--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'09.24.Fri

『gentle echo meeting2』押して参る・3(完)

…思ったより長くなっちゃった(´∀`*)ので三分割。これでラストです。

アンコール前と、「終わりなき愛」が終わった本当のラストの時にイトケンさんが右掌を胸に当てる仕草を何回かしていて
私はおよそ一年前に見た『田中公平30周年記念コンサート』の時の公平氏を思い出していました。
公平氏は拳を作って、それを何度も胸に押し当ててたんですよね。表情もそうでしたが、その姿がすごく力強くてですね。客席への感謝の気持ちと、ラストになってなおパワーを与えてくれる、圧倒的な存在感を感じました。

イトケンさんのそれは本当に穏やかで、感謝の情がただただ溢れてくる印象。
感触こそ違いますが、「〇周年」という記念すべき年を重ねる第一線の表現者さんの纏うオーラというのは通じるものがあるのかな、と感じた瞬間でありました。余談失礼ヽ(*´∀`)ノ



さてここからは四方山話。
客層はちょっと意味不明なカンジで、いかにも「イトケン(ゲーム音楽)ファンです!」ってオーラの男性から、「何故 ここへ」というようなお綺麗な女性から、ちっとも偏っておらず幅広いカンジで盛況でした。女性が多かったのは意外でした(・ω・)
綺麗なお嬢さんがお友達同士で、というのも沢山いらっしゃったし、お一人様で、という方も見受けられました。
5~6人の男女混合グループが多いのはこれ系ではどこも一緒ですね(´ε`;)
自分は一人ぼっちだったのでサッと来てサッと帰りました…さ、淋しくなんかないんだからっ(・ω・)乙

銀座ブロッサム自体も座席900の箱の割には大きく見えて、綺麗だし音響設備もすごく良かったです。イスもふかふかだったー(*´∀`*)
前から5列目の下手側だったので、終始ナマイトケンさんを凝視することが出来ました。ピアノを弾きながらちょいちょい指揮するのが意外でステキでした。

「熱情の律動」の時にフラメンコ調手拍子をしていたおにいちゃんが結構ノリが良くて、ところどころ歓声を上げたいのを隣で我慢してました(・∀・)わかる!わかるよー!
川島さんも「皆さん大人しくて」と仰ってましたが確かにそうで、≠盛り上がってないではなくて、…「大人しい」という単語が一番しっくり来る雰囲気だったように感じます。
確かにアットホームで温もりのあるコンサートではあったんですが、バトルバトルしたセットリストや、ベタなセットリストを期待した方にとっては消化不良な部分もあったかもしれませんな。

個人的には、やっぱりあの「邪聖の旋律」がナマで聴けたこと、日本最高峰の川島さんのスキャットや、独特なタッチのイトケンピアノがナマで聴けたこと、何より初めてのナマイトケンさんだったワケで、それだけで大満足な2時間半でありました!(*´ω`*)

「興奮冷めやらぬ」
というよりは、「後からじわじわくる」コンサートでした。
とっても充実した時間でした。良質な音楽をご馳走様でした!!(*´∀`)人



強いて言うなら…
物販はきちんと事前告知したほうが…いいと思う…w(・∀・)<エコバッグがほしいー


最後に、ロビーにあったお花さんたちその2

100923_183849.jpg

河津神からの花…っ!Σ(´∀`;)
近くに寄ってみますと

100923_2.jpg

これね

100923_1.jpg

凝ってました!!!
これスゲー可愛かったです(*´∀`)


いやぁ長々と失礼しました+有難うございました。
アンケートもびっしり書いて来ました。次回、また違う曲目が違った雰囲気や編成や、いっそこのままでも!聴けるといいな(・ω・)


そして、これ書きながら聞いてた『Symphonic Legends』……
感想はまた改めて配信済みのものでも鑑賞しつつ書きますが、自分が聞けたのは「メトロイドメドレー」の途中からだったんですが、…1部と2部の間にあったよね!?「ノブオウエマツメドレー」……!!Σ(゚Д゚;)

正しくはまさかのノビヨ師匠コーナーなんですが…聞き取れない英会話の中に「ノビョーウエマツー」って何度も繰り返すからまさか!と思ったら案の定でした。

多分ノビヨ師匠好きな著名なピアニストの方がいらっしゃって(ということは多分Benyamin Nussさん)、『FF8(多分)のなんか』『蛇の道』(FF6)・『ティナのテーマ』3曲を弾いたんだと思うんですが…他動画は上がってるんですがこの「ノビョーウエマツー」コーナーだけは未だ上がってない…っ(`Д´;)

うおぉ気になる!あの『蛇の道』もっかい聴きたい!!
大一番の『ゼルダメドレー』も素晴らしかったですが(客席の盛り上がり異常でしたw)、マリギャラで「ウィンドガーデン」が流れたときは鳥肌立ちました。アンコールも良かったなぁ。

いや忙しい1日でした。皆さんお疲れ様でした(`・ω・´)ゞ


 その1>> 『gentle echo meeting2』押して参る・1
 その2>> 『gentle echo meeting2』押して参る・2



blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ やってます。
スポンサーサイト
公式様トラックバック(0)  コメント(2)
2010'09.24.Fri

『gentle echo meeting2』押して参る・2

前回の続き。セットリスト完全版は前回参照にて(・∀・)


=======================================

■ウィザードリィルネサンスより「Memento mori」
□おおかみかくし「夕時雨」 作詞の森さん、声優(歌)の伊瀬さんからお祝いコメント
■おおかみかくしより「夕時雨」
■TBSラジオ ニュース探究ラジオDigエンディングテーマ「Starlight Melodies」

(サポートメンバー再び登場)
■新約 聖剣伝説より「戦闘2~勇気と誇りを胸に~」
■ロマンシング サガ ~ミンストレルソング~より「熱情の律動」

~アンコール~
■志方あきこ Istoria ~musa~より「IX Polymnia - ポリュムニア」

(川島さん再び登場)
■聖剣伝説4より「終わりなき愛」

=======================================


ここからしばらくは完全イトケンさんピアノソロ、ちょっとした曲紹介をしてから演奏、のスタイルです。
初聴きも多かったんですが、「Memento mori」は、重厚で陰りのある鈍い美しさがイトケンさんにしては珍しいなぁと感じました。

それから、ここが良くわからんのですけど「夕時雨」と、事前に演奏予定曲として挙がっていた「Rain」は同じ曲なの違う曲なの(´・ω・`)
前半トークショーでもあったように、演奏前に作詞家さんと歌手の方と3人で録ったコメントを流すんですが、そのコメント終わりと同時に「夕時雨」が始まったのには痺れました+(0゚・∀・)
そういうベタな入り大好きです。スパッと決まってとっても綺麗でした。

イトケンさん得意分野の美しい系バラードが終わったところで、メンバー紹介と共にサポートメンバーが壇上に揃います。
「ラスト2曲は予想はついてるでしょうがバトル曲です。初っ端からバトルでは疲れちゃうからね」と言ってましたが、こちとらオールスタンディングで2時間まるっとバトル曲でも無問題ですwww演者さんはしんどいと思いますが(・∀・)

『イントロ付』新約の「戦闘2~勇気と誇りを胸に~」。カルテットの揃ったハーモニーがとても綺麗でした。
個人的にはブラスで聴いてみたい一曲ですが、弦だと小編成でも荘厳さと勇壮さが感じられていいですね。弦ズルイ。

そしてラストとなった「熱情の律動」
過去についったの方でも触れてましたが、太田さんが
「ねぇこれって『リズム』なの?俺ずっと『りつどう』って読んでた」
「いいんですよどっちでも」
「あとはアレでしょ、『ヘェーラロロォー♪』でしょ」
「ついったでも言ってましたけど、その時はちゃんと歌いながら言って下さいね^^」
と、演奏前に2人で鉄板コントしてたのが微笑ましかったです。

今まで入りはドラムの滝山さんがカウント取ってたんですが、「熱情の律動」に関してはイトケンさんがカウント取ってたような。個人的にはカワイイサプライズ。
流石にアンコール前最後の演奏、しかも「律動」ってことで俄然迫力が違いました。
「うたものギタリスト」太田さんのアコギが歌い鳴き、依田さんのヴァイオリンが岸川さんのアレを、声とは違った形でグイグイアプローチしてくる。
曲の中盤~終盤には、演者さん8人全てのソロパートがあり、イトケンさんはピアニカ(アンプ内蔵型)での参加でした。「ヘェーラロロォー」がスパニッシュ系なので、ああいうアコーディオン系の音色はイヤでも合いますね。
春頃、別のプロジェクトのために購入したものの立ち消えになったので、今回が初めての使用とのことでしたが、すごく演奏慣れてました(´∀`*)<いい音でしたー

「戦闘2」の時も中盤からそうだったんですが、「律動」の時もイトケンさんが鍵盤から一瞬手を離して、客席に向けて手拍子を煽るんですね。ほんのわずか、4拍だけなんですが、その流れがなんかすごく良かったです。
で、イトケンさんが促したのは4拍子なハズなんですが、隣のおにいちゃんがフラメンコ調で手拍子しだして
いやいいんですよ「律動」だし!手拍子すげー上手いし!合ってるし!!(笑)
しかしその複雑なフラメンコ調手拍子がちょっとツボに入ってしまい、自分の中では『少し面白い「熱情の律動」』になってしまいました(゚∀゚)


アンコールは志方さんに捧げたという「ポリュムニア」と、邪聖の時に一旦「ここでお別れです」と捌けたはずの川島さんが三度登場しての「終わりなき愛」
『「聖剣」で始まったので、「聖剣」で終わらねば』と締めたのが、20周年の重きを見ました。

ダブルアンコールはなく、万雷の拍手の後イトケンさんのみ再び壇上に登場。
手を合わせてお辞儀をしてそれっぽい仕草をしたので、「あれ、何か喋んの?」と一瞬止む拍手、特に何も喋らず上手へ去るイトケンさん、沸く会場…ヽ(・ω・)/<ズコー

…最後までアットホームなコンサートでした(´∀`*)
余談がもう1回だけ続きます!


 その1>> 『gentle echo meeting2』押して参る・1



blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ やってます。
公式様トラックバック(0)  コメント(0)
2010'09.24.Fri

『gentle echo meeting2』押して参る・1

そんなワケで、イトケンさん20周年記念コンサート、『gentle echo meeting 2』に行って来ました!ヾ(*´∀`*)ノ

「なにも今日降らなくたっていいだろうっていう秋雨の中行って参りました。
しかしこれを『Symphonic Legends』聞きながら書いてるって、すっげー贅沢な気するんですけどー(´∀`*)
※下書きは現在4:30~5:00amくらいです)
ライブ配信見られないのでWEBラジオの方で聞いてますが、なんかすげーです。
ホントに世界のこっちとこっちがゲーム音楽で繋がってるんですね、すげーです。

そちらはまた別の機会として、まずは『gentle echo meeting 2』の話を。


余裕持って行く予定だったはずが、銀座ブロッサム着いたのが17:30開演のところ17:25…www
いやー危なかったでした。予定通り17:30に開演、緞帳が上がっていきなり曲が始まります。

以下セットリスト、万一漏れ等あったらすんません|ω・`)


=======================================

■宇宙戦艦ヤマトより「序曲」

(サポートメンバー退場)
□イトケンと川島さんのトークコーナー(途中からギターの太田さんが加わっての3人対談)
□服部隆之氏と向谷実氏からのお祝いコメントin居酒屋

■聖剣伝説より「マナの使命」
■クロスゲート Power Up kit 3 ~天界の騎士と星詠の歌姫~より メインテーマ
■ロマンシング サガ ~ミンストレルソング~より「邪聖の旋律」

(川島さん・サポートメンバー退場、以下イトケンピアノソロ)
■ウィザードリィルネサンスより「Memento mori」
□おおかみかくし「夕時雨」 作詞の森さん、声優(歌)の伊瀬さんからお祝いコメント
■おおかみかくしより「夕時雨」
■TBSラジオ ニュース探究ラジオDigエンディングテーマ「Starlight Melodies」

(サポートメンバー再び登場)
■新約 聖剣伝説より「戦闘2~勇気と誇りを胸に~」
■ロマンシング サガ ~ミンストレルソング~より「熱情の律動」

~アンコール~
■志方あきこ Istoria ~musa~より「IX Polymnia - ポリュムニア」

(川島さん再び登場)
■聖剣伝説4より「終わりなき愛」

=======================================


「序曲」をやって、川島さんとのトークコーナーになった中で『イトケン氏と川島さんとの初めてのお仕事』っつーことで聖剣外伝の「想いは調べにのせて」、1991年版(多分)録音が流れました。川島さんの声若かったなー。
自分はヤマトはちょろっと聞いたことあるかな?くらいの世代で、どちらかというと川島さんの声は「聖闘士星矢」のスキャットで多く聞いた覚えがあるんですが、まさしくその頃の御声でした。
ガラスのように響く、透明感のある綺麗な声でした(無論今がないというワケではなく)。

トークコーナーは1時間弱。45~50分くらいだったんでしょうか。
なんといってもイトケンさん・川島さんのダブルだったので、どっかんどっかん笑いを取るというよりは、穏やかに話が進んでいくカンジ。
業界や当時の昔話、裏話が主だった気がします。途中から太田さん投入。穏やかな関西弁が程よいを与えてくれて、トークが和やかに進みます。

太田さんは音響関係の講師をやってるそうで、そこで「ゲーム音楽作曲家になりたい」と言う生徒さんが多い、という話をしてくれました。
『「ゲーム音楽作曲家」ってなんやねん、それだけ聞いて作ってればいいってことちゃうぞ、色んな音楽聞いて自分の懐を肥やしていかんと(意訳)』みたいなことを仰ってました。このトークコーナー中一番のウロコでした(笑)

自分も学生のとき、例に漏れず「ゲーム作曲家になりたい!」と思った時期があって、その時ちょうど部活のワークショップ的なもので、劇伴作曲家をやってる方に師事する機会があったんですわ。
高二病真っ盛りで、『~になるにはどうしたらいいんですか!』って尋ねた時にその方が仰ったのも、太田さんと同じ答えでした。「色んな音楽をたくさん聞きなさい」

その時は真に受けてなくて、ややスルーしてしまったけど今ならすごく良く分かります。
まぁ今「ゲーム作曲家になりたい!」とは夢にも思わないけれど、今になって罪滅ぼしのように色んな音楽を聞いてるのはそのせいですかね。余談ですけど(´∀`*)


それから先日の『三昧』や『題名のない音楽会』の話になって、「ゲーム音楽が市民権を得てきた」という流れの中で
伊藤氏「全国放送に植松さんが出てるんですよ、作務衣で
太田氏「あの人いっつも作務衣やもんなぁ」
的なカンジに突っ込んでたのが愛がこもっててすごく良かったです(笑)


さて、イトケンさん「今日は両親が来てるので余計なことは言わないで下さいw」と釘を刺しつつ(余計なこと=プライベート)、和やかな雰囲気でトークタイム終了。
御三方で捌けるのはいいんですが、川島さんから頂いた花束持って帰るの忘れないで下さいイトケンさんww


15分の休憩を挟んで、いよいよメインのライブコーナーへ。

「序曲」の時には、本当に「楽器としての声」という存在だった川島さんの声が、感情を持って届いてきたのが素晴らしかったです。
トークコーナーで「私は自分の事は歌手だと思っていない、『職人』だと思っている」と仰っていたんですが、なるほどこういうことなのかなと思いました。
「序曲」で聞いた声と、「邪聖の旋律」で聞いた声はまったく別の生き物でした。

その「邪聖の旋律」、演奏予定曲としてリストアップされた時には予想していなかった感動がありました。「邪聖」、こんなにいい曲だったんですね…まさか「邪聖」で泣かされるとは。
全体のアレンジ、スキャット、まとめて素晴らしかったんですが、個人的には吉池さんのベースがちょっと好き過ぎてそこばっかり聞いてました。あれ音源になったら低音だけ上げてずっと聞いてる。
一幕ではちょっとしたドレスだった川島さんが、第二幕ではカジュアルな服装で出て来られるんですが、その格好で、身体全体で楽しそうに「邪聖」を歌ってるのを見たときはちょっとキました。すっごい可愛かったです(*´∀`*)

終幕後ロビーに出た時、すれ違った男性が「邪聖」のメロディを口ずさんでいた時はもっとキました。
最後に「戦闘2」「熱情」を持ってきているにも関わらず「邪聖」を歌ってしまうって、それだけ印象深かったってことですよね。確かにすごかったですもの。


長くなってしまったので分割ヽ(・∀・ )ノ
次回はイトケンさんピアノソロから。


100923_183822.jpg
ロビーにあったお花さんたちその1。



blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ 続きはまた次回。
公式様トラックバック(0)  コメント(0)
2010'09.23.Thu

ザギンブロッサムから帰って来たなぅ

イトケンさんのコンサート『gentle echo meeting2』行ってきました?ヾ(*´∀`*)ノ
生憎の雨でしたが、お客さんもいっぱいの盛況でとても良い熱気でした。

きちんとした感想は明日また書きにきます。
ブロガーさんなのか、隣のお姉さんが逐一曲順だのなんだのメモってたから…聞けばよかったなーw

もうとにかく…とにかく『邪聖(の旋律)』がすごかった!!!
ロビーに出てすれ違ったお兄さんたちが邪聖のメロディを口ずさんでて「おぉΣ(´∀`)」ってなりました。
それくらい印象的な『邪聖』でした。
川島さんすっごく可愛かったです(´∀`*)


100923_183907~000

ロビーのお花にいた先生(*´∀`*)


blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ 続きはまた明日。
その他演奏会感想トラックバック(0)  コメント(0)
2010'09.22.Wed

アニソン歌手がアニソンをカバーするのはなし

最近アニソンのカバーも良く聞きますね。
外部の人がアニソンをカバーすることには基本そんなに興味がないんですが、アニソン歌手の人がアニソンをカバーすることにはものすごく興味があります。

最近アニソンとJ-POPの垣根もよくわかんなくなってきましたが、その垣根を理解してるアニソン歌手の人が歌う魂のこもったアニソンにはやはり力があります。

今回は作業中に放浪してて「おぉ」と思った数曲をポロリ。有名処ばっかりだけどね(・∀・)


※因みに
自分は『ゲーム音楽』に関しては完全に『原曲至上主義』ですが、『アニソン』に関してはその限りではありません。
なんでかっつーと、『アニソン』には歌詞が付いて、技量や感受性の異なる歌い手さんが歌うからです。
無論、元々歌ってる歌い手さんあっての「アニソン」、その歌い手さんの「アニソン」なので、そこは尊重した上で、この記事が優劣等を付けるものではないことをお含みおき下さいヽ(・∀・ )ノ




【May'n / God knows...】

説明不要なハルヒの劇中歌ですな。「ANIMAX MUSIX SPRING 2010」より。
っていうか「God knows...」も畑(亜貴)さんなのか。
転調からの「だから」「私」の歌い上げ方がゾクゾクします。
『God knows...』の中で歌ってる方も聞いてる方も一番気持ちよくなれる部分だと思うんですが、テンションに任せず、きっちり感情込めて入ってるとこが流石のMay'n節。



【LIVE】聖少女領域 宝野アリカ・水樹奈々

「ANIMELO SUMMER LIVE 2007 Generation-A」より。白アリカ様と黒奈々様。
奈々ちゃんに合わせて、若干低く歌ってる(と思う)アリカ様がたまりません。どっちも好きな私勝ち組。
3:30~の、二人が手を取り合ってステージ中央に進む様は麗しいの一言…!

どちらも極端に歌が上手く声量も技術もある2人ですが、意外と声の相性が良いのにビックリです。こういうのは本当に贅沢ですねぇ(*´∀`*)
「聖少女領域」はカラオケで歌ってても楽しくて気持ちよい歌なので、今度誰かと一緒に歌ってもらおう(・∀・)



【遠藤正明「トライアングラー」】

えんちゃんに関しては「ENSON」もあるし、「歌魂」もあるし、別枠っちゃ別枠なんですが(・∀・)
キーを下げてあるとはいえ、「わたしそれとものこ」「あ」を軽々叩き出すその胸筋…初めて聞いた時は死ぬかと思いました、震えて。
所々巻き舌なのも、軽く歌い上げすぎるのも気になるし、その喉筋、気になります!ww

元の「トライアングラー」の、男性と女性の甘酸っぱい駆け引き感みたいなのが全然なくなってて(笑)「どっちを選ぶのかしゃっきりしろよゴラァ」的な強い女性が2人、男性にこれでもかと迫っているのが見えます…(笑)
ENSONに関しては好き過ぎるので、またちゃんとやりたいなぁ~…(*´∀`*)






にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
アニソントラックバック(0)  コメント(0)
2010'09.21.Tue

【ゲ音団】レアトラックス・視聴(・∀・)

前回、概要と曲順だけ紹介した、案の定虎でも瞬殺でしたゲ音団頒布の『GEONDAN レアトラックス Ver.1.0』

何周かして感想がまとまってきたので、ちょっとめもめもしてみますねヽ(・∀・ )ノ
曲順は前回記事参照にて。


若輩者が評するアレではないかもしれませんが、もう本当に1,000円という価格設定が有り得ないくらい豪華でした。流石同人設定。
『ゲームやアニメ・劇伴で使用する予定だったのに敢え無く没になった楽曲』レベルの音楽がゴロゴロ詰まってました。
おプロ様が作っているので当然と言えば当然だし、その例えが褒め言葉になっているのかどうかわかんないですけど(・∀・)


作文レベルで言えば、
・最近のアクションRPGみたいなオシャレな曲アリ
・シュミレーションRPGみたいな壮大な曲アリ
・洋楽チックな歌モノアリ
・シューティング曲、ボスと一戦曲アリ
・正統派美少女ゲームの一番のイベントシーンで流れそうな曲アリ
・和モノもあります
・イージーリスニング系もあります


ベタに『ゲーム音楽』っぽいのもありますが、一聴しただけではそれと分からないオシャレな曲もいっぱいありました。
現在の『ゲーム音楽』というジャンルの多様化を痛感する一枚ではあります。

個人的に好きだったのは、ベタですが、疾走感溢れる「いかにもゲーム音楽」な『Brionac』(坂本氏)、
シンプルで不安定なメロディ×品の良いループ感が癖になる『NightVision Phase06 ~Low Snow Rainbow~』(小塩氏)、
これもベタですが、感動的な各種イベントシーンで流れそう、そしてまさかのここでFO!?Σ(゚Д゚;)な『Love In The Air』(海田氏)

流石の1曲目、『天翔ける』(茜氏)、暴れまくるような中ボス戦ぽさがたまらない『阿迦奢』(花岡氏)、ボカロ得意じゃないんだけど『さくらブロッサム』(下田氏)も好きだったなぁ。

ヘビロテしてると、結構どの曲もお気に入りにはなっちゃいますなぁ(´∀`*)

それから、おそらく1、2番にお気に入りである『BOSS botsu』(岡さん)がビックリするほど短くてですね、「えッ視聴!?Σ(´∀`;)」と思わずうろたえてしまいました。1分強…だと…!?(笑)

菊さんの『Physical Love』は、始め聞いた時は大人しめで物足りないんだけど、何周も聞いてるとその静寂の中に散りばめられた繊細にして巧妙ないつもの菊田マジックがクセになってきて、3分という時間が物足りなくなる…!(笑)
こればっかり1時間も聞いていたくなるような無重量感がたまりません。

逆に、これだけバリエーションに富んでると、申し訳ないかな一曲どうしてもダメだった曲があって、そこに来るとどうしても飛ばしてしまう…くらい怖くてですね(´Д⊂、「怖がらせる」とか「不安感を煽る」という点においては大成功だと思うんですが…私には難しい曲でした。(ヽ´ω`)<スミマセン


と、全21曲総時間1時間強ですが、気が付くと一周あっという間です。
普段、好きな作曲家さんとか気になってる作曲家さんとか、ゲームメインでプレイしたら曲が良かったとか…そういう好みでしか、CD買ったり、曲を視聴したり…ってことをしないので、存じ上げない作曲家さんの楽曲を、一遍に聞けるっていうのはふっつーに良かったです。
『ゲーム音楽作曲家』さんという枠の中でも、バラエティに富んだ畑違いの音楽がCD1枚にまとめて聞けるのは魅力的ですよなぁ。
「名前は今まで知らなかったけど、この人はこういう曲を作るんだ」って、興味を持ったりwiki見に行ったり、アクションを起こせたというのが個人的にはスゴく楽しかったし、このCD購入して良かったポイントの一つでもあります。


ちょっと画像デカいですけど、CD表面はこうなってますヽ(・∀・ )ノ
100921.jpg
参加者みなさんの名前が大っ体フルネームで入ってんのに、なんで菊さんそんな…!?w
お金出した(前貸し)人なのに…!!(笑)さっきマジマジ見て爆笑しました。

すごい存在感ある「高橋」も爆笑ですけど。「高橋…!?高橋ナニだよ!!」ってなりますけど(正しくは高橋『コウタ』さんですね、多分)
MANYOさんの名前がないのは私の見落としでしょうかどこかにアナグラムかホログラム加工かされてるんでしょうか…(;゚Д゚)

最後までごちそうさまでした(*´∀`*)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他ゲーム音楽CDトラックバック(0)  コメント(0)
2010'09.21.Tue

『犬マユ』キターヽ(*´∀`)ノ

ひゃっほーー

アマゾソ様で予約していた『犬マユゲでいこう 犬辞林』、届きましたヽ(*´∀`)ノ
昨日の時点で届いてたんだけど、大事に読もうと思ってたら寝ちゃってたので(´∀`*)

100920_100937.jpg

2冊あるのは、私と相方さんの分です。
この家ではがさばるのでマンガは基本担当を決めて買っているのですが(ジャンプ系は私、サンデー系は相方、みたいな形で)、『これは一人一冊持ちたい』と言って購入するのはこれだけです。


なので、

100920_101101.jpg

お互いの部屋に、全て初版で揃っています。
(本来はこれ↑×2ですな)

今やたら高騰してるのもありますけどね。
一番始めの『犬マユゲでいこう 』だと、1997年ですって。13年前。何してた??

あ!写真!!
『GXってなんだよ』のが入ってない!!Σ(゚Д゚;)<なんでやー

…ショボンヌ(´・ω・`)したところで、読んできます…ショボショボ







にほんブログ村 ゲームブログへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
BOOKSトラックバック(0)  コメント(0)
2010'09.18.Sat

海外の人って、すげーね【OC Remixのはなし・2】

前回から一週間、ちょっとPC作業をしなくちゃならなくて、「せっかくPC前に座るなら」ってその間の作業用BGMとして『OverClocked ReMix』のステキリミックスを聞いてたうちから数曲めもめも。



OCR02014: Legend of Zelda: A Link to the Past Utopia OC ReMix [Opening Demo]

『神トラ』より「オープニングデモ」
リンクが雨ん中ハイラル城に向かうとこのアレです。ほんっと私神トラ好きよな。
原曲は優しくも神秘的なメロディに、切羽詰った雰囲気を出す変拍子や裏メロで展開を変えていく妙曲なんですが、それをあえてのアコギ一本で。
シンプルな味付けは素材本来の良さをイヤでも痛感させます。いい曲です。



OCR01711: Castlevania III In the Beginning There Was Jazz OC ReMix

ヒャッホー!これは間違いなくカッコイイぜ!ヽ(・∀・ )ノ 『キャッスルヴァニア』より「Beginning」
ジャジィなピアノと、主張しすぎない付け合せ程度のドラムが普通にカッコイイです。ジャズは基本何でも美味しく料理するよね!


…こんなカンジでOCR巡ったらたまにメモ代わりにさせてもらいますね…
何せ数が膨大すぎて1日2日では聞き終わらないのですよ…(´・ω・)


…ってまぁ、『アレンジなんざそんなに興味ねぇんだよ!』って方のために、暑さでノビてるうちのネコを置いておきますね。

090817_130435.jpg

かわいかろう(*´∀`*)



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)

OCRトラックバック(0)  コメント(0)
2010'09.17.Fri

【空想は】どっちにしても勝負は9/23【伝説へ】

去年2009年9月、ちょうど1年前・今の時期にドイツはケルンで行われた『Symphonic Fantasies』
FF・クロノ・KH・聖剣といった錚々たるスクエニ楽曲を海の向こうの編曲者がオケ用にアレンジし、現地の交響楽団の皆さんが演奏して下さるという夢のような催しがあったワケですが

1年を経てこの秋再び、『Symphonic Legends』としてコンサートを催すということで

ほぅ
ほほう

今回は任天堂作品をメインとしたコンサートになるそうです。
「マリオ」「F-Zero」「ドンキーコング」「ゼルダ」…等々、任天堂を象徴するゲーム音楽があの浜渦氏、この浜口氏の編曲でオーケストレーションされるだけでなく(・∀・)

昨年同様ストリーム配信されるっていう!(・∀・)

去年はリアルライブ配信では見られなくて、後日つべで視聴したんですけど今回は見られるかな…どうかなぁと思ってたら

9月23日(木・祝) 20:00 PM開演(現地時間)
日本時間 28:00~

28時っつーと…朝の…4時かい?
そしてその日はイトケンさんの20周年ライブがあるんだがない、銀座なぅの後そのまま起きてるか、仮眠取ってから聞くか…ってとこなのかい?
イトケンさんのライブじゃなくても、その日はイベントを控えてる他楽団さんも沢山いらっしゃるから、それを観に行かれる方も多いと思うんです…場合によってはハシゴされる方もいると思うんです…一日に何組もコンサート開催するだなんて滅多にないですもんね。
そしてケルンコンサート聞いて朝を迎えたら仕事ですもんね、普通。

取り敢えず ドイツの人 ドSすぐる



Jonne Valtonen: Symphonic Legends - Fanfare for the Common 8-bit Hero


イトケンさんのコンサートの後、仮眠取って寝過ごさないようにします…|ω・`)
昨年同様、熱いコンサートになるであろうことは期待できるので、すごく楽しみにしてます!

また作曲家さんを呼んだりするのかな~~楽しみだな~(*´∀`*)





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
動画トラックバック(0)  コメント(0)
2010'09.15.Wed

【サガ3が】「sol」って略し方が好き【出んぞー】

『サガ3時空の覇者』リメイクってことで、個人的にはどっちでもないんですが(・∀・)、どっちでもないってのは『未プレイなので、まあ、まぁまぁ』ってことです。
サガ2同様、今回のサガ3solもサントラ買って満足してしまいそうですが…

キャラデザが前回GODと同じ小林さんです。
あのカチッとした色彩センスと無機質な肉や薄さの質感が大好きなので、現段階で情報小出しな公式サイトの中イラストだけでもぼんやり見てられます(´∀`*)
「一番思慮深い」ハズのミルフィーちゃんの露出度については咎めたいような見ていたいよ(ry


話を戻して、作品自体は色々賛否両論あるサガ3ですが、笹井さんの音楽自体は大好きです。
GBサガ1・2の流れからするとちょっと新しい系統というかいい意味で分流というか、あれだけ強烈な神曲の多い1・2の後で、違ったアプローチで新しい『サガ曲』を楽しめたっつーのはスゴイことだと思います…。
イベントやフィールドの通常曲も、個性的だけど耳に馴染みやすい良曲が多いよね(・ω・)


ずっと思ってたんだけど『異次元の神々』ってアレに似てるよね…アレ…「モシレチク・コタネチク戦」…いやあっちも大っ好きなんだけど

いつ聞いても『神戦』は踊りたくなるなぁ…なんでだろあんなカッコイイ曲なのに(´・ω・`)
そんなワケで、solは笹井さんとイトケン氏で分担してアレンジしているということなので、元の笹井節GB音源にどうお2人の色が現れてくるのかとっても楽しみです(*´∀`*)

発売日は!今年の 冬ー!ヽ(・∀・ )ノ





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
SaGaトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。