
大吉にりんちゃんはやっても、お前に湯音ちゃんはやんねーかんな!絶対!!

荒ぶりました。
とにかく自分の中で『日常』が神過ぎて、秋も再放送があるのでしばらくはそれに縋って生きていこうと思っていますが、秋アニメは…特に気になるものはないので、目に付いたものを見れたらと思ってます。H×Hくらいかな。何故蟻編じゃない。

-------------------------------

さて、秋アニメと言えば、新章に入りました『ONE PIECE』の新OPテーマ、『ウィーゴー!』!!
初回は10/2だったんですね、「ウィーゴー!になるよ~」って聞いてた時は(4starの最終日…(・ω・))って覚えてたのにすっかり忘れてて、初見が昨日、10/9になってしまいました。

『ウィーゴー!』は、初代アニメ主題歌「ウィーアー!」のアンサーソング。
「ウィーアー!」のきただにひろし(歌)、藤林聖子(作詞)、 田中公平(作曲)、根岸貴幸(編曲)が12年ぶりに再集結というのもたまりません。超楽しみにしてたーー!ヽ(*´∀`)ノ

公平しゃん本人が『スルメ曲』と公言しているだけあって、確かに初聞きの時は「ん?こんなもんなの?」って思ってしまったのが、しばらくして「もう一度聞きたい」「続けて2度も3度も聞きたい」と巻き戻してしまう魅力が。

イントロから、「ウィーアー!」を彷彿とさせる音使いやテンポ、盛り上がるブラスやシンセのアッパーな曲調が安心のアンサーソング感です。
「ダサかっこいい」歌詞や曲調の中、『サビ前のメロの最後の歌詞が次のサビに繋がる』という、画期的な構成も12年モノですな。
公平しゃん曰く「歌うのにハードル高くしときました」とのこと…ダニーは軽々と歌い上げてますが、私はこの『ウィーゴー!』一番の魅力は、ダニーの成長を味わえるところにあると思っています。

1999年「ウィーアー!」制作時、ダニーはその仮歌の歌い手さんでした。
それを関係者が「この仮歌の人にそのまま歌わせればいいじゃない」となったのが、ダニーのアニソンデビューのきっかけ。
「ウィーアー!」は瞬く間にONE PIECEの顔になり、有名なアニソンの一つとなりました。
それから12年、『ウィーゴー!』を歌うダニーの声には余裕すら感じられます。

公平氏が「きただに君の一番の長所を引き立たせる」「オーダーメイド曲」と言ってますがまさにその通りで、ちょっとした情感の入れ方やスーパーダニータイム、フェイクにおいても『今』のダニーの全てが詰まっているし、あの高難度の曲を「簡単なんじゃないか」と錯覚させる心地良さがあります。
多分「麦わらの一味ver.」では歌えない新OPですなw

ちょいダサの歌詞も、数多のヒーローソングを手掛けてきた藤林さんだから出来た業。
個人的には「かいけつゾロリ」とか「Climax Jump」のような、元気いっぱいでキャッチーな印象を受けます。
「ウィーアー!」から知っている大人ならニヤリとしてしまうところも沢山隠されていて、子供は純粋に楽しんで歌える(ちょっと難しいけど)、まさに『正調アニメソング』ですな!

やっぱり私の公平しゃんだった、予告通りの素晴らしい仕事でした!
新世界編もOPから楽しんで見られそうです。映像に合った元気の出るOPテーマ、初期のワンピを見るようでとても気持ちが良かったです!
あとは本編の作画がもう少ししっかりしてくれれば…!w鶴ひろみのシャッキーさんがエロイ~。

この2011年残りは「ライジンオー」借りてきて見ようかなと思っている私でした(*´∀`)





にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
アニソントラックバック(0)  コメント(0)
2011'10.10.Mon

4starから1週間(´・ω・)

『4starオーケストラ』から1週間、ちょうど1週間前の3日間終了直後の夜も、身体がすごく疲れているのに気が張って、2時とか3時まで眠れませんでした。
それから今日。
何を書いたもんかな~と思っているうちに1週間経ってしまい、ぼんやりしています。

4hoshi01.jpg
(数人の人に気付いてもらえて嬉しかった4star爪…あッささくれは気にしないで…!
落とすの面倒名残惜しくてで未だこのままです(・ω・))


改めまして、9/30・10/1・10/2の3日間、江戸川区総合文化センターで行われました『4starオーケストラ』、お越し頂いた皆様、遠くから思いを馳せて下さった皆様、奏者としてスタッフとして関係者として関わって下さった皆様、有難うございました+お疲れさまでした!!

私は1日と2日にスタッフとして参加しておりました。あとはパンフレット制作で、最後あたりの奏者紹介のページで楽器のアイコンを作ったのが私です。
あと、当日配布した1枚紙のプログラム+マナー喚起のピクトグラムも私です。
どっちも手元にないからなんだか分かんないんですけどね!!うふふ!!

楽器のアイコンは30種弱ぐらいちまちまちまちま作りました。とってもドMな作業だったけど、楽しかったな~。
パンフ未購入の方向けに、次回あたり「こんなんよ」ってお見せできれば。


下っ端スタッフでしたので、あまり大きなことも言えないんですが、未知の第一回、ちょいちょい不十分・今一つな部分も多々あったでしょう。
そんな中で、喜んだり感動したり、楽しんで下さった方々へは感謝の言葉もありません。
今一つに不納得な方、申し訳ありません。次回開催へと活かさせて頂きますので、どちらの方もお手隙の際にでもご意見頂けましたら幸いです。
◆4starオーケストラ アンケート(締切:2011年10月14日(金)まで)

どなた様も本当に、心から厚く御礼を申し上げます。

自分も良くコンサートや観劇に行くので思うんですが、その1回は出演者側にとっては日常の一部かもしれなくても、観に・聴きに来て下さる方にとっては「ハレ」の日なんですよね。
また、今回は『フェス』的な意味合いも強かったと思うんですが、コミケのように「みんな参加者!」ではない。
本番数日前に、「4star3日間行きます!超楽しみ!!」という方のブログを読んで、「『みんな参加者!』じゃなくて、持て成す側と持て成される側なんだな」と改めて痛感しました。


「第一回だから仕方ない」ではなく(そんなん微塵も思ってないけど)、第二回・第三回へ繋げるための糧として、いっぱい自省してぼんやりして、次回があるならまた微力ながら力になれればと思っています。
経験値稼ぎたいもんね!普通にイベント関連の単発バイトの求人とか見るよね!(笑)

多分、ぼんやりしているのはそうやって自分の中で消化出来ていない部分が多くてなのかなぁ、と思ったりしてます。
燃え尽き症候群みたいなのもあるかもしれないけど、そんな高尚なもんではないなぁ…(´・ω・)

とか、ちょっと真面目というか暗めに書きましたけど、すっごい楽しかった!!!
4star開催期間はホントにあっちゃこっちゃでそれどころじゃなかったですけど、トータルで考えると本当に充実してました。

4star02.jpg

初めてのスタッフミーティングは雨の降る3月21日でした。
震災から10日、忘れもしないです、「雨なんか降って放射能大丈夫なのかしら」と思って、知人もツテもない私は一人で会合場所へ行きました。
色々話が進む間も、「親戚や福島が大変なときに、自分はこんなところにいていいんだろうか」って思ったりしてました。

でも、ミーティングが進行していくうちに「この場に集まった人はみんなゲーム音楽が好きなんだなぁ」「半年後自分はどうなってるんだろうなぁ」って気持ちが上向きになり、一歩踏み出せた嬉しいカンジで帰宅したのを覚えています。

それから半年。4star最終日の10/2、最終演目の夜オーケストラ公演『蘇る緑』直前、私は下手袖にいました。
前日初めて顔を合わせて気の合った、優秀なボランティアスタッフさんが、その日に同郷(福島)だということが分かって二人でキャッキャして、その後ちょうど私と彼女二人がオケコーラス隊のCCM(コールクリスタルマナ)さんを誘導・舞台袖のドアを開けて入退場させるという任務を請け負いました。

休憩後ドアを開けて上下から入場していくCCMさん。
アンコールの『Motherメドレー』が終わって再びドアを開けるまでが私達の仕事だったので、『蘇る緑』と『Motherメドレー』は袖で待機し聞くことが出来ました。
ブラボーフィガロあたりからヤバかったですけど、『蘇る緑』を聞きながらこの半年間のことを思い出しておりました。
ずっと参加したいと思っていた4star、途中で起きた大震災、今も爪痕が大きく残る故郷、あっという間に出来た仲間、そして最後に同郷の子とあっちとこっちで聞く『蘇る緑』。
出来すぎじゃないのって思いました。準備期間も会期中も、大変なことはたくさんあったけど本当に楽しかったです。1年前にはただ「ゲーム音楽が好きだー」って言ってただけの自分が、こんな大それたことに参加してるなんて、思いもしなかったです。

『Motherメドレー』が始まる前に客席を少し覗いてみました。
割れんばかりの拍手の後、「Eight Melodies」の数音が流れて、文字通り「わあっ」って表情を変える客席。
中には、口を手で覆って泣いてる方もいらっしゃいました。この皆さんの表情が見られたなら充分だ、そう思いました。
客として演奏を聴いた回は一つとしてなかったです。でも、その袖のドアの隙間から音を聞いて表情を見られる、すごい特等席だと、幸せを噛み締めておりました。
スタッフや奏者、裏方にしてもそうですし、会場にいらして下さったお客様もそうです。「ゲーム音楽」が人を繋いだ3日間を、ただただ幸せに感じる瞬間でした。
あの時の不思議な感覚は、多分一生忘れません。私とあの子を配置してくれたうちのステマネ氏、本当に有難うございました。本人に言うの恥ずかしいからここで言います(*ノ∀ノ)

そんなワケで3日間は無事に終わり、着替える暇もなく4starTシャツのまま帰宅したわけですが(ちゃんと上に羽織って帰りました(;´∀`))
帰宅前、相方ちゃんから「お腹すいたからカップラ買って帰って来て」って言われてコンビニ寄って帰る私…
あっれー労わってもらえてないー(・ω・)
気付けば夜のお弁当も食べてなかったので、夜0時過ぎに食べるカップ麺は非常に美味しゅうございました(笑)

大イベントも一区切り付いてぽっかりしてるところはあるんですが、今後も色んな楽団やアンサンブルでのゲーム音楽演奏会は目白押しです。
4starはまた4年後ですが、その間色んな演奏会に行ったり何だりで皆様もお楽しみ頂いて、自分も経験値を積んでおきたいです!(`・ω・´)
4年後はまた、今年とは全く違ったスタイルの4starになっているのかもしれんですね。一ゲーム音楽ファンとして楽しみです。私どこにいるのかな…(・ω・)

4star03.jpg
(最終日の閉館前に撮った一枚…(※大ホール前です)
もっと写真撮るつもりが、会期中はこの一枚しか撮ってなかった!なんと!(゚Д゚)ウボァー)


取り敢えず、自分の中の一区切りとして綴れたので…もういいのか?あぁ、満足だ!(@べさま)
次回はライ~トなカンジでちょいちょいと、書きたいことがあるのでそれでいきたいと思います!(*´ω`)ノ


今日はとにかく『ウィーゴー!』が素晴らしかったよ!!(急)





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
雑記トラックバック(0)  コメント(4)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。