--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'12.20.Tue

月と走りながら。

表題は真綾ちゃんの5枚目のアルバム、『夕凪LOOP』より、『月と走りながら』です。
FLYING KIDSの浜崎貴司さん作詞・作曲で、しっとりしたアコースティックな曲調に、切なくも甘酸っぱい気持ちを冬の情景にのせた片恋の歌。

と、なんだか普通のカンジで書いてみましたけど、先日10日にあった皆既月食時にぼんやり考えてた「月」をテーマにしたアニメソングやゲームソングをメモまとめです。今回は【アニメ編】
J-POPならいくらでも検索して引っかかるんですが、こっち系の曲はあまり引っかかってこないですね(´・ω・)
アニソンで一番有名なのは、みんな大好き『ムーンライト伝説』でしょうか。

セーラームーンは「ムーン」と言っちゃってるだけあって、主題歌や劇中歌も月に因んだものが多いですね。
武内直子節全開(作詞)、姫・恋・夢・きらめき全部を詰め込んだ『プリンセス・ムーン』(2代目ED)始め、キャラソンにも「moon」という単語を使った歌が多く見られます。

他にも、個人的に「月」と言って真っ先に連想するアニメは「∀ガンダム」です。ロラン(主人公)がいきなり月の民ですからね。
音楽担当が菅野さんということもあって、すごくハマって見てました。
その中で、月を見上げながら思い浮かんだのはこれ。


月の繭と月(Moon and Moon)

っていうかこれしかないですよね、『月の繭』
奥井さんの浮遊感と力強さを兼ね備えた歌声も好きなんですが、個人的にはやっぱりこっちが好き。


Moon-Gabriela Robin

Gabriela Robinの『Moon』。英詩なこともありますが、Gabriela Robinの繊細且つ透き通るような歌声が神秘的で、壮大な展開の曲に合います。
今回の澄み切った夜空に煌々と輝く月には、文句なく良く合うような気がしました。

それから、タイトルには「月」は付いてないけど、「月」をテーマに歌った∀ガンダム枠はこちら。


Turn A Gundam the Movie OST - AFTER ALL

Donna Burkeさんの歌う『AFTER ALL』
神曲・名曲の多い∀ガンダムの中でもおそらく一番好きな曲です。劇場版のエンディングテーマ。
劇場版見てなかったのに、曲だけでボロボロ泣けたもんね(つд;)

ハープやストリングスで静かに始まる曲はしっとりと穏やかで優しくて、聞く人を癒すように丁寧に進みます。そして、Bメロ、Cメロと進むに連れてドナさんの歌声が力強くなっていく。
サビの「See how~」から曲が一気に盛り上がり、その歌声も段階的に解放されていくのが本当に心地良いのです。それだけに留まらず、その後何度も押し寄せる盛り上がりの、圧倒的な作曲と歌唱の技術。

その曲と歌声の漣は、まるで無限に広がる星空の中を宇宙旅行しているような感覚に陥らせてくれます。
終盤はそっと大切に包みの口を結ぶようにキラキラと煌きながら終わり、先程まで漂っていた夜空を部屋の窓の内側から仰いでいるような印象を残して終わるのです。

あぁそうか、『AFTER ALL』は宇宙旅行の歌なんだなぁ…(*´ω`)
因みに、この曲をDonna Burkeさんがピアノ伴奏などで歌っているライブ映像がつべには良く上がっています。
原曲より気迫に溢れ、カジュアルな『AFTER ALL』が楽しめますので、興味のある方は是非~!


菅野さん繋がりで言えば、こちら(*´ω`)ノ


時の記憶

『ぼくの地球を守って』OVA主題歌(ED)、『時の記憶』
ぼく地球も月が舞台になっているので、今回の皆既月食には当然これが頭を流れました(*´ω`*)

本当に菅野さんはこういう雰囲気の曲書かせたら絶妙ですね。
このシンプルで柔和な曲に、SEIKAさんの少しハスキーでさすらうような歌声が楽器の一つのように相俟って、とっても耳に優しい(*´∀`)
バージョン違いで、新居昭乃さんのスキャットのみ+ピアノアレンジの『月からの祈りと共に』は、更に宇宙感が増してオススメ。(『ぼくの地球を守って OST3 』
あ、↑の作曲に関しては菅野さんですが、ぼく地球劇中の音楽は溝口(肇)さんが担当されてるんですね。

新居昭乃さんの『三日月の寝台』(月欠けちゃってるけど)に始まるサントラも、幻想的にして愛くるしい一枚です。
全然関係ないけど、新居さんと言えば『金色の時 流れて』がぼく地球のサントラの中では1、2番に好きです。『時の記憶』であんな浮遊感のある「静」の曲を作ったかと思えば、こちらは荘厳で重厚な「動」の曲。サントラ、買い直そうかな~。

放っておくと菅野談義しかしなくなるのでこのあたりで(ノ´∀`*)


今、月と言えば「魔動王グランゾート」も思い浮かんだ昭和の子です(`・ω・´)
相方がグランゾート大好きなんですが、『魔動王グランゾートヒット曲集』に収録されている『聖地ルナ』は、聞いただけで号泣できると言っておりました。公平しゃんの各種イベントで弾かれたら生きていけないって言ってましたが(良い意味で)、行ったコンサート等では聴けなかったね(´・ω・)

音源ないから紹介できませんが、今まで紹介してきた「月を羨む」「想いを馳せる」ような神秘的・寂寥感のある曲ではなく、月にしっかり足を着けてその美しい故郷を想うような、温かく優しい、そしてほんの少し切ない曲です。

グランゾートは音楽が我等が田中公平氏ですからね、力漲り冒険したくなるワクワクする曲も、心の優しい場所にそっと触れる『聖地ルナ』のような、ただただ美しい曲も満載なので、機会があれば是非聞いて頂きたいです!(*´∀`)


地球人は宇宙が大好き。中でも、地球に一番近い衛星の「月」は他の惑星よりも親しみやすいこともあって、神話や伝説は勿論、作品や曲のテーマにされることが多いんでしょうな。
・wiki/月を扱った作品一覧

宇宙に行く漫画アニメは、大抵月に立ち寄るもんね。『プラネテス』とかも好きな月モノでした。
今回は触れないけど、今期の『フォーゼ』や過去作の『キバ』など、特撮モノにも月を扱った作品は多いですね。
『フォーゼ』は特に基地がまんま月面だしね(*´∀`)<フォーゼおもろい


そんなワケで偏り気味ではありますが!
次回は【ゲーム編】に行くグリ~(=´∀`=)ノ






にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
スポンサーサイト
菅野曲トラックバック(0)  コメント(0)
2010'04.23.Fri

当時は2,500円だったんだよ

上海万博が間近っつーことで再び良く聞くようになった『菅野よう子「NHKスペシャル 中国~12億人の改革開放~」』のメインテーマ。
ちょっと前に良く聞いたのは北京五輪の時でしたか。よくこの良版良音源を見つけてきたな~と感心したもんです。
しかしメインテーマしか聞かないところを鑑みるに、本サントラではなくて「NHKスペシャル・20年の歴史」の方なんでしょうけどな。

今日も今日とて朝のニュースから聞いたので、引っ張り出して来ました。
100421_095349.jpg

今少なくとも一万円前後からオクに出されてるんですね。
それでも再販やDL販売で値下がりした感はあるけども…DL販売始まる前に中野で見た中古の値段は65,000円だったw
まぁ…自分のこのCDは聞き込みすぎてとても売れる状態ではないので、この話に混ざるアレはない!ヽ(゚∀゚)ノ
とにかく95年当時即ゲットしていた菅野厨の自分GJ

改めて色々見てみると、とても発見が多いです。
・普通にGabriela Robinが中国詞を歌っている
・ライナーノーツに普通に元夫婦が肩を並べている


Gabriela Robinさんはそっち系に現れる人で、こっち系には現れないだろうと勝手に思っていたのでビックリしました。
元夫妻も、さっきwiki見るまで別れたの存じ上げなかったのでビックリですが、ライナーノーツに「この企画(CD)に関わった人達」(多分)みたいな感じでバストアップ写真がワーッと貼られてるんですが、そこに普通に左右ページ対になって、いた\(・∀・)/
溝口さんは全15曲のうちの1曲にチェロのソロ、1曲でプログラミングとして参加してるようです。


肝心の音楽ですが、今更私がレビューするアレでもないので感想だけに留めておきます。
基本的には勇ましくも優雅なメインテーマがあって(以下参照)、その雰囲気をガラッと変えた巧みなアレンジが数曲、そこからまた派生したスピンオフ楽曲的なものが数曲、それとは全く異なったものが数曲、で全15曲です。

音楽そのものも、初っ端の「MAIN THEME」から「THE・菅野節」でグイグイ攻めてきますが、中盤の中国古典音楽のようにゆったりした曲や、アコースティックギターで郷愁を誘う曲も恐ろしいほどの菅野節…90年代後半~2000年代前半で良く耳にした菅野テクニック満載です。

全体的には優雅で美しく、透明感のある綺麗なアルバムです(*´・ω・`*)
日本人が普通にイメージする『昔の中国』…裾や袖のヒラヒラした長い着物を纏った美しい女性が、宮廷内で華麗に踊り舞う…かと思えば、豪奢な衣装を脱いで宮殿の外、星空を眺め遠い故郷に思いを馳せる…。
そんなしんみりした空気も併せ持つ、まさに菅野曲の宝石箱や!!(何故言ったし)
全37分51秒、作業用BGMというよりは、天気のいい日に窓を開け放ってお菓子でもつまみつつ、まどろみながらまったりする時のBGMに最適な気がします個人的に!!

CDが先だったか番組が先だったか忘れちゃいましたが、この「NHKスペシャル 中国~12億人の改革開放~」番組自体も素晴らしかったことを覚えています。
多分前年度前々年度の「驚異の小宇宙・人体」の久石譲BGMが素晴らしくて、その流れで見てたんだと思う。(これも番組自体がすこぶる面白かった。やれば出来る子なのよNHKは)


【菅野よう子作曲 「中国~12億人の改革開放」Op&Ep】


100421_085904.jpg
ライナーノーツの最後はこんなカンジで「この企画(CD)に関わった人全員集合(多分)・三文判ver.」
黒地に金印刷でこの集合体…当時は「おぉ!*゚・:。(・∀・)。・:゚* 」ってなったもんです。
因みに菅野さんの三文判…            …正解は右上から二番目です。






にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ blogram投票ボタン やってます(*´∀`)
菅野曲トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。