2017'01.25.Wed

ソシアルナイツの『人馬一体』が最強な件

170121sn_1.jpg

最強なんですよ。

◆ソシアルナイツ・・インテリジェントシステムズのサウンドユニット。
FE覚醒/FEifと音楽を担当した、森下弘生さん(赤/Pf)と金﨑猛さん(緑/Gt)の2人組。

◆人馬一体・・ソシアルナイツによる音楽CD。
2人の手によって編曲・演奏されたファイアーエムブレムシリーズ楽曲が収録されている。

------------------------------------------------------------------

『ファイアーエムブレム0(サイファ)』のキャラバン等イベントでのミニコンサートや、ニコニコ生放送内企画で披露されてきたソシアルナイツの演奏。
それがついに2016年冬(C91)、新曲も加えてCD化を果たす…!

というか、2016年12月初旬に行われた、第7弾発売直前生放送に行きまして。
そこでソシアルナイツ+近藤嶺さんの演奏を生で堪能し、カッコイイ「人馬一体」のPVを見てC91での発売を知ったわけですね。

で、冬コミに行くお友達にお使い様をお願いして無事に手元にあると…ありがたや…ありがたや…!!!(*´人`)(ホントに)


なんか気合いの入り方がすごい。イケメンみしかない。

 

収録曲は以下の通り。

1. ファイアーエムブレム0メインテーマ (サイファ)
2. 戦闘マップ1 プレイヤー側の攻撃 (暗黒竜と光の剣)
3. 黄昏をつれて (if)
4. 遠い夜明け (if)
5. 新たなる光の下へ~ロイの勇気 (封印の剣)
6. 温もりは還らず (if)
7. if~ひとり思う~ (if)
8. 第3章(獅子王エルトシャン) (聖戦の系譜)
9. Beautiful Princess Erincia (蒼炎の軌跡)
10. いつかきた旅路 (if)
11. 「I」~為 (覚醒)
12. 星の在り処 (if)
13. ファイアーエムブレム メインテーマ


170121sn_2.jpg
バックインレイ以外にも、ジャケット内などそこかしこにソシアルナイツが隠れてます。

170121sn_3.jpg
覚醒/if担当のお二人のアルバムなこともあり、ifからのアレンジが多め。

雑感。

PVにもなってる「ファイアーエムブレム0メインテーマ」から、ラストの「ファイアーエムブレム メインテーマ」まで、まったく捨て曲がない。

普通こういうアレンジアルバムって、アレンジの好き嫌いがあるもんです。
カッコつけすぎて原曲の大事なとこを拾ってくれてなかったり、比較して「あ~違うんだよなー」って何となく違和感あったり。
1枚通して聴いたときに引っ掛かりを感じたりすることも多いもんなんですけど、それもまったくない。
(これは人それぞれかもしれないけど、私は今回全然なかったです/それに比べて…あっち…(黙))

「ファイアーエムブレム」を愛し、覚醒/ifの音楽担当として名前を連ねてきたソシアルナイツ。
その中の人が手掛けたことで、心地良くもセンス溢れるアレンジになっていると思います。
正統派アレンジもあれば、原曲とは違う雰囲気のイケメンアレンジもあるけど、その編曲具合がほんっとに絶妙。

ピアノとギターという、少ない音源で演奏されているので無駄がない。しかもニュアンスの伝わる生演奏。録音状態もいいです。
楽器出来る人だったら、耳コピしてカバー出来るんじゃないかなってくらいのシンプルな構成。
それによって、作業中は邪魔せず響いてくれて、聴きたいときはメチャクチャ没入させてくれる。その距離感がすごい。

13曲44分なので、気付くとサラッと1周していて、リピートにしてるとあっという間に時間が経ってたりするのも曲者。


あと、ソシアルナイツ普通に演奏上手い。

------------------------------------------------------------------

※ここから全曲感想になりますので、ネタバレNGの方は…飛んで!(*`・ω・)ゞ

疾走感溢れる「ファイアーエムブレム0メインテーマ」で始まって、穏やかなピアノ伴奏にエレキのメロディが心地良い「戦闘マップ1 プレイヤー側の攻撃」
3和音マーチっぽいアップテンポの原曲が、丘陵から祖国を眺めるような優しい曲調に変わるわけですよ。

ifからの「黄昏をつれて」「遠い夜明け」は割と原曲準拠。
辻横女史のメロディとは違った風合いを、シンプルな編成で改めて味わえます。
「遠い夜明け」は森下さんのピアノソロ。嶺さんがこだわった「白夜」(和)の美しいハーモニーが、丁寧なタッチで紡がれていきます。聴き入っちゃう。

「新たなる光の下へ~ロイの勇気」
溌剌とした原曲から柔らかいアレンジに。ギターとピアノで少しまあるく響きます。癒されます。


ifより「温もりは還らず」
『人馬一体』、どこから聴いても優勝は優勝なんですけど、この6曲目「温もりは還らず」以降はシードでの超優勝。
金﨑さんのギター一本で奏でられる「温もりは還らず」、無理。
金ちゃんあんたすげぇよ最高だよ。

「if~ひとり思う~」問題作。
アレンジの究極さもさることながら、これをアルバムの真ん中に持ってくるセンス、たまんないですね!!!!!
本来はオケですよ、蓮花さんの涼やかな歌声も入るわけですよ。それを…それをこう…!!(泣いてる)

私ついったで『BBFFで言うとこのザナルカンドのアレ』って言ったけどまさにほんそれ、そのFEバージョンだと思います。
ひょっとしたら好き嫌いはあるのかもしれないけど(でもパッと見て嫌いって言ってる方も見てない)、逆にハマったらヤバいタイプのアレンジ。原曲の3拍子がこう活きてこう決まるのか…って震えます。
作った御本人にこのアレンジをやられたら、後続は大概何やっても太刀打ち出来ないような気がします。

みんな大好き「第3章(獅子王エルトシャン)」
中盤までは原曲通りの切ないエルトシャン。ピアノとギターでこれでもかってくらい悲哀を引き伸ばしたとこにカットアウトでアレが入ってきたときの「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」感たるや…!!(崩れ落ちる)
終盤は、本来のソシアルナイツアレンジで格好良く締めていく構成。いやほんっとズルイと思う。

蒼炎より「Beautiful Princess Erincia」
「ひとり思う」~「エルトシャン」でゾンビ化しているところにライブ頂くみたいな(死なない?)、柔らかく心地良いアレンジ。
よくよく聴いてると、ピアノとギターの掛け合いのバランスがすごい。

金﨑さん作曲の「いつかきた旅路」
ここからあいためへ、そしてラストに向かうためのチャージゾーン。小細工なしの真っ直ぐな演奏からじわじわ上がっていくの滾る。

「「I」~為」
「ひとり思う」であんだけ変化球投げてきておいて、こっちはドが付くほどの超ストレート。油断するとやられる、それくらい重くて鋭い。
ちゃんと中盤の「ファ~イア~エームブレム~」のとこまでやってくれます。
ホントに曲はヤバいし、ピアノとギターのみでこれだけ格好良く重厚に攻めて来るのどうなってんって思うけど、結局これが出来るソシアルナイツ仲良しなんだなぁってところに落ちる、圧巻の演奏です。

ifから甲田(雅人)さんの楽曲、「星の在り処」
水の中を揺蕩うような神秘的な原曲。その輪郭が、ピアノとギターの演奏によって少し浮き上がります。
ピアノの自然な残響と、ギターの主張あるリバーブが重なってゆっくり解けていくのがすごく気持ちいいです。
でも、優しくて切なくて綺麗なのはそのまんま。
これは隅々まで心の行き渡ったソシアルナイツの演奏がヤバい。

ラスト、俺たちの「ファイアーエムブレム メインテーマ」
ただのFEメインテーマではなくて、ギターとピアノのユニット!と意識させるような、これまた絶妙なアレンジ。
和やかな演奏なんだけど、勇ましさやレジェンド感はそのままに、最後まで格好良く締めてくれるのホントに素晴らしい。
最後のrit.で、あぁファイアーエムブレム好きだなって再認識させてくれます。


表情豊かな各アレンジ曲を、スピード感あってイケメンな「ファイアーエムブレム0メインテーマ」と、穏やかな「ファイアーエムブレム メインテーマ」でサンドイッチするの、本当に上手いです。
リピートすると、また疾走感溢れるカッコイイサイファのテーマに戻るわけで、そりゃいついつまでも聴いてしまうわけだ~~
意図したのかどうかは分からないですけど、いや上手い構成です…( ・◡・ )♫


音楽的なことやギター/ピアノに詳しい方が聴けば、もっと違う側面からお話頂けるんでしょうけど、私なので感情に則った全曲感想なのでした!(o´∪`o)

 


は~~褒めた褒めた(*´ω`)=3

ついったとかでざっくり感想見ても『神』もしくはそれに類似した感想しか出てこないし、それどころか冬コミや各種イベントでソシアルナイツお二人の人柄の良さまでワッショーイされてるし、
もう…もうなんなの『人馬一体』、ソシアルナイツ!!!!

惜しむらくは、この『人馬一体』がC91限定発売だったこと。
本当に本当に良音源・超名盤だと思うので、遠方のファンのために通販して頂きたい…!

通販に手間がかかるのであればせめて今後の各イベント、大きなところだと2月のサイファ祭2017で販売をお願いしたi…

ってグッズ商品一覧のところに…ない…ないじゃん!?Σ(´・∀・) (※1/25現在)
案の定高値で転売されているので、奴らをギャフンと言わせるためにも、そしていつもサイファを楽しんでいるプレイヤーさん達のためにも、公式側で広く販売してほしいなと願うのでした…

いっぱい売れたら『人馬一体2』が出るかもしれないじゃん…
ソシアルナイツも、もっといい赤緑のネクタイや靴下装備できるかもしれないじゃん…??

ソシアルナイツ+でもいいんですよ…??(超下心)
(第七弾発売直前生放送にて、ソシアルナイツ+で披露された「光射す彼方へ」(貴様ら~も)も、中の人ならではのアレンジ・演奏がとんでもなく素晴らしい永久保存版だったので、それをまた生で拝みたいand音源化されたらステキやんって思うじゃないですか!!!!)

------------------------------------------------------------------

170121sn_4.jpg
仲間内で盛り上がったので、森ちゃん金ちゃん近ちゃん描いちゃいました。
森ちゃん可愛く描けました( ◜◒◝ )♡


ソシアルナイツ+になると、森下さんの装備がベースになるのがいいですよね。
あと、生放送のコメで「ソシアルナイツとジェイガン」って言った人、許さないけど超的確且つモルトベーネセンスだと思います。



blogramのブログランキング にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ やってます(*・◡・)
 
その他ゲーム音楽CDトラックバック(0)  コメント(0)
2013'01.31.Thu

hideさんからサントラ詰め合わせもらったのはなし

ゲ音の演奏会+コンサート情報やレポート、サントラやゲームの情報などを日々発信する、ゲーム音楽情報ブログの若きプリンスとしてご活躍中の、『GAMEMUSIC GARDEN』(以下GMガーデン)の管理人、hideさん。

随分前になりますが、こちらのブログで『ブログ1,000,000HIT記念プレゼントつきアンケート』というのをやっておられまして、豪華な賞品に目がくらんで日頃のブログ更新に感謝の気持ちを伝えたい!と、アンケートに答えさせて頂いたのですね。

◆「ブログ名とハンドル変更 & 1,000,000HITプレゼント企画のお知らせ」(2011/9/15)
 http://sky.ap.teacup.com/helen/1793.html (GMガーデンさん該当記事へ)

アンケートに答えよっかな~どうしよっかなーって思っていた前後は、本当にいちブロガーさんと読者っていう関係だったんですが、今のような付き合いが始まったのは、4starのスタッフミーティングで初めて顔を合わせたところからでした。
hideさん(当時はヘレンさん)も私のことをブログ書く人だねーとご存知で、ものすっご恐縮したのを覚えています。

あ、そうじゃないですね。で、このプレゼント企画で栄えある『hide秘蔵 ゲームサントラ5枚詰め合わせセット』を頂戴出来る権利をGETしたわけですよ!有難いことです!ヽ(*´∀`)ノ

しかし、アンケートとプレゼント当選者の結果発表が出たのは2011年の11/3で、今から実に1年3ヶ月前でして…
この長い年月は一重に私の愚鈍さとhideさんの優しさで出来ていまして、普通にhideさん仕様の詰め合わせが頂けるのかな~と思ったら、実際はある程度こちらで選ばせてくださったのです。
hideさんの足元にも及ばないものの、一応私もサントラ収集家でモノが被ってもいけないということで、私がまずhideさんの所持リストの中からざっくり選択して、その中からプレミア等が付いてない(笑)安全なサントラをhideさんに選んで頂く、という流れで決めていきました。


ひょっとしたら、「あの時の『5枚』って何だったんだ?」と気に掛けている方がいらっしゃるとアレなので、このたび1年3ヶ月の時を経て頂いた、『hide秘蔵 ゲームサントラ5枚詰め合わせセット』を当ブログで紹介させて頂きたいと思います!。゚+.ヽ(。・∀・)ノ ゚+.゚


130122_1.jpg
じゃじゃーん!!!ヽ(・∀・ )ノ
こちらの5枚が今回頂戴した『詰め合わせセット』です!

130122_3.jpg
左から、『ICO~霧の中の旋律~』『ロード・オブ・ヴァーミリオン Re:2 FAN KIT』『光の4戦士-ファイナルファンタジー外伝』

『ICO』は未プレイのゲームですが、曲がとにかくいい!というのと、今度GAMEバンドさんで演奏される曲目もあるということでセレクト。
『光の4戦士』は、牧歌的な雰囲気が気になっていたので「ざっくり選択」の中に入れていました。
そしてスクエニ系のカコイイ系アレンジが多く収録されている『LOV』は、hideさんからのシークレットな1枚でした(*´∀`)

130122_2.jpg
こちらは、「イース 7」の予約特典、『イース・ミュージック・ヒストリー』と『桜庭統 ライブコンサート スターオーシャン&ヴァルキリープロファイル』。後者はなんと二枚組ですよ奥さん…!

この2枚は逆に、普段私が馴染みのないものをお願いしました。「hideさんが『良いものだから聞いて!』と思うのを選んで欲しい」とお願いしたのです。
イースもjdkも、桜庭楽曲も半端にしか知識がないので、このベスト盤的なセレクトは嬉しいです!

既に聞いているものも、これからゆっくり楽しませてもらおう!(*´∀`)というものもあります。
またこれが、どのCDもすごく状態がいいんだ…!直に貰ってジャケットなどを見て気付いた時、ちょっと感動しました。

-------------------------------------

最後に。今でこそhideさんとはフランクなカンジで仲良くさせて頂いてますが、ドキドキでアンケートに回答していた当時は、本当にお知り合いーみたいな距離感でした。
今はなんか、従兄弟みたいなカンジです(盛った)

ゲーム音楽がきっかけで知り合って、演奏会でご一緒したり、ゲ音関係なく遊んだり、たまには「この先こういう風にブログを書いていきたい」みたいな真面目なことも語ってみたり。
hideさんに限らず、ゲ音を軸にじわじわと交流の輪が広がっていくのって楽しいな~と感じます(*´ω`*)

元々、地方で一人細々と楽しむ学生時代だったので、直に会って盛り上がったり、昼夜問わずSNSではしゃげる今、尚更そう思うのかもしれません。
(ゲーム好きの友達はいっぱいいたけれど、「ゲ音」に特化して好きな人はそんなにいなかったのです)
好きなものを好きな人たちと「良い」「好き」と言い合える空間って、ものすごく貴重で、当たり前のものではなかったんですよ。
それが今、日常の一部になってるってすごいなぁと、噛み締めながらぼんやりブログ書いたりしています。

そういう『楽しい』『嬉しい』っていうプラスの気持ちを、少しでも文字に載せて綴っていければ、というのが私のほんのりとした理想です。


あ、CD貰ったの話からちょっとズレてしまいましたが、改めてhideさん、有難うございました!じっくり楽しませて頂きます!ヾ(*´∀`*)ノ
次回150万hit、200万hitの際にはまた、ドキドキでアンケート参加させて頂きますw



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´ω`)ノ
その他ゲーム音楽CDトラックバック(0)  コメント(2)
2011'11.01.Tue

4☆テーマソング『Cobito Story』感想(*´∀`).☆.。.:*・゚

前回で4☆関連はお開きじゃなかったのかい!?(゚Д゚)
まあまあこれは別口にしないと私の気が済まないので…ということで、最後は今回4starオーケストラのために書き下ろされた岡素世さんの小曲集『Cobito Story』をご紹介!

4hoshi_4.jpg

岡素世さん…マリオカートやシムシティの作曲でお馴染みの女性作曲家さんです。
SFC黎明期の任天堂人気ソフトに関わってるイメージが強いですが、エキサイトバイクや3Dホットラリーなど、FCのカッコイイレースゲームも手掛けてらっしゃいます。特筆して遊遊記の曲が良いのはみんなの秘密。

最近だと「ぞんびだいすき」とか、色んなゲームのトリビュートアルバムなんかに多く参加されてますね。
ゲ音団さんにも所属してらっしゃって、各種レアトラックスに作品を提供されています。

このブログでも何回か触れていますが、私は岡さんクラスタなので、この4starテーマのCDが出ると聞いた時はかなり興奮しました。脳内で舞い踊っておりました。
本来は会場などで流される予定もあったそうなんですが、当日他団体さんと被ってしまったので白紙になってしまったとか。仕方ないですが残念ですな(´・ω・)

4hoshi_3.jpg
ジャケットはうちの制作班のレイさんが描きました。めんこい~めんこいよ~~(*ノ∀ノ)

4starオーケストラの準備から本番が終わるまでの情景を"小人の一日"に例えている(4starパンフレットより抜粋)んだそうです。
左から、朝・昼・夕・晩。1つの主題を元に、4つのシーンをイメージしたアレンジがされています。
また、朝ならサックス、晩ならピアノ、という風にこの小人達が演奏している楽器がメインになって奏でられます。

1. Cobito Story
2. Preparation
3. Sunset Praying Guiter
4. Under The Starry


4曲で8分強という短いインストアルバムですが、「踊るような展開の曲・情景を豊かにイメージさせる曲」を特徴とする岡さんの作品、本当に何度聞いても飽きません…(*´∀`)

『1. Cobito Story』は元気いっぱいのサックス曲。朝が来て、でも眠くて、でも準備しなきゃいけなくて…それとも朝イチでサックスの練習なんだろうか?そんな、軽快に混沌とした様子が溢れてます。

『2. Preparation』は、「昼だぞ元気に働くぞ!」的一曲。これに関しては特にメイン楽器はないのかな?「朝」よりも落ち着いた、ミドルテンポの明快な曲です。

『3. Sunset Praying Guiter』、趣のあるアコギ曲。寄せては返す波のようなギターアレンジに、中盤から軽やかなピアノが絡む展開は、夕焼けが沈んで空が藍色に暮れていくよう。
最後はギターにリバーブが掛かって、この後の「晩」への繋がりを予想させます。
Playing」じゃなくて「Praying」なところに色々感じるところがありますなぁ。

『4. Under The Starry』は、星空というよりも宇宙空間に漂うような美しい響きのピアノ曲。全体的にピアノにリバーブが掛かって浮遊感パないです。
シムシティのOP~序盤みたいな、優しくてあったかくて品があって、そんな良い締め曲です。

サックス(朝)とギター(夕)は生録音なので、情感豊かな岡さんの曲に一層の広がりを与えてくれます。

因みに、『3. Sunset Praying Guiter』は、ゲ音団さんの『スーパーレアトラックス』2枚目の最後の曲です。
今後発売予定の『レアトラックス the Best』への収録も決まったそうなので、この『Cobito Story』以外にも聞けるところは増えるみたいで嬉しいかもしれない(*´ω`*)

まあ、まさかこんな形で岡さんの新曲を聞けるとは思わなかったので喜びも半端ないわけですよ…。
こうやって無事に楽曲に触れることも出来て満足です(*´∀`)=3

4starオーケストラ公式などで通販が始まった際には、是非聞いてみて下さい~!(*´ω`)ノ





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他ゲーム音楽CDトラックバック(0)  コメント(0)
2010'09.21.Tue

【ゲ音団】レアトラックス・視聴(・∀・)

前回、概要と曲順だけ紹介した、案の定虎でも瞬殺でしたゲ音団頒布の『GEONDAN レアトラックス Ver.1.0』

何周かして感想がまとまってきたので、ちょっとめもめもしてみますねヽ(・∀・ )ノ
曲順は前回記事参照にて。


若輩者が評するアレではないかもしれませんが、もう本当に1,000円という価格設定が有り得ないくらい豪華でした。流石同人設定。
『ゲームやアニメ・劇伴で使用する予定だったのに敢え無く没になった楽曲』レベルの音楽がゴロゴロ詰まってました。
おプロ様が作っているので当然と言えば当然だし、その例えが褒め言葉になっているのかどうかわかんないですけど(・∀・)


作文レベルで言えば、
・最近のアクションRPGみたいなオシャレな曲アリ
・シュミレーションRPGみたいな壮大な曲アリ
・洋楽チックな歌モノアリ
・シューティング曲、ボスと一戦曲アリ
・正統派美少女ゲームの一番のイベントシーンで流れそうな曲アリ
・和モノもあります
・イージーリスニング系もあります


ベタに『ゲーム音楽』っぽいのもありますが、一聴しただけではそれと分からないオシャレな曲もいっぱいありました。
現在の『ゲーム音楽』というジャンルの多様化を痛感する一枚ではあります。

個人的に好きだったのは、ベタですが、疾走感溢れる「いかにもゲーム音楽」な『Brionac』(坂本氏)、
シンプルで不安定なメロディ×品の良いループ感が癖になる『NightVision Phase06 ~Low Snow Rainbow~』(小塩氏)、
これもベタですが、感動的な各種イベントシーンで流れそう、そしてまさかのここでFO!?Σ(゚Д゚;)な『Love In The Air』(海田氏)

流石の1曲目、『天翔ける』(茜氏)、暴れまくるような中ボス戦ぽさがたまらない『阿迦奢』(花岡氏)、ボカロ得意じゃないんだけど『さくらブロッサム』(下田氏)も好きだったなぁ。

ヘビロテしてると、結構どの曲もお気に入りにはなっちゃいますなぁ(´∀`*)

それから、おそらく1、2番にお気に入りである『BOSS botsu』(岡さん)がビックリするほど短くてですね、「えッ視聴!?Σ(´∀`;)」と思わずうろたえてしまいました。1分強…だと…!?(笑)

菊さんの『Physical Love』は、始め聞いた時は大人しめで物足りないんだけど、何周も聞いてるとその静寂の中に散りばめられた繊細にして巧妙ないつもの菊田マジックがクセになってきて、3分という時間が物足りなくなる…!(笑)
こればっかり1時間も聞いていたくなるような無重量感がたまりません。

逆に、これだけバリエーションに富んでると、申し訳ないかな一曲どうしてもダメだった曲があって、そこに来るとどうしても飛ばしてしまう…くらい怖くてですね(´Д⊂、「怖がらせる」とか「不安感を煽る」という点においては大成功だと思うんですが…私には難しい曲でした。(ヽ´ω`)<スミマセン


と、全21曲総時間1時間強ですが、気が付くと一周あっという間です。
普段、好きな作曲家さんとか気になってる作曲家さんとか、ゲームメインでプレイしたら曲が良かったとか…そういう好みでしか、CD買ったり、曲を視聴したり…ってことをしないので、存じ上げない作曲家さんの楽曲を、一遍に聞けるっていうのはふっつーに良かったです。
『ゲーム音楽作曲家』さんという枠の中でも、バラエティに富んだ畑違いの音楽がCD1枚にまとめて聞けるのは魅力的ですよなぁ。
「名前は今まで知らなかったけど、この人はこういう曲を作るんだ」って、興味を持ったりwiki見に行ったり、アクションを起こせたというのが個人的にはスゴく楽しかったし、このCD購入して良かったポイントの一つでもあります。


ちょっと画像デカいですけど、CD表面はこうなってますヽ(・∀・ )ノ
100921.jpg
参加者みなさんの名前が大っ体フルネームで入ってんのに、なんで菊さんそんな…!?w
お金出した(前貸し)人なのに…!!(笑)さっきマジマジ見て爆笑しました。

すごい存在感ある「高橋」も爆笑ですけど。「高橋…!?高橋ナニだよ!!」ってなりますけど(正しくは高橋『コウタ』さんですね、多分)
MANYOさんの名前がないのは私の見落としでしょうかどこかにアナグラムかホログラム加工かされてるんでしょうか…(;゚Д゚)

最後までごちそうさまでした(*´∀`*)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他ゲーム音楽CDトラックバック(0)  コメント(0)
2010'09.10.Fri

【ゲ音団】21曲1,000円の贅沢品

ゲ音団頒布の『GEONDAN レアトラックス Ver.1.0』
夏コミでお友達におつかいお願いしてたんですが、今日無事に受け取りました。よかったーヽ(・∀・ )ノ<ありがとう!

公式からDLしたジャケット、メインのPCの方で開くとどうしても表3の方が黒くなっちゃうので自分で加工しました。スマンです(;´∀`)(ブログ書いてる方のPCで見ると大丈夫なんだけどな~)


【収録曲】
01. 茜~AKANE~ / 天翔る  
02. 小林秀聡 / 恋をしようよ  
03. 古川典裕 / SONAR 85  
04. ヨナオケイシ / Barely  
05. 宮路一昭 / Jam Practice  
06. 坂本昌一郎 / Brionac  
07. 高橋コウタ / G-Radius IV  
08. 小塩広和 / NightVision Phase06 ~Low Snow Rainbow~  
09. 山下絹代 / Our Time Will Come
10. 小渕世子 / flirt  
11. 海田明里 / Love In The Air  
12. 星野康太 / ゲ音団のテーマ  
13. 藤門太郎 / Tokyo Swing  
14. 桐岡麻季 / 西暦2300年の子守唄
15. 下田祐 / さくらブロッサム~GOD mix~  
16. TECHNOuchi / 彩  
17. WASi303 / Asteroid=Manbow from 8bitShmup.  
18. 岡素世 / BOSS botsu  
19. 花岡拓也 / 阿迦奢 (Akasha)  
20. 菊田裕樹 / Physical Love  
21. MANYO / シグナル



の、全21曲。公式PVで視聴してからほしい~、買う~って思ってたので、無事手に入って感慨も一入。
先述通り友人に頼んで買ってきてもらったんですが、頒布場所2箇所あったうちどっちで買ってきてくれたのかな…東方に近い場所でかなり大変だったそうで…(;´∀`)
お盆中割と涼しかったとはいえ、あの猛暑+カオス東方…で、女子に無理させてしまいました。すごくありがとう…!!
虎で在庫販売するようですが瞬殺の予感…!!((((;゚Д゚))))


まだサルモネラ(前回記事参照)で死んでるので、聞いたらまた感想言いに来ます…


100910_104050.jpg

因みに公式さんによると、冬コミ[79]に向けて『レアトラックス Ver 2.0』を製作中だそうです(´∀`*)
秋に参加メンバー発表とのこと。冬は自分で買いに行きたいなぁ…



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他ゲーム音楽CDトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack