--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2014'02.20.Thu

【金管五重奏】『エムパイヤ・ブラス』聴いてる(*´ω`*)

わいわーい!
ずっと欲しかったCDが届いたのでご紹介!(*´∇`*)

1815202.jpg
『エムパイヤ・ブラス/ブラス・フェイバリッツ(1989)』

「エムパイヤ・ブラス」が団体名称です。
このCD自体は2002年発売の再販版だけど、1989年版と共に廃盤+品切れで、ずっと定価以上の値が付いていて手出しにくいな~って思ってたとこに突然の値下がり!(※定価に)
買うっきゃナーーー!三(ノ・∀・)ノとポチッと致しました!

紹介サイト等がほぼ英語なので詳細を説明しにくいんですが改めて。
「エムパイヤ・ブラス」は1973年創設、アメリカの第一級金管五重奏団です。
トランペット/トランペット/ホルン/トロンボーン/チューバ、で五重奏。(このCDでは+パーカッションですが)
時たまメンバーチェンジを繰り返しながらもう40年。このCDジャケットだと全員男性ですが、現在はホルン奏者が女性の方です。
ヨーロッパやアジアなどへのツアーも行っていて、初来日したのは1982年なんだそうです。

◆ Empire Brass オフィシャルサイト(英語) / http://www.empirebrass.com/

-----------------------------------------------------

で、私が「エムパイヤ・ブラス」の演奏に出会ったのは確か中学生の頃でした。
おそらく彼らが精力的にツアーをしていた頃で、この田舎のおらが村にも!エムパイヤ・ブラスが来たのです!!ヽ(・∀・ )ノ
私や弟が学校の合奏団的なものに所属していたこともあり、母がチケットを取ってくれたのです。このあたり、演奏会情報を見つけて自分で行きたいと言ったのか母が連れて行ってくれたのか定かではないけど。

席数1000弱のホールは満席…ではなかった気がするけど、まあおらが村だからなー、でもこの音を聞けない吹奏楽関係の学生が何人もいたと思うと口惜しい、そういうステキな音が会場いっぱいに響いていたことは今でも思い出せます。
豊かで、テクニカルで、とにかくこんな金管の音色聞いたことない。たった5人で演奏しているとは思えない素晴らしい楽曲の数々。

会場で偶然、同じ吹奏楽部の同級生と会い、彼らのCDを買ったと聞き後日そのCDを借りたのです。
それがこの『ブラス・フェイバリッツ』でした。

-----------------------------------------------------

1. 貴族たちの行進~歌劇「ムラダ」から(リムスキー=コルサコフ)
2. だったん人の踊り~歌劇「イーゴリ公」から(ボロディン)
3. カウボーイの休日~バレエ「ロデオ」から(コープランド)
4. 道化師の踊り~歌劇「売られた花嫁」から(スメタナ)
5. アニトラの踊り~劇音楽「ペール・ギュント」から(グリーグ)
6. 朝の踊り~バレエ「ロメオとジュリエット」から(プロコフィエフ)
7. シンプル・ギフト(コープランド)
8. 結婚/トロイカ~組曲「キージェ中尉」から(プロコフィエフ)
9. アラビアの踊り~バレエ「くるみ割り人形」から(チャイコフスキー)
10. ナポリの踊り~バレエ「白鳥の湖」から(チャイコフスキー)
11. 凱旋行進曲~歌劇「アイーダ」から(ヴェルディ)
12. パヴァーヌ(フォーレ)
13. 闘牛士の歌~歌劇「カルメン」から(ビゼー)
14. スラヴ舞曲 第8番(ドヴォルザーク)
15. ハンガリー舞曲 第5番(ブラームス)
16. エスタンシア(ヒナステラ)
17. 亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)
18. キエフの大きな門~組曲「展覧会の絵」(ムソルグスキー)


有名なクラシック音楽の数々を「エムパイヤ・ブラス」式に演奏した一枚です。
これがねーホントに素晴らしくてね~ 当時借りてカセットにダビングして何度も何度も聞いてたんですが、あまりにもこれを聞きすぎて、「金管楽器は皆こういう音が出るもの!」と思い込んでしまい、その後の矯正がなかなか大変でした(ノ´∀`*)

カセットテープを聴ける機器から遠ざかって数年、しばらくぶりにフルで聴きましたがやっぱり素晴らしいです。

5つの音がとにかく繊細で柔らかくて鮮明。今まで聴いてきた金管楽器の音ではないのです。

ソチ五輪の開会式でも使われた『だったん人の踊り』では、蕩けるように歌うトランペットソロやトロンボーンソロの響きにうっとりします。それが絡み合うんだから贅の極みです。

パーカッションと良いコンビネーションを響かせる『カウボーイの休日』
一流の技術の髄を聴かせてくれるのは『道化師の踊り』。普通クラリネット等の木管で演奏されるであろう、冒頭の高速ジェットコースターのような音の連なりを、なめらか且つクリアにトランペットが演奏します。これがとんでもない。
『アニトラの踊り』でも同様に、まるでピアノを弾いているかのような、高低差を物ともしない2本のトランペットの表情豊かな旋律に驚かされます。

トランペットだけじゃありません、ロミジュリの『朝の踊り』のホルンの伸びやかに高いこと!
有名曲『ハンガリー舞曲 第5番』では、冒頭から主旋律を担当するのがトロンボーン、続いてホルン。まろやかで安定感のある中低音に絡む2本のトランペットは丸みのある優しい音色だし、終始支えるチューバがまたスゴイんです。音が上下しても明瞭。うーんわかんない、スゴイんです(・∀・)

管弦楽+合唱が原曲であるフォーレの『パヴァーヌ』なんかは、崇高で気品溢れるDQの宮廷音楽のような一曲。それが、柔らかく清廉な金管五重奏で演奏されることでより厳かになり、ダーマ感が増します。

バレエ音楽の『エスタンシア』は、DQの塔みたいな出だしの(またか)「IV.終曲の踊り〈マランボ〉」を演奏。キラキラした金管五重奏によって綺麗に刻まれる、不思議な音程と変拍子に目が冴えます。

個人的に、クラシックの中でも三指に入る好き曲『亡き王女のためのパヴァーヌ』
管弦楽やピアノで演奏されることが殆どだと思いますが、このエムパイヤ・ブラスによる演奏のインパクトが強すぎて、私にとっての『亡き王女のためのパヴァーヌ』は、「エムパイヤ・ブラスの『亡き王女のためのパヴァーヌ』」だったりします。
天からゆっくりと降りてくるような高音のホルン、それに寄り添うトロンボーン。管弦楽だとこの冒頭をホルンが担当するのは珍しくないことですが、「ホルンってこんな尊い音が出るんだ」と衝撃を受けたのはこの演奏が初めてでした。
穏やかな中間部を抜けて再び主部へ、ここを担当するのはトランペットの甘美な高音。絹糸のようなその音色は、ソプラノサックスやフルートの如く涼やかで透明感があり、改めて金管楽器の表現の幅や可能性に感嘆します。
全部まとめて、天から降り注いでくるような、清らかなものに包まれます。なので、「エムパイヤ・ブラスの『亡き王女のためのパヴァーヌ』」には召される心地になるのです(*´ω`*)

もちろん、『貴族たちの行進』『凱旋行進曲』『闘牛士の歌』『キエフの大きな門』のように、「The・金管楽器」と言うべきパリッとした勇ましく華美な曲/音も楽しめます。
主旋律/副旋律/リズム/ベースという、基本に忠実な編成での曲を聴くと、改めて彼らの演奏技術の高さを思い知らされます。

勇ましく陽気な曲ばかりではなく、暗く重たい曲、静かな曲も入っているので、技術面と共に表現力の凄まじさも堪能できるのが素晴らしいです。
自分が数聴いてないこともありますが、金管=鋭い音、華やかな音のイメージしかなかったものを払拭してくれたのは間違いなくエムパイヤ・ブラス。
専門的なことが語れず抽象的な表現になってしまうのがアレですが、是非機会があればこの繊細で、まろやかで、鮮やかで、とろけるような金管の音色を味わって頂きたいです(*´∀`)

当時に比べたら今は、ゲーム音楽の演奏会始め、高校の吹奏楽部公演やプロ楽団の公演等、アマプロ問わず演奏会に行く機会も増えましたが、「金管五重奏」という括りではなかなか食指が動かないと思うので、あの年齢でこの演奏を聴けたことに改めて感謝だなーと思うのでした。こうやって未だに引きずってるんだもの!ヽ(´∇`)/


これからも、代替わりしても「エムパイヤ・ブラス」が長く続いて、そしてまたいつの日にか来日してくれたらいいなぁと思うのでした(*´∀`*)

-----------------------------------------------------

む、思ったより長くなっちゃったな(*・ω・)
中学生時は、あまりにも彼らに夢中になりすぎて下敷きにホルンの方の切抜きを入れていたほどでした(今回のCDのホルンさんとは違う方だけど)。

当たり前ですが、もっともっと素晴らしいクラシックやアンサンブルの世界が広がっているんだと思います。
見識を広めるためにも、やっぱり色々聴かなきゃですね…数が膨大過ぎですがヽ(´∇`)/


  


にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ ブログランキングならblogram やってます(*`艸´)
 
スポンサーサイト
クラシック・吹奏楽トラックバック(0)  コメント(0)
2012'01.20.Fri

毎週日曜は「平安プログレ」!ヽ(・∀・ )ノ

年も明けて辰年2012年、20日も経ってますが…寒中お見舞い申し上げます!ヾ(*´∀`*)ノ

ryuu.jpg
何故か竜王ちゃん(前)です。

今年もこんなカンジで、色んなものを織り交ぜながらのびのびと好きなようにやっていくと思います。
本年もどうぞ宜しくお願い致します!


さて、個人的に年末から熱いのは『平清盛』ですね。
実家はテレビのチャンネルが殆どNHKに合っていたので、清盛のCMや番宣を良く見たわけです。
よっぽど好きな題材じゃないと興味のない大河なんですが、CMのたびにあのマリンバとピアノと何かのアルペジオがペロレロ鳴って、その後勇ましいオケがぐわっと入って絡み合う!
それがすごくプログレっぽくて、よもや大河とは思えないほど格好良くて、清盛番宣になるたびに手を止めていた年末だったのです。
その時はただただ「プログレっぽい!!」って興奮していただけでしたが、後々調べたらあれこそタルカスの『噴火』だったのですね!(`・ω・)
(※プログレは最近勉強中なのでいろいろかたじけない)


タルカス Tarkus

そのテーマに惹かれて作曲者さんを調べたら、成程タルカスを管弦楽に編曲したと言う吉松隆さん。
うちの母が大河好きで、しかも源氏平家のあたりの時代は一番好きらしく、あの良く出てる…大河の特集本みたいの買って読んでたので、私も借りて読んで、吉松さんのとこを読んだらまた興味が沸きまして。あとスタッフさんの色々なこだわりが素晴らしかったのです。
そして何の迷いもなく第一話を見たら、OPテーマも素晴らしいのなんのって…!(゚∀゚)

左手のピアノ奏者、舘野泉さんのピアノ独奏から静かに始まるテーマは、平家の栄枯衰退をモチーフにしたもの。
勇ましくも優雅な平家を表したようなフルオーケストラ、そしてそこに迫る源氏の低音と容赦のない変拍子。
今回の『平清盛』のテーマとも言える「遊びをせんとや生まれけむ」を童歌のように歌う女児の声、そしてそれに合致したストーリー性のある美しいオープニング映像と、初回で一気に心を奪われてしまいました。

映像も緩急があって、実写とCGがいい化学反応で、すごく好きです。これ、CGは東映が絡んでるのね。
音楽的には、中盤の舞い踊るあたりの低音が大好きです。あそこが源氏侵攻部分なのかな(・ω・)

曲のきちんとした解説などは、吉松さんご本人がされています。
・月刊クラシック音楽探偵事務所/「大河ドラマ「平清盛」音楽制作メモ 」
・吉松隆ホームページ

前者はすごく長い記事なんですが、興味深いものばかりで苦に感じません。スラスラ読めます。
ここでビックリしたのはやはり、最後の女児の声のサンプルは初音ミクであったこと。それから、作曲作業等は全て吉松さんお一人がされているということですかね。こういうのがつまびらかにされるのは楽しいっす!(*´∀`)

一方吉松さんのHPでは、御自身のブログで大河曲に関する拍子・音階・制作メモなどが日々更新されています。
何度聞いても『平安プログレ』って単語は熱過ぎるよね…!!


某知事殿が無粋なことでも話題になった『平清盛』ですが、今のところ面白く見てます。
ストーリーと合わせて曲も楽しんでいきたいです。多分サントラは買います!(*´ω`)ノ
あと、どこかやるだろうけど、上手い高校吹奏楽でOPテーマとか聞きたいなぁ!

…すっかり忘れてるので、平安~鎌倉時代あたり勉強し直したいです(・∀・)





にほんブログ村 音楽ブログへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
劇伴・インストトラックバック(0)  コメント(0)
2011'12.20.Tue

月と走りながら。

表題は真綾ちゃんの5枚目のアルバム、『夕凪LOOP』より、『月と走りながら』です。
FLYING KIDSの浜崎貴司さん作詞・作曲で、しっとりしたアコースティックな曲調に、切なくも甘酸っぱい気持ちを冬の情景にのせた片恋の歌。

と、なんだか普通のカンジで書いてみましたけど、先日10日にあった皆既月食時にぼんやり考えてた「月」をテーマにしたアニメソングやゲームソングをメモまとめです。今回は【アニメ編】
J-POPならいくらでも検索して引っかかるんですが、こっち系の曲はあまり引っかかってこないですね(´・ω・)
アニソンで一番有名なのは、みんな大好き『ムーンライト伝説』でしょうか。

セーラームーンは「ムーン」と言っちゃってるだけあって、主題歌や劇中歌も月に因んだものが多いですね。
武内直子節全開(作詞)、姫・恋・夢・きらめき全部を詰め込んだ『プリンセス・ムーン』(2代目ED)始め、キャラソンにも「moon」という単語を使った歌が多く見られます。

他にも、個人的に「月」と言って真っ先に連想するアニメは「∀ガンダム」です。ロラン(主人公)がいきなり月の民ですからね。
音楽担当が菅野さんということもあって、すごくハマって見てました。
その中で、月を見上げながら思い浮かんだのはこれ。


月の繭と月(Moon and Moon)

っていうかこれしかないですよね、『月の繭』
奥井さんの浮遊感と力強さを兼ね備えた歌声も好きなんですが、個人的にはやっぱりこっちが好き。


Moon-Gabriela Robin

Gabriela Robinの『Moon』。英詩なこともありますが、Gabriela Robinの繊細且つ透き通るような歌声が神秘的で、壮大な展開の曲に合います。
今回の澄み切った夜空に煌々と輝く月には、文句なく良く合うような気がしました。

それから、タイトルには「月」は付いてないけど、「月」をテーマに歌った∀ガンダム枠はこちら。


Turn A Gundam the Movie OST - AFTER ALL

Donna Burkeさんの歌う『AFTER ALL』
神曲・名曲の多い∀ガンダムの中でもおそらく一番好きな曲です。劇場版のエンディングテーマ。
劇場版見てなかったのに、曲だけでボロボロ泣けたもんね(つд;)

ハープやストリングスで静かに始まる曲はしっとりと穏やかで優しくて、聞く人を癒すように丁寧に進みます。そして、Bメロ、Cメロと進むに連れてドナさんの歌声が力強くなっていく。
サビの「See how~」から曲が一気に盛り上がり、その歌声も段階的に解放されていくのが本当に心地良いのです。それだけに留まらず、その後何度も押し寄せる盛り上がりの、圧倒的な作曲と歌唱の技術。

その曲と歌声の漣は、まるで無限に広がる星空の中を宇宙旅行しているような感覚に陥らせてくれます。
終盤はそっと大切に包みの口を結ぶようにキラキラと煌きながら終わり、先程まで漂っていた夜空を部屋の窓の内側から仰いでいるような印象を残して終わるのです。

あぁそうか、『AFTER ALL』は宇宙旅行の歌なんだなぁ…(*´ω`)
因みに、この曲をDonna Burkeさんがピアノ伴奏などで歌っているライブ映像がつべには良く上がっています。
原曲より気迫に溢れ、カジュアルな『AFTER ALL』が楽しめますので、興味のある方は是非~!


菅野さん繋がりで言えば、こちら(*´ω`)ノ


時の記憶

『ぼくの地球を守って』OVA主題歌(ED)、『時の記憶』
ぼく地球も月が舞台になっているので、今回の皆既月食には当然これが頭を流れました(*´ω`*)

本当に菅野さんはこういう雰囲気の曲書かせたら絶妙ですね。
このシンプルで柔和な曲に、SEIKAさんの少しハスキーでさすらうような歌声が楽器の一つのように相俟って、とっても耳に優しい(*´∀`)
バージョン違いで、新居昭乃さんのスキャットのみ+ピアノアレンジの『月からの祈りと共に』は、更に宇宙感が増してオススメ。(『ぼくの地球を守って OST3 』
あ、↑の作曲に関しては菅野さんですが、ぼく地球劇中の音楽は溝口(肇)さんが担当されてるんですね。

新居昭乃さんの『三日月の寝台』(月欠けちゃってるけど)に始まるサントラも、幻想的にして愛くるしい一枚です。
全然関係ないけど、新居さんと言えば『金色の時 流れて』がぼく地球のサントラの中では1、2番に好きです。『時の記憶』であんな浮遊感のある「静」の曲を作ったかと思えば、こちらは荘厳で重厚な「動」の曲。サントラ、買い直そうかな~。

放っておくと菅野談義しかしなくなるのでこのあたりで(ノ´∀`*)


今、月と言えば「魔動王グランゾート」も思い浮かんだ昭和の子です(`・ω・´)
相方がグランゾート大好きなんですが、『魔動王グランゾートヒット曲集』に収録されている『聖地ルナ』は、聞いただけで号泣できると言っておりました。公平しゃんの各種イベントで弾かれたら生きていけないって言ってましたが(良い意味で)、行ったコンサート等では聴けなかったね(´・ω・)

音源ないから紹介できませんが、今まで紹介してきた「月を羨む」「想いを馳せる」ような神秘的・寂寥感のある曲ではなく、月にしっかり足を着けてその美しい故郷を想うような、温かく優しい、そしてほんの少し切ない曲です。

グランゾートは音楽が我等が田中公平氏ですからね、力漲り冒険したくなるワクワクする曲も、心の優しい場所にそっと触れる『聖地ルナ』のような、ただただ美しい曲も満載なので、機会があれば是非聞いて頂きたいです!(*´∀`)


地球人は宇宙が大好き。中でも、地球に一番近い衛星の「月」は他の惑星よりも親しみやすいこともあって、神話や伝説は勿論、作品や曲のテーマにされることが多いんでしょうな。
・wiki/月を扱った作品一覧

宇宙に行く漫画アニメは、大抵月に立ち寄るもんね。『プラネテス』とかも好きな月モノでした。
今回は触れないけど、今期の『フォーゼ』や過去作の『キバ』など、特撮モノにも月を扱った作品は多いですね。
『フォーゼ』は特に基地がまんま月面だしね(*´∀`)<フォーゼおもろい


そんなワケで偏り気味ではありますが!
次回は【ゲーム編】に行くグリ~(=´∀`=)ノ






にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
菅野曲トラックバック(0)  コメント(0)
2011'05.14.Sat

最近テレビで良く聞くBGMのはなし

御無沙汰してました(ノ´∀`*)
GWはわちゃわちゃしてて楽しかったなぁ…

IMG_0068_convert_20110512212114.jpg
ARITSUKIの!MOTSU-NABE!!
(写真ちょっと適当すぎですけど…)

予約しないと食べられないっていう蟻月を相方さんが予約してくれて、「うまし!うましうまし!(*´∀`)」ってみんなでガツガツ食べてました。
勢い良く食べ過ぎてもつ鍋以外の写真がないっていう。から揚げと塩コロッケ美味かったなぁ。
蟻月といえばもつ鍋もだけど、お通しの生姜の酢漬けが最高に美味です。
相方さんはこれが好きすぎて、もつ鍋取り寄せの際に酢漬けを二袋注文していました。一緒に行ったメンバーが生姜+酢漬けNGだったので、二人でバリバリ食べました。ウマー

この翌日には同メンバーとスイパラに行って、その次の日は昼から高級焼肉店のランチっていう。食べすぎだGW。


まぁそんな話はどうでも良くてですね、最近『気のせいでなければテレビで良く聞くようになったアレ』をピックアップ。


Summer Wars OST - 02 - Overture of the Summer Wars

リアルにサマヲは良く聞くようになりました。ここ半年くらいで増え始めて、2~3ヶ月でグッと増えた気がします。
曲が普通に良いのもありますが、使いやすいのかな?
良く聞くのはコレ↑(「Overture of the Summer Wars」)、「栄の活躍」、ラストの方の「The Summer Wars」かな。
みんなが好きなのは「1億5千万の奇跡」だと思いますが、これもお涙頂戴系のVTRでは流れますね。


もういっこ、良く聞くようになったこちら。


→Pia-no-jaC←「ベートーベン交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱」第4楽章」

→Pia-no-jaC←も、色んな曲調が多いのに加え、ピアノがメインってことで使用場面を選ばない気がします。
でも聞くのは比較的バラエティが多いかな。華やかなピアノの音が合うんでしょうな。
もれなくHIROさんの「あ~い!」が付いてくるんですが良いんでしょうか。いいんでしょうな。

明日はテニミュってきます!(*´ω`)ノ<あと2日で終わりである…


  


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
劇伴・インストトラックバック(0)  コメント(0)
2011'01.21.Fri

渡る世間はまったくネ申ばかり

前回の記事で佐橋俊彦氏に触れましたが、佐橋神について特に記述しなかったので追記的な((φo(´・ω・`*)


佐橋神は、自分の中では『電王』の作曲者、っていう印象が強いんですが、特撮に関してはウルトラマンやヒーロータイム、ライダーでは平成ライダーから手掛けてるんですね。
無論普通のドラマ・アニメも錚々たるタイトルばかり。『劇団四季』で作・編曲を担当されていた時期もあり、思っていたよりも本格的な神だったんですね、無知ですみませんでした…|ω・`)

アニメだと有名処は『機動戦士ガンダムSEED』『家庭教師ヒットマンREBORN!』になるんですかね。
SEED(2002)もリボーン(2006)も見たことないのでピンと来なかった(m´・ω・`)m

ミュージカル作品では、『忍者イリュージョンNARUTO』(2006)っつーのを一回だけ観に行ったことがあるんですけど、これも「もっかい観てもいいなぁ!(*´∀`)」ってくらい楽曲が良かったのを覚えてます。

自分が佐橋神を「神だ!ヽ(*´∀`)ノ」と認識したのは、前述の通り『電王』(2007)からです。
多分本編で『デンライナー総攻撃』を聞いて「CD買わなきゃ!!ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ」ってなったんだと記憶してます。
その他にも電王は音楽面でのプッシュが凄かったですよね。まぁ半分くらいはまんまと付き合いましたが。
1年間通して聞くBGMという事もあると思うんですが、キャラクターそれぞれの色がパッキリしていてイメージBGMが明快、それに付随したアクションBGMが痛快。
アンニュイなスローバラード系も美しくて印象深い。今も『家族愛』を聞くと泣けます。いや、泣けるでぇ。

で、前回のテニミュの話に戻りますが、劇中のBGMの中では「ホッと心温まるBGM」よりも「緊迫した試合中の格好良いBGM」の方が多いように感じます。前者はどっちかと言うと歌っちゃうからなぁ(*・ω・)
というワケで個人的メモφ(・ω・` )



【テニミュ インスト集】

「スポーツのBGM」ということもあって、緊迫感のある疾走感や華やかな構成・展開がとてもゲ音的でたまらんです…!(*´Д`)
使用してる音源がそっち系ってのもあるんでしょうが、佐橋神のピアノ・リズムトラックの使い方、静かに暴れる裏メロが大好物です。電王の時もそうでしたが、品の良いJAZZYな曲が多い気もする(・ω・)



【仮面ライダー響鬼 前期OP 高音質】

これも好きだったなぁ…(*´∀`) っていうか響鬼自体が好きだった…

今後もテニミュ観劇で「佐橋神イイィィィ(∩*・∀・)∩」というテンションになった時は関連記事を上げに来ると思います…。
2ndからの参戦なので、何もかもが新鮮でたまらない!さて…どのCD買うとこの佐橋神感をエンドレスで楽しめるんだろうな…□ヘヘ(・ω・o)

110121_.jpg
当時お布施として買った『仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX』と…
お嬢様に何をさせているのか…反省(-ω-;)






にほんブログ村 音楽ブログへ blogram投票ボタン やってます(・ω・)
劇伴・インストトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。