2011'06.28.Tue

【かにかに】さんまの名探偵を振り返ってどやさ【どこかに?】

結論:子供時代の、耳に残っているようなゲーム音楽を安易に着メロにしない方が絶対いい

私の場合は「さんまの名探偵」『事務所のテーマ』です。
「こりゃピッタリじゃわい」なんて会社からの着メロにしてたら、…かかってくるたびドキドキするようになり、最終的にはプレイ動画とかを見るだけでもブルブルするようなパブロフ的結果に…(何があったんだ)

他にも数曲、そういう経緯で聴くのがNGになってる曲があります。
『事務所のテーマ』は、「単調ながらもインパクト大」っていう、曲が秀逸すぎるのもあって余計ダメですね。




そんなことを考えてたら、「そういや『さんまの名探偵』は結局誰が犯人だったんだろう…」という本来の疑問にぶち当たって、ぼんやりプレイ動画を見ていたりしました。

san2.jpg

1987年・ナムコから発売のアドベンチャーゲーム。
吉本興業所属のタレントさんが実名でがっつり出てくることでも有名なゲームですな。

いつも行く手を阻むのがやっさん(の連打部分)で、詰まった記憶があるのはクラブポピーの地下室(牢屋)みたいなとこ。
多分「忘れんといて」って言ったシローの伝言を覚えていなかったのねw
クリアした記憶はないので、小学生低学年でプレイして詰まったんでしょうな。プレイ動画を見ても、結構巧妙な謎解きがあったりするので、今プレイしてクリアできる気がしない…|ω・`)ノ


【FC】さんまの名探偵【音楽集・修正版】

FCなので、当然少ない音数で、殆どが2音で作られているんですが、それを感じさせないクオリティは流石の川田宏行氏節。
この時代のナムコだと、「ワルキューレ」や「妖怪道中記」、「スターウォーズ」の作曲者さんです。
「さんま~」は『音楽監督』の扱いになっているのでまた違うのかな。

san1.jpg

フィールドなんて1音だもんな…(・ω・)
追跡ゲームやエアロビのような「いかにも昔のナムコ」的軽快な音楽、墓場のようなトラウマ音楽…数多くの場面の中で少ない曲数、その中でも一曲一曲が印象深い曲が多いというのがFCの醍醐味で大好っき!です!(*´∀`)
墓場なんてビックリするほど変拍子だもんね。11…拍子?エアロビもさり気なく変拍子だった。

特にトラウマ系シーンでの暗い曲は秀逸そのものですね。迫ってくるドラマチックな曲調はFCがどうとか言わせない勢いがあります。
クリアしたことないから聞いたことなかったけど、エンディングも色々と遊んでる面白い一曲でした。

こうやって見てると、ゲームとしても結構良く出来てたゲームなんじゃないかなーと思ったりします。今や師匠クラスが次々出てきてやらかすっていうのも含め、当時乱発してたキャラクター物の中ではまとまったいいゲームだったような。

でもやっぱり『事務所のテーマ』には慣れそうにありません…w






にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
FC・GBトラックバック(0)  コメント(0)
2011'06.26.Sun

SQシリーズ新作2種発売・カレーうまし

死にそうに暑かったり(火力船)、天国のように涼しくなったり(リジェネ)、何もやる気が起きないこの連日の真夏日でした。
ふふふ…今年はまだ扇風機を出していないぜ…!
そんな中、リジェネ以外に清涼剤になってくれたのがこれ~。


ξ( ・ω・)つ 【Cafe SQ】(※音が出るよ!)

スクエニ系アレンジ楽曲の、ポータルサイト『SQ MUSIC』より、「Cafe SQ」「SQChips」が発売っていう話です。

『POPでRETROなCHIPTUNE!!』がキャッチコピーの「SQChips」の方が早い発売日で、9/7(水)発売。(¥1,890)

一方、『煎りたて「SQ」もうすぐです』「Cafe SQ」は2011年秋発売予定、価格未定ということです。

「SQChips」は、既に出場楽曲が決まっていて、公式ではみんなだいすき「子午線の祀り」のデモが流れています(公式飛ぶときは音量注意ね!)
ラインナップで、個人的には聖剣2・3とサガ2・アンサガ、武蔵伝が気になるところです…!
子午線がぶっちぎりで神曲なのもあるんですが、料理の仕方も文句ナシなのでかなりテンション高くデモを聞けます(*´∀`)

で、この「SQChips」、7/16~8/31開催の「お台場合衆国」(※音が出るよ!)のスクエニブースで、ワンコインの先行ミニアルバムが発売されます。っていうかお台場なんちゃらはそんな長くやってたのね。
他にもFF零式の音楽集、スクエニ効果音集が同じくワンコインで限定先行発売です。効果音集は気になる(・∀・)

で、冒頭の通り「Cafe SQ」は、現在デモとして『トロイア国』(fromFF4)@シュローダーヘッズが流れているんですが、これがなんとも言えない心地良さでねぇ…(*´・ω・)
というか、トロイアのアレンジってオフィシャルでは殆どないと思うんですが、何て言うんですか、「改めて三拍子と気付かせてくれるジャジィな雰囲気」っていうか…
心地良い光が降り注ぐ朝の空気があり、爽やかな風が通り抜ける昼のカフェの匂いもあり、レトロなランプが灯る夜のカフェの趣きもあり…。
いつまでも聞いていられる不思議な心地の一曲です。早くフルで聞きたいなぁ(*´ω`*)

終息宣言から早くも2作品の続編が発表されたSQシリーズですが、今のとこMore→Love→Chillの順でお気に入りなので、以降この2作がどんな展開を見せてくれるか楽しみです。
「SQChips」だけはいきなり毛色が違うから、同列に出来ない気もすんだけどね。

そんな今更だけど、嬉しい情報でした!(*´∀`)
最近諸般の事情からついった→を始めてみましたが、やってなかった頃に比べて面白いくらい色んな情報が入ってきますね!ありがたやありがたや!
あんまり使い方が分かってないので、かなりのらりくらりですが…。


で、全然関係ない話。
「行きたいとこあんだけど付き合ってくれたら昼飯おごってやるよ」って相方さんから言われて、「おごって頂けるのでしたら」と、二つ返事でのこのこ着いてって、帰りにおごって頂きました。

110625_nishi.jpg
ずっと食べたいな~って思っていたインドカレー+ナンの組み合わせ…!!
焼きたてのナンがお替わり自由っていう、西新宿の『インド定食ターリー屋 西新宿7丁目店』っつーとこに行ってきました。

焼きたてナンはどー考えたって美味いし、カレーも普通に美味しかったです。でもお値段が安いのにこのお味ならとっても満足です(・∀・)
辛目のキーマカレーがずっと食べたかったので満足でした!バタチキも美味しかった!
カレー、一見ちっちゃいようなカンジするけど食べてみると全然余ります。ナン1枚じゃ余ります。

チャイが濃くてスパイシーで、本場っぽくて美味しかったな~。お替わりナンは、結局お腹いっぱいになっちゃって、2枚目は相方さんと半分こして一人1.5枚ずつ食べました…。ごちそうさまでしたー!でももう食べたい…ナン…(*´д`)

辿り着くまでに似たようなカレー屋さんを数件見たんですが、意外と飲食店激戦区なんですなぁココ…。まぁ新宿だしな。






にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
newsトラックバック(0)  コメント(0)
2011'06.20.Mon

【また】「天地を喰らうII」を聴いている【FCなのか】

栗コーダーの『FINAL FANTASY メインテーマ』(from 「More SQ」)を聞くたびにぼんやりしちゃう私です、どーも(*´∀`)ノ チャホッ
リコーダーの裏にやさしい宇宙が見えるよね…(*´ω`).☆.。.:*・゚

「More SQ」もちゃんとレビューしたいなぁと思いつつ、今日も今日とてレトロな話題です。


最近、レトロ系(所謂FC)の作業用BGMを聞いていると、高確率で入っていて、且つ耳を傾けちゃうのがコレだということに気が付きました。


天地を喰らうⅡ諸葛孔明伝 全曲集

『天地を喰らうⅡ諸葛孔明伝』、1991年カプコンの作品です。前身は『天地を喰らう』(1989)。
本宮ひろ志の漫画『天地を喰らう』を題材にしたRPGゲームです。

発売当時自分は小学校低学年ぐらいで、三国志にもそんなに興味がなかったので未プレイでした。
三国志っつうと横山三国志の方が読んでる人は多かったような気がします(図書室に「天地を喰らう」は置かないしな)

0620_tenchi.png

戦闘BGMから入った私でも、全曲集を聞いているとそれに限らず全ての曲が素晴らしいってのが分かるんですが、『天地を喰らうⅡ諸葛孔明伝』で特筆すべき+プレイした方々が大好きなのはやっぱり戦闘BGMだと思います。


天地を喰らう2 戦闘曲 アレンジメドレー+Bonus Track

捨て曲のない戦闘BGMのアレンジを集めたメドレーさんです。
メタルにハードロックにオケアレンジ…そりゃ皆アレンジしたいよね!(・∀・)
やっぱりleSYN氏のアレンジが一番好きです。終末に向けて展開していくカンジがらいすっち!

先述の通り、戦闘曲以外にもフィールド曲やダンジョン(森林)曲など、丁寧に作られてるなぁ~っていう印象の良曲が多いです。
作曲は藤田靖明(BUN BUN)氏
ロックマン3・4やブレスオブファイア、最近だとロックマン10のサウンドクリエイターをされています。

なるほど納得!ヽ(・∀・ )ノ
FCロックマンと言えば「2」という方が多いと思いますが、「2」も大好きだけど…「3」のあのワールドワイドっていうか、ポップなんだけど格好いい曲調が大好きだ!と思っていたらこういうことだったのだと…
この戦闘曲だのに自然に惹かれる理由が分かってホッとしました(*´∀`)

音源が似ているのはカプコンそのものなのでそうなんですけど、リフやベースの使い方、音の響かせ方や展開がすごくソレですよね。

最後に、色んなアレンジがあった中でキュンキュンきたコレを!!( ・ω・)つ


マリオシーケンサでFC天地を喰らうⅡの「ボス戦メドレー」

個人的な大好物、マリオシーケンサによる「ボス戦メドレー」!
ラスト・司馬懿戦(で、いいのかな?)のイントロを軽やかに刻むマリオの勇ましさにいっそ泣けてくる…っ!
マリオシーケンサはホント作り手さんのセンス出ますよね。大好きです。





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
FC・GBトラックバック(0)  コメント(0)
2011'06.16.Thu

【田中公平氏】今度は吹奏楽だ!!【真の?30周年コンサート】

前々から気になっていた『8月28日(日) 田中公平 真の?30周年コンサート』……

ついに公平氏のブログで詳細が明らかに!!
現時点(6/16)で公表されているのは

◆ささきいさお氏・日高のり子さん・田中真弓さんと麦わらの愉快な仲間達選抜隊が出演予定
◆東京ブラススタイル・Bluffによる吹奏楽スタイル
◆インスト中心でサクラ・ワンピ・ガオライジンオー、そしてGガンのあの曲…!!


あの曲って……この曲ですか…!!??(*;゚Д゚)


【機動武闘伝】 我が心明鏡止水~されどこの掌は烈火の如く 【Gガンダム】


おれのこの手が真っ赤に燃える!
勝利を掴めと轟き叫ぶ!


何より「インスト中心」ってのが痺れますね!
自分は2年前の仮の30周年コンサート、奇跡が起こって行けたんですが…
1曲目からガチ号泣だったこと、ラスと付近、目の前を麦わら海賊団が走り去って行ったこと、生演奏がとんでもなかったこと…
それを思い出すとこのチケット大戦、勝つしかない…っ!!!!ヽ(・∀・ )ノ

チケット大戦は7月中旬~下旬の予定
『30周年コンサート』は8/28、目黒パーシモン大ホールにて開催…っ!

キャパ1200…前回が厚生年金会館(2000)だったことを考えるとちょっと遠慮したような、インスト中心ならある意味妥当なような…

取り敢えず夏コミ+チケット大戦頑張って行きますか!
夏イベントはどなた様も暑さ対策気を付けて下さいね~!(*´ω`)ノ


◆田中公平のブログ My Quest for Beauty http://ameblo.jp/kenokun/entry-10923180491.html


それはそうとして10月の武道館ライブの詳細はどうなんですかね( ・ω・)





にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
newsトラックバック(0)  コメント(0)
2011'06.14.Tue

Re:【極道くん漫遊記外伝~生き血をすする聖女たち~】

極道くん漫遊記外伝~生き血をすする聖女たち~オリジナル・サウンドトラック極道くん漫遊記外伝~生き血をすする聖女たち~オリジナル・サウンドトラック
(1994/09/21発売 1枚組)
ラジオ・サントラ、a・chi-a・chi 他

商品詳細を見る

☆4


何故2011年の今これを持ち出したかと言うと、あったからなんですけど
『カセットテープ』文化がなくなる前に記しておきたいサントラレビュー…|ω・`)
四方山話はまた後半に、まずは普通に紹介から!(*´ω`)ノ

1. The Shadow
2. 時の振り子
3. The Convent
4. Vampires
5. A girl~Roubette
6. Solemn...
7. Nostalgia
8. Lance the Cat
9. Suspicion
10. The Sanctuary
11. Malice
12. Prayers
13. Inner Space
14. Runaway
15. Finale
16. 蒼い迷宮


「極道くん(ゴクドーくん)漫遊記」は、中村うさぎ原作・桐嶋たけるイラストのファンタジー+コメディで描かれるライトノベル。
本作は、CDシネマ『極道くん漫遊記外伝~生き血をすする聖女たち~』3部作(1.「さよならシスター またきてルーベット」、2.「我が人生に杭(!?)なし!」、3.「ラスト・ウォーズ~バンパイヤの逆襲」)のオリジナルサウンドトラック。

当時はラノベ原作のオリジナルシナリオを、「○部作」のようにCD数枚に分けたシネマCDみたいなのが流行ってたのよね。今もあるんですかね。

「2. 時の振り子」「16. 蒼い迷宮」以外はインスト。
この2曲は作中の所謂OP/EDのような扱いで、伝説の双子ユニットa・chi-a・chi(アチアチ)のラストシングルでもあります。
普通のレビューでは全曲紹介はあまりしないんですが(めんどいので)、現在あまり手に入るCDではないので、思い切って全曲マラソンしてみますねヽ(・∀・ )ノ


1. The Shadow オペラ座の怪人的な「ジャンジャーン!」みたいなOPテーマ。
今回はヴァンパイアに準えた話なので、ミドルテンポのおどろおどろしい雰囲気の中にパイプオルガンでノーブルさを演出したりしています。

2. 時の振り子 先述の通り、a・chi-a・chiによるワタル以外の初主題歌。
夜~朝をイメージしたような、マイナーからメジャーへの緩やかな転調や、サビまではユニゾン、サビからは美しいハーモニーが心地良く元気の出る一曲。

3. The Convent 「Convent=女子修道院」。なので教会曲。厳かだけど可愛らしいチャーチ風のAメロ~チェンバロとサックスのBメロ~ヴァイオリンによるぼんやりした曲調のCメロ、そして爽やかなAメロに戻り、最後は壮大に展開するという気持ちの良い一曲。
劇伴だからなのか、曲調を変えながら最後にジャーン!って展開する曲が多い。

4. Vampires タイトルに反して、怪しい雰囲気を持ちながらチャカポコしたドラムで少しストーリー性を持たせた曲調に。途中、風やうめき声のSEが入り、最後に「登場っ!」と言ったカンジで締める。

5. A girl~Roubette 本作の主人公、ルーベットのテーマ的な一曲。
可愛らしく、マンドリンが主旋律を歌うスローバラードに始まり、中盤からはガラッと曲調がアップテンポに。90年代満載の音色で元気いっぱいの、まさにルーベット曲。

6. Solemn... 「Solemn=厳粛な、重々しい」 教会曲。パイプオルガンによる王道のチャーチ。中盤から音の厚みが増し、後半は怪しい雰囲気に転調。
ドラムが入り、ラストはパイプオルガンの不協和音も加わりまさに「大魔王前」と言った様相に。その後何事もなかったかのように、光溢れる冒頭にダ・カーポするのがますます不気味な一曲。

7. Nostalgia ハープとパンフルートが哀愁を奏でる、タイトル通りの一曲。
後半はヴァイオリンも絡んで、三位一体ますますオータムナル。

8. Lance the Cat 今までの曲とは打って変わった、「閑話休題」的ミドルテンポの明るいポップス。
とぼけたカンジのメロディを木管が上手く表現してます。後半はソプラノサックスが主題を引き継いで、最後は木管とサックスが絡み、また木管が元のメロディを奏でる、ぽんやりした曲調の一曲。

9. Suspicion 「Suspicion=疑念」 とにかく暗黒真っ只中な一曲。

10. The Sanctuary 教会曲。ゆったりとしたストリングスの裏にキラキラとしたSEが散りばめられ綺麗。
中盤硬い弦の音とコントラバスが主題を引き継ぎ、後半はまた最初のキラキラ部分に戻り、そこからだんだん壮大な曲調に。

11. Malice 「Malice=悪意」 まさに悪巧み中な一曲。リバーブのかかりまくった音が幾重にも重なりあう中、一度も止むことのない電子音のアルペジオが不気味。
後半アルトサックスがジャジィィなアドリブを加え、ちょっとカッコイイ雰囲気に。

12. Prayers 教会曲。アタマからポップなドラム+パイプオルガンの明るい旋律でまとめた一曲。

13. Inner Space 響きあるストリングスを重ねた、水の中に漂う雰囲気の浮遊感ある一曲。
鐘のような、はたまた鉄琴のような音色で上下するアルペジオ、まさに睡眠用。

14. Runaway いかにもクライマックス、「逃げろ!」曲。
サスペンスな中間部も含めての、疾走感溢れる逃走用BGM。

15. Finale エンディング。「5. A girl~」のver.違いをフルートとハープでシンプルにしんみりと聞かせる序盤~
このサントラ唯一のピアノ一本による演奏の中間部は、哀愁満載の心を締め付けるメロディ~ピアノ×ヴァイオリンで一息ついて~「ピアノ協奏曲」のようなオケ編成で一気に切なさは盛り上がり~
再びピアノ×ヴァイオリンで心に迫る~最後は転調して、「5.~Roubette」のオケver.で美しく締める。一曲の流れが美しい、まさに劇伴曲。

16. 蒼い迷宮(ラビリンス) OPとは真逆の、マイナーコードのミドルテンポED。終始a・chi-a・chiの美しいハーモニーが楽しめる一曲。
ユニゾン部も、完全に合わせるのではなく意図的にずらしているのが印象的。コナンのEDとかになってもおかしくない良曲。


・基本劇伴なので、1曲まるっと同じ曲調ではなく、1曲で二転三転する曲が多い
・音はがっつり90年代臭
・生音として登場回数が多いのはサックス、その中でもラストに、印象付けるためのピアノ演出はニクイ


こんなカンジですかね(*´∀`)
一作まるまる素晴らしいんですが、やはり15年経ってもグッとくるのがラストの「15. Finale」
CDシネマ本編では、主人公ルーベットとオリジナルキャラのお別れのシーンに使われた曲です。
劇伴だから当たり前っちゃ当たり前なんでしょうが、告白のシーン、泣きのシーン、叫ぶシーン…その全てに見事なほどに音楽がマッチして、更にシナリオを強烈に印象付けた思い出があります。

この一曲がずば抜けて素晴らしいのと、構成や編曲の良さ、何よりa・chi-a・chiの幻の2曲が一緒に聞ける、という理由でなんですが、それぞれに特に興味のない方(が大半だと思われます)はくらいでいいと思います。なんてったって90年代のCDだしね。

さて、このサントラの作曲者は神林早人さん。
「ワタル2」のドラマCD(90)、「ママは小学4年生」(92)、「コボちゃん」(92)などの音楽を手掛けられた方で、J-POPにも曲を提供してるようです。
90年代以降の情報があまり辿れないんですが、良い曲を書く方なだけに、情報が見当たらないのが残念です|ω・`)


最後にどうでもいい話ですが、自分が中学生くらいの時がちょうど「ラノベブーム」で、クラスの男子と良くラノベ交換して読んだりしてました。
当時はそれがラノベっていう意識もなかったし、うちの学校では、ラノベは男子の文化だったんですな。ヲタっ気のある女子はアニメ、男子は文庫本、みたいなカンジでした。

で、ある程度発売されているラノベに手を出し尽くすと、こういった「ラジオドラマ」「CDドラマ」みたいな派生メディアにまで手を出す小金持ちがいて、私はそのご相伴に預かっていたと。(自分でも購入して貸し借りもしてましたが)
その中で、サントラまで買っちゃう同級生にCDを借りてテープにダビング…そういうテープは数知れずっていう懐かしい思い出です。
まさか今そのレビューっていうか懐古話をしてるとは当時の自分は思いもよらないでしょうけど…(・ω・)

IMG_00982.jpg

当時はラノベ死ぬほど読んだけど、今は皆無なので現在はどんなブームになっているもんだか分かりません…。メディアへの露出も昔とは全然違うしね。
「機会があったら描こ~」って思って実家から持ってきた『JAJA姫武遊伝』(94)…
これは衣谷遊が好きだったんだよなー…今読んだら結構読めたよ(*´ω`)





にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
アニメ・サントラトラックバック(0)  コメント(2)
2011'06.03.Fri

やっぱりレトロゲームが好き

『SQUARE ENIX MUSIC STREAM』で6/1から「Xenogears channel」が始まったということで、それをぼんやり流しながら作業中です。
こうやって色んなチャンネルが増えていくといいですねぇ…私はゼノ未プレイなので、ホントに有難いです(*´∀`)人

んで、最近真剣に作業する時はやっぱりどうしたって8bitなんですけど、その時に聞いてた2曲を自分メモも込めて再紹介…ヽ(・ω・)ノ

まずは、去年の冬あたりに触れていた『飛龍の拳』
当時は『飛龍の拳2』について語ってたんですけど、今回は未プレイなのに音楽が染み入って格好いい『飛龍の拳3』を!


飛龍の拳III 五人の龍戦士 BGM集

カッコイイ曲をすぐ聞くならプレイ動画のこちら( ・ω・)つ

【FC】飛龍の拳Ⅲ 五人の龍戦士 第一章 『激闘 再び』

作曲は2と同じく、我らが久米由基さんことQ-MEX先生。未プレイだけど無条件でワクドキする曲なのはQ-MEX先生だからですね納得です。
OPテーマ後、初っ端から聞けるステージ移動曲(何て言うんだろうアレ)がカッコイイです。何がカッコイイって構成がカッコイイ。
イントロでガツンと盛っておいて、中休みの数小節の後、斜に構えたクールさと寂寥感を湛えたメロディアスな中間部、最後にまたブワッと盛り上げてまた頭に戻る。そのすべてに置いてドラムとベースが休まずいい仕事をして、最後に東洋風なんとかでふわっと包んでおもてなし。
どうしてこんなテンションage曲に今まで気付かなかったのかと…(´ε`;)

その他にも、相変わらずのトラウマ全開曲や、前作とは違った趣だけど同じ方向を向いてるカッコイイ曲、「2」のフレーズが一瞬サラッと流れる曲があったりと、飛龍の拳ファンというかQ-MEXファンにはたまらないソフトだったんですねコレ。


ついでにもういっちょ、これも以前上げたヤツ。沓掛さんのエポドラです。

ドラえもん ギガゾンビの逆襲 地底編フィールド曲 【100分】

もういっそこれだけずっと聞いてればいいんじゃないかなって気もして…(・ω・)人<ありがたやありがたや

前触れた時もとにかく褒めたけど、今、というかいつ聞いても褒め言葉しか出てこない一曲です(*´ω`*)
素で聞いても「こんな曲掛かってたら地底なんて歩けないわよーぅ」ってくらいとにかくカッコイイんだけど、こないだふとヘッドフォン付けて聞いてたらですね、中間部のあのアルペジオ時のベースがとんでもなくてですね、で、また引っ張り出してきたというワケです。

私はどうも「どうにかなっちゃってるベース」というのが性的にすごく好きらしくて、この素で聞いてると気付かないけど、ヘッドフォンをして閉じた空間で聞くとすごいことになってるベースの曲を探すのが最近のお気に入りなんです。
それがFM音源のような少ない音数でメロディ・ベース・リズムのように絶妙に絡んでたりするとヒャッホォォヾ(*´∀`*)ノォォゥゥゥってなるみたいです。

そしてまた背後から同居人の相方に肩を叩かれてヒャッホォォΣ(゚∀゚;ノ)ノォォゥゥゥってなる、と…難儀なものです。
最近はビックリするので「ヘッドフォン遊び」は極力一人の時にしています…|ω・`)ノ


一回触れた件にもっかい触れて終わりってのも何なんで、…最後に、随分前ギロッポンヒルズで食べた和牛ハンバーグ入りパンケーキの画像を置いときます。
110226_124418.jpg
はぁ…お腹減ったな…(´・ω・`)<さっき作ったナスとキノコの炒め物でも食うか



 


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
FC・GBトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP