すあまにPOTION

ゲーム音楽やその他いろんな好きなものに想いを紡ぐぼんやりブログです。

TOP > works

[works]20200208/シュデンゲンアンサンブル 第九回演奏会パンフレット

[works]20200208/シュデンゲンアンサンブル 第九回演奏会パンフレット

2020年2月8日開催、Melodies of Crystalさん主催「シュデンゲンアンサンブル 第九回演奏会」(プログラム:「俺の屍を越えてゆけ」+「サガ フロンティア」)パンフレット及び、告知フライヤーを制作致しました。*相変わらず写真の撮り方がアレで恐縮です。どこで撮ったらいいの?外?今回は、2016年秋に開催された「オニオン弦楽合奏団 第五回演奏会」(演目:サガ フロンティア)と、2018年夏に開催された「シュデンゲンアンサン...

... 続きを読む

2020年2月8日開催、Melodies of Crystalさん主催
「シュデンゲンアンサンブル 第九回演奏会」(プログラム:「俺の屍を越えてゆけ」+「サガ フロンティア」)
パンフレット及び、告知フライヤーを制作致しました。

200208syu9th_3.jpg
*相変わらず写真の撮り方がアレで恐縮です。どこで撮ったらいいの?外?

今回は、2016年秋に開催された「オニオン弦楽合奏団 第五回演奏会」(演目:サガ フロンティア)と、
2018年夏に開催された「シュデンゲンアンサンブル 第八回演奏会」(演目:俺の屍を越えてゆけ)の合わせ技、似て非なるモチーフやテーマを再構成し、音楽で『生き様』を表現。
プロ集団のシュデンゲンアンサンブルの皆さんで演奏する、という試みの演奏会でした。

サガフロ・アセルス編の時は完全客席パートでしたが、俺屍の時にはパンフレット作る人として参加させていただきました。
(※ブログ記事/[works]180729/シュデンゲンアンサンブル 第八回演奏会パンフレット http://gyuuhi.blog120.fc2.com/blog-entry-318.html

そういうのってなかなかない巡り合わせなので、無意識に気合いも入るってもんですが
当時の俺屍演奏会の表紙を踏襲してほしい、というご依頼を頂き、サガフロの中世感も織り交ぜて和洋折衷な2020年度版として持っていきました。

200208syu9th_1.jpg
*背景色の黒は、実際は少し赤みがかった暗色です。紫紺~今紫の間くらいかな?

水引の円環や、「シュ」を朱くしているのも2018年版の名残です。

水引は裏表紙にもあるんですが、満を持して「断ち切れますように」の想いを込めて「結び切り」にしています。
2016年オニオン公演にはいなかった零姫ちゃん、なんとなく今回はいそうな気がして『和』のモチーフとして俺屍と合わせたのですが、よくよく見たら零姫ちゃんてそんな和の格好でもないんですよね… …まぁいっか……

200208syu9th_2.jpg
*わざと見えにくくしてるとは言え写真がひど過ぎです。すみませぬ

生い茂る薔薇園の中に佇む、枯れゆく枝垂れ桜。
このあたりのモチーフと構図もご指定頂きました。
2016年オニオンサガフロのパンフも、開くと色とりどりの薔薇が咲き乱れるような紙面になっていて印象が強かったので、そちらに寄せて薔薇を描きまくりました。
向こう2年分くらい薔薇描きました。もう描かない(再びのフラグ)


200208syu9th_4.jpg
*フライヤーも担当致しました。(左/12月くらいから展開)

こちらも「桜と薔薇」というモチーフの指定だけ頂いて、さてどうしようかな~と悩んでいたとこに「おっ!なんか格好良さそう!」と思いつき、砂時計を持ってきました。
オニオンさんのアセルス編の「時の君」に会う章で、『時の調べ』の演奏が印象に残ってたんですよね。で、今回のテーマと合うかな~という気分で引っ張ってきました。(今回の公演では「時の調べ」はやらなかったんですけど)

結果、思いもよらずご好評を頂き本当に有難かったです……
頂いたお褒めの言葉はスクショして大切に読んでます。(知らん人から❤来たらビビると思って…)
最後まで主線を何色にするか悩んでたんだけど、千代紙とか着物の柄みたいにしたくて金色にしました。

パンフレット表紙の桜と薔薇はここからコピ持ってきてたり、描き足したりしてます。
 


200208syu9th_5.jpg
*会館の小ホール入り口におっきくなって張られていました。ありがとうございます…!

200208syu9th_6.jpg
*会館の至るところに掲示していただいてました。恥ずかし!お手洗いにまで…!!😳

他にも駅構内とかいろんな場所に掲示して頂いてたようで、大変恐縮でした。
共催の公益財団法人うらやす財団さまも、本当にありがとうございました…!



にほんブログ村 にほんブログ村へ やってます🌸🥀
 

[works]191027/オニオン弦楽合奏団 第七回演奏会パンフレット

[works]191027/オニオン弦楽合奏団 第七回演奏会パンフレット

2019年10月27日開催、Melodies of Crystalさん主催上條記念館グランドオープン記念公演「オニオン弦楽合奏団 第七回演奏会」(プログラム:MOTHER+UNDERTALE)パンフレット及び、告知フライヤーを制作致しました。*実際はもう少し明るい梅重色です。紅赤ほど濃くはないかな。実物の鮮やかさはご来場くださった方にお楽しみいただければ。(写真の撮り方が下手とも言う)今回の第七回演奏会のお話は、確か2019年の始めに頂いていて...

... 続きを読む

2019年10月27日開催、Melodies of Crystalさん主催
上條記念館グランドオープン記念公演「オニオン弦楽合奏団 第七回演奏会」
(プログラム:MOTHER+UNDERTALE)
パンフレット及び、告知フライヤーを制作致しました。

works191027_1.jpg
*実際はもう少し明るい梅重色です。紅赤ほど濃くはないかな。

実物の鮮やかさはご来場くださった方にお楽しみいただければ。(写真の撮り方が下手とも言う)

今回の第七回演奏会のお話は、確か2019年の始めに頂いていて
第六回演奏会(FF3)に引き続きやらせてもらえるなんて嬉しいなぁ恐縮だなぁと思っていたところに「今回はMOTHERとUNDERTALEをやります」とタイトルを告げられ
フリーズして「あ…そう…ふぅ~~ん…」みたいに軽く流してしまったのを鮮明に覚えています。

だってMOTHERとUNDERTALEだよ?????😵

取り急ぎ奏者募集を始めなければいけない(=急ぎでチラシを作らなけらばならない)こともあって、動揺や緊張の前に「やらねば…!」と奮い立たせ納品したフライヤーがこちらでした。

works191027_2.jpg
*光を飛ばしているので❤の彩度が低くなっちゃってます。

こちらは告知用バージョン。webに転用していただいてもいいように、他に奏者募集ver.、入場無料ver.なども作ったはず…
裏面に奏者募集の要項と、トップ・客演陣の紹介が掲載されてるver.もあったはず…いろいろやらせていただきました。

「なんで(ベースが)青なの?」ってご質問頂いたんですが、これは…青をメインにしたかったというより、MOTHER→UTのボーダーを表現したかったフレンズ…なのです…

因みに、MOTHERとUNDERTALEのタイトルをクロスさせるラフを描いてくださったのは大澤さんです。

 


works191027_3.jpg

お話頂いてから、毎日毎日毎日毎日、ず~~っと、MOTHERとUNDERTALEのこと考えてました。
どちらもプレイ済ではあったので、曲いっぱい聴いたり動画見たり考察読んだりしてました。
二つのゲームの交わるところ、落としどころってなんなんだろう、大澤さんが表現したいことってなんなんだろうって、自分の中にいっぱい引き出しを作って毎日考えてたんです。

ごちゃごちゃになるくらいインプットしたとこで、オニオン弦楽合奏団さんの練習に見学に行って、大澤さんと少しお話させていただいて根底から覆ったとこで 笑
今回のパンフレットが出来たのかなぁ、と思ってます。超難産でした。

まだまだ拙いところはありますが、これが今の私の全力、全ラブです。
たくさんの方にご覧いただけて光栄でした。本当にありがとうございました。
 


works191027_4.jpg

当日、上條ホール入りして(ここまでしてくれるなんて…!😳)とビックリしたんですが
これはMoC運営さんじゃなくて、昭和大学さん側が用意してくださったんだそうです。一層ありがてぇ…!!
いや本当に有難かったです…恐縮…!!

というわけで、もっと熱くて重くてどろっどろしたお気持ちというかセンチメントは、別記事に沈めておきますのでもしお時間とご興味がございましたら…

改めまして、貴重な記念公演に関わることができて本当に幸せで、楽しかったです。ありがとうございました!


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ やってます(ง ˙˘˙ )ว☎
 

[works]190821/「Midnight Blue」アートワーク

[works]190821/「Midnight Blue」アートワーク

夏にお手伝いさせて頂いたのを今頃宣伝で大変恐縮ですがTOSHIHIKOさん作・編曲による「Midnight Blue」のアートワークを担当させて頂きました。(※ブログ告知用に縮小・解像度を下げています。実際使用されているアートワークは高画質です😊)主なディストリビューター(音楽配信サービス)はこちら!◆Apple Music/iTunes Storehttps://music.apple.com/jp/album/midnight-blue-single/1475595416◆amazon musichttps://amzn.to/34Im...

... 続きを読む

夏にお手伝いさせて頂いたのを今頃宣伝で大変恐縮ですが

TOSHIHIKOさん作・編曲による「Midnight Blue」のアートワークを担当させて頂きました。

works08_MB.png
(※ブログ告知用に縮小・解像度を下げています。実際使用されているアートワークは高画質です😊)

主なディストリビューター(音楽配信サービス)はこちら!

◆Apple Music/iTunes Store
https://music.apple.com/jp/album/midnight-blue-single/1475595416

◆amazon music
https://amzn.to/34Imj38

◆Spotify
https://open.spotify.com/track/5OT7kZoWvJb21Zw9eFe46d


※TOSHIHIKOさん曰く、サンプルの音質はApple Musicが一番いいらしい…

 


切なげなピアノで幕を開け、終始大人っぽい雰囲気を漂わせるエレクトロニカな楽曲。
分類は「ソウル/R&B」のインストになるそうです。

「Midnight Blue」というタイトルと、「聴いたままのイメージで描いてほしい」という素敵なオーダーを頂いたので、深い青をベースに制作しました。
描いてる間、すっっっごいリピートしてました。笑


TOSHIHIKOさんとは2011年の4starオーケストラで知り合って、それから一方的に(編曲の人だ🙂)と思っていたのですが
2015年に有志によって開催された「夏空のモノローグ」演奏会にて、主宰①(編曲者)とパンフ担当(私)として再び相まみえることとなり、
その再演となる「Concert under the Summer Sky 2017」で三度再開を果たした…のでありました。

その間不定期に「何か描いてほしいな」とずっと言っていただいてたんだけど、なかなか「ここ!」ってタイミングがなく数年が過ぎ、今回やっとそのご縁に恵まれたのでした。
決まるときはすごいパッパッと決まりましたね。笑


TOSHIHIKOさんの楽曲は海外で聴かれる機会が多いそうで、「じゃあタイトルはそれっぽい筆記体にしようかな~」と提案したのが採用していただけたので、おっ、なんか良かったです😚

夜が更けた時間帯にぼんやり聴くのが一番しっくりくると思うけど、雨の日のアンニュイな昼間とかも合いそう。
是非サンプルをご一聴くださいませ~!


にほんブログ村 音楽ブログへ やってます(*・◡・)

[works]180729/シュデンゲンアンサンブル 第八回演奏会パンフレット

[works]180729/シュデンゲンアンサンブル 第八回演奏会パンフレット

いっこ前の記事に続いて、「夏の思い出」第2弾。夏の思い出であり、お手伝いさせて頂いたお仕事のはなし。その前に恒例のこれ!!!小松川さくらホール裏口入学!!!(#当ブログ4回目の登場)「さては毎回同じ写真なのでは?🤔」って言われないように、コメントを入れることにしました(`・ω・´)(そんなの誰も疑わない)  7/29(日)開催、Melodies of Crystalさん主催「シュデンゲンアンサンブル第八回演奏会」(プログラム:「...

... 続きを読む

いっこ前の記事に続いて、「夏の思い出」第2弾。
夏の思い出であり、お手伝いさせて頂いたお仕事のはなし。

その前に恒例のこれ!!!

180730shu_01.jpg

小松川さくらホール裏口入学!!!
(#当ブログ4回目の登場)

「さては毎回同じ写真なのでは?🤔」って言われないように、コメントを入れることにしました(`・ω・´)(そんなの誰も疑わない)

 


180730shu_04.jpg

7/29(日)開催、Melodies of Crystalさん主催
「シュデンゲンアンサンブル第八回演奏会」(プログラム:「俺の屍を越えてゆけ」より)
パンフレットを制作致しました。

MoCさんの紙モノは、これまでもちょこちょこお手伝いさせて頂く機会があったんですけど、パンフレットに携わらせて頂くのは初めてでした。
今回ご縁があって担当させて頂くことになったわけですが、まさかの俺屍…和物…!!

打ち合わせの時は「和だから水引使っていいすか( ´ ▽ ` )」って言ってたんだけど、ラフ描いてたら、繋がるのと(蝶結び)/断ち切るのと(結び切り)、俺屍の世界ではどちらが正解なのか…んん…ってなって、
結局「loop」ということで「環(円)」にしました。

和物大好きなのでいろいろ盛り込みたいとこもありましたが、自分が好きな「和」と俺屍の「和」は種類が異なるため、割と控えめな感じになったような気がします。

で、「」だけ赤文字にしてたら、デザインを見たO澤さんが『せっかくだから朱と掛けて「シュ」まで赤くしたら』と言ってくださったそうで、この形になりました。

写真の撮り方下手でアレなんですが、地の色は真っ黒じゃなくて黒紅とか烏羽色寄りの黒になってます。
実際にお手に取ってくださった方の目に優しい黒でありますように…

 


ここからは個人的なことも含んで参りますが、ほぼ一年前2017年の7月30日にも、パンフレットやらせて頂いてたんですよね。

180730shu_03.jpg

2017/7/30開催、『Concert under the Summer Sky 2017』
PS2/PSPソフト「夏空のモノローグ」楽曲の演奏会でした(写真左側)。
まだ演奏会感想書けてないです…ごめん…!!

作ってた時のことは「…大変だったなぁ……( ´ ▽ ` )」てことしか覚えてません。笑
でもあれからもう1年、こうやって30日/29日と演奏会のパンフレット作らせて貰えるって結構レア体験なので、すごく有難いことだと思っています。しかも別団体…!

180730shu_06.jpg
下(夏空の)を描いたときに、「もう絶対四季のお花は描かない…」と心に誓ったのに…描いちゃうよね…(上/俺屍)(#色加工してます)

内側のプログラムページは、黒い表紙との対比で金が良い!とのリクエストを頂きまして、屏風絵的なものを描きました。
時期的に、道端でたくさん目に入ってたのが立葵だったので、「夏は立葵だな…」って決めてました( ˘ω˘ )

もう四季のお花は…描かないぞ…ネタもないし…(フラグ)

---------------------------------------------------


180730shu_05.jpg
裏表紙。
(皆さん本名で活動してらっしゃる方々ですが、一応モザイク)

作ってて何が一番幸せだったかって、この錚々たるシュデンゲンメンバー+安心信頼のMoCスタッフと名前を連ねられたことですね!!!

奏者さんたちのお名前打ってる時の私のにこにこした顔、お見せしたかった…😊(いや基本コピペなんですけど)
だってガチめにシュの皆さまのファンなんですもん…大好きなんだもん……


と、O澤さんの方で俺屍演奏会の動画をいくつか上げてくださってますので、演奏会行った方も行けなかった方も是非ご覧ください…!


室内管弦楽による「俺の屍を越えてゆけ」 第一楽章

シュデンゲン「アンサンブル」なので、1声部に1人の少人数編成です。
大人数のオーケストラに比べると、音の厚みや迫力をイメージしづらいかもしれません。
でもシュの皆さんお一人お一人が相当なチートキャラであること、編成に合った箱(会場)で演奏されることで、「イメージなんて無駄なんだな」と、いつも思わされます。

各パート担当にお一人なので、チートキャラ一人一人の音が鮮明に届いてきます。
合奏に馴染みがない私のような人間でも、「これは(楽器名)がメロディだ」「(楽器名)と(楽器名)の二重奏だ」と、すぐ気付くことが出来る。
きょろきょろと音の出どころを探すことなく、演奏に意識を集中させられるというのは結構ありがたいことではないかと思います。

そして開演から終演まで追い掛けているうちに、その楽器、演奏者に心惹かれる。
動画も良いんですが、是非シュの演奏は生演奏で…!音を直に浴びること、その凄まじい音色によってゲームの追体験をする、これに勝る歓びはありませんことよ…!✨

 


180730shu_02.jpg
小松川さくらホールに至る小松川公園、7/29の夏空。

この日はあまりにも暑すぎて、駅前のコンビニでアイス買って、日傘差して食べながらホールに行きました。大人なので🍦
確かに一年前も暑かったけど、今年の比じゃない…!!!

そんな超酷暑の中、演奏会を作り上げてくれたMoCスタッフの皆さん、シュの奏者の皆さま、そしてお越し下さったお客さま、本当にありがとうございました…!



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ やってます(*・∀・)