2010'06.29.Tue

散りぬーるを~♪

TOKYOMXの刀語(再)を録りながら見て、帰ってきた相方さんともう一回見る、というスーパー贅沢刀語タイムを過ごしておりますが、2度見ても飽きが来ないくらい面白い!
数日前まではMXが入りにくかった我が家のテレビでしたが、第一話が始まる数時間前に根性で直した。 キレイに録れる~(・∀・)

「月に一度のお楽しみ」を毎日味わうという贅沢の極みを体感しているところで、あと数時間でサッカー日本vsパラグアイ戦なワケですが、ここ数週間で『センスねえなぁ』と思ったテレビごとを呟いてみます。


・テレ朝8:00前後 やじうまプラス
『世界の仰天ニュース』的なコーナーで、「ドーバー海峡を風船で渡るチャレンジをしている中年男性」の紹介。
男性は大量の風船を背に、無事海峡を横断。それを見た男性アナが
『カールじいさんのようになりたかった』と、風船だけでの横断チャレンジをしたみたいですが、今時子供だって『カールじいさんはCGだから可能なことなんだ』ってわかりますよねぇ(嘲笑)


・NTV昼 DON!
『(両さんの)麗子像が何者かに壊された』のニュース。雨の降る中佇む麗子像にヒデちゃんが
「ほら、心無い行動に麗子像も泣いているようですよ」の至って普通のコメント。そこに女性レギュラー陣が
『雨!!ヒデちゃんあれは雨だから!!』


・テレ朝昼 ワイドスクランブル
明日明後日に控えた日本vsパラグアイ戦、パラグアイはどんな国なのか?というコーナー。
『パラグアイは大変な親日国』という流れから、「数十年前、パラグアイに移住した日本人が野菜を育て食べたことで、芋と肉しか食べなかったパラグアイの人たちが野菜を口にするようになり健康になった」というええ話に。
そこで男性アナが『今こそその恩を返してほしいですよね!!!』


(゚Д゚)ハァ?

以上リアルにこの顔になった直近のセンスねぇ3件でした。

やじうまプラスは良く見る番組なので、こう頻繁にがっかりなとこ見せられると呆然とします(´∀`;)
カールじいさんの話は、メディア側のお前らが子供の想像力を抑制する権利なんてあんの?それで「アニメやゲームは悪を生み出す毒」って言っちゃうダブスタ感って何なの?って思っちゃいます。

DONはたまたま見たんだけど、自分ヒデちゃんはそんなに好きじゃないんですが、この時ばかりはヒデちゃんを応援したくなりました。文盲って年齢じゃないんだな。

サッカー関連は、今はどこでもちょっとおかしいカンジで過熱しちゃってるんで揚げ足取ればキリないんだろうけど、『恩を返してほしい』発言はちょっとドン引きでした( ´_ゝ`)
それってもう日本代表ディスってますよね、下に見てるからこそ出る発言ですよね??
結果どうなるかわからない対戦だからこそポジにいきたいのは分かりますが、それは冗談としても全然面白くない。
数十年前に移住した日本人だって、恩を売るために移住した訳ではないだろうに、本当に気分悪いです。

こんな場末のブログだって、一応wwwに垂れ流してるっつー自覚からちょいちょい自重はしてるんだからさ、公共の電波を通じてお届けしてる、特に報道番組はもうちょっと発信してる、っていう自覚を持って頂きたいですな。


あと数時間後にはキックオフですが、日本代表には普通に頑張って欲しいです。
双方怪我なく、良い試合でありますように!

じゃ、刀語(再)見てきま!(・∀・)

blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2010'06.23.Wed

【ついに】今日は一日“ゲーム音楽”三昧・決定【この日が】

大変なことになった

8月7日(土) 後0:15~11:00
今日は一日“ゲーム音楽”三昧


[ソース : NHK-FMブログ http://www.nhk.or.jp/fm-blog/]


ついにこの日が…!!!!
キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

リクエスト等は後日FMポータルサイトで、だそうです。
正直その後の『“プログレ”三昧 』も気にならないわけではないが( ´∀`)


8/7かぁ何してんのかな…夏祭典前だから元気に原稿でもやっていたいという希望的観測…
もうダメだ冷静を装っているけど全ッ然落ち着かない…
脳内はずっとキタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!ってカンジのお花畑です…
もうこれは今日はデンマーク戦なんぞ観ずに寝 る し か な い

8月はいろいろと祭り+ゲーム音楽の年表に記されそうな一月になりそうです\(^◇^)/


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
ゲ音関係トラックバック(0)  コメント(0)
2010'06.22.Tue

【えっ】刀語六夜連続再放送!【MXだけって】

タイトル通りなんですが、6/27(日)19時~六夜連続で、『刀語』の第一話?第六話再放送を行うそうです。
TOKYO MXで。

そんな…バカな…TOKYO MXが入っている地域の人間なんて限られているじゃないか…って我が家はTOKYO MX入るのである意味勝ち組\(^o^)/
しかし東京との境なので画質はすこぶる悪く、見るのが限界で録画には耐えられないと思います…。
何故現在放映中のフジ系じゃなくてあえてのMXなのか分かりませんが、打ち切りがあったり未放映の地域があるのだから見られるだけヨシとするしかないのか…ありがとうございます。

以下六夜連続の放映予定。

第一話「絶刀・鉋」 6月27日(日) 19時~
第二話「斬刀・鈍」 6月28日(月) 19時~
第三話「千刀・鎩」 6月29日(火) 19時~
第四話「薄刀・針」 6月30日(水) 19時~
第五話「賊刀・鎧」 7月 1日(木) 19時~
第六話「双刀・鎚」 7月 2日(金) 19時~


第四話からの参加なので、一~三話が見られるのは嬉しいです。あとこなゆきちゃんがもっかい見られるのが嬉しい、って言ったら相方さんが『DVD買うからそれは心配しなくていいよ』って…え…?(゚Д゚)

通常この時間のMXは色んなアニメの再放送をしているので、それを楽しみにしてる方には非常に気の毒…。
スイマセン、ちょっと不思議なアニメ1時間もやるけど気にしないでね(´・ω・`)

「美味しんぼ」「キテレツ大百科」「おぼっちゃまくん」「名探偵ホームズ」「ミンキーモモ」「母をたずねて三千里」
新しいアニメはもちろん、MXの古き良きアニメのチョイスがいまいち分からないんですがとても評価しています(・∀・)

取り敢えず今週末?忘れないようにしないと!(σ・∀・)σ


 



にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
刀語トラックバック(0)  コメント(0)
2010'06.20.Sun

Re:【Chill SQ】

Chill SQ【Chill SQ】
(2010/05/26発売 1枚組)
オムニバス

商品詳細を見る

☆3



1. 聖剣伝説 -FF外伝- ~Rising Sun~果てしなき戦場~Requiem
2. FINAL FANTASY IV ~愛のテーマ
3. 魔界塔士Sa・Ga ~メインテーマ
4. フロントミッション ~Within Living Memory…
5. ライブ・ア・ライブ ~WARM A LIVE~LIVE OVER AGAIN
6. FINAL FANTASY VI ~アリア
7. FINAL FANTASY V ~親愛なる友へ



以前つべで視聴した時に悪態めいたことばかり吐いてすまんかったな、と思っていた『Chill SQ』
まるっと1枚聞く機会があったので、改めて覚え書き程度にちょろちょろっと。それにしても暑いね。梅雨どこ行ったの?

あの後色んなサイトさんのレビュー等読ませて頂いてたんですが、7:3で概ね好評なようで(いや…8:2…?)、割合ナシだと思っている自分に不安を感じたワケで…(・A・)


一周して感じたのは『自分はこういうテクノ系がそんなに得意じゃないのかなぁ』ということ
パキッとしたアレンジじゃなくて、『Chill』の名の如く、ぼ~んやりした浮遊感たっぷりのアレンジが多いので、そういうのが好きな人は当たりなんだろうなぁ、って羨ましく思います。

『Love SQ』が元気いっぱいの直球アレンジが多かったのに比べ、『Chill SQ』は穏やかな「雰囲気」変化球アレンジが多いので、そういうコンセプト展開というか使い分けとしては正解なんでしょうな。
皆さん言ってましたが、『フロントミッション』や『ライブ・ア・ライブ』がこういうアレンジ物に登場するのは本当に珍しいと思うので、そこはGJだと!評価したい!(・∀・)

レビューの中でも人気だった『アリア』も、よく考えてみれば今までこういうアレンジは聞いたことなかったので、新鮮というか意欲作なんだろうなぁ。
ゲーム本編中で聞いた時から「大人の女性の恋歌」だと思っていたのが、及川リンさんの可愛らしい歌声とキラキラしたアレンジのおかげで「少女から女性へと成長する恋歌」みたいなカンジするもんなぁ。西野カナ的な(多分ハズレ)
逆に『愛のテーマ』『親愛なる友へ』は、今までのアレンジとそんなに大差ないような雰囲気で勿体ないなぁ、と感じました。もっとはっちゃけていいのに!ヽ( ´∀`)ノ
(原曲者(ノビヨ師匠)への敬虔と、ファンに対する真摯な気持ちが伝わってくる丁寧な編曲だなぁとは思います)


「作業用BGM」としての個人的見解としては、
『Love SQ』→仕事の資料作ったりレポート書いたり原稿やったり、落ちるワケにいかない作業中のBGM
『Chill SQ』→家事しながらとか、電話やスカイプでの長時間会話で淋しい時のBGM

え、良くわからんけど(・ω・)
結論 : 『Chill SQ』 すげーオシャレ

『Love SQ』ん時も大概オシャレ大戦だわぁと思ったけど、その比じゃありませんでした
吉祥寺・下北沢のカフェで流れてそうなのが『Love SQ』、代官山・自由が丘・表参道のカフェで流れてそうなのが『Chill SQ』かな…
なにその田舎者の挙げるわかりやすいオシャレな街といえば?なアレヽ( ・∀・)ノ

好き系の意欲作もいくつかあるんだけど、何度も引っ張り出して聞きたいCDかっつーとそうでもないんで3つ。
でも、1ヶ月前うだうだ言ってた時に比べれば結構好意的に聞いてるので、自分的にマイナスイメージは激減したようで良かったです(´・ω・`)

『ゆるくてメロウでグルーヴィー』、『さんぽにひるねにまったりだいかつやく』っていうコピーは全く偽りナシだと思います。良くも悪くも。


[サイトさん巡りしてた時に得たChill SQアレコレ]
・ジャケットのお姉さんのタトゥーはDQのモンスターをモチーフにしたガチタトゥーらしい
『Chill』は「寒い、冷淡」の意味 『Chill out』だと「落ち着く、一息入れる」の意味になる
「Chill」っつーとDr.マリオのアレのイメージしかなかったんでつい…(・∀・)ゞ


 



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
スクエニ系(アレンジ)トラックバック(0)  コメント(0)
2010'06.19.Sat

FFTと聖剣2が君の手のひらの中へ!

iPhoneアプリに『FFT』と『聖剣伝説2』が!動画公開!

E3にて、スクウェア・エニックスからiPhoneアプリがサプライズ発表された。
1本は『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』(FINAL FANTASY TACTICS THE WAR OF THE LIONS)。
そしてもう1本は『聖剣伝説2』(SECRET of MANA)。

ソース:ファミ通.com [ http://www.famitsu.com/k_tai/news/1236503_1350.html ]


なんですってえぇえええぇΣ(゚Д゚*)



"FINAL FANTASY TACTICS: The War of the Lions" for iPhone E3 Trailer



Secret of Mana for iPhone: Launch Trailer

それぞれ1分程度のデモムービーです。
FFTのキラキラしたのすごい綺麗だなぁ(。´∀`)
でもあれだけ見たら、初見の人はなにか素敵なおとぎ話と勘違いしちゃうんじゃないかしら(・∀・)

聖剣2の方は至って普通の、いつものマナの樹前での『天使の怖れ』です。いつ聞いても名曲です。

自分はiPhoneユーザーでもなんでもない普通のSB携帯使いなんですけど、あの世界観を狭小携帯電話の中でどう再現してタッチパネルのか…。聖剣2のタッチパネルはリングコマンドがクルクルしてて楽しそうです。
FFTはそのあたりどうなんだろ…不向きなんじゃと思うのは杞憂というか無粋でしょうか。

ただ、FFTのような割とネガティブ+戦略+超やり込みゲーって、プレイしてる最中電話来たら
「あぁーーーー!!!ヾ(#`Д´)σ」ってなんないスかねどうですかね。
通勤電車の中とか…無理なんですけど…( ´∀`)
でもセレクトはイイヨイイヨー(・∀・)

未プレイの人も改めてプレイする人も、菊さんや崎元さん岩田さんの世界観をめいいっぱい味わえる作品になればいいなと心から思います。

『2010年配信予定』以外は今のところ未定、ということでございます(´・ω・`)





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他トラックバック(0)  コメント(0)
2010'06.16.Wed

『聴音RPG』ってなんぞ!

『遊ぶだけで音感向上!? 無料で遊べる“聴音RPG”を知ってますか』

洗足学園音楽大学のサイトでは、遊んでいるだけで音感が向上するという、世にも珍しい「聴音RPG」を作成・公開しています。
(中略)ゲームはRPG形式で進んでいきますが、変わっているのがその戦闘方法。このゲームでは「敵が出す音を聞いて、その音を当てる」ことで戦う仕組みとなっていて、正解なら敵にダメージを与えることができ、間違いなら逆にこちらがダメージを受けてしまいます。

[引用:IT media Gamez 日々是遊戯 http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1006/06/news001.html]


「無料」と「音感向上」という謳い文句に惹かれ、一見のつもりでリンク先をクリック!
ゲームタイトルは【失われた音問村】。(注※当然音が鳴ります)
ゲーム説明には「音感を教育するソフトウェア」とあります。
「遊んでいるだけで <音感が向上する> という、これまでにない画期的なソフトウェアです。
しかし、ある程度以上音楽力が発達しないと、物語の謎を解くことは出来ないでしょう。
ゲームを通じて、あなた自身が 音楽家として 本当に強くなられることを期待しています。」

な、なんだってーΣ(゚Д゚)

で、このリンク先が洗足オンラインスクールっつう、洗足学園音楽大学というかなりしっかりした音楽大学による制作・監修で、その洗足音大によると、これをプレイすることで以下の音楽教育効果が見込めるそうです。
* 感じる能力の向上(絶対音感)
* 相対的に音を感じる能力の向上(音程感、和声感)
* 幅広い音域を聴き取る能力の向上
* 音色に対する感覚の向上
* さまざまな時代の様式感(芸術音楽)の体得



ほうほう、理屈はわかった。ではさっそく音問村へ!

senzoku01.jpg

重々しくも美しいオープニングデモでお出迎え。美大でなく音大の制作のハズなんですが、絵も雰囲気あってキレイです。


senzoku02.jpg

おっと、前言撤回wwww

町の中の曲もフィールドの曲も、もうホントに本家RPGと引けを取らないくらい素晴らしいんですが、グラのこのチープさがたまらないw
チープさもさることながら移動速度が遅いwwww
今日日ダッシュがデフォだったりするRPG系ゲームに慣れてしまっている身としてはなかなかキツイまったり感です。
町のみなさんはやたらと『某超有名RPGドラなんとか』との比較をしてくれます。そりゃこんなカクカクドット絵じゃ悪態も吐きたくならぁな。

フィールドに出ると敵との戦闘になるんですが、これがこの『聴音RPG』最大の特徴であり「洗足マジパネェ」と痛感する所以でもあります。

senzoku03.jpg

始めはこんなカンジで右に鍵盤が表示され、敵が鳴らした音と同じ音の鍵盤を押し、正解だとダメージを与え、不正解ならダメージを受ける、という仕組みになっています。
初期は単音。耳には自信があったので、きっちり集中していれば単音は難なくクリア。
1戦闘で3ターンの設問、1ターンにつき5秒の制限時間付き。

ただしこれがマップを進めていくと、強い敵の代わりに複音を発する敵が出てくるようになります。これがワケが分からない。

「ドとラの音!」とは分かっても、『短3度』とはすぐに出てこないワケです。その知識がないので。
この後も和音を発する敵が現れたりします。「シレファ?」だと思っても、『減三和音』という単語には結びつきません。

そう、こうやって鍛えられるのが『聴音』!!!(;゚∀゚)
おそらく普通に生きている分にはそんなに必要ない能力だと思うんですが、「音楽関係の学校に入りたい人」や「音楽を作る職業に就きたい人」には必要不可欠な能力です。身近なところだと、「midiを作るのに耳コピしたい」とかですかね。
そういう音楽理論の前知識がない自分はいいカンジに詰まりましたが(あとクッキーの食べ方間違えた)、現役音大生のような人だと余裕のゲームクリアみたいです。

理論に明るい方はサクサク進めてみるのは勿論、私のように知識に乏しい人はクッキーを食いながら(=セーブ)、「洗足オンラインスクール」内の『音楽理論オンライン学習』や『ソルフェージュ』を併用して学びつつゲームを進めてみてはいかがでしょうか、と(回し者のようになってきた(・∀・))


いかんせん移動速度によるもったり感(二回目)と、エンカウント率の高さは心折られるし、
例の戦闘スタイルのおかげで「ながらプレイ」が出来ない上に、かなり神経を研ぎ澄まさなければならず、ストレスっていうかちょっと疲労感が残ったりもするんですが、
剣や魔法ではなくまさに『自分の力』を駆使して難問をクリアした時の爽快感は他では味わえないし、さすが音大監修、肝心のBGMのクオリティや発想はその上を行くので、耳に自信のある方もない方も是非一度プレイしてみて頂きたい(´・∀・`)


チラッと見たらこの洗足オンラインスクール、『音楽史アドベンチャー』というゲームも制作しているようで、かなりその方面に本気です。
(※モーツァルトやベートーヴェンといった作曲家たちの生涯をADVゲーム形式にして体験するという、これまたぶっ飛んだ発想のコンテンツです)

いやー、こういうのに小・中学生の頃出会ってたらもうちょっと人生違ったかもな~(・ω・)






にほんブログ村 ゲームブログへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他トラックバック(0)  コメント(0)
2010'06.06.Sun

【多い日も】メール返信時の「作業用BGM(夜用)」【安心】

昨日の続き、まだ メールを 打っています\(^o^)/

遅々として進まずうなりながらも、昨日挙げたラインナップは思えば昼間用だったなと思い、今日は夜用を挙げてみたいと思います
(というか打ってたら夜になったのでそれに合わせて聞くタイプも変えてみたってだけなんですが)



【Wii】街へいこうよ どうぶつの森BGM ~AM2:00~

みんな大好き『AM2:00』
これをバックに釣りをしたり、夏場は虫取りアミを持ってスタンバったり、いつ落ちてくるかわからない流れ星のために町中を歩き回ったり…夜型のみんなの思い出が色鮮やかにに蘇ります。
この動画は勝手にリピートしてくれる模様。いたれりつくせり、永遠にAM2:00。


【おいでよどうぶつの森 BGM集 ~1日の移り変わり~】
(※該当のループ単曲はなかったので取り敢えず作業用BGMで)

0:00AM前後~深夜以降の大人(=廃人)の時間は神曲だらけで、この時間帯の曲をリアルタイムで聞けない健康児や小さいお子さんを気の毒に思うほどです。
「元気いっぱい!」な日中の曲から比べると、だんだん音数が減っていってシンプルな曲調になっていくんだよねぇ。
夜の作業(=虫取りや魚釣り)を邪魔しない配慮もおそらくあるんだろうけど、大人になると深夜は色々ぼんやりしたい時もあり、この夜の音楽だけを聞きながらずーっと川面を見ていたり、波の音を絡めつつ潮の満ち干気を見ていたり(私大丈夫?(・∀・))、「MOON」と似て非なる、音楽+作業の相乗効果無限大、その可能性には色々考えさせられます。すごいね。
(「MOON」はゲームのスタイル自体がまず違うけど、好きな曲かけて一日気に入った風景見てたり釣りしてたり…的なとこは共通点があるかな?と(´・ω・`))

それはそれとして、深夜帯なら『AM1:00』『AM5:00』あたりが好きかな。
正直『AM5:00』は一番好きかも。リズムトラックと簡素なメインメロディがちょいズレなのが大好物!

どうぶつの森のようなコミュニケーションゲームは長期間遊ばせなきゃいけないから、BGMもまさに『作業用BGM』で、イヤじゃない・耳馴染みがいい・万人に受ける風でこの手の作業には持って来いなのかもしれんです。


先述のRPGアドベンチャーゲーム「MOON」も、サントラCDが「moon side」「night side」「day side」と分けられているくらいゲーム内の時間の流れがゆるやかながらも明瞭なので、一日を締め括る夜用のBGMは、いろんな夜を彩る珠玉の名曲揃いです。


【Lovedelic】 Moonのサントラ【Nightside】
(※上に同じく、該当のループ単曲はなかったので作業用BGMを)

個人的に好きなのは『1.MOON TRIPS』『9. TILT』なんですけど、今回のテーマで言うとこの長時間ループで楽しめるのは『2.月魚・プロローグ』『12.Killah Blues』かもしれない。
今改めて聞くとチップチューンプログレ『4. BLUE』の中盤?後半への盛り上がりはちょっとマズイくらいヤバイし『11. ADDIOS PISTORA』もエロいベースと硬派な主旋律がどうかしてる(゚Д゚)
プレイしてた時は本編の凄さに夢中で良さが全然分かってなかったわ…(´・ω・)
MOON音楽はゲーム本編同様奥が深すぎる。いつかちゃんと触れたい…

前回挙げた『浄夜』(@聖剣2)も、本来夜タイプなのかもしれんけど…あんな夜聞くとちょっと怖いので、敢えて昼間に聞きたいw


で、ここ2日間色んな単曲長時間作業用BGMを聞いていて出た結論
・できるだけ単調な曲
・パッとイメージカラーが浮かばない方が長く聞ける


以上2つが個人的に重要な「飽きずに長時間聞き続けられる単曲作業用BGMを選ぶポイント」でした。
「イメージカラーが浮かばない方がいい」っていうのは、一聞きして「明るい曲だな」とか「暗い曲だな」って意識できない曲の方が長く聞きやすい、って意味です。
「暗い曲」が落ち着いていていいかっていうと、聞いてるうちに落ちていく可能性あるし(´Д`;)、「明るい曲」だからといってageていけるかっていうと、そのテンションを無意識で維持するのに疲れてしまうかもしれないし。

なので、今回のような単調な作業を行う場合は「中間色」の曲を聞くのが適してるのかな~と思いました(・∀・)ノ
人それぞれだからどうかね、って言っちゃえば元も子もないかもしれないけど、まぁ覚書ってことで。
聞く人が「意識しない」ように配慮しながらも「つまらなくない」BGMを作るのは大変なプロの仕事だと思います。
その力のせめぎ合い、スゴイです。ここ2日間で再確認して改めて感謝…っ!( ;∀;)

落ち着いたら勉強して、自分用の長時間作業用BGM、作って来たいと思います。
……まずはメールを書き終えたらそれまではダメだ!!!m9(・∀・)






にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他ゲーム音楽トラックバック(0)  コメント(0)
2010'06.05.Sat

【休日の】メール返信時の「作業用BGM」【昼間にでも】

オンで知り合った方とメール文通みたいなのをしていて、それがお互いそんなに筆まめじゃないのでラリーをするたびに長くなる。
で、今回は自分が返信する番なんだけど案の定長くなる予感。作業用BGMが欲しい。
しかし歌モノや、いつもテンション上げる時に聞くようなバトルものはあんまり良くなさげ。

ただでさえさっきONE PIECEの最新刊読んだばっかりで気が昂ぶっているのに、それを助長するBGMでは上手いメールなんて書けやしない。

さあどうしようと思って、以前触れた『100分間耐久シリーズ』を、「次メール返信する時に活用させてもらおう( ・∀・)」と思っていたことを思い出したので、メールの返信をしながら聞いてたものを挙げてみます。



【100分間耐久『海底宮』(ロマンシングサガ3)】

海底宮大好きなのでこれは嬉しい…!ヽ(*´∀`)ノ
ロマサガ3サントラ3枚目に集結された神バトル曲達の中で、それらとは相反した静寂の曲なのに厳かに輝いている、ゆったりとしたアンニュイ且つ重厚な曲です。
(これをより心地良く聞くならアレンジサントラの「ウィンディ・テイル」が超オススメ)

しかし重厚故に結構主張が強く、30分過ぎるとちょっと重くなってくる…(; ´∀`)



【100分間耐久『Breezy』(Final Fantasy 8)】

海メロです。『Fisherman's Horizon』に雰囲気似た曲です。8はこういう良曲がホント多い!
これは60分過ぎるのもあっという間でした。FHより空気(BGM)感が強いのかな。



【100分間耐久『浄夜』(聖剣伝説2)】

マナの聖地で流れる曲です。3音で静かに、美しく紡いでいく一曲。
菊さんの、こういう一風なんの変哲もなくて実は計算されつくした系の曲大好きです。
聖剣2は好きな曲が多いので、うpされてたものは色々試させてもらったんですが、似たようなものでも『風の焉わるところ』『暗黒星』はちょっと趣が違いました。何が違ったんだろう?(・ω・)

…と、ここまで3曲は同じうp主さんっていう…最早ケコーンできるレベル…!(゚∀゚)ノ



【FF5海底BGM『深き碧の果てに』を100分!】

『深き碧の果てに』っていうタイトルからしてまず大好きな『深き碧の果てに』
光の届かぬ場所に未知が無限に広がっている様と、穏やかな美しさとを併せ持つ海中をイメージさせるAメロ(マイナー)Bメロ(メジャー)、という構成がしっかりしているので、安定して聞いていられる一曲。
3拍子のアルペジオもちょうど良い速度で一定のリズムを刻んでいて、信頼の安定感に拍車をかけます(・∀・)


※この場合の『100分間耐久シリーズ』は、例えば「FF6のCDをまるっと流したら100分」「バトル曲だけ繋いでメドレーにしてみたら100分」ではなくて、「"仲間を求めて"を100分間エンドレスで流してみた」の意味合いの方でチョイスしてます。

今回挙げたものは『メールを心静かに書く用』なので、割りとおとなしめの曲ばかりです。
最近厚っつい新書読んでたので、『雰囲気邪魔しない読書用』としてもいいかもしれんですね。

それから、「耐久シリーズ」系にこだわるのは、・リピートする手間が省けること・繋ぎ目が不明瞭なループなので集中力が途切れないこと、が理由です。
CDでもそうですが、一旦FOしてリピート機能でまたアタマから?…でもいいんだけど、没頭してた意識が一瞬ふっと返るんだなー。これは私の気にしすぎもあるんだと思いますが。

普通に背景に流れて良さそうなのはクロノトリガーの「時の最果て」とか、ICO関連ものったりしない静寂系でいいよね。
あとこの前ちょっと短めのメール打ってた時に聞いて良かったのはマリオギャラクシー「Wind Garden」(60分耐久)
個人的に100分聞きたいのは、前も言ったアンサガの「ヴェントのテーマ」、クロノ・クロスの「次元の狭間」です。
聞きたくてあそこずーっとうろちょろしてた(´・ω・) 作るしかないのかー


ていうかこんなん書いてる間にメール書けよって話じゃね?



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他ゲーム音楽トラックバック(0)  コメント(0)
2010'06.05.Sat

【刀語 第六話「双刀・槌」】を見た!

あぁ…1ヶ月何のアレもないまま経ってしまった…もう1ヶ月なの?(´・ω・)と思ったら前回から2週間しか経ってないのに第六話だぜ…でも2週間でも何のアレも(ry

と、自分を軽く追い込んだところで今月も始まりました1ヶ月に1回のお楽しみ『刀語』
メモを取りながら見てたワケでも録画していたワケでもなく・ネタバレという程詳細も書かず、ホントにただの感想なんですがそれでも大丈夫な方はへスクロールを!


~刀語 第六話「双刀・槌」~
※ネタバレ0なワケではないので、バレNGな方はご自衛下さい/(´・x・`)\

<!--六話ネタバレここから>
[あらすじ] 双刀・鎚があるという、蝦夷の壱級災害指定地域である踊山を登る七花ととがめ。
しかし二人は激しい吹雪に遭難しかけ、とがめを背負った七花は凍傷を負い倒れ、危機に陥る。
もはやここまで、といった体の二人を救い出したのは幼い少女・凍空(いてぞら)こなゆき。双刀・鎚を所有する凍空一族の少女だった…。

一方、真庭忍軍の残された忍達が集結し今後の展望・狙うべき変体刀について情報を交換する中、幕府側に仲間を殺されたといきり立った真庭狂犬が単身蝦夷へと向かう。
狂犬の単独行動で、とがめ達と交わした刀集めの同盟が反故になってしまうと後を追う真庭鳳凰と真庭川獺(かわうそ)だったが…


感想 こなゆきちゃんカワユス(* ´Д`)ハァハァハァハァ
キャラデザも細部まで完璧で、一挙一動がとにかく可愛くて悶えました…(゚∀゚)ノ
第五話の件もあり、七花ととがめの距離もぐっと縮まったのか、付き合って2週間のバカップル並に密着度のやたら高いイチャイチャシーンかなり盛り込まれていたのですが、その乙女度が上がっているとがめ嬢をある意味上回る可愛さでした。実況もヤバかったみたいですねこなゆきちゃん。

幼女ばかりかと思えば、風のように現れ雪のように消えたにも関わらず、贅沢なデザインと『刀語』に絶対的に足りないオトナの色気を見た目+声で振りまきまくった真庭狂犬ちゃん…!!全体がイメージカラー紫で統一されてたのも良かったなぁ。
で、この狂犬ちゃんが『自らの身体に這った刺青を介して対象の肉体・記憶・経験を乗っ取る』「忍法狂犬発動」という忍法を使ってこなゆきちゃんと入れ替わったことにより、狂犬ちゃんの精神はこなゆきちゃんの中へ、狂犬ちゃんのセクシーボインな身体は消滅、というとっても残念なカンジであっという間に狂犬ちゃん(外側)の出番は終了、になってしまうんですけど…その幕引きギリギリまでサービスショット満載。絶妙なアングルからの尻ショットがたまらんです…!
(余談ですが、この狂犬ちゃんが憑依した後のこなゆきちゃんデザが、微妙に狂犬仕様に変わるのが芸が細かくてゾクゾクものでした…!)

今回はそんなお姉さん組が魅力を撒き散らしてくれてました。狂犬ちゃんの他には、蝶々さんと婚約していた真庭鴛鴦(おしどり)さん。
おしどりさんには『忍装束でも隠しきれないほどの妖艶さを持つ女』というアビリティが付くらしく、その撮り方も胸からイン太腿からイン!と徹底してました。

そしてもう御一方否定姫様
はっきりと顔は映りませんでしたが出演時間は長く、戸松さんいっぱい喋ってました(・∀・)
乙女椿みたいな、花で彩られた暗く重たい部屋が怖くもあり美しくもあり、でした。あの雰囲気は好きだったなぁ。

で、こなゆきちゃんの肉体と入れ替わった狂犬ちゃんを倒し見事「双刀・槌」を手に入れ、次月目指すはは土佐の「悪刀・鐚」
また次回予告が思い切ったラフで、とっても面白かった第六話なのに、「第七話…どうなっちゃうの…?・゚・(ノ´Д`)」と不安にさせる名予告でしたw

次回は相手がある意味ラスボスなのでまた楽しみです。初めて見た回が第四話だったので、七実おねえちゃんはとっても怖いですむしろ中原さんが怖い

EDテーマはアリプロ。アリカ様にしては、アリカ様色を控えめにした風なバラードに感じました。
EDアニメーションがシンプル且つ綺麗で(これはいつものことですが)、第六話は「雪と六月」がテーマなようでした。
雪の舞う白銀の世界、背中を向けて寄り添う七花ととがめ、そして紫陽花と菖蒲…!?(・∀・)
見れば見るほど面白かったwヽ(゚∀゚)ノ

しかし…こなゆきちゃんがカワイイことで全てを押し通そうとしている第六話だがかわうそくんのサラッと鬱エンドはちっとも見逃せないんだぜ!!!!!
<五話ネタバレここまで--!>


次回第七話放送は7月。今度はちゃんと1ヶ月ですね。
しかしこの第六話も、関東では6月4日放送で、関西では6月23日放送って…どうしてそんなに間が空いてしまうのか…。せめてもう少し間が詰められればいいのに( ´△`)

しっかし「うえもんざえもん」って言いにくいな~w





blogram投票ボタン にほんブログ村 アニメブログへ 狂犬ちゃんカラーでw
刀語トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP