--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'03.19.Sat

『人の命は地球の未来!!!』

東日本大震災から一週間。
改めて、今回の震災で亡くなった方とそのご家族・関係者の皆様に心からお悔やみを申し上げます。


今日は、福島の北部に住んでいる親友(主婦)と電話をしました。
地震発生数日後、家族全員無事だとメールは貰っていたのですが、そこから音沙汰がなかったのでまずは安心しました。
周辺に三陸や原発など、被害が大きい・これからが心配な地域が多いだけに目の行き届かないところなのは分かっていましたが、「一週間断水でしんどい」と漏らしていました…
あれが大変、これが大変というのを話してくれたけど、一週間もの断水というのは想像しているより遥かに苦しい状況で、正直寒い東北の地で給水車に水を汲みに行くのも一苦労、その僅かな水で家族5人分の生活用水を賄うのは更に一苦労だと、のわ~ってしてました。

「もっと大変なとこはあるからねぇ」と言っても、『恒常的に清潔に出来ない、調理方法が偏るため満足な栄養が取れない』という点から免疫力の低下、既に風邪を引いて家族一巡してるようでした。
いつもは穏やかな子なんだけど、すごくピリピリした喋り方をしてたしね…
シングルで自分一人なら何とかなるかもしれないけど、働きに出る父ちゃんがいて、守るべき子供たちがいて…では家を預かる主婦業の皆さんのストレスもピークに達しているんでしょうな…。

本当にお母ちゃんはすごいと思います。だけど、そのスゴイはずのお母ちゃんたちも危機に瀕している。
被災地・非被災地のお母さん方、気張って大変な時でしょうがどうか乗り切って頂きたい……!!
(その支えとなる親を失った子供たちもいる。本当に、本当にやりきれないです)

=======================================


色んな有名人・著名人・団体から応援メッセージや届き、支援の輪が広がる中、そんなお母さんやお子さ向けにヒーローたちが励ましてくれている「特撮ツイッター」
数日前から気付いていて追っかけていたんですが、もう熱くて辛抱たまらなくなったので触れます。
主に日曜朝のヒーローが、地球から子供たちを始めエールの必要をしているみんなへの励ましのメッセージを昼夜問わず連日呟いてくれています。

特撮ツイッター twitter@tokusatsuhero (http://twitter.com/tokusatsuhero

俳優・声優・スーツアクター・スタッフに限ってのアカウントになっていますが、提唱し統制を取っているニンジャレッド(@カクレンジャー)、それを支援するヒーロー・ヒロイン達のおかげで、かなりの人数のヒーロー関係者さんが集う場所になっています。
スーパーヒーロータイムだけでなく、ウルトラマンや牙狼の皆さんがいたり、もう本当に、特撮ヲタクとか抜きにして『オールスターヒーロー』の様相を呈しているこの場所で送られるエールが熱くて真摯で、大友の私でもそのメッセージ一つ一つが心強く、リアルに泣いてます。

年のことは言えませんが、リアルに20余年戦隊シリーズってのを見てきてる私にとっては殆どのヒーローヒロインが心のヒーローで、特にその戦隊シリーズが子供向けに分かりやすく作られており、メッセージも単純明快で記憶に強く残っていることから、今その決め台詞や名台詞をもじって激励されると、その時その時のことを思い出して本当に心が震えるワケです。

特に今回の立案者であるニンジャレッドの所属した『カクレンジャー』は、特に私の青春そのものでありました。
その作品と今こんな形で巡り合い、勇気付けられる時が来るなんて思ってもいなかったので、その縁が心底不思議で有難かったです。

ここからは中の人(などいない!)的な話になってしまい恐縮ですが、エールを送ってくれるヒーローの中には、ヒーローを退いた後も第一線で活躍されている方、活動場所を替えた方…既に芸能界を休業・引退した方も沢山いらっしゃいます。
個人的にはこの3番目の『芸能界を休業・引退した方』が再びヒーローとしてみんなの前に姿を見せて声をかけてくれるということ、勇気ある行動がとても嬉しい。
テレビで見ない日はないような『第一線で活躍している方』が、ヒーローであったことを忘れずにエールを送ってくれるのも嬉しい。

何より、ヒーローのみんながヒーローである・あったという気持ちを真摯に持ち続けているというのがとてもとても嬉しいです。
それって、ヒーローという仕事を大切にして、矜持を持っていないとできないことだもんね。
今回は正義も悪も関係なく、悪役さんもエールを送ってくれているところに「敵味方関係なくみんなを救う」という熱意を垣間見ます。

現行ヒーローに勇気付けられる低学年の子供がいれば、「自分がちっちゃいとき見てた見てた」って懐かしんで勇気付けられる学生さんも保護者の方もいると思うし、純粋にファンがその行動に心を打たれて励まされるということもあると思う。
不安な思いをしている子供たちがヒーローの声を聞いて「がんばろう」と思ってくれることが一番なんだと思うけど、それを支える大人たちもストレートなエールに鼓舞される。すごいなぁ、って感嘆の声しか出ません。

勿論ネットなんて見られない被災地で、そんな心の余裕もなく、まだまだ怖い思いをしていたりひもじい思いをしている子供たちには届かない声なのかもしれない。
それならせめて、せめて届く範囲にいる人たちがヒーローの声に勇気付けられ、奮起して「自分に出来ること」を思いやりを持って行い広まっていって欲しいと、そう思います。


■コメントを寄せているヒーロー達ブログまとめ http://ameblo.jp/yosukeandyou/entry-10831191470.htmlデカグリーン/伊藤陽佑氏オフィシャルブログ)
■ヒーローの皆さんのtwilog http://twilog.org/tokusatsuhero


今回の記事のタイトルに『救急戦隊ゴーゴーファイブ』(1999)最強の名ゼリフを持ってきたのは、各ヒーローがそれそれの決めセリフをエールに載せて発信している中、一番グッと来て、痺れて、胸が打たれて泣いたのがコレだったからです。
『人の命は地球の未来』まったくもってその通り。
ゴーゴーファイブが5人全員「人命救助に関わる職業出身」なのもあって、更に迫るものがあるんでしょうな。
(95年阪神・淡路大震災後、「救急」という職業・分野に注目が集まってそのテーマが採られたとか)

まだまだ問題は山積していて、目の届かない地域も沢山あります。
本当に伝えなくてはいけない現状は後回しで、既に美談としてまとめに入っているような報道すらある。
家族や親戚が被災地にいる身として、何をしなければならないのか悩むばかりだし、ヒーローのみなさんも同じように悩み声を上げている。
だけど、ヒーローと言うものは、

『ヒーローは平和になるまで闘い続ける』
んだそうです。(ニンジャレッド氏のツイッターより)

もうとっくにいい大人ですが、私はヒーローが好きで、信じてきて本当に良かったです。
私の出来ることを、出来る限り頑張りたいと強く思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 余震注意して、風邪引かないように!(`・ω・´)
スポンサーサイト
特撮トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。