2018'04.27.Fri

自分に還るインプットの如月[2/3]

「2月!いろいろあったぞ!」メモのつづき。

1ヶ月のことをまとめて書こうとしたら長くなったので分けてます。学習しない

・2/11 ぐろりあん 
・2/12 ハイキュオケ   前の記事
・2/12 てらベストライブ
・2/14 バーフバリ    この記事
・2/24 お芝居観に行った ↓次の記事
・2/25 RdM

◆ぐろりあん+ハイキュオケについての前日記は👐こちら

 


2/12夜 てらベスト リリースライブイベント



ハイキュオケが終わった後、寒さに震えながら蒲田を離脱。
次の目的地・渋谷へ!がんばれ!頑張れおれの脚…!!🏃

180212_tera01.jpg
gee-ge.のスタッフさんテキパキしていい人ばっかりだった。

アニメ劇伴→舞台劇伴のライブ!!(※重要)
劇伴と劇伴のライブをハシゴ出来るなんて、いい時代になったものだ…

というわけで夜は、エンターテインメントユニット・「てらりすと」さんのライブへ。
作詞とお歌の新良エツ子さんと、作曲の和田俊輔さんのユニット。個々でも活躍してらっしゃいますが、お二人で組むと、主に舞台に劇伴を提供したりライブしたりするチームに変わります。

今回は、その提供楽曲やオリジナル作品を集めた、ベストアルバム2枚のリリースライブなのでした。

ちょうど2年前に行われた、和田さん個人のサントラライブ。
そちらは、和田さんがキーボードを演奏してるとこに多彩なゲストが参加する、というものでした。
(感想も書きました→これ😊(2016/03/30))

-----------------------------------------------------------------------

今回は、打ち込み音源に合わせてエッちゃんが歌い、ゲストの三國茉莉さんが時折ヴァイオリンを弾き、たまに和田さんがパソコンを確認しに来るというスタイル。笑

しかも、『実際の舞台映像と共にお届けするスペシャルライブ』ということで、関係各位が尽力して許可が下りた映像が全体の1/3くらい?流れます。
いろんなジャンル・劇団の舞台劇伴を多数手掛けてらっしゃるので、当然観に行けない作品もあり…それを映像付きの生歌唱で堪能出来るのは有難いことです。

てらベストに収録されている楽曲は、舞台のオープニングとかメインテーマとか、いいイベントシーン曲とか、今で言うとこのキャスパレだったりするので、どれもこれもインパクトがあってキャッチー。
一回聴いただけで耳に残るし、それぞれの作品世界に一気に惹き込まれていく……

MCやトークコーナーは挟むものの、テンションや声色を変えて2時間近く歌い続けるエッちゃんのパゥワーは凄まじかったです。(お酒も入る)

あと生のエッちゃんはホントに可愛いし砂時計みたいな身体してる(@あめくさん)

180212_tera03.jpg
セトリ!クリックで少し大きくなる。

トークコーナーのゲストには、脚本・演出家の末満健一さんが登場。
こうやって間近にすえみつ氏見るのも2回目だなっていう…(劇場で見たとかいうのを含めればもっと見てるけど)

また和田さんとの出会い・デス電所から現在に至るまで、劇伴発注の話とか盛りだくさんにトークされてました。
すえみつ氏と和田さんとエッちゃんと言えば『TRUMP』シリーズなんで、その制作裏話とか、変拍子がいかに歌いにくいか踊りにくいかの話とか。

「変拍子の話なんて興味ないですよね~?」ってエッちゃんが気を遣って客席に言ってくれてたけど、ご馳走ですありがとうございます。





すごくないですか???

わたし昼にその林ゆうきさんのコンサート聴きに行ってるんですよ???

林ゆうきさん(アニメハイキュー!!)と和田俊輔さん(舞台ハイキュー!!)で、本日はハイキュー繋がりだなへっへなんて思ってたけど、このてらりすとのライブではハイキュー楽曲はやらないって分かってたし(てらりすととしては楽曲提供はナシ)、この奇跡のコンボに気付いているのは私だけだろう…!😌
なんてワクドキしていたら和田さんからのこの!告白!!

一人で勝手にはわわ~ですよ!!
むしろ12日、同ルートをキメた方がいたなら是非お茶から始めたいのでご連絡ください!!!!☕


以前も書いたけど、ちょっとハイキュー音楽の話します。
林さんと和田さんの音楽って全然違うんだけど、「ハイキュー!!」に関してだけは同じ頂を目指しているように聴こえるんです。
アニメ(林さん)と舞台(和田さん)と、別々の地平から「ハイキュー!!」という頂の景色を目指している。そのアプローチが似ているように感じる。

まったく別の劇伴が響いてもいいはずなのに、「ここ」というシーンでは同じ方向を向いて音の世界を繰り広げていくのが、言葉に出来ないくらいすごいなぁと常々感じていたので、和田さんの突然の林ゆうきさん発言にはぴゃっとなりました。すえみつ氏とエッちゃんにはスルーされてたけど。笑


180212_tera02.jpg


大体このライブ、CDアルバム2枚+ライブチケットで計7,500円って、どう考えても価格破壊なんだよなぁ( ◜ω◝ )
(二人の直筆サイン入り20Pの大判ブックレット×2と、全曲解説トーク音源のQRコードまで付いてくるお得感✨)

青い方が「和田セレクション」で、しっとり切なげ優しいバラードが多い"B"
赤い方が「新良セレクション」で、ポップで激しい上がる曲が多い"R"

落ちてるとき、元気出したいとき、いろんなシチュがあるだろうけど、私的には
夜中に聴くのがオススメです!!💪🏼

和田さんの楽曲の振り幅と、エッちゃんの七色の歌声と鬼のような表現力をじっくり味わえる!
そしていつの間にか、てらりすとのめくるめく楽曲世界に浸されてるのです。

全体的に民族系(和も含め)・ゴシック系が強めかなぁ。あと和田さんがアイドルちゃんの曲も多く手掛けてるから、それっぽい曲、アニソンっぽい曲もちらほら。

CDもダウンロード販売も配信もあるので、視聴だけでも是非に!!!!!✨

◆てらベスト vol.2 "B"&"R"特設サイト https://www.terabest2.com/

-----------------------------------------------------------------------

ライブ終演後の物販で、かっわいいバンギャのスタッフさんに「……SideMですか??」って尋ねられて、えっ?😃って思ったらこの日は315プロNightドラマチックミーティングのトートバッグを使っていたのでした!(お気に入り)
可愛いお姉さんはレジェPさんでした。物販のとこだったから長くお話出来なくて残念だったけどレジェなら古論さんが好きですお姉さん!!!🐟

あと、2年前の和田さんライブの時にはお手紙一つ持って行けなくてしょんぼりしてたんだけど、今回はお手紙しっかり書いて誕プレも付けて、ついったでネタにして頂けたので良かったです。大満足!(*・◡・)
和田さんが仕事し過ぎなので、ライブする時間がなかなか取れないんだろうけどまたこういう機会があると嬉しいし、もっとみんなに見て聴いて楽しんでほしい…!


予定入れてたときは無茶したな~って思ってたけど、この2月12日、ハイキュオケ→てらベストライブとハシゴ出来て、本当に本当に良かった。

 


何の予定も入っていない13日は、流石に足腰が逝っていたので静養デーにしました。
で、北へ帰る14日、特急乗る前に~~!

2/14 バーフバリ 王の凱旋



180214_bb.jpg

バリバリバリバーフーバーリー

2017年年末から公開されて、ついったランドで話題沸騰だった『バーフバリ』。
何度か上京してる時に観られないかな~と狙っていたけど、タイミング悪く全然行けなくて「縁がないのかな~」と諦めてました。

と、ロングラン上映+新宿ピカデリー様の特別興行のおかげで観られることに!フルチャン!!👳🏾

予約開始の時にはガラガラだったのに、やっぱり満席だったバーフバリ。すごいな~。
結局上京の最初(キングスマン)と最後(バーフバリ)に新宿ピカデリー様にお世話になるっていう…ありがたや…まんまと会員になったわ。

バーフバリの感想はそこそこで(あ、でもすっごく楽しかったです!北に帰るまでは足痛くなかったから回復効果もあった!)
「称えるほどでも…」と言いつつ、結局辛抱たまらずその晩にはサントラを購入してる始末。1回しか観てないのに、曲聞くだけで該当シーンが鮮明に思い出されるインド映画すごいなぁ。
すごく上がるから映画観て買ってない人はDLした方がいい~。是非好きな言語で!


1~2週間後、短期間でギュッと楽しかった反動が来てメンが落ちてたらしく(膝も痛かったので)、オフトゥンの中で『オープニング』を覚えていました(私はマラヤーラム語!)

『バーフバリ大賛歌』もいいんだけど歌い分けしないといけないしさ…即上がるのは大賛歌の方だけど、オープニングは染み渡るように雄大で、全身に力が溜まっていくのを感じます。何言ってんの…?
とにかく、是非どこかのアマチュア合唱団体氏に歌って頂きたい!!!
大好きなのは『Ore Oru Raja』(飛行船ロマンス)です!

早く「伝説誕生」も観たいなぁ~(観れてない)
しかしインド音楽、公式側YouTubeで映像と共に歌を配信してくれてるのすごいねぇ。


ところで、バーフバリさん(プラバースさん)が、ほぼ毎日会ってる従兄弟にそっっくりだったので、あまりの衝撃に序盤は内容が入りにくくて…
顔の造りはもちろん髪質からヒゲの生え方からそのものだったので、ずっと「(従兄弟)や……」ってうろたえてました。
違うの身長と肌の色くらい。(でも外仕事の人だから近いっちゃ近い)

しかしこっちではバーフバリやってないから、本人がバーフバリさんに似ていることは知る由もないのであった…。

-----------------------------------------------------------------------

というワケで次がラスト!
「お芝居観た編」と「RdM演奏会客席パート編」です!( ´ ▽ ` )ノ



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ ブログランキングならblogram やってます(*・∀・)
 
一般アーティストトラックバック(0)  コメント(0)
2016'03.30.Wed

和田俊輔 Music Live「サントラセッション!!」に行ってきた(*´◒`*)

同日1月30日午後開催の「ルセッタアミュゼ吹奏楽団・10周年記念演奏会」終演後、
急ぎ足で向かったのは渋谷!
目指すは『和田俊輔 Music Live「サントラセッション!!」』!。・*・:≡( ε:)

舞台音楽を中心に、ミュージカルや映像作品、アーティストへの楽曲提供などでご活躍されている和田俊輔さん(http://wadasyun.com/)。

その和田さんがこれまで手掛けられてきた、数々の楽曲でライブしちゃおう!
更に親交あるアーティストさんや、実際の劇伴Recに関わった演奏家さん達をゲストに招いてセッションライブにしちゃおう!!

…という、とっても贅沢な趣旨のライブなのです!ヽ(*・∀・)ノ

確か12月の半ばにライブのチケットが発売されたんだけど、開始数時間で完売→追加の立見席も即完売になるという、予想以上の大盛況!そりゃあね…!
余裕を見て申し込もうとして、結果涙を飲んだという方も多かった模様…(*´・ω・)

会場の詳細を見るに、キャパ50名↑くらいだったのかなぁ…。
その狭き門をヤー!と潜り抜け(というか先着順で頑張って)、内容がまったく予想できない初ライブ!参戦してきました!ヽ(*´∇`*)ノ

160130wada_01.jpg
なんか神谷さんの「舞」の字がすごくゴージャスなことになっているのは気のせいだろうか(・∀・)

------------------------------------------------------------------

私が一番最初に和田さんの劇伴を聴いたのは、…『TRUMP』が最初かと思ってたけど『VISUALIVE「ペルソナ4」』が先だったわ。
その後は『チョンガンネ』と『我らジャンヌ』と、柿(喰う客)さんの舞台とか『LILIUM』とか…

和田さんの劇伴お目当てで、行きたいけど行けなかった舞台もいっぱいありました…(´つω・`)
とにかく筆が早い方なので、興行の規模関係なく、大御所の舞台から2.5次元ミュージカルまで何でもこなしてしまう…!
なので全部追い掛けるというのは、ファンの方でもなかなかハードなんじゃないかと思います。
でも、和田さんの劇伴ありきで舞台観に行ってる人もいっぱいいらっしゃるんだろうな~。

現在だと、「ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"頂の景色"」や、「東京ワンピースタワー」内ライブアトラクションの音楽を担当していらっしゃいます。
三田佳子さん主演の「スーベニア」とか、商業演劇の音楽を書かれることも多い方です。

ジャンルを問わない色とりどりの楽曲たちもそうですが、和田さん御本人から滲み出まくってる、ほんわ~(*´∀`)としたお人柄の良さ、前向きな優しさや天然穏やかな雰囲気も魅力の一つではないでしょうか。

今回のライブはそんな和田さんを生で拝めて、聴いたことのある楽曲も初めての楽曲も全部生演奏で楽しめる!
こんな貴重な機会はなかなかないです。ありがたや!( *´艸`)


というワケで、続きからライブレポ(感想)でございます!
拙ブログに初めてお越しの方はじめまして!
長いですので、ご覧になって頂くときはお時間あるときにどうぞです~!( ´ ▽ ` )ノ
 
 ...READ MORE?
一般アーティストトラックバック(0)  コメント(0)
2015'12.26.Sat

art-vox活動休止ライブに行ってきました(*´・∀・)

先日12/6は、アイマスsideMの1stライブ(ライブビューイング)、
翌12/7は、art-vox活動休止ワンマンライブに行って参りました。

12月初旬から、ライブとかお友達との鍋とか予定を詰め込んで、その締め括りがこちらのライブでした。
しかして、もー脳みそが全然舞浜アンフィから帰って来られなくて(※行ってない 見ただけ)、こんなんでライブ会場の川口行けるのかしら…と思いつつ、人生初の川口に参着。

------------------------------------------------------------------

というわけで、今回はベーシストAKIRAさんのソロプロジェクト!
「art-vox」さんのライブの話。

私がAKIRAさんのベースを初めて聞いたのは、2013年1月の『DeepCrystal2ndLive』でした。

その頃から「うわぁ(*´Д`*)」と思っていたんですが、その半年後の『Playing Kikuta Works!』で完全に落ち、終演後「ワンチャンや!」と興奮して、神永さんやAKIRAさんとお話させて頂いたりもしたのでした。


その後は、4☆2015の『Playing Works! Best Vol.02』
光田さん作家20周年記念ライブ『THE BRINK OF TIME』などに参戦して、いろんなベースプレイを拝見してきました。

今年9月に行われた、『LIVE・A・LIVE・A・LIVE 吉祥寺篇』
この時バンマスを務めてらっしゃったのはAKIRAさんで、一緒に出演されていたのがart-voxの皆さんだったのですが、このメンバーがそのままワンマンライブに参加されるっていう、なんと贅沢な活動休止ライブ…!!

これまでにもart-voxのライブには何度かお誘い頂いてまして、でもどーしても都合がつかず涙を呑みつつ申し訳ない気持ちでいっぱいだったんですが、3年近くの時を経てようやっと参加できるのが活動休止ライブとは…!!!(´;д;`)フガイナイ

------------------------------------------------------------------

20151207ab.jpg

今回は、来年渡米される鍵盤の田島岳さんの送別会(壮行会?)を兼ねた、
川口ショックオンでの活動休止ライブとなりました。

シッティングで飲食しながら音楽を楽しむ、ちょっと大人な雰囲気の中でのライブ。
私自身がそんな雰囲気に慣れておらず場違い感すごかったけど、始まってしまえば関係なく楽しかった…!
(いつもはスタンディングで頭を振りながら森の中に隠れる系なので)

本当に普通のお客さんのテイで行ったので、お酒飲んで楽しんでてメモも取らずで恐縮なんですけれども

休憩を挟んでの2部構成。全部で10曲くらい演奏されたのかな。
「art-vox」の音楽はジャンルで言うとフュージョンとかなのかな…ジャムセッションしながら各々が掛け合っていって、ところどころ元のルートに戻ってきちっと魅せる、というのが基本体系。
曲調によって、個々のテクニックや誰かとのコンビネーションを披露する…っていう展開は、技術と信頼関係がないと成り立たないのでとにかく熱いです。

事前にAKIRAさんがTwitterで「自分のオリジナルは少なからずゲーム音楽に影響を受けているので…」と仰っていたけど、確かにどこか懐かしいような、身体にスッと馴染んで心地良い楽曲が多かったように思います。


ステージ後方の右と左、風神雷神のように添えられたパーカスのお二人。
渡邊さんのdsは瑞々しくて、オカジさんのperは情熱的。ウィンドチャイム捌きが凄まじかった…
シンセとかじゃなくて、オカジさんがアナログで波の音出してるのちょっとキュンとしちゃった。私の席からは渡邊さんのドラムがあんまり見えなかったので、いずれリベンジしたい…!

光田ライブでもご活躍だった、宮本憲さんのギター。
音のみならずパフォーマンスの静と動のギャップが鮮やかで、見入っちゃう場面が何度もありました。

トロンボーンの石戸谷さん。これぞTb!というような、エネルギッシュで温かい音が何度もソロで聞けて幸せでした。TpとFhも吹いてらっしゃった。
紅一点の山﨑さんはサックス吹きさん。きりっと端麗な容姿に、パワフルでしなやかな音色がすごく合います。
管楽器はこのお二人だけなんだけど、大音量の中まったく埋もれずに輝いていて、繊細な表現なんかも綺麗に聴こえてきたのが素晴らしかった~。

そして並んで鍵盤組、奥にはシンセサイザーの岩谷さん。
パッと見、失礼ながら他のメンバーよりちょっと壮年以上かな…ってお見受けするんですが、そのプレイはとってもアグレッシブで私の大好物そのもの!!ヽ(*´∇`*)ノ
手前に今回の立役者、キーボードの田島岳さん。
岩谷さんの情熱溢れる激しいプレイに対して、田島さんのプレイは一見淡々としてるんだけど、ジャムしながらメンバーを窺う表情や視線に熱さを感じました…
シンセとキーボードはちょっと違うから「鍵盤」でまとめちゃうのは乱暴なのかもしれないけど、この鍵盤お二人のバランスが素晴らしかったので、また是非聴いてみたいと強く思ったのです…!

art-vox主宰、ベースのAKIRAさん。
もう抽象的な言葉でしか感想を書けないので音楽的なことは他の方にお任せするとして!ヽ(´▽`)/
いつも思うんですが、AKIRAさんのベースは、音の重力を付けるというかを容易く操るというか。
まさにベース!というように、抉るようにズシンと響かせて沈ませたかと思えば、羽根のようにふわりと舞って光を散らす。
極太のワイヤーのように貫いて支える慎ましやかなシーンがあれば、細い糸で軽やかに紡いで束ねていく華やかな見せ場もある。

今まで色んなライブでその多彩な音色を聴かせて頂いていましたが、オリジナル曲だとそれが更に色鮮やかに体感できるんですね。

アンコールラストの曲は、これまでのようにジャムしながら徐々にそれぞれのプレイヤーさんが高め合っていく楽曲でした。
少しずつ天に昇っていくような、浄化されていくような心地になってもう涙目…
…だったのに!!そこをクールな表情で軽快に駆け抜けていくAKIRAさんのスーパーテクニックが、飄々としたプレイがもう凄すぎて、口開けて見てました…。涙はどこへ…(・ω・)

------------------------------------------------------------------

ライブ終演後、AKIRAさんと菊田ワークス振りにお話させて頂きました。(2年以上振り…)
今回のライブの感想はもちろん、ベースとして参加されている、クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレンジアルバム『ハルカナルトキノカナタへ』の感想も直でお伝えすることが出来たし、
(もーホントにすごいんですよAKIRAさんのベース皆知ってると思うけど)
その流れでちょこっと「光田さんがどれだけ人格者でいい人か」の話にもなったし。笑

話ちょっと逸れますけど、2013年の『DeepCrystal2ndLive』の時にも、SJBで「遥かなる時の彼方へ」演奏してるんですよね。
それから数年後光田さんライブで、「ハルカナルトキノカナタヘ」で、その延長線上で今日光田さんのお話をされるAKIRAさんを見るのは、私全然関係ないけど何だか感慨深いものがありました…。


渡米される田島さん含め、今回のプレイヤーさんが皆さん本当に凄い方ばかりだーというのは、ほんの数時間で把握出来ました。
その『AKIRAさんが好きな人たちと生み出す音楽』の渦の中にちょこんと座って、その場で作り上げられる音楽を体感出来るという幸せ。
分かってることだけど、改めて「音楽って楽しいんだなぁ」と、目で耳で身体全体で感じられる空間でした。
ほんっとーに楽しくて幸せだった!ここから一人家に帰る切なさなんかなんちゃらないないだよー!ヽ(・∀・)ノ


「またいつか、art-voxのライブに行けるのを楽しみにしてます!」という話もしました。
あくまで『活動休止』ですし、この形でなくてもメンバーの皆さんはそれぞれ活動してらっしゃるし、AKIRAさんも「いろいろ動いてます」と仰っていたので、また近い未来、皆様の音楽に触れられる機会を楽しみにしていきたいと!思います…!╰(*´︶`*)╯


そんでまーまたショックオンがいいライブハウスでして…
テーブル席やカウンターで飲食しながらのライブだったんですけど、音響ちょうどいいしご飯もお酒も美味しいし、店員さん達もお客さんもあったかいしですごく居心地良かったです…。

PAだけかなーと思ったら、結構照明の演出も凝っていて、終始雰囲気ありました。
某2○83の人がいらしたので、「ここで何かやってくれ」と無茶ぶりして帰ってきました(酔)

------------------------------------------------------------------

そんなAKIRAさんも参加された光田さん20周年ライブや、4star2015の映像をダイジェスト版で流しつつ一年を振り返る、『2083ch年末生放送スペシャル2015』が、
12月27日19時よりニコ生で放送されますよっと!ヽ(*´∇`*)ノ

◆2083ch年末生放送スペシャル2015 http://nico.ms/lv246272557

今回のライブでの発見の一つが、「AKIRAさん実は声がいい」ということヽ( ´∇`)ノ
声がまろやかで落ち着いていて素敵なところに、喋り方も穏やかだからより聴きやすいんでしょうか。

ベースと合わせて、そんなお声を聞ける機会に今後も恵まれますように!
改めて、楽しいワンマンライブを有難うございました!+お疲れ様でした!!
art-voxの皆さまの今後のご活躍をすみっこの方から、力いっぱいお祈り申し上げます!(*´◒`*)


blogramのブログランキング にほんブログ村 音楽ブログへ やってます(*´・∀・)
 
一般アーティストトラックバック(0)  コメント(0)
2015'07.13.Mon

TSUKEMENファン感謝祭に行ってしまった(´v`♪)

夏めいてきた先日7月6日(月)、『TSUKEMENファン感謝祭』に行ってきました!ヽ(*´∇`*)ノ

tsukemen_150706a.png
(三人ともすごく可愛くて描きたくなっちゃった……)

TSUKEMENさんは、2挺のヴァイオリン(TAIRIKUさん・KENTAさん)と1台のピアノ奏者(SUGURUさん)からなるインストゥルメンタル・ユニット。
PAを通さず生音で演奏することを信条としているそうで、その音を届けるためなのかな、割と小さめの箱で年間にたくさんのライブをこなしてるんだそうです。

御三方とも音大出身とのことで、クラシックはもちろんのこと、映画音楽、アニメ・ゲーム音楽まで演奏してくれるというのがこちら側の人間としてはとても嬉しい!ヽ(・∀・)ノ

-------------------------------------------------------------

今回のファン感謝祭は、TSUKEMENさんたちメジャーデビュー5年目にして初のフルオリジナルアルバム、「Op.1~FRONTIER~」を購入して~同封の応募券を送って~当選した人(150組300名)が参加できる、という趣旨のイベントでした。
で、なんでこんなアウェー感満載のイベントに行ったかというと

SAMSARAですよ!!!!!



この「Op.1~FRONTIER~」に曲を提供していたのが、私のいつだって嫁にしたいと目論んでいる近藤嶺さんだったワケです。それが『SAMSARA』

つけめんさん公式PVを見た時から、「いつかライブに行って五体投地で生で聴かなきゃいけん…!!((*;゚Д゚))」とぶるぶるはしていたんです。
その前にアルバムが出て、そういう応募券が入ってたから出してみたら…有難いことに当たったよね!(ノ´▽`*)

本当は普通にお客さまとして行って帰ってくるつもりだったけど、選ばれた人しか行けないライブだしせっかくなので…と思ったら結局感想書いてました。
いつもよりはプレーンな感じですが長いと思います~。
お時間ある方はどうぞ~♬( ´ ▽ ` )ノ
 
 ...READ MORE?
一般アーティストトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP