--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2017'09.14.Thu

【日記】C翼舞台観劇とミニチュア展つめつめ

DQ11ばっかやってません、shiinetです。
だってさ~~それなりのとこまで進めとかないと、ぽろぽろネタバレ落っこってる時期だからさ~
(現時点で結構目に入っちゃってますがわたしは元気です💪)

今ラスボス(表)前です。さてレベルいくつまで上げようかな~( ˘ω˘ )

というわけで、リハビリを兼ねて日記書きます!(すぐリハビリって言うマン)

 


9月アタマ、ちょこっと上京してリフレッシュしてきました。

170903_a00.jpg

超体感ステージ「キャプテン翼」!三⚽
孫が…孫がいい役もらったんでばぁばはその勇姿を観に来たんじゃよ…

キャプ翼、ちっちゃい頃に読んでたし、神BGM揃いのFC版もプレイしてたので、予習はしなくても大丈夫だろ~と思って挑んだら
Jr.ユース編(舞台版オリジナルストーリー)でした。

というわけで、舞台の感想あれこれを書いてみます!(ง ´౪`)ว


⚽人力超次元サッカー


主演の翼くん役に元木聖也くん。
とにかく良く動くし、難解なアクロバットもこなす聖也くんが座長なので、これは全日本チームも相手チームもそれなりに動ける人達をキャスティングしてくるんだろうな~と思ってたんだけど、これが予想以上だったのでして。

「キャプテン翼」の代名詞でもある超人的サッカー、必殺技の数々。
これを、若い俳優さんたちの運動能力と型破りのアクロバットで再現する。そこに映像演出が加わることで、スーパープレーが迫力を増しつつクリアになる。
(この映像ってのも、2.5のスポーツ舞台では珍しいくらいサッカーの表現に特化してました。
プロジェクションマッピングとか最先端のデジタル技術でシンプルに色付けされた、役者を活かすための映像にはとても好感が持てました)

とはいえ、キャプ翼の代名詞であるオーバーヘッドキックはほぼ聖也くんの自力だし、雷獣シュートの美しいフォームは本人の優れた体幹と努力によるものだし、岬くんや三杉くんの俊敏なステップやバネも本人の運動能力ゆえだし、スカイラブハリケーン(タイフーン)は間違いなく立花兄弟含む御三方の努力の賜物であるし。

そして、今回の敵チームとなる「RED STORM」メンバー。フィジカルの強さは言わずもがなで、動きがおかしい。
シュナイダー、ピエール、カルロス・サンターナ、ミューラーを擁する『レジェンドチーム・RED STORMとの夢の対決!』というのが見どころの一つなんだけど、まったく名前負けしてない。レジェンド感は各々のプレーがしっかり体現している。

「サッカー」をスポーツとしてより進化させた全日本チーム、重力を感じないトリッキーなアクロとして昇華させるRED STORM。
この対決を体感できる空間、その没入感こそが、キャプ翼舞台の醍醐味の一つだったなぁとも思うのです。

⚽五感で楽しむステージ


そんな「すんごい対決」を味わう空間の話。
そういえば、今回の超体感ステージC翼、ハプティクス技術を味わえる『プレミアム体感シート』っていう割高の座席がありまして。
映画の4DXみたいな感じなんでしょうけど、そこに座る観客は早めに着席して、ハプティックウェア(振動などを感知するベストやサポーター)ってのを着用しなきゃならなかったんです。

で、その説明を日替わりでキャストが行う、っていうささやかな特典?がありましてな…

観に行った回、体感シート列が近かったので説明するキャストさんを見てたんですけど、
見上監督の中の方(瀬川さん)がものすんごくジェントル且つフレンドリーで✨✨

あれ推しにやられたら「大丈夫ですしにます!!!」ってなるし、推し以外にやられても「帰りチェキn枚買って帰りますね!!しにます!!!」ってなるわって思いました。

あと、ラスト付近、すっごくいい匂いが劇場内に漂ってきて(あぁ空調がどうにかなったのかな…?)って思いながら観てたんです。

終演後、隣に座ってた相方ちゃんに
「最後の方いい匂いしたの分かった?」って言われて

「なんか柔軟剤みたいな匂いしてたね」
「あれ『青春の匂い』らしいよ」
「!!????」


ってなりました。「芝生の匂い」もあったらしいけどそっちは分からんかった(*´-`)


⚽「燃えてヒーロー」の振り幅


劇伴(劇中BGM)のほとんどが、「燃えてヒーロー」のアレンジ。

劇場に入場していきなり「燃えてヒーロー」掛かってたかんね。
バラエティとかで良く聞くアップテンポのBGM(Dooper than doop)がいつの間にか「燃えてヒーロー」に変わって、また元の曲にシームレスで変化する、の繰り返し。
開演前からすごく中毒性あって、「あぁ、今わたしキャプ翼の世界にいる…!」って強制連行されました。

「Dooper than doop」と「燃えてヒーロー」のMIX最高だったので、どうか音源配信してほしいです(本気)

本編のアレンジも、ただ明るい・悲しいという編曲ではなかったです。
さすが世界を駆ける翼くんの舞台、各国の音楽ジャンルをベースにした「燃えてヒーロー」アレンジに仕上がっていたような気が。
分かりやすく「燃えてヒーロー」がアレンジされている曲もあれば、ごくごくさり気なく「燃えてヒーロー」な曲もあり。

最終試合のラストシーンのあたり、その「燃えてヒーロー」が神州平原(@大神)みたいな、
ズォォォン!ドーン!ジャジャーーン!!みたいな、荘厳なアレンジになったの超燃えました。なんだよ神州平原みたいな燃えてヒーローって。

音楽担当の宮崎誠さんに圧倒的感謝!!!🙏🏻🙏🏻
(「宮崎誠」さんて、もしかしなくてもアニメ系の宮崎さん(ベリーグー)と舞台系の宮崎さん(エレクトーン)と二人いらっしゃる…!?(※今回はエレクトーンの方の宮崎さん)
また一つ勉強になった!!!)

---------------------------------------------------------------------

本当に、カンパニーの誰一人怪我することなく、無事に終演して良かったです。
それくらい素人目に見てもハードで、役者の団結力と運動能力に賭けた舞台でした。

円盤化しないの残念だけど、『超体感ステージ』と銘打ってるからこそ、良くも悪くも円盤化はしないんだろうなぁ。
LVでも円盤でもなく実際に劇場で体感するからこそ、2次元であり3次元でもある「キャプテン翼」の世界に没入出来るんだろうな、としみじみ思いました。

#身体能力的な観点でばっか感想言ってますけど、キャプ翼ならではの「心の通い合い」みたいなとこも丁寧に描かれてました。
そこと試合シーンの繰り返しになるので、どうしても詰め込んだ感は否めなかったですけど、緩急はいがったです。

個人的に、ブルーシアター最後の観劇が超次元キャプ翼で良かったっす。
いろんな意味で、キツイ舞台だったからこそキャストの仲がすごく良くてね。また再演とか続編で集ってほしいなぁと思います。
運営がんばえぇ~!って面もなかったわけではないし、実現にはいろいろ難しいのかもしれないけど、こういう感想ブログも一助になったら…いいなぁ…。


そういえば家にイナイレ舞台のDVDあったはずなんで今度見てみよう……(突然の)

 


観劇後、キャプ翼一緒に行った相方ちゃんを誘って
「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」に行きました。
(※2017/9/1~9/12 @新宿高島屋にて、現在は終了)

170903_00.jpg
入口にあった田中さん御本人と思しきブロッコリー(そっち)

SNSで毎日ミニチュアを発表して、2017年度上半期放送の朝ドラ「ひよっこ」オープニングのタイトルバックも担当している田中達也さん。
ミニチュア大好きだし、「ひよっこ」で使用されたジオラマ等も見られると聞いて、無理やり上京予定に組み込みました。

行った日は期間中最初の土日なこともあって、ものすごく混んでいました。

170903_01.jpg
【北海道の雄大なポテ地】
こんな感じで、ミニチュアを撮影したパネルがいっぱい展示されていたのです!(*´・∀・)


作品によっては、写真パネル+実際の作品と、並べて展示してあるものも。

今回の展示会は一部の作品を覗いて撮影可、SNSへのアップロード推奨、「フォトジェニックな写真撮影を楽しんで」と宣伝されていました。
なので、お客さんの殆どがスマホを構えながら観覧している状態。そりゃ混みます。

実作品はアクリルのディスプレイケース内に展示してあるので、写真を撮るには不向きです。
私も気に入った作品を撮っていたんですが、序盤で「あっこれ当たり前だけど田中さんの作品みたいには撮れないヤツだ」って気付いて、早々に「記録用に撮るモード」に切り替えております( ´◡` )۶

170903_02.jpg
パネルの中にいた人達が額のすみっこにいるのが可愛くてふしぎ。
そして、作品タイトルがいちいち秀逸なのです。
ミニチュア自体も素晴らしいけど、このネーミングセンスも相俟ってだよね。

170903_04.jpg
【隠れた名曲を掘り起こす。】。楽譜(音符)シリーズ好き。

170903_03.jpg
【問題の解き方は人それぞれ。】。辞書シリーズも好き。

170903_05.jpg
【新パン線】!!!
中盤あたりに、この新パン線のNゲージがあって、ずっとシャシャシャシャシャーー!って走っててテンション上がった!!!


170903_010.jpg
【リアルなメモ=メモリアル】。
これ、サイトに上げられてたもの(2016/6)から作り直してるんかのう。
こっちのが100均のノートが活きてて好きです(*・◡・)

(私も良く演奏会感想メモるのに使ってるノートなので親しみもあり)

170903_06.jpg
【死んでもプラス思考】。これも好きな作品!

170903_07.jpg
こんな感じで、作品によっては写真パネルの隣に実際の作品が。これが楽しい(*´∀`)

170903_08.jpg
【漁業菌糸区域】。茸の一族としては撮らざるを得ない。

170903_09.jpg
【100匹乗っても大丈夫】。ノアの箱舟!🍉
が、やはりここで撮ったんでは、田中さん御自身が上げられてるような鮮やかな赤にはならんのです。
撮り放題を許可してるのは、宣伝効果に加えてこのプロの矜持があってこそなんだよなぁと、改めてワクワクするのです。

170903_011.jpg
ひよっこのやつ!!!!
私のこの写真の撮る気のなさよ(・∀・)

「ひよっこ」は、メイン展示とは別に「ひよっこ」ブースが設けられていて、ストーリーを追いながらこの展示も見られるようになっていました。

170903_012.jpg
【新緑抹茶御苑】
今回見た展示の中で一番テンション上がったパネル。

このミニチュアおうちに置きたいくらい好き!(*´◒`*)


こういうのって、普段はちょっと見て「あぁなるほど、ふ~ん」ってサッと行っちゃうんですけど、田中さんの作品はずうっと見ていられる箱庭感があります。
ミニチュアが好きとか、扱う題材のセンスが好きとか、空間の切り取り方や写真の撮り方が好きとかまぁ全部なんですけど、もっとゆっくり見てたかったなぁと…
今度改めて写真集買お~っと。

---------------------------------------------------------------------

せっかくデパートに寄ったから美味しいもの買って帰ろう!╭( ・ㅂ・)ﻭ
ってなったのに、疲労困憊により食べたいものが何ひとつ思い浮かばなくて、手ぶらで帰路についたのでした。加齢だろうか…久々に一日みっちり遊んだしな……(:3_ヽ)_

ていうかこれ分けた方が良い記事だったんだろうか🤔(とても今さら)
楽しくて良い一日でした!!!



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ ブログランキングならblogram やってます( ´ ▽ ` )ノ
 
スポンサーサイト
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2017'05.18.Thu

【雑記】認知症介護9年目になります、のはなし

「老衰だと思いますので、覚悟はしておいてください」

祖母の現状に対して、お医者さんからそう告げられて今日で24日目になります。

久し振りに書くブログはこんな感じです。
新しい命を育むフォロワさんや親戚が多い中、私は命が枯れるのを見届けようとしてます、そういう話です。


ついったで垂れ流そうかとも思ったんだけど、基本ネガなことは言わずに楽しいことだけ呟いてこ╭( ・ㅂ・)ﻭ✧、ってスタンスなもんで思い直しました。
ブログはまぁ自分の部屋みたいなもんだからいいかなって。

ずうっと手帳に日記は付けてるけど、長文で残すとか外に発信するってことはしてこなかったので、いい機会だしツラッと書いてみます。

苦手だな~、と思った方はご覧にならないでね。

 


祖母は「レビー小体型認知症」という認知症で、理由あって私は20代からその介護をしてきました。
レビー小体型は、アルツハイマー型認知症に次いで多い認知症で、本来男性の発症率が高いそうです。

ばあちゃん子供いっぱいいるのになんで孫の、しかも同居でもない私が介護をしているのかとか、どういう経過をたどって今になってるのかとかは、今回の本筋ではないのですっ飛ばします。


確か、認知症と診断されて今年が9年目で、今が終末期なんだと思います。
リウマチは酷いけど中身はすごく丈夫な人で、だもんで、一年前の5月に(糖尿と癌で)亡くなった祖父よりずっと長生きするだろうなって言われてきました。

ほんの数ヶ月前まで旺盛だった食欲は見る影もなく、春前くらいから徐々にレベルが下がってしまい、固形物はほぼ飲み込めなくなりました。
そのうち水も摂れなくなるんだろうなと思います。そうなったら大体決まりです。

一年前の祖父が同じような推移でした。
春頃一気に悪くなって、臥せって、一日一日じゃなくて「時間」で悪化していって。
そして看取ったもので、それについての心づもりはある程度してるつもりです。
冷たい孫とかそーいうんじゃなくて、これはもう9年掛けて築いてきた「覚悟」なんでしょうな。

この人に何かあったら、私の祖父母はみんないなくなっちゃいます。
そうなると、両親やまだ見ぬ結婚相手のご両親とかに介護が必要なければ、この介護がラストランになるんかな、だとしたら悔いのないようにやりたいし、絶ッッッ対に看取ってやる。
いま整えているのは、そういう「覚悟」な気がします。

もちろん、老衰と言われてから何年も生きる方もいるし、最期を迎えるまでに数ヶ月数週間の方もいる。そこはわかんないとこです。


初めの頃は、介護をしていることは友達数人にしか伝えていませんでした。
最近東京⇔福島の行き来が増えてきて、「あれっ今どこ住んでんの」みたいに聞かれることも増えてきまして。(そりゃあな)
そんで説明がめんどくさくなったので誰にでも言っちゃってますが。

介護してる、っていうのを恥ずかしいと思ったことはないのです。
うちのばあちゃんは早い段階から要介護5でして。それに必要な介護は大体一人でやれる、その自負があるからです。
(要介護5は、最重度の介護を必要とする状態です。A5ランクですね)

公言してこなかったのは、まぁ聞いた方に気を遣わせてしまうからですよね。
「介護してるんだ」って言うと、大概相手方は「大変なんだね」みたいな顔で「あぁ…」ってなって、話はそこで終わります。実に締まりの悪い印籠です。

(今このタイミングで記事にして言いたくなったのは、おそらくさいごになると思うからです。
どうしても遠慮して外に発信しにくいことなんじゃないかな~と思うので、もし我慢してる同じような境遇の人がいたら「ここにもいるよー」ができたらな、という声掛けみたいな気持ちです)


育児の大変さが育児をしたことのある人でないと本当にわからないように、
介護の苦労も介護をしたことのある人でないと、本当のところはわからないのではないかと思います。

慮って「大変だね」「無理しないでね」と声を掛けてくれる人はいるし、そのお気持ちは本当に有難いです。
でも「介護」は、介護未経験の他人様と共有できるような命題でもないんです。

 


介護をしていて何がつらいか、しんどいか、切ないかと言いますと。

自立歩行の出来ないばあちゃんを全介助することでも、夜中に大音量の独語で睡眠を妨げられることでも、朝からのうんち爆弾を黙々と処理することでもないんです。
(最後は未だにまったく慣れませんけど)

介護を通じた人間関係に飲み込まれることがいっちばんつらいです。
いざこざでも、人間関係が発生するだけ我が家はまだ恵まれているのかもしれんですけどね。

介護方針について意見が食い違ったり、その中間管理職をこなしたり、それぞれが好き勝手なことした結果ばあちゃん本人に影響が出たり、手も金も出してない人が横やり入れてきたり。
それを目の当たりにして、好きな人の嫌なところを見るのは、やっぱりしんどいです。

介護がなければ、この人達は仲違いすることはなかっただろうなぁ、この人のこういう部分を見なくても良かっただろうなぁ、そう思うことはしょっちゅうです。

「人間関係がつらい」と言い切れるのは、それ以外の、祖母に関する介護サービスがしっかり回っているからでしょうけどね。そこはマジで有難い。


ちょっと前までの「つらいこと」は、自分のことがままならないことでした。
こちらに誰も知り合いがいないので、ストレスが溜まっても発散するところがなくてですね。
人んちだからプライベートな空間もほぼないのですね。
過食か課金でストレス発散するしかなかったです。

今つらいのは、みんながついったとかで(飲み行ったり遊び行ったりして)キャッキャしてるのを見るのもつらい(というか切ない)けど、やっぱり自分が大事にしてることを思うようにこなせていないというのが結構つらいです。
具体的に言えば、絵を描くこと文章を書くことですね。


アウトプットするにはインプットしなきゃなんです。
でもこの生活をしていると、綺麗なものや楽しいことがこれまでのように自分に染み込んでいかない。
あれだ、スキンケアの例えとかするとき「肌が砂漠だと化粧水が染み込んでいかないでしょ!」みたいなこと言うでしょ。あんな感じで、入ってこないんです。

心がかさついてると、せっかくのお水も充分に行き渡らないし、そこから生き生きと芽吹いてもくれない。
それに気付いたのはここ半年くらいのことです。それまでは見て見ないふりしてた。

自分のことが原因なら潤し方も分かるけど、そうでないし根深いし、水やったそばから枯れちゃうもんで、はかいかないです(方言)

アレですこのあたりは滞ってるブログに対しての言い訳でもあります。
(でも、これまで上げた記事やご依頼受けて世に出したお仕事とかは間違いなくそのときそのときの全力だかんね)

それでも、「楽しみにしてる」と言って頂けることや、チラッチラッとご期待を懸けて頂けることは本当に有難いことだと思っています。

活きが悪くなっちゃって申し訳ないと思うけど、きちんと世に出したいですので待っててね。

 


8年祖母の介護をしてきて、学んだこと教えられたこといろいろありますけど、人様に介護はオススメできません。
個人的には、必要がないなら、なるべく経験しない方がいいんじゃないかなって思います。

幸いにも私は「介護」に順応してたんだろうなって思うけど、向かない人慣れない人はいっぱいいるからね。
そういう人まで無理に経験することはないと思うですよ。

それこそ育児と違ってゴールが決まっているし、そこに向けての感情は決してプラスになるものばかりじゃないので。
良いリターンがあるのも事実だけど、疲弊に見合ったものかどうかはそのご家庭の環境によるので、一概に前向きに捉えられるようなことでもないんですよな…。


今はそうでもないのかもしれないけど、8年前ってレビーも珍しかったから、覚書として何かマンガにでもしとこうかな~と思ったけど出来ないまま、あっという間の8年でした。

でもまぁずっと書き留めてるし忘れてないので、いつか描けたらいいなー。
我が家の場合、馬が見え始めたのが最初でした。

20170510.jpg


『介護がなければ、この人達は仲違いすることはなかっただろうな』と先に書きましたが、
『介護がなければ、私はこの人達とこんなに密になることもなかったし、こんなに人に優しくもなれなかった』とも思います。
8年すべてを自分のことだけに活かせなかった侘しさってのはあるけど、これも運命つーか自分にだけ与えられた宿題・特別な経験なんかな~って咀嚼できるようにもなりました。

理由あって介護に混ざった頃は、ホントに毎日ストレスまみれだったし一人で泣いてたし、嫌な自分をめちゃくちゃ見つけてよくある自己嫌悪の渦にハマってまた泣いたりしてました。
認知になって壊れてしまったのは残念なことだけど、でも、介護させてくれたばあちゃんには本当に感謝してるのです。

ばあちゃんが認知症になって何もかも忘れてしまったから、それをきっかけに人は集まったし、職人気質のじいさまは晩年穏やかになった。
ばあちゃんがどうにかなったら、みんなは散り散りになってしまうのかもしれないけど、まぁいいや。


老衰について調べていたとき、とあるサイトに『死は人間の最後の営み』って書いてあったんですよね。
そう言われると、今迎えようとしているそれは、そんなにネガティブなことじゃないんかなっていうような気になりますな。

それを間近で見守れることに心から感謝して、あと少し、頑張ってきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ blogramのブログランキング やってます( ´ ▽ ` )ノ
 
雑記トラックバック(0)  コメント(2)
2017'01.20.Fri

2017年も宜しくお願い致します( ´ ▽ ` )ノ

2017年になって3週間くらい経ってますが、寒中お見舞い申し上げます!!ヽ(*´∇`*)ノ

170120ft_1.png
本当はアイドルを描いてご挨拶としようと思っていたのですが、年末のDQ30周年の番組見たらこっちが描きたくなりました。

喪中のためこのタイミングです!
改めまして、2016年は大変お世話になりました。
喪中に至る忙しなさもあったもんで、更新したりしなかったりでしたが、当ブログにお越し下さった方々、本当にありがとうございました。

昨年よりは動きたいなぁと思いますが既に2016年の遺産が滞っているのでどうなることやら今年も宜しくお願い致します!!!

というわけで、筆ならしにどうでもいいことから書いてみよう!
2016年年末から2017年つい最近までのあれこれをまとめてみます!( ´θ`)ノ

 

※以下、クリックでおっきくなる画像もあります(・∀・)

170120ft_2.jpg
年末、「ポッピンQ」観てきました。

170120ft_3.jpg

170120ft_4.jpg

170120ft_5.jpg

◆劇場オリジナルアニメーション「ポッピンQ」公式サイト
  ⇒ http://www.popin-q.com

東映アニメーション60周年記念作品。
思春期まっさかり色んな悩みを抱えた5人の少女。中学校の卒業式を控えた春、奇跡の出会いを体験する---


みたいな導入から始まる、ここ最近の女児アニメの髄をすべて詰め込んだようなアニメ映画。
近年のプリキュアとかおじゃ魔女とか好きな人は取り敢えず行っとけ、
心に東堂いずみ飼ってるならまぁ行っとけな作品でした。

最初から最後まで作画は美麗で、人物も風景も絶妙な色彩が素晴らしいし、声優さんも上手だし、もふっとした生き物も最高にカワイイ。
が、ストーリー展開は王道で熱くて分かりやすいんだけど、詰め込み過ぎて、観る側を共感させるために肝心な「いろんな悩み」を吐露して何とかするまでの過程がちょっと雑。

そこは私は「絵がキレイなので何とか」カバーしたけど、一緒に観た相方ちゃんは「納得できない」って言ってました。

あと、「ダンスで世界を救う」がテーマなのに、そのダンス曲があんまり上がらない( ˘ω˘ )
曲単体で聴く分にはオシャレな今風のJ-POPダンスナンバーでいいんですけど、せっかくのアニメ映画と合わせた時の高まりはどうか、なカンジがしました。耳に残らないっていうかさ。

でも隣で観てたおにいちゃんは泣いてたので、結局は人それぞれよね。

その後、オススヌされた『ポッピン・ドロップ』という、サイドストーリー本を購入して大事に読んでますが、このお話たちも映画に組み込めてたら優勝だったなぁという感じですね…。

でもまぁ、続編があったら観に行くよ!
(あの終わり方は作らなさそうな気もするけど…!!)

---------------------------------------------------------------------

170120ft_6.jpg
明けて2017年。喪中だけど、毎年恒例の親戚40人↓集合の新年会はやりました。

食べるもの食べたら、若い子は大体みんな移動してゲームしたりしてるんだけど、それぞれが今やってるソシャゲのガチャ引きっこしてる光景が正月だなぁっていう…
物欲センサーのない人に回してもらう、そして出る。

170120ft_7.jpg

遅ればせながら、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』
も、朝イチで観てきました。

これはもちろん、(近藤)嶺さんが劇伴を担当する、同時上映の短編映画『スナックワールド 人嫌いのレニー』を観るために行ったんですがその感想は一回おいといて(つ´∀`)つ

あ~~~妖怪ウォッチ様はさすが妖怪ウォッチ様で最の高でした!!!
ストーリーこそ、一応子供向けなので甘めなとこもあるけれど!
映像・演出・構成何もかもが圧倒的でしたL5め…!!

今回の見どころそして肝は、アニメ⇔実写を行き来するところにあると思うんですけど、これが見事なくらい違和感ないし、目まぐるしいのにきちんと話に付いていけるし、まさに2.5次元に漂って観てるような感覚。

お話の中心となるカナミさん役の浜辺ちゃん、OP特番の時は初めての声優仕事でブッ叩かれてた気がしたけど、今回は言うほどでもなかったような気がしたです。
むしろラストのラスト、実写シーンで元の世界に帰っていくときの表情がすんごく綺麗で、「うわッすごい」ってゾクッとしました。

というか山❤❤人くんの演技が一向に上手くならないよね。


『レニー』は、可愛らしい絵柄の割に元々の設定が結構ハードなこともあって、10分くらいの短編なのにえぐい仕上がりになってました(※本編と比べると)。
気にしすぎなのかな…でも、普通にドラゴンのお母さん人間に殺されて息絶えてるし、助けた主人公は悪い奴らに暴行受けてるし、…エグイよね!!?笑

嶺さんの音楽は文句なしに素晴らしかったです!(*・◡・)
10分の間に、そこそこ曲数があったと思うんですけど…ウォッチッチ本編ももっかい観てもいいし、聴き直しに行きたいな~♬

---------------------------------------------------------------------

170120ft_8.jpg
今年も、ログインボーナスとしてすず音さんを飲んでました。うまし~

170120ft_9.jpg
デパートに行ったらこんな椅子がありました。素敵すぎるけど座ってみる勇気はなかった…

170120ft_010.jpg
デパートのレストランで注文した「大人のお子様ランチ」。全部美味しかった~~!

---------------------------------------------------------------------

…とまぁ、遊んだりなんだりして実家を後にし1月下旬となりました。

あのね、上京する前に「これ、おはぎちゃんのヒゲ」って、家の人から貰い受けた猫のおヒゲを失くしてしまって…
じいちゃんばあちゃんち、長いこと猫は飼ってるけどヒゲを落としたことはなくて、超レアドロップだったのにーー!!
ティッシュに大事に包んで持ってきたのにー!折り紙にたたんで大事にお財布に入れておこうと思ったのにー!何故~!!
…とショックを受けています(:3_ヽ)_

またいつかおヒゲ落としてくれるかな~(´つω;`)


そんな感じで、今年もマイペースにいろんなことを綴っていけたらいいなと思います!
せめて一月に一回は書き残したいです…あと絵もちゃんと描きたいです……

信念を持ち、のんびり参ります!2017年も宜しくお願い致します!(*´◒`*)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogramで人気ブログを分析 やってます( ´ ▽ ` )ノ
 
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2015'10.22.Thu

きのこ、はじめての街コンへ行く

「普通の日記を書いてみよう」絶賛キャンペーン中です。

先週末は、母とコレに行って来てました。
http://www.iwaki-machicon.com/

『街コン』…婚活じゃなくてコンサートの方です。

『街なかコンサート』の略で、復興支援事業として、「音楽で故郷を元気に!」という趣旨のもと、県内外からプロアマ問わずたくさんのアーティストが集い、文化の祭典として2日間行われる街のイベント。
「やるんだ~」って気が付いたのはつい一週間くらい前だったんですけど、何年も前からずっと行われているイベントだったんですな。

「街の至るところでライブやパフォーマンスが見られる」というシチュを経験出来る、しかも地元で!ということで、母を連れ立って街の中を徘徊して参りました( ´ ▽ ` )ノ

写真が多めです。

151018mc_02.jpg
レストラン前。音楽教室の皆さんによるサックスアンサンブル。
もうちょっと上手い写真の撮り方はなかったのか…という感じですが
(人がいっぱい見てる感を残したかった)


151018mc_03.jpg
文房具さんに行きたかったので、そちらに向かって歩いていたら「バッコミュニケイショ~~ン♪」と高音の歌声が。
男性二人組のコピーバンドさんでした。ギターの方MATSUMOTOばりにすごいことなってた。


151018mc_04.jpg
タクシー会社の駐車場前。こちらも長く参加されてるそうな金管アンサンブルチーム。
青空の下、溌剌としたブラスの音色が良く映えてました。
しかしこの写真のメインは犬です。


-------------------------------------------------------------

次の目的地までの間に美術館があるので、ずっと行こうと思って行けてなかった「ぐりとぐら展」にも行ってきました。

151018mc_06.jpg

ぐりぐらちゃん、誕生50周年になるんですって。すごいねぇ。
展示の一番最初にある、作者のお二人(中川さん山脇さん)からのお祝いの言葉が一番泣けた…

151018mc_05.jpg

好きなんですぐりぐら。一番好きなのは「おきゃくさま」。

-------------------------------------------------------------

美術館を出て、芸術文化交流館(いわゆる文化センター)へ。
県内有数のホールでの催しは、洗足学園音楽大学による『被災地支援チャリティーコンサート vol.3』

151018mc_07.jpg

これも今回の街コンの一環で、大ホールは洗足さんのコンサート、中ホールでは様々なジャンルの演奏会やダンスパフォーマンスが行われていました。

第一部は弦楽、合唱、歌劇、ピアノの連弾やエレクトーン演奏、吹奏楽と盛りだくさん。
次の予定があるため、フルで公演を聴くことは出来なかったんですが、その後にはジャズや歌も控えていたっぽい。
「被災地支援」だからなのか、客席は年配の方が殆どで、赤ちゃんやお子さん連れのお母さんも多く見られました。

歌劇なんかは、出演者の皆さんが色とりどりの豪華なドレスをお召しになっていたりでとっても華やか。
しっとりとした弦楽、強烈な吹奏楽と共に頂けるのってなかなかないので、それも音大の強みだなぁと感嘆でした。

司会を始め、指揮・舞台監督・PAも学生さん達がやっていたっぽいし(違ったら陳謝)、何より無料でこれだけの演奏を楽しめたらすごいよなぁ。何年も続けて遠方からお越し頂いてて、それも感謝です。

151018mc_012.jpg
ホワイエでCD無料配布(!)されてたので頂いてきました。まだ聴けてないけど…

-------------------------------------------------------------

洗足さんの第二部にうしろ髪ひかれつつ、もと来た道を帰ります。
家の用事もあったんだけど、この街コン出演者リストを見てたらちょっと聞いてみたいバンドがあって(*・∀・)
その時間が迫っていたわけです。

151018mc_08.jpg
プログレッシブバンド、カウンターパーツ
おっさん(失礼)のプログレってだけでもすごい魅力的なのに、そこに更に三味線が加わるってただのご馳走じゃないですか。


母が一緒だったので長くは聞けなかったのが無念ですが、
すっごいカッコ良かった
さすが~私の勘間違ってなかった~~ ただ、夕方なのでユスリカ大量発生してたのが可哀想すぎました……

各会場にスピーカーが設置されているので、その場を離れて次の会場に移動する間、前会場の音が響いていたりするのも、街中が賑わってる感じがあって良いですな(´ω`*)

151018mc_09.jpg
午前中とはうって変わってフォークソンググループ。
写真撮ってないけど、女性一人の弾き語りとかアニソンバンドとかゴスペルとかもいろいろあったのです。


151018mc_010.jpg
旅も終わりが近付いてきたということで、アイス食べながら鑑賞。
隣りで母が「えっ?えっ!?」て驚いているので、なんだよ、と尋ねたところ( ・ω・)


151018mc_011.jpg
この演奏会場でのトリを務めたのは、有名フォークシンガー、中川五郎さん

母はしばらく「えーっ、中川五郎、えーっ」とビックリしていました。よかったね(?)。
ところで、中川さんに限らず、『フクシマ』という土地柄、そういう歌を唄い、パフォーマンスする方は少なくなかったです。


-------------------------------------------------------------

陽も落ちかけて肌寒くなってきたところで、街コン離脱。

市外県外からもアーティストが集まって、音楽やパフォーマンスで街を盛り上げてくれて、
それを街の人がパンフレット片手に見て回る、出会うという景色がすっごく良いなぁと、ふくふく幸せな気持ちで歩いておりました。

ほんの半日のことだったけど、著名人が創り出したもの含め、自分たちの住む故郷で創り出される音楽や美術、色んな「文化」にゆっくりと触れることが出来て、充実した良い休日だったよね(*´◒`*)

刺激と言うよりか、潤いや元気を頂いたので、私は私にしか創れないものを生み出さんといけんね。
自分が好きなものばかりに囲まれて幸せなのもいいけど、誰かが好きなものと接する、そんな仰々しいことでもないんだけど、こういうの大事だな~と改めて感じたのでした。

準備期間含め、参加された皆さん、本当にお疲れさまでした~!ヽ(*´∇`*)ノ

-------------------------------------------------------------

最後に、何とはなしにうちの猫(きなこの方)画像を。
昼寝してるじいさまと一緒に寝てるんですけど、始めは腹と平行に寝てたはずなんですけど

151018mc_013.jpg
えっ

151018mc_012.jpg
寝相の悪さには定評があるきなこでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram やってます( ´ ▽ ` )ノ
 
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2015'10.11.Sun

次元を問わずアイドルは尊い光

またブログ書けてません私です_(┐「ε:)_

ということで息抜き雑記!
最近は、というかずっとですけど、アイドル漬けになっております。
2次元だと765と346と315とアイカツですが、3次元のアイドルも昔から大好きなのです。

というワケで行ってきました( ` ▽ ´ )ノ
150920ex_a.jpg
せんだーいヽ(*´∇`*)ノ

9月19日~23日まで宮城でやってたアレです。
おっきいコンサートは3年振りの当選で、席も有難いことに良席でした(´ω`*)

仙台駅に降り立ってからは、人が本当にすっごくて「あー隣県に住んでてよかった…」と心から思いました。
(厳密には在来線で福島に向かう時点ですごかった、そこから新幹線に乗ったらもっとすごかった)

で、駅近くに臨時のシャトルバス乗り場があって、時間ごとに区切られてそこから会場まで運ばれていくわけです。
(このバスチケットも事前予約制だったんだけど、そこが一番の争奪戦だったという話も)

当然ながらその周辺はすごい人ひとヒト!
予約した自分の乗車時間が来るまで並んで、またバスの順番待ちで並ぶ。
ホントに秋口で良かったです。夏だったら確実に死人が出ていた。

ここと帰りのシャトルバス関係のスタッフの方が一番頑張ってらっしゃったように思います。
そら今回のコンサートの最大のミッションでしたもんな。皆さんスタッフハイになってて輝いてた。

で、自分たちの乗るバスまで時間があったので、近くの利久で牛タンうまうましたり(画像は特にない)

20150920ex_b.jpg
/ずんだ!アイス!ぜんざい!!\ 食べたり!٩(๑´3`๑)۶

20150920ex_c.jpg
いざバスに乗ってみたら最前の補助席だったり

こんな席もう一生乗らないよ…
コンサート会場まで40分近く揺られるんだけど、「落っこったらどうしよう…」と思って一睡も出来なかった…_:(´ཀ`」 ∠):_

-------------------------------------------------------------

20150920ex_d.jpg

というワケで現地へ。
本ッ当に良いお天気だった上に、スタジアムの周囲は田畑と民家だけなので空が広くて、青空美しすぎました。この青加工してない青です。
写真だと人いなさげですが、この周りも混雑すんごかったです。

デレステやりたさいっぱいの中開演を待って、16時30分にコンサート開始。

開始早々目の前にA葉メンバーが来まして、スタンドに向けて手を振りますと、その直線上にいた数千人がワーッ!って沸くんですよ。
その魔法のような壮観たるやマジ凄まじかったです。
瞬間、「あぁ、この人たちは私が愛する765や346や315のもっと上にいるんだ、その頂点で輝いてアイカツしている人達なんだ」と悟って、涙ボロボロ溢れてきたわけです。

5人が現代アイカツ界のトップにいるのは既知のことですが、改めて生で見せつけられるとゾクゾクするものがあります。
コンサートが進行するごとに、『たった5人で、15年アイドルやってきた結果が"これ"なんだ』と感じ入るものがあってですね。

あぁ、アイドルってキラキラ輝いてて尊いなぁ、こうやって尊いの極みの「アイドル」を追いかけられるのって、なんて幸せなんだろう。
いつか765や346や315のみんなも、これだけのライブを開催して大勢のファンを笑顔にしてくれるんだろうなと、もー色んな気持ちがないまぜになって多幸感に浸ったまま、終演まで泣き笑いでした。悟ったメッチャ悟った。

でもアイカツの人達って収容人数多いスタジアムとかでよくライブしてるよね。


話は戻りまして、コンサートはとっても楽しかったです。
そういうブログではないので内容には一切触れてませんが、一応15年以上ファンやらせて頂いているのです…(*´-`)

普段テレビで見せない5人のキャラクターと魅力で作り上げるコンサートは、とてつもなく高いエンターテインメント性を持っていると思います。

アイカツ界のトップに立つ彼らを支える、一流のスタッフさん達が創り出す世界やその仕事も真摯で、本当に素晴らしい。
楽しむだけでなく学ぶところもいっぱいあるので、是非機会があれば色んな方に観て頂き…チケット…取れないけども……(・∀・)


このコンサートを挟んで、6月はアイカツスタアニちゃんのライブ(紳士淑女)・7月にはアイマスの10th(LV)・9月には315pro公録と、
2次元と2.5次元と3次元と、いろんなアイドルの眩さを味わってきたので、この初夏~秋はホントにアイドルの尊さにズブズブでありました。
私はものごころついた時から、アイドルに心身を捧げるように成っているのかもしれんなぁ……


アイカツ4期もとっても楽しいし、MマスもまたCD出るし、デレマスの最終回見たら身体の水分量はどうなってるかわからないし
そんなワケで、今日もデレステ叩いてきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析 やってます( ´ ▽ ` )ノ
 
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。