--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2014'01.31.Fri

便乗・ゲーム音楽で合唱をo'∀')ノθ

2月らしい寒さの合間に、小春日和な日も顔を出すようになってきました。
こんなにうららか~だと、歌でも口ずさみながらお散歩したくなりますよねーってことで、前回のCCMさん演奏会感想くつ下ねーさん『コーラスで是非聞きたいゲーム音楽』に便乗して、今回は
『合唱で聞いてみたいゲーム音楽』語りですヾ(*´ω`)ノ゙

「ゲーム音楽を合唱で」がコンセプトのCCMさんに是非!というのではなく、「広く一般なカンジで妄想」とお考え頂ければ幸いです(ノ´∀`*)

----------------------------------------------

◆まずは、普通に『歌詞アリのゲーム音楽曲』


Bust A Groove Hiro's Song(lyric)

旧エニックスのリズムアクションゲーム『バスト ア ムーブ』。キャラが歌唱するステージ曲に合わせてバトルするんですが、曲のジャンルが多彩でとにかく楽しい。
『バストアムーブ OST』は未だに私の中の神アルバムです(*´∀`*)
その中から、みんなだいすきリーゼントヘアー・ヒロくんの楽曲「The Natural Playboy」
「合唱」っていうか「歌ウマ男子のカラオケ曲」な気もしますが、このミラーボールが煌くディスコソングだからこそ、ゴスペル風に聞いてみたかったりもします。



(Remake&update)志方あきこ 謳う丘~EXEC_HARVESTASYA

『アルトネリコシリーズ』より「謳う丘」
志方さんの『RAKA』に入っているロングver.です。
架空の言葉を含む多言語を歌詞にした崇高にして壮大な超難曲。デジタルではない、人間の限界を知りたい…!
ただ聴きたいんです。それだけなんです(*´∀`*)



[Game Music] Moon - KERA MA GO (full version)

いつだかCCMの方も「やりたいー」と仰っていた、「KERA-MA-GO」!!
根強いファンの多い名作『moon』の中でも中毒性の高い一曲です。底抜けに明るくてポップな曲調と、幸せ満開になれる女の子の歌声は是非ナマで、「live version」で聞いてみたい!(*´ω`)
moon語と思いきや、実はがっつり英歌詞なので歌いやすいのでは…という。

あとはあれ、CCMさんで「ボンバーキング」歌ってくれたのだから、名人系はあってもいいハズだ!笑
個人的には「Bugってハニー」一押しです。一押しです!!(`・ω・´)
次点「スターソルジャーのテーマ」

----------------------------------------------

◆続いて『(歌のない)ゲーム音楽曲』

考えればいろいろあるんだろうけど、FC世代の「音数が少ない、メロディラインやベースのはっきりしている曲」の方が合唱用に編曲したときに映えるのかなーって気もするので、まずはコレ(・ω・)



Megaman III Music: Snake Man

ロックマン3より「Snake Man」
ロックマン3・4担当の藤田(靖明)さんの曲は全体的にちょいメロディアスなので、歌が乗りやすそうな気がします。
数ある3の中で何故まず「スネークマン」って、掛け合いがすごくキレイだから。
その点では「Gemini Man」「Needle Man」も楽しそうです。



ワイルドカード BGM少しだけ

同じくレトロなワンダースワンより『ワイルドカード』。2001年発売じゃそうレトロじゃないか。雰囲気が漂ってるのはWSCだけだ…(・ω・)

さておき、ワイルドカードは河津神が創り、吉田さんがキャラデザし、イトケンさんが音楽担当した贅沢ゲームなのです。
WSCの音数でイトケン節…!たまらんですね!
イトケン曲は、皆様ご存知の通り「泣きのメロディ」が多い感情豊かな曲ばかりなので、フレージング等ですごく楽しめるのではないかと思います。
で、WS音源は低音のハーモニーが厚いので、更に美味しいのではないかと…!
上の動画には入ってないけど、「真真・最後の戦い」も熱い。

「歌に合いそうなイトケン曲」はやったらキリがないけど、こないだ聞いていて「歌で聞いてみたい!」と思ったのはコレでした(*´∀`)つ



GROOVE COASTER Collaboration: Boss BGM

『パズル&ドラゴンズ』よりボスBGM。
グルコスver.なのは、私が死ぬほど好きだからです!(*´∀`)
後半のこの、流れるように転調して進むイトケン節は是非歌で聞いてみたい!

ともあれ、パズドラさんはアレンジver.も含めた完全版サントラを早く出して欲しいですよ!ね!!(切実)



Nobunaga's Ambition - Morning Bell (Ending)

ラストは、『信長の野望・覇王伝』より「暁鐘」(ぎょうしょう)。
菅野さん作曲のゲーム曲は歌向きの曲多いんですが、こないだ何となく聞いていて「あぁCCMさんにやってほしいなぁ」と強く思ったのがこの一曲でした。

力強く、優しく、心が洗われるような旋律とハーモニーの積み重ね。あぁこれ実機で聞きたい!笑
過去のオーケストラでもフルオケで演奏されています(「オーケストラによるゲーム音楽コンサート3」/1993)。
が、私自身曲自体を知ったのは最近だったこともあり、勿論今、フルオケを生で聴きたい!という気持ちもあるのですが、歌でも綺麗…というかより清廉だろうなぁと思うのです。

弦やフルート等、オケの音が印象的ではありますが、何せ清涼感あるピアノの音がその全てを包み込んだ菅野ワールド。
合唱×ピアノで再構築される菅野ワールドにも浸ってみたいなあっていう(*´ω`*)

『信長の野望サウンド・ヒストリー』『「信長の野望」究極音盤』だと、比較的お手頃価格で聞けますので是非(*´ω`*)

----------------------------------------------

あとはやっぱり歌といえばアイマスちゃんですかね~(*´∇`*)(※完全個人的趣味)
新参Pの私が前置きするアレでもないですが、劇中で歌われる歌はとにかく「楽曲クオリティの高いアイドルソング」なんですよね。
楽しい歌、元気が出る歌、悲しいけど力強い歌…そういう数々のアイドルソングが合唱として生まれ変わるとき、どんな風に感じるんだろう!と想像しただけでワクワクしちゃいますーっζ*'ヮ')ζ


…とまぁ取り敢えずALL妄想ではあるんですけど、妄想は楽しいなってことで!ヽ(・∀・)ノ
妄想ではなく、形にして表現・提供してくださる方々には改めてたくさんの感謝を!

一段落ついたところで、これから私はBASARA4サントラエンコに参ります。
明日はふなばしる!!(`・ω・´)


ブログランキングならblogram にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ やってます*´∀`)ノ
 
スポンサーサイト
その他ゲーム音楽トラックバック(0)  コメント(0)
2013'12.14.Sat

嶺さんお誕生日おめでとうございます!~2013~

さむーいむいむい!(*´σ3`)
すっかり冬ですが、我が家はまだ暖房器具を使っていません!だって東北の 人だもの!

ということで、去年に引き続き
近藤嶺さん31歳のお誕生日おめでとうございます!。゚+.ヽ(。・∀・)ノ ゚+.゚
…むしろおめでとうござい!ました!!

当ブログで改めてご紹介するのも今更ではありますが、今回お祝いしている近藤嶺さんはT's music所属の若手作曲家さんです。
2006年発売の「大神」を始め、「戦国BASARA」・「ベヨネッタ」、最近では「FE覚醒」・「The Wonderful 101」など有名タイトルの楽曲を担当されています。(※共作)
今は、新作ゲームの他、現在放映中(もう終わっちゃう…!)の「ダンボール戦機」の音楽担当としてご活躍中です。
且つ、私が嫁にしたいと日々絶賛愛を呟き続けている大好きな大好きな作曲家さんです(*`・ω・´)ゞ

去年の11月14日もブログにてお祝いさせて頂きましたが、今年の11月14日はついったにてお祝い絵をうpしてお誕生日祝いに代えさせて頂きました。
ブログでは1ヶ月経ってからのお祝いで不甲斐無いです…!(。・人・`。))

(昨年記事◆ 嶺さんお誕生日おめでとうございます!!(●´・∀・)ノシ (2012/11/17)

*♪*---------------------------------------*♪*

131114_a.png

「14日のうちにー!」と思って、帰って来てから一気に描き上げたお祝い絵でした!
裏テーマとしては『2013年11月14日時点で情報公開になっている嶺さんご担当の作品』縛りな感じだったんですが、覚醒があるなら(バイオハザード)ダムネーションもあって良かったなぁでもダムネなんて描けないからいいやー
真ん中は嶺さんのご実家で飼われているぬこさん達でした。(全員は詰め込めなかった…)
描いてる間楽しくてデレッデレでした。うpした後も好評を頂けたので有難かったです(*´ω`*)

ここで一方的なたのしいたのしいは終了だと思っていたのです。
ですが折角なので、今年は思い切って嶺さん御本人にこの募る想いや楽曲への愛を伝えたい…!と、お誕生日祝いと称してメッセージを送ったところ、なんやかんやあって嶺さん御本人のブログでこの拙作をご紹介頂けるというミラクルが

◆頂きもの - 近藤 嶺 official blog
http://blog.livedoor.jp/rei_kondo/archives/51776098.html

なんやかんやの時点で既に死にそうにはなっていたんですが、尊敬する方のブログに実際に自分の絵があることが夢のようで信じられず、師走を前に瀕死でした。
他のゲーム(アニメ)音楽作曲者さん達と比べても、なかなか表に出て来られない方ですし、その人となりを垣間見られるのもブログだけ。私にとってはまさに憧れの天上人という存在なのです。
(※いや本当SNSとかやって頂かなくて大丈夫です(;´ω`人)

なので、こうやって思いの丈をブログに綴り、ゲ音好きの皆に普及し、一人で満足しているだけで良かったのです。
が、この結果に、伝えていいんだ!それが許されるとかなんて有難いんだ!と感激しまくって、冬コミの原稿が相当瀕死なのはいっそ悔い無し…です…!!(`;ω;´)

改めて、嶺さんの御厚情に心から感謝致しますと共に、ご覧になって下さった皆様にも心から御礼を申し上げます…!一生の自慢だよ…!!!

*♪*---------------------------------------*♪*

と、自慢は一旦置いておいて!(・∀・)
今年の春くらいかな?「『好きな人』のCDなら全部揃えようじゃないの!!」と決意を新たに、未所持の嶺さんサントラを収集することにしました。
現行で販売されるものはもちろん、過去作や廃盤になっているものも含め、お財布と相談しながら揃えていくことにしたのです。

131213_b.jpg
(※ダン戦Wと映画イナダンサントラは現在貸し出し中です)(2枚買えばいいんだけどね)

ルキナちゃんの顔隠れちゃったよ。
2013年12月14日現在で集めた、嶺さん関係のサントラです。あんま多くなかったね(・ω・)

何と言っても廃盤でURだからと諦めていた、嶺さんのオリジナルファーストアルバム・『Eternal Mirage』が、定価で手に入ったことが嬉しかった!ヽ(*´∀`)ノ
廃盤ということでプレミア付いてたりで指銜えて見てたんです。でも、在庫が「取り寄せ」になってる通販を2件回って1ヶ月待ってどっちもキャンセルされて泣いて、3件目で無事我が手に!ヽ(・∀・ )ノ 超嬉しかったー!あるんじゃん!
(なので同志には無理して廃盤に手を出さないで、チャレンジしてみて頂きたい…!)

イージーリスニングというよりは「小曲集」です。『AIR』もその前に入手していたので、これでオリジナルアルバムは制覇…!残り二つの四大元素アルバムを待つばかり!ヽ(´∇`)/

あとはやっぱり、『ノスタルジオの風』をプレイ出来たことが大きかったです。
2006年の『大神』より進んだ、2008年の嶺さんの「勢い」や「若さ」、「テクニック」を知ることが出来て本当に幸せな作品でした。
格好良い楽曲もありますが、それよりも、綺麗な曲や趣向を凝らした曲が楽しめるのでファンの方は是非プレイして頂きたいです…!(*´∇`*)

*♪*---------------------------------------*♪*

2012年のお誕生日周辺は、ちょうど『「ダンボール戦機」LBXバトルサントラ』の発売日で、それを聴きながらブログ書いてたもんです。

そして2013年は『ダンボール戦機WARS LBXバトルサントラ』を聴きつつこれを認めていると。(最近殆どこれしか聴いてない…)

無印→W→WARSと追い掛けられるって不思議だし、すごく幸せなことだなぁと噛み締めながら、2014年はアレやコレのサントラが発売されるはずだし、今年手を出せなかったあっち系の未入手サントラを攻めたい…!とムフフしたりしています。
ノスタルジオで味を占めたので、サントラが出ていないゲームもプレイしていきたいです(*´ω`*)

去年は締めに「(お祝いと応援の気持ちを)本人には伝えられないのでwwwの片隅からひっそりと!」などと言っていましたが、よもやこの人伝えちゃってるし…!
しかし今年もwwwの片隅からひっそりと!(*´ω`)ノ

改めて、31歳のお誕生日おめでとうございます!
今年一年が、素晴らしい音のきらめきに満ちた幸せな一年でありますように。

そして来年も、嶺さんの見た風景や感情の詰まった、ステキな楽曲がたくさん聴けますように!
それを受け取れることに感謝しながら、気持ちを新たに2014年も応援させて頂こうと思います。
どうぞご自愛なさって、色んな作品に携わり、美しい音を紡ぎ出していってください!ヽ(*´∇`*)/


来年もきっとしあわせだ!!。゚+.ヽ(。・∀・)ノ ゚+.゚


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ blogram投票ボタン やってますヽ(´∇`)/
 
近藤嶺トラックバック(0)  コメント(0)
2013'04.26.Fri

FE覚醒サントラ(クラニン)の作曲者ひとりクイズ大会(`・ω・´)

いいカンジのタイトルが思い付きませんで。

『ファイアーエムブレム 覚醒』(以下FE覚醒)が発売されたのが2012年4月19日。

クラブニンテンドーの景品として、ゲーム楽曲の中から20曲選んで収録された『ファイアーエムブレム 覚醒 ミュージックセレクション』が登場したのが2012年4月19日同日。(ポイントでの交換は同年10月21日まで)

そして、待望の全曲収録『ファイアーエムブレム覚醒 オリジナルサウンドトラック』が発売されたのが、ソフト発売から約1年後の2013年3月27日。

----------------------------------------------

因みに、私の今一番嫁にしたいゲーム作曲者近藤嶺さんが『「ファイアーエムブレム 覚醒」音楽の一部(約30曲)を担当させていただきました』とブログで発表したのが2012年5月8日。

私3DS持ってませんで、ゲームこそ未プレイですが『ミュージックセレクション』の方を手に入れたのが2012年12月でした。

20曲しかない『ミュージックセレクション』を何度も何度も聞き込んで、『オリジナルサウンドトラック』を発売当日に購入。そしてふと気付いたのです。

「ミュージックセレクションの方さ、作曲者当てクイズ出来んじゃね…?(・∀・)」

130422_fe1.jpg


お持ちの方はご存知かと思いますが、『ミュージックセレクション』の作りは非常に簡素なもので、ジャケットやCD盤面のイラストこそ美麗ですが、付属のブックレットは長方形の紙1枚を正方形(CDサイズ)に畳んだだけのもの。
スーパーバイザー・ディレクター・コンポーザーからのコメントが載っていますが、イコール誰という記載はなし。
(今考えれば辻横さん・森下さん・近藤さんの順なんだと思いますが)

厳選されたという20曲の曲名も、ジャケット裏に羅列されているだけで、どれが誰担当曲かという記載はないのです。

一方4+1の計5枚組特製ケース付き、4000円弱というサントラにしては中価格のフルサントラなら、3名の作曲者が関わって流石に担当記載がないということは有り得ないはず…(・ω・)

ということで、嶺さんを堂々と嫁に迎えるべく、『この20曲の中での「嶺担当曲」を当てよう!!』と、私は10日近くサントラの聴き込みを行ったのです!!(・∀・)ゞ
もともと「嶺さんっぽい曲だな~」と感じた曲だけエンコードしてipodに入れてたわけですが、今その真偽が明かされるとき…っ!!

----------------------------------------------

というワケで、続きから一人クイズ大会ですヾ(*´∀`*)ノ
以下からいきなり回答始めるので、この貴族の遊びを是非体感したい!と言う方はどうぞお気を付け下さい!

(辻横さん・森下さん・近藤さんの中に好きな作曲者さんがいて、フルサントラの方でまだ担当を確認してないという方はやるといいと思います超楽しいから
 ...READ MORE?
任天堂トラックバック(0)  コメント(0)
2012'12.28.Fri

蛇腹楽器のゲ音をめぐる(*っゝω・)っ

私、蛇腹楽器が大好物でして(・∀・)
蛇腹楽器というよりはバンドネオンが大好物なんですけど、先日、近場で『2台のアコーディオンによる音楽世界旅行』というレクチャーコンサート(大学の公開講座的な)があったので、大興奮で参加して参りました(*´∀`)

演奏に用いられるのは、「鍵盤式アコーディオン」「ボタン式クロマティック・アコーディオン」という二種類のアコーディオン。その時点で心拍数が上がります。鍵盤もいいけど、ボタン式っていうのがときめきの導火線です。

実際には、コンサートの前に蛇腹楽器についての講義がありました。
30分強の講義でしたが、これがもう充実しすぎていてヤバかった…(つω`*)

蛇腹楽器には「ダイアトニック式「クロマティック式」という分類がありまして、ざっと紹介すると

ダイアトニック 半音が出せない・蛇腹を縮める時と伸ばす時とで違う音が出る『押引異音』
クロマティック 半音も出せる・縮めても伸ばしても同じ音の出る『押引同音』

という違いがあるわけです。これが楽器ごとにまた分かれていったりするんですが、元々アコーディオンという楽器の起源は中国の「笙」。
そこからヨーロッパに伝わり、改良・発明されたのが現在のアコーディオンの御先祖様。
また、「電源がいらない・持ち運びがしやすい(・口も空くので弾き語りも出来る)」ということで、どんな環境でも演奏が可能なのもアコーディオンのメリットです。
「旅のお供」として大活躍だったアコーディオンは、西洋だけでなく世界各国へ渡り、楽器としても改良・進化し、アコーディオンを使った新しい音楽や演奏スタイルも多様化していったんですって。このあたりはヴァイオリンに似てますよね。

アコーディオンというと、一般的におフランスなシャンソン風ミュージックを思い浮かべると思いますが、他にも色んな種類がございます。

[ヨーロッパ]
・ミュゼット/フランス、パリのダンス音楽。
・ポルカ/中央ヨーロッパから世界に広く浸透したダンス音楽。
・アルペン音楽/アルプス山岳地方のダンス音楽。

[アメリカ]
・ケイジャン/ヴァイオリンとアコーディオンの素朴な演奏でフランス語の歌を歌う。
・サディコ/従来のアコーディオン音楽にブルースの要素が加わった独自の音楽。
・テックス・メックス/テキサス(Texas)+メキシコ(Mexico)でテックス・メックス。アコーディオンとポルカが現地のメキシコ系音楽と融合して生まれた音楽。

[南アメリカ]
・タンゴ/アルゼンチンのダンス音楽。バンドネオンの独特の音色が特徴。


など。割愛したけど、他にもたくさんのアコーディオン音楽があります。
実際に聞かせてもらったけど、アコーディオンという主役は一緒なのに、背景が変わるだけで別の音楽に変わるのが面白かったです。特にアメリカ音楽。

講義によると、アコーディオンを最も活用・重宝したのが船乗り=船夫さんなんですって。
(外界から遮断される航海の際には必ずと言っていいほど携行され、彼らの楽器が海を越えて新天地へ伝わって行ったんだそうです)
「ホーナー(HOHNER)」というドイツのアコーディオン・ハーモニカ老舗メーカーがあるんですが、そのホーナーのブランドロゴが

20121221c.jpg
錨(いかり)なんです!Σ(´□`ノ)ノ

講義の准教授先生が、「僕も今日奏者の○○先生から教えてもらって初めて知りました」と言ってましたw

最後に、会場にズラッと並んだ蛇腹楽器達に実際に触れていい会があったのでハスハス|*´∀`)=3していたのですが、気が付いたらコンサーティーナの撮影会が終わって…て…ッッ!!!
(※コンサーティーナ…六角形のアコーディオンの仲間。ちっちゃくてかわいい。)
コンサーティーナなんて珍しい楽器、直に見られるの早々ないのに!と悔し涙でこっちを撮りました…

20121221a.jpg
バンドネオンもどき……(*´v`)

実際のバンドネオンはもう一回りくらい大きくて構造も違うのですが、じゃあこの楽器は何というのかっていうのは言ってなかったな…
因みに見知らぬお姉さんが弾いてる姿を撮らせて頂きましたv(o´∀`o)v(無論お姉さんの撮影は私が試奏してる間の姿でしたw)

20121221d.jpg
これホーナーのボタンアコーディオン。
バンドネオンもどきもそうだったけど、実際に両手に持って伸ばしたり縮めたりしながら弾くのは見た目より一苦労でした。見た目はすっごく可愛いのにねぇ。

通常外国で主流のアコーディオン等々って、右手側にメロディを弾く鍵盤やボタンが付いていて、左手側はベースや和音を弾く伴奏用のボタンが付いているんです。
でも、小学生の頃に学校にあった・合奏部的なので弾いたアコーディオンって左側何にもありませんでしたよね?

あれは、日本が音楽教育のために左側をベースレスにしたピアノ式アコーディオンなんですって。(そしてちょっとお高い)
確かに音程に合わせた4色(ソプラノアルトテナーバス)があって、キラキラしてキレイだったなー。

そんな風に、国や用途によって出で立ちを変えるアコーディオンですが、今ホンット見た目可愛いですよね!
色も形もカラフルでセンス良くてとんでもないし、オーダーメイドも出来るしで、いや~ぐぐって画像検索だけで楽しかです。

そんな雑学も織り交ぜながら世界各国のアコーディオン曲を披露してくれて、あっという間に2時間が経っていました。
…これで500円は破格すぎだぜ!!レクチャーコンサートありがとう!!!私はこれからも蛇腹楽器を愛すよ!!゚+(人・∀・*)+。

-------------------------------------------

さて、これだけだとゲ音のブログにならないんで!ヽ(・∀・)ノ

私がバンドネオンにハマったのは、サガフロンティア2『Feldschlacht IV』がきっかけなのですが、浜渦さん絡みだとアンリミテッド:サガ『バトルテーマEX』だったり『バトルテーマ4』あたりがバンドネオンですよね。
前二つのインパクトに忘れがちだけど、『マイスのテーマ』も。浜渦さんの使い方は大好き!ヾ(o´∀`o)ノ

これ以外に「バンドネオンのゲ音曲」で分かりやすいのが「銃声とダイヤモンド」。完全にタンゴですね。しかもこれいとうけいすけさんじゃ私買うしかないじゃない…(´・∀・`)
「アコーディオン曲」となると「7〜モールモースの騎兵隊〜」やレイトンや、聖剣(下村女史の)など、哀愁や懐かしさを感じる曲には多く使われてたりするようです。
私のQ-Mex先生もアコーディオン曲作ってたりするんですね、pop'nで(*´艸`)

他にも、普段意識して聞いてないけど時オカの『風車小屋』とかDSぶつ森の『AM2:00』とか。
あと今、FE覚醒MUSIC SELECTION聞いてるんですが、『2.こんなところで寝てると風邪引くぞ』『3.「I」~安』もアコーディオンだった。音の雰囲気バンドネオンかもしれない…。
メロディだけにアコーディオン系が使われてるとスルーしがちだなぁ、と気付きました。
自分で「好きだ!」と意識して聞くのは曲全体・ジャンルでだから(ミュゼットとかタンゴとか)。

ドラマの劇伴等だと「おっ」と気付いたりするんですけど、ゲームだど言われてから「あ~そうだアコーディオン(バンドネオン)だー( ノ∀`)」って気付いたり。どんだけ気にしてないのっていう…

ここまで『アコーディオン(バンドネオン)ゲーム音楽作業BGM集』的なものを聴きながら参考にさせて頂きました(´ω`*)
自分でもいろいろ聴いて、蛇腹系ゲ音探していきたいな~。
聴いたところから、また蛇腹っぽいサントラを集めていこうと思います…!

そしていつかはバンドネオンを買うの!!!。+゚ヽ(*・∀・*)ノ。+゚


 


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
その他ゲーム音楽トラックバック(0)  コメント(0)
2012'11.17.Sat

嶺さんお誕生日おめでとうございます!!(●´・∀・)ノシ

おっと1ヶ月空いてしまった(*´ω`*)
冬コミ原稿中で、書きたい演奏会のレポとか溜め溜めしています。
脱稿する頃にまたゲ音の演奏会があるんだー!がんばらなきゃ!!

ということで!その原稿期間に自分をたかまるくん!にしてくれるサントラを買いました!(*´∀`)ノシ

121114_123609.jpg

『AQUA』『「ダンボール戦機」LBXバトルサントラ』!!!

ついったの方でも呟いていたんですが、勘の良い方ならお分かりでしょう!
そうです!☆*:;;;;;:*☆近藤嶺さん特集です!!!ヽ(*´∀`)ノ☆*:;;;;;:*☆
(つうか「AQUA」の方には名前出てるしね!)

二枚が届くように指定した11/14は、近藤嶺さん30歳のお誕生日でした。
嶺さんと言えば、大神を始め、戦国BASARA・ベヨネッタ・二ノ国・FE覚醒・ダンボール戦機(LBX)などの楽曲を手掛けられた作曲家さんです。
私もそうですが、大神で知って好きになった方は多いんじゃないでしょうか。
荘厳で品があり凛然とした音楽も含め、御本人の魅力についてはまた時間のある時に!ゆっくりと!!語りたいと思いますが!!!
(お誕生日祝いの今語らなければいつ語るんだって話ですけど)

いっや~このLBXバトルサントラが驚くくらい良くてですね!!(*´∇`*)
本編も時間のある時にはちゃんと見てるんですが、その時から(子供向けアニメには勿体ないくらいの嶺音楽…)とゴクリしていました。(これはイナイレの光田さんの時もそう思ってましたが)
LBXはゲームの音楽も嶺さんが担当で、で、いつ形になるんだい!と待ち焦がれてたワケです。

御自身の話によると、LBXのために書き下ろした曲は実際150曲程あるそうです。
しかし今回のサントラに収録されたのはわずか25曲…えっ!?約2割…(全31曲中/うち6曲はOPEDなど)
しかもアニメLBXが放送開始になってから1年半経ってやっとサントラ発売という奇跡…!
今日日、ゲーム発売と同時にサントラも発売とか当たり前になってますけど、やっぱりサントラを出してもらえるっつーことを有難く感謝しないといけないですね…

だから150曲全収録・5枚組5,000円のサントラをBOXでL5さんはよ!!!!


-------------キリトリ-------------

今CDコンポが壊れててノイズが酷くて(´;ω;`)(原稿終わったら買う…)、きちんと聴き込めてないんですけど
すごいなーすごいわーって思うのはいつも『ダンボール戦機メインテーマ』。
穏やかなイントロから入って、僅か4分弱の曲の中であの盛り上がりのある構成、本当に素晴らしいです。
ラスト付近の『崩壊の足音』・『希望と絶望の狭間で』も、夜7時台のアニメのBGMとは思えないほどラスボスっぽくてもう曲がイケメン。
聴きたかった『バトル、やろうぜ! 』も入ってたし満足。ていうか「バトル、やろうぜ! 」っていうノリじゃない。「貴殿と一戦お手合わせ願いたい」くらいの曲のイケメンさ。ずっとイケメンイケメン言ってる。

FE覚醒未プレイなので曲の感じが分からないんですが、自分が聞いてる嶺曲だとベヨネッタ~ドラゴンズドグマ系の勇壮+壮麗+高潔な曲が多かったように感じます。それにちょい明るさ。それがFE覚醒なんかな?(*・ω・)
勿論バトル曲ばっかりじゃなくて、おどけた曲や緩やかな曲も入っているので、目いっぱい楽しめますだよ!ヽ(*´∀`)ノ
TVサイズだけどOPEDも網羅されてるから、アニメやゲームのLBXも普通に好きな人は嬉しいんじゃないかしら。お手頃価格だし。
仕方ないんでPCで聴いてますが、…これは良いオーディオでヘッドフォンで聴きたいヤツですよ!!


もう一枚の『AQUA』も、ストーリー性のあるコンセプトアルバムで、とってもイージーリスニングでした。
どちらもまたきちんと感想綴りに来たいなー!

改めて、嶺さんお誕生日おめでとうございました!
そしていつも身悶えるような、心を穿つ・迫るような楽曲を有難うございます!!!゚+。(ノ´∀`)ノ。+゚
これからも、御自愛の上、楽しみながら素敵な作品を生み出して行って下さい!
(本人には伝えられないのでwwwの片隅からひっそりと!(ノ*)´ω`(ヾ)スキ!)

直近ですが、次は劇場版イナダンのサントラですね…!
嶺さんと光田さんの共作(だと思うの)なんて、相性良すぎてちょっとヤバイ予感…!今日日の子供たち恵まれすぎよ!!!
(実際視聴してるのが大きなおともだちかどうかは置いといてw(´3`*))





にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
近藤嶺トラックバック(0)  コメント(1)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。