2018'05.01.Tue

2月の演奏会客席パートのはなし[ぐろりあん+RdM]

2月に行った演奏会、ぐろりあんとRdMの感想をちょこっと!

ゲーム音楽のあれこれを書くブログらしく(もはや自称)、先の雑記で書けなかったことを少しだけ追記してみます( ´ ▽ ` )ノ

 


【2/11】Gloria Angelicus philharmonic concert


(0211(Sun) 13:30開演@かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール)

先にこっち(4/26)にもちょこっと書いてる。

「ゼノギアス」の音楽をオーケストラで演奏するアマチュア団体、
「Gloria Angelicus」さん、略して「ぐろりあん」の演奏会に行ってました。

180211_glo01.jpg

チラシの挟み込みお手伝いした後、近場でゆっくりランチして、戻ってきたら開場待ちのすごい人でした。
事前予約制だから混雑というほどではなかったけど、自由席だからね、いいとこで聴きたいもんねぇ。
当日券の列に並んでる方もいっぱいいました。

180211_glo02.jpg

左が光田(康典)さんからのスタンド花。皆さんお写真撮ってたねぇ。
作曲者御本人が、非公式のコンサートに宛ててこれだけのお花を用意してくださるというのはすごい。また木札が可愛い。「みなさま」ってのが可愛い(木札好き)

そして右が代表さん宛に、お友達さん(かな?)からのお花。
下世話なこと言うけど、私、このハート×リボンのスタンド花とまっったく同じスタンド花を推しに贈ろうとしてたんす。相場とか知ってるわけで、見た時に「うわっすごい」と余計に思いました。
演奏会開催のお祝いに、これだけのお花を出してくれる仲間がいるってことでしょう。代表さんや運営の想いを心から応援してないと、こんなすごいものほいっとは出せないですよ。

二基のスタンド花はとにかく存在感があったし、この他にもアレンジ花がいくつも来てました。アマチュア団体演奏会の、しかも一発オケ系でお花が来るってすごいね。

180211_glo04.jpg

黒地に蒼と紅の差し色が効いて全体的に宇宙っぽい、クールな作りのパンフレット。

プログラムは、ゼノギアスOSTから抜粋した楽曲で構成・編曲された[第一部]、オーケストラアレンジアルバム『MYTH』全曲による[第二部]、の二部構成でした。
第一部では、ゼノギアスの世界をざっくりなぞりつつも、曲によって編曲者を変えることで、さまざまな角度から「ゼノギアス」を体感できる。

一方、第二部の『MYTH』全曲は、ラストの「SMALL TWO OF PIECES」を除いてお一人による編曲。
みんなが愛するゼノギアスの世界を、いろんな調理法、味付けでこれでもかと何度も味わわせてくれる演奏会だな、と思いました。

残念というか無念なのは、私がゼノギアスに造詣が深くないんだよなーー!!!😭
詳しくないことを差し引いても、演奏も編曲も、会期中の雰囲気も、すべてのクオリティが高い演奏会だったな。

先にも書いたけど、そういう演奏の上手さとか、編曲の多彩さとか、そういう次元を超えて、奏者さんたちが「おんなじ呼吸」になる瞬間が多い演奏会だったように感じます。オケをよく聴く人だと「縦のラインがどうのこうの」って言うんですかね。
客席パートにしかいないのにそういうこと言うのも失礼なんだけど、客席パートにいっぱいいるから言いたいとこもあるんだけど、演奏が上手くてもどこか呼吸が合っていないステージはあります。そうするとうまく没入できなくてムズムズしちゃう。

でも、ぐろりあんの演奏は明確に「呼吸が一緒だな」と思ったんです。
初めは舞台上の響き合いだけだったのが、後半にはホール全体に行き渡っていく感覚。ストーリーを一緒に追いながら緩急を共有する時間・瞬間が、ものすごく心地良かったです。

180211_glo03.jpg

アンコールはアレンジアルバム「CREID」より『LAHAN』。

代表さんのご挨拶の後、「ぜひ一緒に手拍子してください」と曲紹介。
拍の取りにくい民族曲の『LAHAN』。ステージと客席の双方で手拍子して歌って、ひとつになって、終わりを惜しむことも忘れて楽しむ。
これだけ緊迫感の続く濃い演奏会が、すごくいい形で昇華されてました。

アットホームな感じに呼びかけたくせに、賛助のCCMさん(合唱)が相当フリーダム。個性的な盛り上がりを見せてる人がそこそこいた(*´◒`*)
更に、盤石のパーカッション勢の手拍子というか舞踏が普通じゃなかった。笑 いいぞ~、いいもの見たー!

特にCCMさんに関してだけど、そういう「遊ばせ方」がずるくて、ラストのラストに心をギュッと奪われたのでした。CCMさんは30人近くいるから、大勢でのお遊びはよりギュッときますな。

運営や団体、賛助双方がお互いを知り尽くしていて、チーム全体に信頼があるから成立するアドリブだよねぇ。演奏会までの過程がしんどいだけだったら、こんなに「楽しい」で盛り上がれないと思うし。
会場全体がそういう気持ちで満たされるのは、もちろん『LAHAN』という楽曲あってこそだと思うけど。

演奏が終わってからも、ステージ上は演者同士ではしゃいだりハイタッチしたり。
そのままのテンションで少しずつ退場、フェードアウトしていって終演…
…っていうのが、あまり見ない(っていうかほぼ見ない)スタイルで、ホントに10団体あれば10通りの始まりと終わり、演出含め演奏会の物語もそれぞれあるんだな、と改めて感じたのでした😊


ゼノギアスと、光田曲に対する深い想いで満たされた良い時間、演奏会でした。ありがとうございました!

 


【2/25】Ritter der Musik 第4回演奏会


(0225(Sun) 13:30開演@エポックなかはら ホール)

RdMさん感想も、こっち(4/29)でちょこっと書いてる。★

ファイアーエムブレム・ティアリングサーガの曲を中心に演奏活動するアマチュア楽団、『Ritter der Musik』さんの演奏会に行って来ました。

180225_rdm01.jpg
駅直結のエポックなかはら!近い!ありがたい!!

RdMさんの演奏会は、第二回(2013)に行って第三回(2016)は行けなくて、なので2年振りの参加!
近場なこともあって楽しみにしていたのでした。また到着ギリになってたけど…(近場じゃないのか)

全然写真撮れなかったけど、今回も展示すごかったです。いつホールに出ても人がいっぱいでさ…今回は投票する掲示があったから余計に盛況だったのかな。
ゼノギアスもそうなんだけど、一つのタイトルやシリーズに絞ると「本当にそのゲームが好きな人」が多く集まるのがいいよね…。

180225_rdm03.jpg

ifキャラが担当楽器演奏してるパンフ表紙!かわいい~😊

-----------------------------------------------------------------------

唯一の電子楽器であるベースが程よく効いた『聖戦メドレー』、金管の音が伸びやかでキレイだった。
丁寧な木管とグロッケン、キラキラウィンドチャイムにまったり癒された『追憶の窓辺に』。
『正義は何処に』は演奏も編曲も最高だった。限られた楽器で繋いでいくの大変だったろうな。「焔」の迫力を出すのも大変だったろうな。Hrの副旋律最高だった。

『光射す彼方へ』、スレイベルの人力ディレイ好き。コンミスさんのソロはすごく丁寧に紡がれてた。
『荊』ちょっとやって「轟」の『荊をその身に』。そっちもやるの!!?ってビックリした(パンフに書いてあるじゃん)
終盤駆け上がって、もう一段上行くとこがすっごく良かった…!名前出しちゃうけど杏仁さんの荊と同じくらい良かった!(ていうか荊やったの杏仁さんとRdMさんしかないからね…感謝…🙏)

演奏会も終盤、ピアノ連弾による『すべての路の果てに~地』、原曲でも一番印象的な荒ぶるピアノがとにかく頑張ってた。響かせないトライアングルがカッコ良かった。連弾のうちお一人がカム子さんであった。

ラスト、オフボーカルによる『if~ひとり思う~』。
中盤、アクアちゃんのお歌を思わせる切なげなObとピアノ(+Vc)の掛け合いが素晴らしかったです。この終盤にTpのメロディが綺麗な音を響かせてた…!

アンコールの最後は『Fire Emblem Main Theme~RdM 4th Concert Encore Version~』。
「解放」のフレーズが入ってた時の私のガッツポーズね!!(解放過激派)(進撃も遠征も聖戦も好きだけど解放の解放みには敵わないですよ…とっしーさんサンキュー!!!)


180225_rdm04.jpg
A4フルカラーで16Pもある!薄い本じゃないか!!

丁寧で読み応えのある曲紹介。複数人の方が書いてるんだけど、未プレイのシリーズの解説も分かりやすく感情移入しやすかったです。ネタバレ?あぁ…(読んじゃった)

団長さんのご挨拶にも書いてありましたが、決して十分とは言えない人数、メンバーによる楽器編成。
その中で、勇ましい曲をどう鳴らすか、しっとりした曲をどう響かせるか、そのバランスに苦慮しているような演奏も多々ありました。

でも、その難しいバランスの中だからこそクリティカルに気付きやすい。
パート毎の音がきちっと揃えて聴こえてきたり、丁寧に紡いでいたり、という細かいガッツに耳がいって余計に「がんばれ…頑張れ~!」という気持ちになっていました。最後の方もう父兄のきもちになるですよ…だった。

苦心して、工夫した上で、「FEの音楽を楽しもう!」という気概に溢れていました。
終演後のお客さん達の感想も、「○○が聴けるなんて…!」と感激してる方が多くて、舞台上と客席と、同じものを愛するファミリアな空間がそういう心地にさせたのかなぁ、と思いました。


コスプレしてるお友達や皆さんのお写真を撮らせてもらったり隠し撮りしたりしてたけど、それは…一人で楽しもう…(そりゃそうだ)
ステージ上2/3くらいはFE世界の住人になってるのすごかったし、何故か銀髪さんが多めで異世界に迷い込んだ感もすごかったw

帰りはずっと「解放」歌って帰りました。
演奏会も衣装作成も、全部お疲れさまでした!第五回演奏会も楽しみにしてます!😇

-----------------------------------------------------------------------

というワケで、二つの演奏会の感想まとめでした!
この調子でまとめられてない客席パート感想をまとめていきたい…去年の今頃のものから…遠い…


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ ブログランキングならblogram やってます(*・∀・)
 
ゲ音(アマ)/2015~トラックバック(0)  コメント(0)
2018'04.29.Sun

自分に還るインプットの如月[3/3]

めんどくさいことになってきた(自分のせい)

というワケで2月まとめさいご!
間をあけてまた上京した時のはなし。

・2/11 ぐろりあん 
・2/12 ハイキュオケ 二つ前の記事
・2/12 てらベストライブ
・2/14 バーフバリ  前の記事
・2/24 お芝居観に行った
・2/25 RdM     この記事

◆ぐろりあん+ハイキュオケについての日記は👐こちら
◇てらりすとライブ+バーフバリ感想についての日記は👐こちら

\れっつごー!/

 


2/24 観劇@赤坂レッドシアター



180224mad_01.jpg

初レッドシアター。「THE ROB CARLTON」さんの『マダム』(「THE ROB CARLTON 15F マダム」)を観てきました。

ロブカールトンは、京都(関西)を拠点に活動している、「限りなくコメディに近いお芝居と、ホスピタリティに力を注ぐエンターテイメント集団」だそうでして。
評判も良くて、観たいな~とずーっと思ってはいたのです。でも、初めましての劇団さんで遠征はなかなか難しく…(´・ω・)

そしてこの冬、初めての東京進出公演。嬉しくって、すぐチケット取ったのでした。
名入りで予約すると、チケット代わりに名入りのアイテムを頂けるらしく…そっちにすればよかったな~(アイテム自体は頂けます)

今回のアイテムは、劇中でも登場する「ちょっと立派な招待状」でした。
名入り予約した人は名前と、そこに自分の席番号も書いてあるの。オシャレだな~。



一見可愛いようで、可愛くない。笑

上記のお写真の通り、オールメールでの舞台。(皆さん男性です)
ロブカールトンのお芝居は「面白い、笑える」って聞いていて、関西っぽくどっかんどっかん笑いが起きるコメディなのかなと思いきや、やり取りや演技でクスっとさせられて、終始にこにこしていられる。そんな心地良い喜劇でした。

何よりその「笑い」が上品で、あぁこれが『ホスピタリティ』なのかな、と思いました。

-----------------------------------------------------------------------

終演後、小劇場系お馴染みの面会の時間に。レッドシアターはロビーが狭い(っていうか、ない)ので、客席での面会でした。
アンケート書いてるうちに、お着替えした役者さん達がホールに戻ってきて、常連のお客さんはお話したりお写真撮ったり。

最近ついったで話題になったけど(小劇場系のこの『面会』という慣習が集客のチャンスを失っているとか、新規を遠のかせてるとか、そういうの)、私もそう思うんだけど、個人的にはそんなに気にするもんでもないのでは…と思っていまして…

少数派かと思うんですが、みんなが「○○さんだー❤」「お話したーい❤」って空気の中、「あっすいませーん」ってキャストの顔見ながら出て来るのが好きなんです。笑

もし「面会してお話出来るのが羨ましい」っていうのであれば、それは基本的には何回も通ってる人の特権だと思うし。
問題にしている人の気持ちとしては、『羨ましい』よりも『ウザい』みたいなとこのが強いのかな。

キャストが役者仲間のお友達とかと面会してキャッキャしてるの見せられるのとかはすごく嫌ですけど(一息)、普通の面会だったらそんなに気にならないので、自分はスタッフさんにすっごく丁寧に挨拶して出てきます。(ついったにも書いたけど)
いい劇団のスタッフは大概いいスタッフさんです。

役者本人・劇団の皆さんに伝えたいんであれば、今の時代SNSなりメールなりお手紙なり方法はあるしね。
それよりも、今観た芝居が好きだったか、劇団のテイストが自分に合ってたか、気になるキャストはいたか、などなど。自分の中で咀嚼して知見にし、次の観劇に繋げることに注視した方が有益なんじゃないかなぁ。
それは分かってるけどあれどうにかならないの、ってことだから問題になるんだと思うけど。笑


昨年秋くらいから小劇場系の芝居をいろいろ観てきて、『あぁこれ結局「好み」なんだな』というとこに辿り着きました。
すごく評判良い舞台も、結局周囲や劇団自身が盛り上げてるから「評判がいい」のであり、実際観劇して自分のセンスと合うかどうかはわかんない。
好みに合えば嬉しいし、合わなければ良かった探し。

ロブカールトンの笑いを「上品な笑い」と書いたけど、昨年観たコメディの中には「下品な笑い」もあったわけです。下ネタってわけじゃないよ。
そんな脚本演出でも、役者さんの演技力で爆笑をさらえたりするわけで。観たときはすっきりして帰るけど、結局内容がないのに勢いで強引に笑わせるから、後でモヤモヤしたものが残る。
(これも人に寄りけりで、その下品さは気にならない、ファンになった!っていう人もいるんだろうし)

コメディひとつ取っても振り幅があって、劇団や脚本・演出家のカラーがある。
ステージ上だけじゃなくて、対客席、ホール、スタッフ、運営周り、劇団によって対応や空気感が全然違う。
あぁこれ、小劇場系いっぱい観に行かないとダメだ、ってことになって、昨年からいろいろ観てるわけです。

自分の琴線に触れる、相性の良い劇団・脚本演出・役者と出会いたい。お金かかるけど、小劇場系はまだお財布に優しいのでね(*・◡・)

自分にインプットしたい媒体に「演劇」を選ぶのは、単純に「演劇」が好きで、「演劇」が手っ取り早いというのがあるのかもしれません。
水物だから、集中して観てるうちに自分が鍛えられて、爽快な気分になったりもやもやしたりしながらも、即アウトプットするための力に変えられるのがいいよね。


話は戻って、ゲーム・アニメ音楽のアマチュア演奏会周りも似たところあるよね、って話にもなってましたな。

今でこそ挨拶したり話するような知り合いも増えたけど、行き始めの頃は一人ぼっちで、確かに(このグループは何の集まりなんだろう…)ってロビーの色んなかたまりを見て思ってたなぁ。
その『内輪感』がウェイに見えちゃって、不快…とまではいかなくてもイヤだったり怖かったり…。

なので、そういう雰囲気が苦手なんだ~って話は、今でもよく分かります。

終演後の和気あいあいタイムについてだけ言えば、私はチャンスがあればロビーで話し掛けたりついったで呟いたりするけど、基本間が持たないのですぐ出てきちゃうタイプです。
知り合いがいればお疲れさま~ってキャッキャする時もあるし、思い切って知らないけど心惹かれた奏者さんに「良かったです!」って言いに行ったり、スッと帰ったりします。

先の劇団の話同様、スタッフさんに深々と頭下げて出て来たりする。笑

それだと思ったこと全部を伝えられないから、こうやって感想書いたりするんですけど…なかなか…(ノ´▽`*)

-----------------------------------------------------------------------

180224mad_02.jpg

そいえば、レッドシアターの近くに某有名ケーキ屋さんがあったので、せっかくだからと並んでいっぱい買ったんです。
(あっ、相方ちゃんと半分こっこしてます一人で食べてません…それでも多いけど…🍰)
…美味しかったけど、思ってたより普通だったなぁ。期待し過ぎたんかな??

お芝居のこともそうだし、評判のケーキもそうだし。
人様の評価や感想も大事だけど、まずは自分の感覚に素直に、大事にして、いろんなことを楽しんでいきたいなぁと思ったのでした。

 


2/25 RdM 第4回演奏会



FE・TSの曲を中心に演奏活動するアマチュア楽団、『Ritter der Musik』さんの演奏会に行って来ました。

180225_rdm01.jpg
ほっすぃぶりの!むーさーしーなかはーらー!!

これも「演奏会枠」ということで、ぐろりあんと共に別記事で語ると思うんで、ここではちょこっと。

第三回演奏会(2016)の時にお邪魔出来なかったんで、近場ということもあり楽しみにしてたんす。そしたら

コスプレが進化している…

というか、その格好でよくその楽器が演奏できるな…えっ移動するの…
コスプレのクオリティはそれぞれだけど殆どがレイヤーのそれだし、みんなFEキャラの格好しかしてないし、演奏されるのもFE曲だけ。

なので、「キャラクターがFE曲を演奏してくれてる」感が一層強くて、FE好きなら自然と感情移入させられたんじゃないでしょうか。
その中で燦然と輝く…否…存在感のオーブマン…オーブマンてなんだよ……

演奏に関しては、すっごく上手!とかいうのではないんだけど(失礼)、
本当に『FEが好き!』という人達だけが集まって、FE愛を語りながら練習してこの日に臨んでるっていうのが分かるので、(がんばれ…頑張れ~!)って応援したくなります。実際演奏中何度も応援してた!

180225_rdm03.jpg
パンフかわいかった!!!

キャラクターが楽器演奏してるけど、これは実際にステージに乗ってた奏者さんがしてたコスプレ(と担当楽器)なのかな…!
(全員がそうなのかは確認できなかったけど)

お友達の奏者さんに差し入れせな!とメッセージカード付けて、せっかくなので好きキャラも描いて添えたら、そのコスプレで出て来る奇跡!!!!可愛かったよ~~!!!!💕

-----------------------------------------------------------------------

というワケで、先のぐろりあん演奏会とこのRdM演奏会の感想をもすこしまとめて、2月の雑記を締めることにします!

次でさいご!🍀



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogramで人気ブログを分析 やってます(*・∀・)
 
その他演奏会感想トラックバック(0)  コメント(0)
2018'04.27.Fri

自分に還るインプットの如月[2/3]

「2月!いろいろあったぞ!」メモのつづき。

1ヶ月のことをまとめて書こうとしたら長くなったので分けてます。学習しない

・2/11 ぐろりあん 
・2/12 ハイキュオケ   前の記事
・2/12 てらベストライブ
・2/14 バーフバリ    この記事
・2/24 お芝居観に行った ↓次の記事
・2/25 RdM

◆ぐろりあん+ハイキュオケについての前日記は👐こちら

 


2/12夜 てらベスト リリースライブイベント



ハイキュオケが終わった後、寒さに震えながら蒲田を離脱。
次の目的地・渋谷へ!がんばれ!頑張れおれの脚…!!🏃

180212_tera01.jpg
gee-ge.のスタッフさんテキパキしていい人ばっかりだった。

アニメ劇伴→舞台劇伴のライブ!!(※重要)
劇伴と劇伴のライブをハシゴ出来るなんて、いい時代になったものだ…

というわけで夜は、エンターテインメントユニット・「てらりすと」さんのライブへ。
作詞とお歌の新良エツ子さんと、作曲の和田俊輔さんのユニット。個々でも活躍してらっしゃいますが、お二人で組むと、主に舞台に劇伴を提供したりライブしたりするチームに変わります。

今回は、その提供楽曲やオリジナル作品を集めた、ベストアルバム2枚のリリースライブなのでした。

ちょうど2年前に行われた、和田さん個人のサントラライブ。
そちらは、和田さんがキーボードを演奏してるとこに多彩なゲストが参加する、というものでした。
(感想も書きました→これ😊(2016/03/30))

-----------------------------------------------------------------------

今回は、打ち込み音源に合わせてエッちゃんが歌い、ゲストの三國茉莉さんが時折ヴァイオリンを弾き、たまに和田さんがパソコンを確認しに来るというスタイル。笑

しかも、『実際の舞台映像と共にお届けするスペシャルライブ』ということで、関係各位が尽力して許可が下りた映像が全体の1/3くらい?流れます。
いろんなジャンル・劇団の舞台劇伴を多数手掛けてらっしゃるので、当然観に行けない作品もあり…それを映像付きの生歌唱で堪能出来るのは有難いことです。

てらベストに収録されている楽曲は、舞台のオープニングとかメインテーマとか、いいイベントシーン曲とか、今で言うとこのキャスパレだったりするので、どれもこれもインパクトがあってキャッチー。
一回聴いただけで耳に残るし、それぞれの作品世界に一気に惹き込まれていく……

MCやトークコーナーは挟むものの、テンションや声色を変えて2時間近く歌い続けるエッちゃんのパゥワーは凄まじかったです。(お酒も入る)

あと生のエッちゃんはホントに可愛いし砂時計みたいな身体してる(@あめくさん)

180212_tera03.jpg
セトリ!クリックで少し大きくなる。

トークコーナーのゲストには、脚本・演出家の末満健一さんが登場。
こうやって間近にすえみつ氏見るのも2回目だなっていう…(劇場で見たとかいうのを含めればもっと見てるけど)

また和田さんとの出会い・デス電所から現在に至るまで、劇伴発注の話とか盛りだくさんにトークされてました。
すえみつ氏と和田さんとエッちゃんと言えば『TRUMP』シリーズなんで、その制作裏話とか、変拍子がいかに歌いにくいか踊りにくいかの話とか。

「変拍子の話なんて興味ないですよね~?」ってエッちゃんが気を遣って客席に言ってくれてたけど、ご馳走ですありがとうございます。





すごくないですか???

わたし昼にその林ゆうきさんのコンサート聴きに行ってるんですよ???

林ゆうきさん(アニメハイキュー!!)と和田俊輔さん(舞台ハイキュー!!)で、本日はハイキュー繋がりだなへっへなんて思ってたけど、このてらりすとのライブではハイキュー楽曲はやらないって分かってたし(てらりすととしては楽曲提供はナシ)、この奇跡のコンボに気付いているのは私だけだろう…!😌
なんてワクドキしていたら和田さんからのこの!告白!!

一人で勝手にはわわ~ですよ!!
むしろ12日、同ルートをキメた方がいたなら是非お茶から始めたいのでご連絡ください!!!!☕


以前も書いたけど、ちょっとハイキュー音楽の話します。
林さんと和田さんの音楽って全然違うんだけど、「ハイキュー!!」に関してだけは同じ頂を目指しているように聴こえるんです。
アニメ(林さん)と舞台(和田さん)と、別々の地平から「ハイキュー!!」という頂の景色を目指している。そのアプローチが似ているように感じる。

まったく別の劇伴が響いてもいいはずなのに、「ここ」というシーンでは同じ方向を向いて音の世界を繰り広げていくのが、言葉に出来ないくらいすごいなぁと常々感じていたので、和田さんの突然の林ゆうきさん発言にはぴゃっとなりました。すえみつ氏とエッちゃんにはスルーされてたけど。笑


180212_tera02.jpg


大体このライブ、CDアルバム2枚+ライブチケットで計7,500円って、どう考えても価格破壊なんだよなぁ( ◜ω◝ )
(二人の直筆サイン入り20Pの大判ブックレット×2と、全曲解説トーク音源のQRコードまで付いてくるお得感✨)

青い方が「和田セレクション」で、しっとり切なげ優しいバラードが多い"B"
赤い方が「新良セレクション」で、ポップで激しい上がる曲が多い"R"

落ちてるとき、元気出したいとき、いろんなシチュがあるだろうけど、私的には
夜中に聴くのがオススメです!!💪🏼

和田さんの楽曲の振り幅と、エッちゃんの七色の歌声と鬼のような表現力をじっくり味わえる!
そしていつの間にか、てらりすとのめくるめく楽曲世界に浸されてるのです。

全体的に民族系(和も含め)・ゴシック系が強めかなぁ。あと和田さんがアイドルちゃんの曲も多く手掛けてるから、それっぽい曲、アニソンっぽい曲もちらほら。

CDもダウンロード販売も配信もあるので、視聴だけでも是非に!!!!!✨

◆てらベスト vol.2 "B"&"R"特設サイト https://www.terabest2.com/

-----------------------------------------------------------------------

ライブ終演後の物販で、かっわいいバンギャのスタッフさんに「……SideMですか??」って尋ねられて、えっ?😃って思ったらこの日は315プロNightドラマチックミーティングのトートバッグを使っていたのでした!(お気に入り)
可愛いお姉さんはレジェPさんでした。物販のとこだったから長くお話出来なくて残念だったけどレジェなら古論さんが好きですお姉さん!!!🐟

あと、2年前の和田さんライブの時にはお手紙一つ持って行けなくてしょんぼりしてたんだけど、今回はお手紙しっかり書いて誕プレも付けて、ついったでネタにして頂けたので良かったです。大満足!(*・◡・)
和田さんが仕事し過ぎなので、ライブする時間がなかなか取れないんだろうけどまたこういう機会があると嬉しいし、もっとみんなに見て聴いて楽しんでほしい…!


予定入れてたときは無茶したな~って思ってたけど、この2月12日、ハイキュオケ→てらベストライブとハシゴ出来て、本当に本当に良かった。

 


何の予定も入っていない13日は、流石に足腰が逝っていたので静養デーにしました。
で、北へ帰る14日、特急乗る前に~~!

2/14 バーフバリ 王の凱旋



180214_bb.jpg

バリバリバリバーフーバーリー

2017年年末から公開されて、ついったランドで話題沸騰だった『バーフバリ』。
何度か上京してる時に観られないかな~と狙っていたけど、タイミング悪く全然行けなくて「縁がないのかな~」と諦めてました。

と、ロングラン上映+新宿ピカデリー様の特別興行のおかげで観られることに!フルチャン!!👳🏾

予約開始の時にはガラガラだったのに、やっぱり満席だったバーフバリ。すごいな~。
結局上京の最初(キングスマン)と最後(バーフバリ)に新宿ピカデリー様にお世話になるっていう…ありがたや…まんまと会員になったわ。

バーフバリの感想はそこそこで(あ、でもすっごく楽しかったです!北に帰るまでは足痛くなかったから回復効果もあった!)
「称えるほどでも…」と言いつつ、結局辛抱たまらずその晩にはサントラを購入してる始末。1回しか観てないのに、曲聞くだけで該当シーンが鮮明に思い出されるインド映画すごいなぁ。
すごく上がるから映画観て買ってない人はDLした方がいい~。是非好きな言語で!


1~2週間後、短期間でギュッと楽しかった反動が来てメンが落ちてたらしく(膝も痛かったので)、オフトゥンの中で『オープニング』を覚えていました(私はマラヤーラム語!)

『バーフバリ大賛歌』もいいんだけど歌い分けしないといけないしさ…即上がるのは大賛歌の方だけど、オープニングは染み渡るように雄大で、全身に力が溜まっていくのを感じます。何言ってんの…?
とにかく、是非どこかのアマチュア合唱団体氏に歌って頂きたい!!!
大好きなのは『Ore Oru Raja』(飛行船ロマンス)です!

早く「伝説誕生」も観たいなぁ~(観れてない)
しかしインド音楽、公式側YouTubeで映像と共に歌を配信してくれてるのすごいねぇ。


ところで、バーフバリさん(プラバースさん)が、ほぼ毎日会ってる従兄弟にそっっくりだったので、あまりの衝撃に序盤は内容が入りにくくて…
顔の造りはもちろん髪質からヒゲの生え方からそのものだったので、ずっと「(従兄弟)や……」ってうろたえてました。
違うの身長と肌の色くらい。(でも外仕事の人だから近いっちゃ近い)

しかしこっちではバーフバリやってないから、本人がバーフバリさんに似ていることは知る由もないのであった…。

-----------------------------------------------------------------------

というワケで次がラスト!
「お芝居観た編」と「RdM演奏会客席パート編」です!( ´ ▽ ` )ノ



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ ブログランキングならblogram やってます(*・∀・)
 
一般アーティストトラックバック(0)  コメント(0)
2018'04.26.Thu

自分に還るインプットの如月[1/3]

前回の続き。

2月は、痛む膝を気にしながら上京して、いろんなことをギュッと楽しむ月間でした。
てなわけでサラッと。
 

11日にぐろりあん(Gloria Angelicus)、12日にコンサート+ライブを昼夜で予定していたので、せっかくだから~と前倒しで10日に上京。爆音キングスマン(映画)を捻じ込みました。

二作目のゴールデンサークルは地元で観てたんですけど(しかも劇場に一人きり)、なんとなくエグジーに感情移入がしきれなくて…と観た一作目。
ちょ~~面白かったです。さほど爆音ではなかったけど。エグジーちゃん!エグジーちゃん!!って気持ちになれたので大成功でした。

あと…満席だったから、驚きとか笑いとか、みんなの反応が良く分かって…あっ…一人で観る映画とは違うんだ…って嬉しかったです。

一作目観たら、まんまともう一回ゴールデンサークル観たくなった🍔
縄の人が好きです。


以下、こんなことについて書いてます。

・2/11 ぐろりあん 
・2/12 ハイキュオケ   この記事まで
・2/12 てらベストライブ ↓次の記事
・2/14 バーフバリ
・2/24 お芝居観に行った
・2/25 RdM

 


2/11 ぐろりあん



180211_glo01.jpg

「ゼノギアス」の音楽をオーケストラで演奏するアマチュア団体、
「Gloria Angelicus」さんの演奏会に行ってました。(略してぐろりあん)

好きな人が運営に携わってたり、好きな人達が奏者として乗ってたり、編曲やスタッフとして支えていたり、な演奏会でした。
何というか自分も、そういう理由で演奏会に行くようになったんだなぁと思うと、ちょっぴり感慨深くなります。

別記事でちゃんと書きますけど、好きな人や知っている人達が関わっているからという贔屓目ではなくて、参加者全員が同じ方向を向いて同じ気持ちを放っている、「好き」を「伝える」力が圧倒的な演奏会でした。
何言ってるかわかんないでしょ?私もよくわかんないです。笑 でもすごかったの。


お手伝いで、午前中から挟み込みにも行ってました。
常設団体のカラーが出てるチラシ、演奏されるゲームタイトルを押し出したデザインのチラシ、オシャンなチラシ、キャラクター描いてあるチラシ…いろいろ目にすると、(架空の演奏会のチラシを…作りたい…)ってなるよね…\作らないけど/

 


2/12昼 ハイキュー!!コンサート 2018



180212_hoche04.jpg

2017年にも開催されたそうなハイキュオケ。
「めっちゃすごい、とにかくすごいから」と、昨年聴きに行った人から熱く推され+お誘いを受けて、「そんなにすごいなら…」とご一緒してきました。

めっちゃすんごかった。

東京公演の会場は、日本工学院 蒲田キャンパス内・片柳アリーナ。
競技アリーナも兼ねる広い体育館。前方のステージ奥に大きなスクリーンが下がっていて、その前にオーケストラやバンドがズラッと並ぶ。
えっこんな感じで音響大丈夫なの…でも日本工学院様だし…でもこの環境でオケとバンドとぶつからないの…(;´・ω・)

ぶつからない!!PAがすごい!!!!

日向と影山の出会い(アニメ1期)から、VS白鳥沢(3期)までの名シーンが大スクリーンに映し出され、それに合わせてオケ演奏されるって話なんですけどやっぱりPAがすごい。
生演奏じゃなくて口パク(?)なんじゃないのってくらいアニメ映像とBGMが合ってるし、でもソロ回しの時にちょっと生っぽく聴こえるからこれはやっぱり生演奏だ~~~!!!

ストーリーに準えた構成なこともあって、1期は爽やかさの中にカッコ良さが、2期から徐々に飛ばしてきて3期は超速攻で殺しに来る感じでした。
みんな『コンセプトの戦い』の時息してた?しんでたよね???😊

ちな私の林ゆうきさんはGBF(ガンダムビルドファイターズ)からなんですが、「ハイキュー!!」は林さんらしさの中にもスポーツマンシップや青春が詰まってて、アニメが違えばやっぱり路線は変わるんだなぁなんて思ってたんですけど、『コンセプトの戦い』に関してはGBFとの境スレッスレだよね。戦ってるからそうなんだけどね。

あの4分間忘れない…
この年になってあんな感覚になれると思ってなかった…好き……

「ハイキュー!!」に多めな弦ソロが、あの音圧の中綺麗に抜けて飛んでくるのすごいなと思ったし、ベースやドラムのアタック音が割れずにきちんと響いてテンション上げてくれるのもすごいなと思いました。とにかく音のバランスがすごい。
それがきっちり映像と合ってるのもすごい。『PAがすごい』で感動したのは嵐のコンサート以来でした。おかげで自然に涙が溢れるシーンばかりだった…

カッコイイ演奏を決めてくれた豪華な奏者さんたちも本ッ当にすごいし声優さんも関係各位の皆さまもすごいけど、私はこのステージを見事に成立させてくれたPAさんに拍手を送りたいです。


会場内展示もありました。
グッズにもなってる、キャラが燕尾服でおめかししてるパネル。

180212_hoche01.jpg

相方ちゃん推しの赤葦くんを撮って送ってあげました。
「こんな寂しいところに一人で…可哀想に…」と返ってきたので、

180212_hoche03.jpg

「違うよ!!混む前にダッシュで撮りに行ったんだよ!!」と、この写真を。
この状態になるの一瞬だった…
こうなると思って、休憩時間はお手洗いよりもこっちを優先したんだよ…

180212_hoche02.jpg
ねこまちゃんもいました。


しかしま~~本当に、『劇伴音楽』の髄を体験させて頂きました。
「ハイキュー!!」原作自体が素晴らしいもので、アニメ化した映像も音楽も素晴らしいもので、それを生で観て聴いて、映像にぴったりと合っていて、林さん橘さん御本人がステージ上で演奏に参加してるっていう…なんなの…

林さんの音楽なんかは、おプロ様がきちんとやったら一番映えて上がる⤴⤴のは聴く前から分かるわけで…それを想像以上にきちんと再現し体感させてくれて。
私が聴きたくて、見たかった『劇伴音楽のコンサート』が、最強最高の形でそこにあったことに感動しました。
なんなのもう…ホントありがとレジェンドア……

アンコールまで最高でした。
ハイキュオケに関しては、隣の人が泣きながらめっちゃメモってたんでそちらのレポを期待しよう……

-----------------------------------------------------------------------

次は12日夜の「てらベストリリースライブ編」と14日の「バーフバリ観た編」です!( ´ ▽ ` )ノ

全然サラッとにならなかったんで、複数記事に分けよっと!(ノ´▽`*)
一気に書こうとするからダメなんすよ……(※いつものこと)



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ ブログランキングならblogram やってます(*・∀・)
 
その他演奏会感想トラックバック(0)  コメント(0)
2018'04.18.Wed

Spring has come🌸

今年もよろしくお願い致します(4月)

いつの間にか年が明けて、もう4月…
前回から5ヶ月…5ヶ月!!??

お前演奏会も行ってただろ…遊んだりしてたでしょ…一体何してたの…?
に対しての言い訳を並べ立てるブログを、ここから数記事に渡りお送りします。

というわけで改めまして

180106_Jun1.png

2018年も宜しくお願い致します!!!(2回目)

戌年なので描いた、(左から)イヌ美さん+ハム蔵(アイマス)/チビテラスちゃん(大神伝)/アマちゃん(大神)/ヘムヘム(忍たま乱太郎)/Annoying Dog(アンテ)/赤目さん(流れ星銀牙)でした!
赤目さんの存在感がっょぃ(銀牙最推しだから仕方ない🐕)


2017年の秋~冬は、演奏会やライブに順調に足を運べて楽しい気持ちもいっぱい頂いて、感想も書くぞ~とわきわきしていたんですが
(記事のpost数が中抜けしたりしているのはまぁそういう理由です)

年明けからお悔やみラッシュになり、お葬式まわりで調子に乗っていたら膝が逝き、膝が逝くと日常生活はままならず、膝がやられてしんどくて不安なのは初めての経験なもんでメンもダークに染まっていき、メンに光を与えるために上京してお芝居観たり演奏会行ったり…たのしぃ……

春めいてきて気持ちはぽかぽかしても、結局寒いから治り悪いし…切ない…みたいな、そんな上半期でした。

4月を前にして、ご依頼頂戴関連を納品出来たので\よっしゃ/ってなって、ちょっと自分のために時間を使うぞ…と、絵を描いたり、こうやって振り返り文章を綴ったりしています。

気付いてるよ!昨年のいろんな演奏会の感想、まだ全然書き上げてない!!
(1年経っちゃったのもある!!)

ゆっくり…やっていきます……(すぐゆっくりやる)


180106_Jun2.jpg
お年始の我が家のネコはこんな感じでした🐈🐈

出入りする人たちに協力してもらって、昨年から完全室内飼いに移行しています。
ここ不在にしてるうちに、ネコ達にもいろいろあったんですよ~。

黒い方は30分くらいで間違いなく帰ってくるのでたま~~に出す(というかすり抜けて出てっちゃう)
地方の田舎家では難しいことだと思うんだけど、よく順応してくれてます。


まぁそんな感じで、引きこもりなりにいろいろあった数ヶ月を、まとめて日記にしていきます。
絵も文字もリハビリじゃ~(「・ω・)「


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ 人気ブログをblogramで分析 やってます( ´ ▽ ` )ノ
 
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack