--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'11.30.Tue

【秋葉原に】ミュージックファ(ry特別篇【みんなのネ申降臨】

「菊田裕樹のゲームミュージックファクトリー特別篇」12月4日秋葉原A-Buttonにて開催決定!
ゲストは元スクウェアの伊藤賢治氏!


…だと……?Σ(゚Д゚;)



無駄に中文字にしてしまいました。
情報自体は数日前から知っていたのですが、なんだか色々想像するだに脳がゆわんゆわんしてまともに考えられず…
「ゲームミュージックファクトリー」自体は、菊さんが毎月企画しているゲーム音楽を語る飲み会、みたいな催しですね。
自分は恥ずかしくて一度も足を運んだことはないですが(;´Д`)、行かれる方はどうぞお気をつけて…

因みに今回はゲストがゲストなだけに、開始時間が通常夜半からのところ、午後イチからといつもより早めな模様です。
詳しくは菊さんの公式をご参照のこと。

Angel's Fear http://hirokikikuta.com/
菊田氏twitter http://twitter.com/Hiroki_Kikuta/


菊さんと言えば、ゲ音団で冬コミ頒布予定の『GEONDAN レアトラックス2』のPV視聴が始まったようでございます。
12/31かぁ…実家帰ってそうだな…どうしたもんか悩みどこです(・ω・)

前回は頒布場所が2箇所だったのでそんなに心配してなかったんですが、今回は1箇所のみ、しかもレアトラックス以外のCD(みりんちゃんと岡さん)も販売するということなので混雑がとにかく心配です…(´ε`;)人におつかい頼むにしても!
(※前回2箇所の頒布場所でも混雑は相当なものだったと聞いております(・∀・)(まず周囲(東方)が)

どちらも行かれる方は体調管理や混雑にお気を付けて~(*´∀`)ノシ


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(・ω・)
スポンサーサイト
菊田裕樹トラックバック(0)  コメント(0)
2010'11.26.Fri

【今更ですけど】「おとや」第三回いろいろ感想・2

さて、11/20(土)18時~21時(予定)~23時にニコ生で放送された「おとや」第3回~光と影のANGEL~のはなし。(その2)

前回(「おとや」第三回いろいろ感想・1)では、自分の中ではほぼメインであった、今回のゲスト菊さん(菊田裕樹氏)の音楽制作についてのアレコレまで書き記したので、今回はそれ以降をダイジェスト的なカンジで!ヽ(*´∀`)ノ


--------------------------

KORGの販促、岡宮さん()・佐野さん・()・光田さん()が80年代スーツを羽織ってDS並べて三人で合奏
・下村さんが霜月さんを紹介、『ラジアントヒストリア』テーマ曲の『-HISTORIA-』を生ライブ
『MHP3rd』発売を控えてののプロモーション、「鷹の爪」とのコラボ企画PV紹介
・『英雄の証』レコーディング日本ver.とチェコver.を聴き比べ
・PSMoveプロモーションコーナーは『無限回廊 光と影の箱』『Beat Sketch!』の二本立て
・最後にまた菊田先生が戻ってきて軽い音楽理論
・恒例の光吉ライブは「バーニングレンジャー」「赤ちゃんはどこからくるの?」



……かな?(・∀・)
いや~長かった。他にも弊社(セガ@光吉氏)の『歴史大戦ゲッテンカ』紹介、てくのうちさんがプロデュースした未鈴ちゃんを連れてきたりしてました。


いろんな宣伝部分が多かった中で、「わー(*´∀`)」と思ったのは、
「『英雄の証』聴き比べ」「『無限回廊 光と影の箱』の出来」でしょうか。

『英雄の証』は最早説明の必要もない、MH知らない私でさえ知っているMHのメインテーマ曲ですが、それをMHP3rd制作に当たって中欧はチェコ・プラハで録音をしましたと。
わざわざチェコでの録音をする理由としては、外国の人の方が肺活量があるので、金管等の響き方が顕著なんですって。ガタイが違うのがそこにも現れるんですね。音圧や録音環境等も違うんでしょうし、一概には言えないでしょうが、面白いですなー( ´∀`)
日本ver.はまとまっていてガツンと来るカンジ、チェコver.は重厚なのにクリアなカンジでした。ビール風に言ってみました。

他にも発売前ゲーム中曲がBGMとして色々流れてましたが、荘厳だったり牧歌だったり、定番のファンタジーな中に和風な曲調が加わっていて、和洋折衷・不思議な民族音楽みたいに仕上がっていてステキでした(*´∀`)
それから「効果音や動物(獣)の鳴き声の録音方法」も映像で紹介してくれてましたが、それはまるでアニマルプ●ネットのようでした…(;´∀`)


◆そして『無限回廊 光と影の箱』。坂本さんが曲担当ということで少し長めにプロモーションしてくれましたが、これは言葉で説明するのが難しい。PV見て頂いた方が伝わるかと思います(´ε`;)



PS3無限回廊 光と影の箱 プロモーション映像

『影を操って人形をゴールへ導く』と…パズルゲーム、と一言で括るにはワケの分からない、アクション要素も強いゲームです…。まさに現代の次世代機だからこそ生まれる、斬新で想像力豊かなゲームでしょうな。
そんな不思議な雰囲気のゲームに合わせて、少ない音数(弦楽四重奏+ピアノ)で表情少なめに1曲75:07という…鬼畜の所業…!!(;゚Д゚)

いや、音楽自体はすごく良かったです。坂本さんすごくいい仕事です。小節を人生に例えたりしてました…(笑)
しかし鬼のワントラックなので、トラック毎で飛ばしたりチョイスしたり出来ないのはキツイですけど…(;´∀`)


◆最後にまたレギュラー陣と菊田先生+てくのうちさんが戻ってきて、若干の質問コーナーがあって

『得意な調・不得意な調はありますか』
・菊田先生曰く、楽器によって得意な調ってあると思う
・手癖は大きい
・坂本さんはAが好き
・光田さんは黒鍵が多い
・女性陣はシャープ系

・佐野さんは天才型なので全然わかんない


その他にも「急に『調を変えて』と注文が来ると困る」「みんな各個人の秘密の方法や技術があるんだねぇ」という音楽話でわちゃわちゃ盛り上がってました。
締めはものすごく専門的、まさに看板通りの『おとや』でした(*´∀`)



【ニコ生『「おとや」第3回~光と影のANGEL~』生歌部分2】

光吉さんの声は場所も時間も選びません。
原稿の追い込みに超元気出たよ…!(ノД`)


--------------------------


まとめとしては、とんでもなく長丁場でしたがすっごくさのやでしたヽ(・∀・ )ノ

楽しかったなぁ。次はまた3ヵ月後くらいなのかしら(・ω・)







にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(・ω・)
動画トラックバック(0)  コメント(0)
2010'11.25.Thu

【今更ですけど】「おとや」第三回いろいろ感想・1

がっつり寒くなって、夏の頃は「どんな冷却グッズを買ったもんか」と悩んでいたノパソで暖を取るようになりました。

ニコ生でタイムシフト予約してましたが、リアルで見られたので見てました。
ってか何故か15日だと勘違いしてましたが、20日でした。……なんで?(・∀・)


「おとや」第3回~光と影のANGEL~
(「おとや」‥ゲーム作曲家さんによるライブ+トーク番組inニコ生。
メイン司会はノイジークローク坂本氏+光吉さん、コメンテーターというかレギュラーに佐野さん・光田さん・なるけさん・下村(クマ)さん。)

『光と影のANGEL』ってのはみっちゃん(光田氏)のことですよね出オチですよねわかります。
「おとや」も第3回、ってかまだ3回目なんですね。もう5回目くらいだと思ってました。
20日(土)、18時~21時までの予定で、自分もそのつもりで見てたんですが結果終了時刻は23時。

原稿しながら見てたので、PC前から離れずに全部見てられたんですが、…長かった…(;´∀`)
適当感想ですが、5時間の放送中に覚えてることいろいろ。

--------------------------

◆アタマのゲストは菊さん(菊田裕樹氏)
出オチな気がしますが、正直菊さんが喋っている部分が一番タメになって面白かったです(・ω・)

『どんな曲の作り方をしているんですか』的なリスナーからの質問メールに対して、
・リフ(コード進行)から作っている
・ライブ感を大事にしている
・4度と5度と中心にして3度を抜く
・「子午線の祀り」は戯曲の題名で、源平の壇ノ浦の戦いをイメージした曲である


的な。ことを、確か言ってました(*´∀`)
こう書き出してみると良くわかんないッスけど…4度5度の件は、専門知識はないのに分かりやすくて、すごく楽しめました。
「子午線~」は、『曲のタイトルを本や漫画のような作品から良く拝借してますよね』というメールから広がった話でした。
その話は知ってましたが、戯曲(舞台)だと思わなかったなぁ。「子午線~」でググれば、曲のことよりも戯曲の方が多くヒットするんですけどね。
そう言われて聞いて見ると、壇ノ浦の、空の色が変わっていく海原を背に闘う源平な雰囲気に聞こえるから不思議なものです…。

それから、当時(SFC時代)スクエニでは、ゲーム音楽は映画音楽のような作り方をしていたと。イベントがあればそこに盛り上がるような音楽を当てはめる、みたいなカンジですな。
加えて、ゲーム音楽は長時間流れるものなので『聞こえなくなる』ような曲作りを目指した、とか(このあたりは『2083WEB』さんの特集対談記事でも似たようなことを仰ってましたね)。
その中でも、例えばボスと戦うときに、「何か変わったことが起こりそうな気がする」というようなイントロで導いてあげたり、「さあ、ここから形勢逆転だ!」というプレイヤーの勢いづけのために曲調を変えたり、というような手法を取っていた、ということも言ってました(これは「危機」に関しての作成秘話だっけかな)

そんな感じで、本格的な『音楽の作り方』の話も含め、個人的にここいらの話はすっごく面白かったです。
大好きな割に、生で喋っている菊さんの姿って見たことなくて、ブログや記事で見るイメージだけだったんですけども、あの論理的な、ともすれば堅苦しい精密な文章を書く人とはとても思えない柔和な喋りの人でした。
専門的な話は分かりやすいし、だからといって咀嚼しすぎなワケではないし、かといって後ろに控えるひな壇芸人の佐野さんと話が合わないワケではないしw、ある意味そこだけで大満足な前半部分でした。ますます好きになりました。有難うございます。


そこからはTECHNOuchiさんが来て、菊さんと二人で『ゲ音団』の話を。
「一回やってるけど、Ustreamっていうか、ニコ生みたいなことやるよ~」って話になって、運営さんショボーン(´・ω・`)

--------------------------


このあたりで前半戦(というか1/5戦)終了でした。場面転換ヽ(・∀・ )ノ

因みに今回は手前に坂本さん・光吉さんのメイン司会を据えて、その後ろに一段高いひな壇作家さんとして下手から光田さん・下村さん(本人)・なるけさん・佐野さんを配置しての5時間でした。
たまーに女子高ノリというかOLの給湯室ノリになる下村・なるけペアがすごく可愛かったです。
相変わらずのテンションな佐野さん、そして何かと一人暗黒面に落ちていく闇田さん(お約束)。


さて、後半(2/5~)はほぼ宣伝合戦なんですがw、覚えているようなとこをちょこちょこっと書き残しておきます。
長くなったので一先ず二分割ですヽ(・∀・ )ノ



 



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(・ω・)
動画トラックバック(0)  コメント(0)
2010'11.13.Sat

[もう団子は]【第十一話「毒刀・鍍」】[食べられない]

この一ヶ月の間にあったことと言えば、電車でドア口に立ったとき、向かいに立った大学生のお兄ちゃんが携帯いじくってんなぁ(´・ω・)ってチラリと手元を見遣ったらトランプ(裸)で
そのマジック御用達のトランプを駅に着くまでずーっと扇型に開いたり上から滝みたいにしゃあぁって切ったり、右から左にウェーブみたいにするシャッフルのヤツを掌の上でやってたりするもんでそれが面白くて面白くて
「絶対これは俺を笑かしにかかってる!そうじゃなきゃ電車の中で無造作にトランプいじるなんて駆け出しのマジシャンだってしねぇ!!」と思って必死に笑いを堪えていざ自分の駅に着いたら、新人マジシャン(仮)も降車して「…トランプ邪魔でpasmo出せなかったりしないのかなぁ」とか心配しちゃったことくらいですかね。今月も平和でした。

長い。今日「おねがいラン(ry」でやってたローソンのティラミス食べたけど、噂に違わず美味しかったです。
というワケで今月もやって参りましたお楽しみ。昨日一昨日アニスペでゆかりん見たばっかりなのにぃ(*´∀`)


~第十一話 「毒刀・鍍(ドクトウ・メッキ)」~
※ネタバレ満載ですので、バレNGな方はご自衛下さい/(´・x・`)\


【あらすじ】
奥州陸奥から尾張へと戻る途中、とがめと七花、二人の目の前に現れたのは瀕死の重傷を負った真庭人鳥であった。
人鳥によれば、頭領である真庭鳳凰が「毒刀・鍍」を手に入れ、その力によって乱心し伊賀の新・真庭の里へと向かったという。
それを追うとがめと七花を伊賀で待っていたのは、毒の力で四季崎記紀に身体を乗っ取られた真庭鳳凰であった…



というワケで、十話のラストでは死にかけのペソギソちゃんで「ペソギソおぉぉ。゚(゚´Д`゚)゚。」
ってなりましたが、今回は少し元気なペソギソちゃんも見られます。
あのペンギン型の帽子?フード?の垂れ耳んとこ持ってんのカワイイね(*´ω`*)

「アレ被り物だ(ry」
と、いつものお団子シーン、とがめちゃんのお宿での薄い紅の着物も可愛かったですね。

「この旅が終わったら改めて旅をしてもいいかもしれんな」
「そなたといる時の安らぎが私には必要なのだ」
「私の腹心になってもらいたい」

刀語には珍しい、すごく感傷的になれる現代風BGMも相俟って、このあたりのとがめちゃんの抜きん出た可愛い仕草や表情、ものすごい七とが感が、この第十一話ラストに起こる壮絶な一件との対比になっていて、2回目見るととても切ないです。

とまぁ、イチャイチャ通常運転も含めほがらかタイムはこのあたりまで。
さすがクライマックスドス黒いカンジでサクサク進んでいきます。


まずはえもんざえも(ryさんVSペソギソちゃん。
『運に寵愛されて』攻撃を無効化し、一見ペソギソ優勢に見える一戦ですが、流石年の功えもんざえ(ry、その忍術を普通に片手にとって形勢逆転。
今までがそうであったように、最後まで冷静に任務を遂行するえもんざ(ry、ペソギソちゃんの散り際は若干目を背けたくなるので、これから見る苦手な人は注意。

新・真庭の里で待ち受けるVS鳳凰(四季崎?)戦は、多分四季崎っぽい人のご高説の方が長めで、バトルの方は意外とあっさり終わります。
「俺占い師なんだよね」「予知能力があるんでそれで変体刀を作ったんだよね」みたいなSFなことを仰ってました。森さんのヘラヘラ四季崎声格好良かったです。


そして「毒刀・鍍」を手に入れた二人は一路最後の変体刀「炎刀・銃」、その所有者、更にその主が待つ尾張へ。

城下を見下ろす高台の神社で二人、最後の七とがタイム。
その空気を裂くように現れる「炎刀・銃」の所有者、左右田右衛門左衛門。
主君・否定姫に会う前の前哨戦かと話し合いの場を設けるとがめであったが、そこに「炎刀・銃」、二丁の銃口が光る…



そのまま、いつものように池田さんの『今月今宵のお楽しみはこれまでにございます』『次回、完結』で物語は綴じられ、いつものようにエンディングへ。
分かってはいた流れですが、ちょっと呆然としちゃって動けませんでした。

EDは飛蘭さんの「亡霊達よ野望の果てに眠れ」でした。
流石ラスト二話、クライマックスということでOPになってもおかしくないような、疾走感がありながらも叙情的で繊細なロックナンバー。

しっとりしたEDではなく、余韻から押し出してくれるような強めの曲で良かったような、飛蘭さんの強すぎない張りのある声がその凍りつく残響へと誘うような、なんとも言えない時間帯でした。




<--バレここまで!-->


さて、第十一話の今後の放送予定は
毎日放送:2010年11月17日(水)26時30分~
BSフジ:2010年11月27日(土)25時00分~

です。押し迫って参りました。


ついに次回最終回第十二話、フジでの放送予定日は12月10日(金)25:35~
1年本当に早いです。
どのような演出で、どのような1年の締め括り・集大成を見せてくれるのか、楽しみにしています(・ω・)







にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
刀語トラックバック(0)  コメント(0)
2010'11.10.Wed

アニスペ見ながら『More SQ』追加情報のはなし

新世紀アニソンSP見ながら書いてます(・∀・)

atsuko姐さんは相変わらずいいパフォーマンスだしMay'nちゃんはいい太腿だなぁ…(そこなのか)
『オベリスク』は菅野歌曲の中でも神曲の部類に入る曲だと思うんですが、本人が歌っても表現に限界があるのだなぁと分かったのが深かったです。あのMay'nちゃんなのに。ナマで聞くとまた違うんだろうな…聞きたい…(・ω・;)


さて、『サガ3sol』のサントラ発売が来年1/12に発売決定、と、『サガ バトル楽曲集』も来年元旦1/1に発売、ということで。

『サガ3sol』(音が鳴るよ)は、トップページからイトケンさんアレンジの『戦!』が聞けてとってもお得感。
こんないい調子で『神戦』とかどうなっちゃうんだろうねぇと今から楽しみです(*´∀`)

『サガ バトル楽曲集』(音が鳴るよ)は、「『サガ』と名の付くサガゲームのバトル音楽を全て集めた一枚」ってことらしいんですが(GBサガ?ミンサガまで)、何曲入ってるのか、本当にサガバトルを全て網羅してるのかわかりませんが、でもそれで2,000円て…安価過ぎないかしら…(´ε`;)

あと…ホントにサガバトル曲が好きでやまない人の大部分は、既に自作済だと思うんですがどうでしょう?(・∀・)

スクエニ様がっついてきてるよーイイヨイイヨーщ(゚∀゚щ)


そして

『More SQ』参加メンバーに→Pia-no-jaC← キタコレ……!!!Σ(´∀`;)
これで勝つるってヤツぁ…!!なんであんま好きじゃないのに言ったの!(・ω・)
今日夜のニュースで、日本シリーズのなんかの時に後ろに『台風』流れてたんだよ!なんかご縁があると思ったんだよーーーーーーー!
しかも「風の憧憬」!どうなっちゃうの…!「風の憧憬」はみんな好きだから色んなアレンジ聞くけど、→Pia-no-jaC←が演るってなるとどうなっちゃうんだろう…ホントに今からドキドキです。

相当嬉しいみたいです。



→Pia-no-jaC←「台風」


今大阪の友達とついーとしながら書いてたら、アニソンSP1時間近く時差があるんですね…
「ゆかりん!今ゆかりんだよ!/(´・x・`)\」って言ったら「まだや」って…そうか…(・ω・)






にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
SaGaトラックバック(0)  コメント(0)
2010'11.06.Sat

【お前だったのか】ベンヤミンさん、上陸【まったく気付かなかった】

アマゾソでやたらオススメされるなぁと思っていた

植松伸夫作品集~ファイナルファンタジー/ロストオデッセイ/ブルードラゴン~ベンヤミン・ヌス植松伸夫作品集~ファイナルファンタジー/ロストオデッセイ/ブルードラゴン~ベンヤミン・ヌス

(2010/10/27)

ベンヤミン・ヌス



コレ。(σ・∀・)σ

こないだの『Symphonic Legends』、中盤で「『ノビヨーウエマツー』メドレーがあった…っ!(・∀・;)」書いたんですが、アレはおそらくベンヤミーン氏の番宣的なアレだったんでしょうか。どうなんでしょうか。


ファミ通にあった、ノビヨ師匠とベンヤミン氏の対談が面白かったです(・ω・)
◆ファミ通.com http://www.famitsu.com/news/201011/04035393.html

海外の若手実力派クラシックピアニストがすごく好意的にゲーム音楽を評してくれているのがたまらなく胸熱です。
好意的っていうか普通に我々と同じノビヨ師匠ヲタなんだと思うんですが(笑)、なんか、そういう時代、いいですよねぇ(*´∀`*)



Nobuo Uematsu, Benyamin Nuss, Final Fantasy 6, Terra´s theme

数ヶ月前に初めて聞いて「なんかスゴイのktkrΣ(゚∀゚ノ)ノ」と思った一曲。
「テラのテーマ」とありますが、正真正銘「ティナのテーマ」です。


そして明日明後日は、そんなベンヤミ~ン氏日本でのお披露目も含め待望の『Distant Worlds』
色々あって行けないんですが、参加される方はどうぞ楽しんできて下さい!( ;∀;)ノシ うぅ~いいなぁ!
ベンヤミーン氏もいいけど、ナマノビヨ師匠やナマ浜渦さんもいいなぁ!CD待ちじゃい!(・∀・)







にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他ゲーム音楽トラックバック(0)  コメント(0)
2010'11.05.Fri

【出ると】More SQ【思ってたんだよ】

スクエニのTGS公式を見ていたときにみつけた『More SQ』の文字。
『Love SQ』『Chill SQ』ときて『More SQ』ですか…そんな手には乗りませんよ…!」
と、某中尾さんぽく思っていたのが9月頃。まさかホントに出るとは思いませんでした。

現時点では発売日価格等々未定ですが、公式ついったーやデモ曲配信等は活発にしてくれてるようなので、そこをちょいちょい追いかけるのは楽しいかも。
アルバムジャケットを飾るのが、『ゲームに登場するキャラの衣装を現代風カジュアルにアレンジした格好、それを着たモデルさん』だそうで、ついぴくにその撮影の様子がうpされてますが、用意された色とりどりの衣装、アクセサリーの類、ンマー楽しそう。

notコスプレなので、いつもコスプレの方を見ている者としては若干物足りないカンジはしますが、「あのヒロインが、あのキャラが現代風だとこうなる!」っていうのを垣間見れるのは楽しいです(*´∀`)
でもそれを楽しめるのは女子の特権でしょうなぁ、多分。男性から見たら普通にコスプレでいいものね。


現在まで(11/5)で発表されている参加アーティストは、ふかわさんこと『ROCKETMAN』と、5人組クラブジャズバンド『JABBERLOOP』

後者の『JABBERLOOP』さんは、視聴した限りでは先日触れた、「ソノダバンド」と雰囲気パッと見似てるのに、弦を管に変えるとこうなるのか、というカンジです。普通にカッコイイ勢いあるジャズバンドです。

どの曲がどんなラインナップでどんなカンジでアレンジされてどうなるのか?、はこれからの発表のようですが、…楽しみなような、小出しにされている情報をちょいちょい見る限り何だか複雑なような…(;´∀`)

『Love』『Chill』に続いてどういう方向で挑むのかはちょっとwktkです。


『SQ MUSIC』公式サイト http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/sq/
sq_staff 公式アカウント http://twitter.com/sq_staff





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
スクエニ系(アレンジ)トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。