--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'03.28.Mon

とーほぐの、じしん・3

金曜(25日)から、地元に来てます。母曰く、狭義のボランティアだそうです。

過去の記事でも申し上げましたが、私の生まれ故郷は福島県いわき市でございまして
両親以外の親戚関係は、殆どこの近辺に住んでいます。

震災以来、無事だとは聞いていたけれども、その後原発の絡みで福島は一躍有名になってしまいました。
それもあって、ずっと行きたかったんですがなかなか機会が無く、「みんなは切ない思いをしているのに自分は何をしているのか」と遠い都心からジレンマを感じておりました。
しかし、実際帰るって決めた前の日は、遠足の前日みたいに眠れなかったです。悪い意味で。
自分がこれから行こうとしているところは原発から35kmくらいなんで…(※30km圏内以上は屋内待避地域)

でもまぁ、東京駅に来てみて、かなり大勢の方がいわきに向かうのを見たことと、『その原発の最前線で頑張ってる作業員の方はもっともっと怖いんだろうなぁ』って思ったら、そんなの小さい恐怖だって感じて、どうでも良くなっちゃいました。

バスは臨時のバスが数台出るほど大盛況で、ボランティアの方や避難先から帰郷する方でいっぱいでした。
いつもこの路線利用してますが、盆暮れ以外にこんな混んでんの見たことないぜ。

自分の隣に乗り合わせたのは、父親ほどの年の男性でしたが『これから故郷のためにボランティアに行く』と仰ってました。
お互いに名乗らず連絡先を交換したワケでもなくで、色んなことを3時間話し込みましたが、今都心在住でそこから見える故郷について、その故郷に対して、社会に対して、みんな同じような気持ちなんだなぁと不思議な気持ちになりました。
おっちゃん身体に気を付けて。楽しかったしタメになりました。ありがとう。


110324_153722.jpg
着きましたヽ(*´∀`)ノ 封鎖中です

街自体は思ったほど壊れてなかったなぁ。
でも、慣れ親しんで歩いて来た場所が崩壊してたり、建物と道路が分離してたり、マリオが下から突き上げたみたいにボコボコしてたりで、確実に爪痕は残ってました。


帰ったら、津波で家が流されたっていう親戚が来ていて、色んなことを話してくれました。
デジカメで撮ったっていう、家が流された後のビフォーアフターの写真も見せてくれました。

きっといっぱい泣いて落ち込んで、どうしようもないぐらいになったのは想像に難いけど、それを感じさせない、こっちがビックリするくらいみんな大笑いしてて、バカ話するみたいに話してくれました。
「隣のおじちゃんがさぁ、もうガレキひとつ残ってないとこ(家の跡地)に来て『いや、俺財布探しに来たんだ』って言うんだけど、あるワケねーっつーのwww
って笑ってて…せっかく新築マイホームを建てたのに、ローンもがっつり残ってるのにとても住める状態じゃないから遠くへ引っ越す人とか、火事場泥棒とか、職場も流されて無職になったとか…一つ一つは決して笑い話に出来るようなことじゃないけど、笑うしかないんだろうけど、「私たちはまだずうっといい方」と言って、実際にそうやって被害に遭った人達が明るい笑顔を見せてくれると、お手伝いに来たはずのこっちまで元気を分けてもらえるというか、「頑張って」じゃないんだな、「頑張ろう」なんだな、って改めて思います。

勿論、原発問題がいつ収束するか皆目検討も付かないし、断水や燃料・物資不足で不安や不満、緊張は日々募るばかりで、地元の人達が被害の軽い重いに関わらずピリピリしているのがすごく分かります。
でも、『がんばっぺ!』って強く思って、立ち上がろうとしているのも事実。こちらでその声に何度泣かされたか分からない。

次回はそんなところに触れてみたいと思います( `・ω・´)ノ
こっちにいる間にもう一回書けるといいなー

110324_153807.jpg
ニュースでは「ゴーストタウン」みたいに言ってるけど、結構車も走ってるし普通に人も外歩いてるよ( ・ω・)
まー普段からすごく賑わってる駅前じゃないんでね…


最近、甚大な被害を受けた東北以外の茨城や千葉の現状にもようやく触れられるようになってきましたが、どの地方もみんな力を合わせて頑張っていけるように…『がんばっぺ!!』


◆このブログは本来『ゲーム音楽についてつらつら綴るブログ』なのに、ここ数記事ちょっと趣旨が違っちゃって、もしそちらの御利用で見て下さってる方には誠にかたじけない。
少し落ち着いたら、そちらにゆっくりシフトして行きたいとは思っています(´・ω・)


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 健康第一!(`・ω・´)
スポンサーサイト
0311トラックバック(0)  コメント(0)
2011'03.19.Sat

『人の命は地球の未来!!!』

東日本大震災から一週間。
改めて、今回の震災で亡くなった方とそのご家族・関係者の皆様に心からお悔やみを申し上げます。


今日は、福島の北部に住んでいる親友(主婦)と電話をしました。
地震発生数日後、家族全員無事だとメールは貰っていたのですが、そこから音沙汰がなかったのでまずは安心しました。
周辺に三陸や原発など、被害が大きい・これからが心配な地域が多いだけに目の行き届かないところなのは分かっていましたが、「一週間断水でしんどい」と漏らしていました…
あれが大変、これが大変というのを話してくれたけど、一週間もの断水というのは想像しているより遥かに苦しい状況で、正直寒い東北の地で給水車に水を汲みに行くのも一苦労、その僅かな水で家族5人分の生活用水を賄うのは更に一苦労だと、のわ~ってしてました。

「もっと大変なとこはあるからねぇ」と言っても、『恒常的に清潔に出来ない、調理方法が偏るため満足な栄養が取れない』という点から免疫力の低下、既に風邪を引いて家族一巡してるようでした。
いつもは穏やかな子なんだけど、すごくピリピリした喋り方をしてたしね…
シングルで自分一人なら何とかなるかもしれないけど、働きに出る父ちゃんがいて、守るべき子供たちがいて…では家を預かる主婦業の皆さんのストレスもピークに達しているんでしょうな…。

本当にお母ちゃんはすごいと思います。だけど、そのスゴイはずのお母ちゃんたちも危機に瀕している。
被災地・非被災地のお母さん方、気張って大変な時でしょうがどうか乗り切って頂きたい……!!
(その支えとなる親を失った子供たちもいる。本当に、本当にやりきれないです)

=======================================


色んな有名人・著名人・団体から応援メッセージや届き、支援の輪が広がる中、そんなお母さんやお子さ向けにヒーローたちが励ましてくれている「特撮ツイッター」
数日前から気付いていて追っかけていたんですが、もう熱くて辛抱たまらなくなったので触れます。
主に日曜朝のヒーローが、地球から子供たちを始めエールの必要をしているみんなへの励ましのメッセージを昼夜問わず連日呟いてくれています。

特撮ツイッター twitter@tokusatsuhero (http://twitter.com/tokusatsuhero

俳優・声優・スーツアクター・スタッフに限ってのアカウントになっていますが、提唱し統制を取っているニンジャレッド(@カクレンジャー)、それを支援するヒーロー・ヒロイン達のおかげで、かなりの人数のヒーロー関係者さんが集う場所になっています。
スーパーヒーロータイムだけでなく、ウルトラマンや牙狼の皆さんがいたり、もう本当に、特撮ヲタクとか抜きにして『オールスターヒーロー』の様相を呈しているこの場所で送られるエールが熱くて真摯で、大友の私でもそのメッセージ一つ一つが心強く、リアルに泣いてます。

年のことは言えませんが、リアルに20余年戦隊シリーズってのを見てきてる私にとっては殆どのヒーローヒロインが心のヒーローで、特にその戦隊シリーズが子供向けに分かりやすく作られており、メッセージも単純明快で記憶に強く残っていることから、今その決め台詞や名台詞をもじって激励されると、その時その時のことを思い出して本当に心が震えるワケです。

特に今回の立案者であるニンジャレッドの所属した『カクレンジャー』は、特に私の青春そのものでありました。
その作品と今こんな形で巡り合い、勇気付けられる時が来るなんて思ってもいなかったので、その縁が心底不思議で有難かったです。

ここからは中の人(などいない!)的な話になってしまい恐縮ですが、エールを送ってくれるヒーローの中には、ヒーローを退いた後も第一線で活躍されている方、活動場所を替えた方…既に芸能界を休業・引退した方も沢山いらっしゃいます。
個人的にはこの3番目の『芸能界を休業・引退した方』が再びヒーローとしてみんなの前に姿を見せて声をかけてくれるということ、勇気ある行動がとても嬉しい。
テレビで見ない日はないような『第一線で活躍している方』が、ヒーローであったことを忘れずにエールを送ってくれるのも嬉しい。

何より、ヒーローのみんながヒーローである・あったという気持ちを真摯に持ち続けているというのがとてもとても嬉しいです。
それって、ヒーローという仕事を大切にして、矜持を持っていないとできないことだもんね。
今回は正義も悪も関係なく、悪役さんもエールを送ってくれているところに「敵味方関係なくみんなを救う」という熱意を垣間見ます。

現行ヒーローに勇気付けられる低学年の子供がいれば、「自分がちっちゃいとき見てた見てた」って懐かしんで勇気付けられる学生さんも保護者の方もいると思うし、純粋にファンがその行動に心を打たれて励まされるということもあると思う。
不安な思いをしている子供たちがヒーローの声を聞いて「がんばろう」と思ってくれることが一番なんだと思うけど、それを支える大人たちもストレートなエールに鼓舞される。すごいなぁ、って感嘆の声しか出ません。

勿論ネットなんて見られない被災地で、そんな心の余裕もなく、まだまだ怖い思いをしていたりひもじい思いをしている子供たちには届かない声なのかもしれない。
それならせめて、せめて届く範囲にいる人たちがヒーローの声に勇気付けられ、奮起して「自分に出来ること」を思いやりを持って行い広まっていって欲しいと、そう思います。


■コメントを寄せているヒーロー達ブログまとめ http://ameblo.jp/yosukeandyou/entry-10831191470.htmlデカグリーン/伊藤陽佑氏オフィシャルブログ)
■ヒーローの皆さんのtwilog http://twilog.org/tokusatsuhero


今回の記事のタイトルに『救急戦隊ゴーゴーファイブ』(1999)最強の名ゼリフを持ってきたのは、各ヒーローがそれそれの決めセリフをエールに載せて発信している中、一番グッと来て、痺れて、胸が打たれて泣いたのがコレだったからです。
『人の命は地球の未来』まったくもってその通り。
ゴーゴーファイブが5人全員「人命救助に関わる職業出身」なのもあって、更に迫るものがあるんでしょうな。
(95年阪神・淡路大震災後、「救急」という職業・分野に注目が集まってそのテーマが採られたとか)

まだまだ問題は山積していて、目の届かない地域も沢山あります。
本当に伝えなくてはいけない現状は後回しで、既に美談としてまとめに入っているような報道すらある。
家族や親戚が被災地にいる身として、何をしなければならないのか悩むばかりだし、ヒーローのみなさんも同じように悩み声を上げている。
だけど、ヒーローと言うものは、

『ヒーローは平和になるまで闘い続ける』
んだそうです。(ニンジャレッド氏のツイッターより)

もうとっくにいい大人ですが、私はヒーローが好きで、信じてきて本当に良かったです。
私の出来ることを、出来る限り頑張りたいと強く思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 余震注意して、風邪引かないように!(`・ω・´)
特撮トラックバック(0)  コメント(0)
2011'03.16.Wed

とーほぐの、じしん・2

連日中継・報道される東北地方太平洋沖地震の惨状。
そんな中で勇気付けられる、地震発生から数日経過してから救助された人達の情報、被災地で助け合い支え合う被災者の皆さんの姿。

勿論今回被害に遭ったのは東北太平洋側だけでなく、なかなか目の行き届かない茨城県や千葉県もその後が心配されます。
昨晩は静岡県東部で震度6強の地震と、東日本は全体的に落ち着かず気が抜けない日々が続いています。

そしてもう一つ、我らが福島県には『福島原発』があります。
不謹慎かもしれませんが、この件で遠方の方に「福島が東北にある」と覚えて頂けたのではないかと思います。
大学生の時、「どこ出身?」「福島」という問答で、正確な福島の場所を把握していなかった西の方の多いことよ。(勿論「東北」であると把握してくれていた人もたくさんいます)
青森くらいインパクトがあれば違うけど、南東北だもんね。あと仙台も仙台県じゃないんだよ。

そんな、東京電力管轄の『福島原発』。東北にあるのに。
今までは「半径20km圏内の住民は避難」という指示が出ていましたが、15日になり「20~30km圏内の住民は屋内退避」に修正し改めて要請。

前の記事で触れた、福島県浜通りに住む祖父母・親戚がこれに当たるのです。
「屋内退避」でも良いのでしょうが、その地域は15日夜から16日朝にかけて雨の予報が出ています。
親戚一同は、そこから更に15km強離れた施設に皆で避難しているということで、昨日叔母から「みんな一緒だからね!とメールが来ました。その中には津波で被災した親類もいます。ガッツあります。

母の住んでいる中央部は、この福島原発からだと80km強離れたあたりなので、まだ、まだ大丈夫かな、という印象でした。
でも既に『レベル6』だし、「もうなるようにしかならないよね」って。


参考として、【福島第一・第二原発避難範囲】

View 福島第一・第二原発避難範囲 in a larger map
上が第一・下が第二。
薄い紫が第一から半径10km薄いオレンジが第二から半径10km圏内
ピンクが20km青が30km圏内
だそうです。
屋内待避指示の出ている半径20km~30kmの地域は、
■屋内に待機■ドア・窓を閉める■換気・エアコン禁止■洗濯物は屋内に (干しているなら取り込まない)とのこと。


そんな中、被災地や被災者へ向けて応援や激励の動きまとめ。
なかよし作家中心のチャリティー同人誌に二ノ宮知子ら参加(3月15日 13:19)
震災寄付目的のチャリティ同人誌「まんがぶらふCheers!」(3月15日 15:03)
今後予定されているマンガ関連イベントの開催有無まとめ(3月15日 19:18)
(上記すべて @ナタリー

特に3番目の「今後予定されているマンガ関連イベントの開催有無まとめ」は、アニメ関係に関わらず芸能・演劇関係でも今後増える可能性がありますし、中止なのか延期なのか、振替があるのか等ギリギリまで発表されないケースもあります。
当たり前のことですが、独自に判断しないで各オフィシャルに確認し、もし「予定通り開催される」ということであれば、防災意識を強く持って参加して頂きたいです。

例大祭春コミのように大規模になればなるほど中止にせざるを得ないだろうし、これは残念ながら致し方ないと思います。
だからって「小規模だからいい」ってワケじゃないけど、チャリティーイベントに切り替えたり、「頑張ろう!」を伝えられる代替のイベントが催されれば、集客力もあって義援金が募れてるのにな…と思ってしまうのは浅慮でしょうか。
実際、開催されるイベントをチャリティーに切り替えて支援して下さってる団体もあるしね。

節電、参加者の安全確保、登壇者の心のケア、いろんな要素が重なっての中止・延期・代替なので一概には言えませんが、やはり落ち着くまでは『出来ることをやる』というのが一番になるんでしょうな。

ところで「計画停電」、本日16日から大幅拡大して施行されるようですが、「やる」って言ってから結局一度も停電になっていないので、自分の地域がはたして本当に停電になるのか…(・ω・)
しかし大地震直後停電した際、踏切が止まっても信号が止まってもすぐ対処出来た我が町だもの、きっと出来るはずなんだぜ!

原発の近い地元のことはまた綴っていきたいと思いますが、しばらくは節電を心がけながらこんなカンジで参りたいと思います〆(・ω・。)


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン お借りしました。やってます!o(・ω・´o)
0311トラックバック(0)  コメント(2)
2011'03.16.Wed

とーほぐの、じしん

3月11日・14時46分 東北地方太平洋沖地震


ここに姿を出すのも東北人として自粛していたのですが、発生から5日経ち、被災状況がだんだんと明らかになり風向きが変わってきたので地元福島の状況を綴りに来ました。

地震が起きた時は私は神奈川の自宅におり、木造のアパートが有り得ない揺れ方をし、突如停電になりました(日付が変わる直前まで停電でした)。
灯りの代わりになるような物を求めて駅前に出た時は、薄暗い駅前に学生やサラリーマンが溢れかえり、それはあまりにも異様な光景でした。

大地震直後・突然の停電・電車不通で、食料品、電池や充電器を求めて混乱していたはずの街で、率先してお店を開けて薄暗い中営業していたコンビニの店員さん達には頭が下がる思いでした(特にセブンイレブン)。
ネットワーク機能を搭載している最先端レジを持つスーパーや電器店、ドラッグストアが軒並み「臨時閉店」の張り紙を掲げる中、コインケースに直に硬貨を置いて必死に対応してくれた総菜屋さん、ミスドにも頭が下がりました。

「取り敢えず食料を」と思い街に出たもののどこもそんな状態で、最終的にそんなに混んでいなかったミスドに寄ったんですが、真っ暗な中メニュー板を見てあ~う~言いながらドーナツ注文しているとお姉さんが「申し訳ありません、暗くて良く見えなくて」と言ってくれました。
とんでもねぇ、暗いのは皆同じで営業してくれてるだけで有難ぇです、と帰りに告げましたが、隣のレジでおばさんが「で、これポイントどうやって付けるの?」って言ってました。

助け合う人も、そうじゃない人もいて、街は、日本は回ります。


先述しましたが、私の地元は福島です。
生まれも育ちも福島で、今回真っ先に心配したのは家族・親類・友人のことでした。

中央部に住む母や家族とは日付が変わる頃無事であると確認が取れましたが、海沿いに住む祖父母や親戚に一向に連絡が取れず、母は「朝イチで行ってみる」と言い電話を切りました。

本当に日が昇る頃、地割れの酷い国道を車で向かった母からは、午前中のうちに「皆無事!(叔父)ちゃんの家は流されちゃったけど本人は無事!」とメールが入りました。


その当日・翌日は倒れた家具や飛散したガラスの片付けでそれ以降の連絡は取れなかったので、ここからは後日聞いた話です。
近い親類の中で、唯一津波によって家が流された叔父の家は、まさに道路を挟んで目の前が海という、本来なら絶好の景観なんですが今回はその好立地が牙を剥きました。
20kmほど北には、福島の中でも津波による被害が大きかった場所のひとつ、南相馬市。

ちょっと前、車の免許を取った時、母とドライブに出かけた先のレストランもありません。
去年の秋まで祖母がお世話になっていた海沿いのデイサービスもありません。
みんなみんな、津波に飲まれたということでした。

090720_120207.jpg
携帯フォルダに残っていたので。「ドライブに出かけた先のレストラン」の駐車場から撮った太平洋。
この下は確かおまけ程度の砂浜と、大量の消波ブロックが敷き詰められていたはず。


こうやって書いていると、言葉に出来ない気持ちにグッと押しつぶされそうになります。
私は福島の浜通りという地域や、そこから臨む海が大好きで、故郷として誇るべき場所でした。
同じように甚大な被害を受けている岩手・宮城もそうですが、大好きな東北が変わり果てた姿になっていること、故郷であるのに何の力にもなれないこと、数日経った今だからこそジワジワと胸を締め付けます。

「何かできることはない?」「東北には無理でも、東京に送れるものがあったら送るからね!」
と言ってくれる西の友人達、本当に本当に有難いです。
東北の家族や友人を一緒に心配してくれたり、「無事だよ」と伝えれば我が事のように安心してくれたり、本当に良い友達を持ったと感謝の念が尽きません。
何よりも、一番大変な状況である被災地の皆さんが、物資も足りない、ライフラインも整っていない不安だらけの中助け合い頑張ってらっしゃる姿を見るだに、「自分が落ち込んでいる場合じゃない」と逆に励まされます。
しかし被災地のじいちゃんばあちゃんの東北弁はヤバイ。いっつも泣いちゃう。


今回の大地震に関して初めての記事であるため、いつも以上の主観且つ長文、ご容赦下さい。
次回記事はもうちょっとライトな方面から記せたらと思います。

最後になりましたが、今回被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、お悔やみを申し上げます。
そして、一人でも多くの方のご無事を心よりお祈り申し上げます。


何年かがっでもかんまねがら、とーほぐの底力見せてやっぺ!(`;ω;´)ノシ


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン お借りしました。やってます(´;ω;)
0311トラックバック(0)  コメント(0)
2011'03.10.Thu

お嬢様がチャーミングになって地上波に

110310_191937.jpg
/お嬢様やりましたね!\

「ファイアボール」新シリーズとして去年冬から発表されていた「ファイアボール チャーミング」の放映スケジュールがついに決定!(*´∀`)

ドロッセルお嬢様とゲデヒトニスの日常を描いた、フルHDフォーマットにてお送りする2分間の短編ギャグアニメーションでございます。
私も馬鹿にして見てなかったんですが、「すぐ終わるから見て!」って見せられたらシュールでCGキレイでお嬢様可愛くてハマりました。


で、既に発表されていた2局に加え新たに放送局が2局増え、計4局で「ファイアボール チャーミング」を楽しめますっていう!

[放映スケジュール]
4/4(月) 毎週月曜19:28~ TOKYO MX
4/6(水) 毎週水曜15:55~ サンテレビ
4/7(木) 毎週木曜19:55~ BSジャパン
4/8(金) 毎週金曜18:25~・23:25~ ディズニー・チャンネル


TOKYO MXの4/4放映を皮切りに、全13話が順次放送されます。
2分っていうこともあって、中途半端な時間から始まるから要注意ですな(特にTOKYO MX)

つべの中に「ファイアボール チャーミングチャンネル」第一弾TVCMもうpされています。
お嬢様随分下半身がご立派になられて…通常の「ファイアーボール」はキュートでシャープ、「チャーミング」はがっしりしててスタイリッシュってカンジかな。CGの美麗さは相変わらずの一言です。


◆「ファイアーボール」公式 http://www.disneychannel.jp/dc/program/anime/fireball/fireball.html(※音声注意)
◆「ファイアボール チャーミング」公式 http://www.disneychannel.jp/dc/program/anime/fireball/







にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン やってます/(・ω・)\
アニメ関連トラックバック(0)  コメント(0)
2011'03.07.Mon

ぴぎゃあ

そりゃ思わず普段描かない絵も描くわ

0307.jpg
※布団の上でのノート使用は危険です


昨日の深夜(今日ですな)、ブログ上げようとログインして何気なくカウンターを見てみたらえっらい回っていたので、なんぞ!?と確認してみたら、『SQ公式twitter』さんに昨日の記事について触れて頂いてたんですな。
ついったとか全然しないもんで、むしろ「流れに乗ってアカだけでも取るべきなのか」と悩んでいたくらいのところだったので気付きもしませんで…(;´∀`)
辿っていって該当ついーと見て、心臓バクバク言ってました…:D| ̄|_
しかも鬼チーフさんにまで見て頂けてるだなんて…(間接的な見聞ですが):D| ̄|_

wwwに乗せて発信しているのは意識しているのですが、ここに関しては好き放題垂れ流しで、交流や反応はほぼ皆無という位置づけであったので、自分が「好きだ」と発信したものがそのお膝元様に届いてブーメランになって帰ってきたということはすごく衝撃的なことだったワケです…
「大袈裟だよ」とも思われると思いますが、…ビックリしたんだよぅ…:D| ̄|_<それくらいすきなんだよ

改めて呟いて下さった常駐スタッフさん、鬼チーフさん、ご覧になって下さった方々、有難うございました!
そして一刻も早く現物を買いに行ってきます!w(ノ´∀`*)

それに付随して、『Luvits!』内の『ロールプレイングインタビュー「More SQ」』が本日更新、『Chill SQ』でジャケットモデルを務めた聖(kiyo)さんのインタビューがうpされております、と!(・ω・)ノ

◆ロールプレイングレビュー Vol.5:『More SQ』聖(kiyo) 氏 http://luvits.jp/column/squeni/12461/

普通のガチタトゥーのモデルさんだと思ってましたが、途中からはホントのスタッフさんとして参加されてるんですね。
ただ仕事や業務として一つの作品を作り上げるのではなく、思い出だったり縁だったり、そういった人間味を大事にした熱い企画だからこそ、今回の『More SQ』は渦というか大きな波になっているのだと思います。


そんな本日の自己満足雑記でした!(*´ω`)ノ







にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってますヽ(*´∀`)ノ
ゲ音関係トラックバック(0)  コメント(0)
2011'03.06.Sun

【More SQ】そして伝説へ…【全3部作終幕】

もっと早く触れるつもりがひな祭りも過ぎちゃったい(*´∀`)ゞ

以前触れた『MoreSQ』(音が出るよ)、先日ついに発売になりました。
まだ購入は出来てないんですが(;´∀`)、商品を取り巻くみんなの熱い気持ちがかなり涙腺を揺るがしたのでメモメモ。

いつの間にか公式も新しくなって、吉田氏の限定ジャケットイラストでお出迎え。
全13曲の視聴が出来るようになっていることも注目の一つなんですが、個人的には「Special」の企画などなどがたまりません。
そのうち、ワクドキした記事を2件ご紹介。

まぁここを見て下さってるような方は、既にご存知で目を通してらっしゃると思うんですが…(・ω・)
「今更かよ」と言われるのを承知で!ついったとかしてないからいちいち情報が遅いんだよ!w

まず『Luvits!』内の『ロールプレイングインタビュー「More SQ」』
「SQ」シリーズの企画者さんである『鬼チーフ』氏、アートディレクターの丸橋氏、実際に参加したRE:NDZ氏やIdiot Pop氏など、こちらは「作品に携わった人からの裏話・制作秘話」を中心に、3/6現在この4名の方のインタビュー記事が掲載されています。
アーティストのお二人は、畑違いだけれど、どこかで馴染みのある「ゲーム音楽」をどのような経緯・気持ち・技術でアレンジしてくれたのか
一方CDを「製作する側」のお二人に対してのインタビューは、とても現場意識の強い回答で読み応えがありました。

次に『ナタリー』内の『「More SQ」webインタビュー』
こちらは今作品に参加した→Pia-no-jaC←JABBERLOOP、計5名による対談。
終始ゲームとゲーム音楽について熱く語っていて、その内容はアーティストさんとは思えないほど、知識も幼少時の思い出も濃い白熱したトーク。(勿論製作秘話等も含まれてます)自分も混ざって話を聞いているような気分になります。
主観的なアレですが、ただ依頼されて制作したのではなく、色んな思い入れがあって試行錯誤の末作り上げた作品だと知れたのが一番嬉しかったです。そのあたりは↑の鬼チーフ氏の話にも出てくるんですけどね。
HIROさんが「カホンに天野絵描いてほしい」って言ってたのが笑いました。

インタビューのラストにもあるんですが、先日下北VVで行われたライブ映像。


【→Pia-no-jaC←】「More SQ: クロノ・トリガー 風の憧憬」 from V.V.ROCKS!

公式にはデデさんの「悠久の風」もあります。下北VVにこんな広いとこあるんだ…( ・ω・)
箱の小ささの割に撮り方が上手くてすっごい臨場感があります。BGMにするつもりが釘付けだったよ。

そして、「アカウントは残すけど更新は止まる」と明言されている『SQ 公式twitter』
とある深夜に降臨した鬼チーフ氏のツイート。

『思い出したことがあるかい  子供の頃を
その感触  そのときの言葉  そのときの気持ち
大人になっていくにつれ  何かを残して何かを捨てていくのだろう
時間は待ってはくれない 握りしめても 開いたと同時に離れていく

そして…』


この公式アカウントで、鬼チーフ氏がこだわって何度か呟いていた某セリフですが、上記の記事を読んで、「More SQ」に携わった人たちの拘り、想いや信念を知った後に改めて目にしたら涙が出ました。
内容の感想は近くのVVで買って来たらまたきちんと改めて。

まだ何か予定されている感も醸し出されていますが、一区切りとして。スタッフの皆様方、本当にお疲れ様でした!(*´∀`)人


最後に、タワレコさんで発売イベントとして→Pia-no-jaC←JABBERLOOPによるミニライブが3/8(火)に行われるそうです。
タワレコ購入者先着特典だそうなんで…行かれる方は楽しんできて下さいね?(*´∇`)ノ


[過去記事]
【出ると】More SQ【思ってたんだよ】
【栗コーダーって】MoreSQ買うしかない【聞いちゃったら】







にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
スクエニ系(アレンジ)トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。