--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2013'04.26.Fri

FE覚醒サントラ(クラニン)の作曲者ひとりクイズ大会(`・ω・´)

いいカンジのタイトルが思い付きませんで。

『ファイアーエムブレム 覚醒』(以下FE覚醒)が発売されたのが2012年4月19日。

クラブニンテンドーの景品として、ゲーム楽曲の中から20曲選んで収録された『ファイアーエムブレム 覚醒 ミュージックセレクション』が登場したのが2012年4月19日同日。(ポイントでの交換は同年10月21日まで)

そして、待望の全曲収録『ファイアーエムブレム覚醒 オリジナルサウンドトラック』が発売されたのが、ソフト発売から約1年後の2013年3月27日。

----------------------------------------------

因みに、私の今一番嫁にしたいゲーム作曲者近藤嶺さんが『「ファイアーエムブレム 覚醒」音楽の一部(約30曲)を担当させていただきました』とブログで発表したのが2012年5月8日。

私3DS持ってませんで、ゲームこそ未プレイですが『ミュージックセレクション』の方を手に入れたのが2012年12月でした。

20曲しかない『ミュージックセレクション』を何度も何度も聞き込んで、『オリジナルサウンドトラック』を発売当日に購入。そしてふと気付いたのです。

「ミュージックセレクションの方さ、作曲者当てクイズ出来んじゃね…?(・∀・)」

130422_fe1.jpg


お持ちの方はご存知かと思いますが、『ミュージックセレクション』の作りは非常に簡素なもので、ジャケットやCD盤面のイラストこそ美麗ですが、付属のブックレットは長方形の紙1枚を正方形(CDサイズ)に畳んだだけのもの。
スーパーバイザー・ディレクター・コンポーザーからのコメントが載っていますが、イコール誰という記載はなし。
(今考えれば辻横さん・森下さん・近藤さんの順なんだと思いますが)

厳選されたという20曲の曲名も、ジャケット裏に羅列されているだけで、どれが誰担当曲かという記載はないのです。

一方4+1の計5枚組特製ケース付き、4000円弱というサントラにしては中価格のフルサントラなら、3名の作曲者が関わって流石に担当記載がないということは有り得ないはず…(・ω・)

ということで、嶺さんを堂々と嫁に迎えるべく、『この20曲の中での「嶺担当曲」を当てよう!!』と、私は10日近くサントラの聴き込みを行ったのです!!(・∀・)ゞ
もともと「嶺さんっぽい曲だな~」と感じた曲だけエンコードしてipodに入れてたわけですが、今その真偽が明かされるとき…っ!!

----------------------------------------------

というワケで、続きから一人クイズ大会ですヾ(*´∀`*)ノ
以下からいきなり回答始めるので、この貴族の遊びを是非体感したい!と言う方はどうぞお気を付け下さい!

(辻横さん・森下さん・近藤さんの中に好きな作曲者さんがいて、フルサントラの方でまだ担当を確認してないという方はやるといいと思います超楽しいから
 ...READ MORE?
スポンサーサイト
任天堂トラックバック(0)  コメント(0)
2010'07.08.Thu

レインボーロードはSFCのが一番好きだな…

夏の祭典前だというのにまた一つワクワクしていて筆が進みません。今回はそんな話。

前回の近藤さん巡りから派生して、マリオやゼルダを一通り聞いて立ち止まったのがマリオカート
マリオカートとくれば大抵隣に並んでいるのはシムシティ
もうお分かりですね、今回は岡素世さんのお話ですヽ(´・ω・`)ノ

といっても、恥ずかしながら最近まで岡さんの名前を存じ上げなかったんですが、作品を聞けば聞くほどズブズブはまっていってこりゃイカン。
スーパーマリオカートもシムシティも、ゲーム自体が大好き過ぎて死ぬほどやったし、それ以前に元々音楽が大っ好きではあったんですがまさか同じ作曲家さんとはそしてまさか女性とは。またお綺麗なんですよね、岡さん。


<--ここから脱線-->
ちょっと脱線しますが、ゲーム音楽って聞いただけでは男性が作った曲なのか女性が作った曲なのかわかんないですよね。
渡されたゲームのシナリオに沿って作るんだろうから性別が見えないというのは当然なんだろうけど、使う音色や曲のテイストで「男が作ってんのかな」「女が作ってんのかな」と何となく判断したりしますが、その期待を裏切られた時のビックリったらないです。
もちろんしょっちゅう性別を気にして聞いてるワケではないですが、最近のゲーム音楽はわりと誰それが作ったってアピールもあるし調べればすぐ分かる事だけど、昔のFC世代前後のゲーム音楽はなにせ情報が少ないので、判明した時はすごく「うおぉ」と興奮します。
小さい頃の思い出補正がプラスされたりすると倍プッシュですな(・∀・)
<--ここまで脱線-->


脱線終了、そんなワケでここ数日は岡さんの音楽を作業用BGMにのそのそやってるワケですが、本当にもう1日1回は聞かないとすっきりしないカンジ。
聞いていたものをいくつか。



【SFC】シムシティ BGM集・完全版

オープニングから既に神がかってるシムシティ。1989年ですってよ。
リアル時は聞いたことなかったけど、今聞いて『MEGALOPOLIS』すっっごくてブルブルしました。すっごい。
イントロから気持ちいいくらいの疾走感、高層ビルの間を駆け抜ける風、初期のヴィレッジに吹く穏やかな風を思わせるような中間部、まさに長いメトロポリスをクリアした人へのご褒美ゾーンですな。



【組曲 遊遊記】





ディスクシステム『ふぁみこんむかし話 遊遊記』のアレンジCD(現在廃盤/プレミア)。後半には原曲メドレーも。
これもシムシティと同じ1989年…だと…!?Σ(゚д゚lll)
『新・鬼ヶ島』はプレイしたんだけど、こっちは記憶にないなぁ…と、プレイ動画を見ていたら全部見ちゃって大ハマリ。
「遊遊記」自体に関してはまた次回改めて。こんちゃんの『新・鬼ヶ島』に負けず劣らず良曲良メロディばかりです。
一音目からグッと心を引き寄せる『新・鬼ヶ島』とは対照的に、聞けば聞くほど味が出てきて離れられなくなる『遊遊記』。しかし好きな曲が多すぎる…これも語るのはまた次回、ですが『ザ・チャンスデスマッチ』のジングルが離れないどうしよう


こうやって聞いてると、ここに挙げてるものだけでなくて「3Dホットラリー」「VSエキサイトバイク」「パイロットウィングス」…などなど、岡さんの曲はスローテンポからアグレッシヴなものまで本当に上品で、知識や理論に裏付けられた技術も惜しまず満載、それ以前に卓越したセンスや個性が細部まで溢れていて、聞いていて飽きません。
しかし主張が強いワケでもなく、控えめで「隠し切れない移り香が」程度。こういうのが女性的、っていうんでしょうか。多分違うな。


最後に、つべで見つけた意味のわからないものを。



【CM FC 任天堂 遊遊記 「お釈迦様には内緒だよ」】

すげぇ 濃すぎてゲームの内容全っ然伝わってこねぇ…w







にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
任天堂トラックバック(0)  コメント(0)
2010'07.01.Thu

不思議なおっさん、『アスレチック』を弾く

『ゲーム音楽の祖・近藤浩治さんの作った曲が聞きた~いってな気分になって、25でタグ検索していたら気になった動画をご紹介

この時はまだ、新しい出会いの扉が開こうとは思ってもいなかった…(・∀・)



【謎のおっさんがヨッシーアイランドのアスレチック面のテーマをプレイ】

トムという、若干禿げ散らかした眼鏡とヒゲのおっさんがヨッシーアイランド「アスレチック」の楽譜を渡され、それを眺めつつ、左手ベース+和音部分の確認のために鍵盤の上で指を滑らせております
一息ついた次の瞬間…!!

おっさん初見で謎のスーパープレイ
初見だというのが分かるくらい音も外しまくってるし、もう色々誤魔化しに誤魔化しまくってるんだけどそんな問題じゃない…!
だってこのおっさん楽譜しか見てないから!!鍵盤はチラリとも見ていない…っ!\(^o^)/

で、割と雑ではあるけれど勢いで楽しい演奏を終えた後、おっさんはこの「アスレチック」を気に入ったようで『これは誰が作ったんだい?』と撮影者に尋ねます。
そのおっちゃんの気に入った感が伝わったのか、周りで見ていただけのおばちゃん(フルート)やおっちゃん(チューバ)が集まってまさかの2回目

2周目(3:20~)からはその3人での即興演奏になるんですが、この頃にはおっちゃんのピアノ演奏が完璧に。
それどころか、この難曲にアドリブや装飾音まで加えてしまう外国人ならではのグルーヴ感?ジャジィィな感じがたまりません。音楽は国境も言葉も越えるんだね!(´・∀・`)

そして
後日、この「アスレチック」がいたく気に入ったおっさんは、仲間を集めて再録音


【Yoshi's Island Athletic Theme played by the Raspberry Jam Band】

そしてそして
おっさん達はバンドとして発表会(コンテスト?)にも出場


【スーパーマリオ ヨッシーアイランドのアスレチック面の音楽】

編成はおっさんのピアノを始めとして、チューバ・ユーフォ・ヴァイオリン・ピッコロ・洗濯板というなかなかどうして斬新な編成です。
チューバ+ユーフォの金管低音部隊がたまらなくいい…っ!
パーカス担当おばちゃんの洗濯板もシュールすぎていい…っ!


さて、一番最初の動画を見ていた時には”ただちょっとピアノの上手な愉快なおっさん”という認識しかありませんでしたが、動画リンクを踏むにつれ、このおっさんが普通にプロなのが分かってきます。

この愉快なおっさんの名前はTom Brier(トム・ブライアー)さん。
ラグタイム界では名の知れた演奏家さんだそうです。おプロ様なワケです。
ようつべ見てたら、他にも色んなゲームのラグタイム曲を初見で弾いていて(弾かされていて?)、とっても親近感が沸きました(*・ω・*)

その紹介はまた次回!(`・ω・´)
あぁヨッシーアイランドやりたい。大好きなゲームだったなぁ。





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
任天堂トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。