--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2017'02.06.Mon

【第一回!チキチキ!ゲーム音楽の素晴(中略)デスマッチ!】に行ってきた(* ゚∀゚)ノ

タイトル、中略しちゃったすみません…(*´-ω・)

というワケで!ダイナ四バンドさん主宰、
『第一回!チキチキ!ゲーム音楽の素晴らしさをみんなで分かち合おうデスマッチ!』
に行って来ました!ヽ(*´∇`*)ノ

170121hs_00.jpg
「しっこく」描こうかと思ったけど、あ~ダメだキン肉好きとしてはこっちを推さずにはでした

前回ダイナ四バンドさん主宰のライブに参戦したのは、2016年初夏に行われた『第一回!チキチキ!ゲーム音楽天下一武道会』(@渋谷)でした。

久々に「飛べ!暴れろ!!」って感じの、ライブハウスでのオールスタンディングライブ。
そのスタイルで大好きなゲ音を満喫できてすっごく楽しかったので、タイミングが合ったら次も是非~と思っていたところに、新春ライブのお知らせが来ていたのでした!

◆前回感想
【第一回!チキチキ!ゲーム音楽天下一武道会】に行ってきた٩(◦`꒳´◦)۶ (2016/8/19)
http://gyuuhi.blog120.fc2.com/blog-entry-290.html

しかも今回は(も)、対バンが豪華!
新進気鋭のバンド、レジェンド的存在のバンドとのデスマッチとくれば行かない理由がないー!
いそいそと予約をしたのが秋冬、そして寒さ厳しい1月になりまして、
強っよ!風つっよ!な中、新宿は歌舞伎町のディープな方へと歩みを進めるのでした……

続きは以下から!ヽ(・∀・)ノ
 
 ...READ MORE?
スポンサーサイト
ゲ音(アマ)/2015~トラックバック(0)  コメント(0)
2017'01.25.Wed

ソシアルナイツの『人馬一体』が最強な件

170121sn_1.jpg

最強なんですよ。

◆ソシアルナイツ・・インテリジェントシステムズのサウンドユニット。
FE覚醒/FEifと音楽を担当した、森下弘生さん(赤/Pf)と金﨑猛さん(緑/Gt)の2人組。

◆人馬一体・・ソシアルナイツによる音楽CD。
2人の手によって編曲・演奏されたファイアーエムブレムシリーズ楽曲が収録されている。

------------------------------------------------------------------

『ファイアーエムブレム0(サイファ)』のキャラバン等イベントでのミニコンサートや、ニコニコ生放送内企画で披露されてきたソシアルナイツの演奏。
それがついに2016年冬(C91)、新曲も加えてCD化を果たす…!

というか、2016年12月初旬に行われた、第7弾発売直前生放送に行きまして。
そこでソシアルナイツ+近藤嶺さんの演奏を生で堪能し、カッコイイ「人馬一体」のPVを見てC91での発売を知ったわけですね。

で、冬コミに行くお友達にお使い様をお願いして無事に手元にあると…ありがたや…ありがたや…!!!(*´人`)(ホントに)


なんか気合いの入り方がすごい。イケメンみしかない。

 

収録曲は以下の通り。

1. ファイアーエムブレム0メインテーマ (サイファ)
2. 戦闘マップ1 プレイヤー側の攻撃 (暗黒竜と光の剣)
3. 黄昏をつれて (if)
4. 遠い夜明け (if)
5. 新たなる光の下へ~ロイの勇気 (封印の剣)
6. 温もりは還らず (if)
7. if~ひとり思う~ (if)
8. 第3章(獅子王エルトシャン) (聖戦の系譜)
9. Beautiful Princess Erincia (蒼炎の軌跡)
10. いつかきた旅路 (if)
11. 「I」~為 (覚醒)
12. 星の在り処 (if)
13. ファイアーエムブレム メインテーマ


170121sn_2.jpg
バックインレイ以外にも、ジャケット内などそこかしこにソシアルナイツが隠れてます。

170121sn_3.jpg
覚醒/if担当のお二人のアルバムなこともあり、ifからのアレンジが多め。

雑感。

PVにもなってる「ファイアーエムブレム0メインテーマ」から、ラストの「ファイアーエムブレム メインテーマ」まで、まったく捨て曲がない。

普通こういうアレンジアルバムって、アレンジの好き嫌いがあるもんです。
カッコつけすぎて原曲の大事なとこを拾ってくれてなかったり、比較して「あ~違うんだよなー」って何となく違和感あったり。
1枚通して聴いたときに引っ掛かりを感じたりすることも多いもんなんですけど、それもまったくない。
(これは人それぞれかもしれないけど、私は今回全然なかったです/それに比べて…あっち…(黙))

「ファイアーエムブレム」を愛し、覚醒/ifの音楽担当として名前を連ねてきたソシアルナイツ。
その中の人が手掛けたことで、心地良くもセンス溢れるアレンジになっていると思います。
正統派アレンジもあれば、原曲とは違う雰囲気のイケメンアレンジもあるけど、その編曲具合がほんっとに絶妙。

ピアノとギターという、少ない音源で演奏されているので無駄がない。しかもニュアンスの伝わる生演奏。録音状態もいいです。
楽器出来る人だったら、耳コピしてカバー出来るんじゃないかなってくらいのシンプルな構成。
それによって、作業中は邪魔せず響いてくれて、聴きたいときはメチャクチャ没入させてくれる。その距離感がすごい。

13曲44分なので、気付くとサラッと1周していて、リピートにしてるとあっという間に時間が経ってたりするのも曲者。


あと、ソシアルナイツ普通に演奏上手い。

------------------------------------------------------------------

※ここから全曲感想になりますので、ネタバレNGの方は…飛んで!(*`・ω・)ゞ

疾走感溢れる「ファイアーエムブレム0メインテーマ」で始まって、穏やかなピアノ伴奏にエレキのメロディが心地良い「戦闘マップ1 プレイヤー側の攻撃」
3和音マーチっぽいアップテンポの原曲が、丘陵から祖国を眺めるような優しい曲調に変わるわけですよ。

ifからの「黄昏をつれて」「遠い夜明け」は割と原曲準拠。
辻横女史のメロディとは違った風合いを、シンプルな編成で改めて味わえます。
「遠い夜明け」は森下さんのピアノソロ。嶺さんがこだわった「白夜」(和)の美しいハーモニーが、丁寧なタッチで紡がれていきます。聴き入っちゃう。

「新たなる光の下へ~ロイの勇気」
溌剌とした原曲から柔らかいアレンジに。ギターとピアノで少しまあるく響きます。癒されます。


ifより「温もりは還らず」
『人馬一体』、どこから聴いても優勝は優勝なんですけど、この6曲目「温もりは還らず」以降はシードでの超優勝。
金﨑さんのギター一本で奏でられる「温もりは還らず」、無理。
金ちゃんあんたすげぇよ最高だよ。

「if~ひとり思う~」問題作。
アレンジの究極さもさることながら、これをアルバムの真ん中に持ってくるセンス、たまんないですね!!!!!
本来はオケですよ、蓮花さんの涼やかな歌声も入るわけですよ。それを…それをこう…!!(泣いてる)

私ついったで『BBFFで言うとこのザナルカンドのアレ』って言ったけどまさにほんそれ、そのFEバージョンだと思います。
ひょっとしたら好き嫌いはあるのかもしれないけど(でもパッと見て嫌いって言ってる方も見てない)、逆にハマったらヤバいタイプのアレンジ。原曲の3拍子がこう活きてこう決まるのか…って震えます。
作った御本人にこのアレンジをやられたら、後続は大概何やっても太刀打ち出来ないような気がします。

みんな大好き「第3章(獅子王エルトシャン)」
中盤までは原曲通りの切ないエルトシャン。ピアノとギターでこれでもかってくらい悲哀を引き伸ばしたとこにカットアウトでアレが入ってきたときの「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」感たるや…!!(崩れ落ちる)
終盤は、本来のソシアルナイツアレンジで格好良く締めていく構成。いやほんっとズルイと思う。

蒼炎より「Beautiful Princess Erincia」
「ひとり思う」~「エルトシャン」でゾンビ化しているところにライブ頂くみたいな(死なない?)、柔らかく心地良いアレンジ。
よくよく聴いてると、ピアノとギターの掛け合いのバランスがすごい。

金﨑さん作曲の「いつかきた旅路」
ここからあいためへ、そしてラストに向かうためのチャージゾーン。小細工なしの真っ直ぐな演奏からじわじわ上がっていくの滾る。

「「I」~為」
「ひとり思う」であんだけ変化球投げてきておいて、こっちはドが付くほどの超ストレート。油断するとやられる、それくらい重くて鋭い。
ちゃんと中盤の「ファ~イア~エームブレム~」のとこまでやってくれます。
ホントに曲はヤバいし、ピアノとギターのみでこれだけ格好良く重厚に攻めて来るのどうなってんって思うけど、結局これが出来るソシアルナイツ仲良しなんだなぁってところに落ちる、圧巻の演奏です。

ifから甲田(雅人)さんの楽曲、「星の在り処」
水の中を揺蕩うような神秘的な原曲。その輪郭が、ピアノとギターの演奏によって少し浮き上がります。
ピアノの自然な残響と、ギターの主張あるリバーブが重なってゆっくり解けていくのがすごく気持ちいいです。
でも、優しくて切なくて綺麗なのはそのまんま。
これは隅々まで心の行き渡ったソシアルナイツの演奏がヤバい。

ラスト、俺たちの「ファイアーエムブレム メインテーマ」
ただのFEメインテーマではなくて、ギターとピアノのユニット!と意識させるような、これまた絶妙なアレンジ。
和やかな演奏なんだけど、勇ましさやレジェンド感はそのままに、最後まで格好良く締めてくれるのホントに素晴らしい。
最後のrit.で、あぁファイアーエムブレム好きだなって再認識させてくれます。


表情豊かな各アレンジ曲を、スピード感あってイケメンな「ファイアーエムブレム0メインテーマ」と、穏やかな「ファイアーエムブレム メインテーマ」でサンドイッチするの、本当に上手いです。
リピートすると、また疾走感溢れるカッコイイサイファのテーマに戻るわけで、そりゃいついつまでも聴いてしまうわけだ~~
意図したのかどうかは分からないですけど、いや上手い構成です…( ・◡・ )♫


音楽的なことやギター/ピアノに詳しい方が聴けば、もっと違う側面からお話頂けるんでしょうけど、私なので感情に則った全曲感想なのでした!(o´∪`o)

 


は~~褒めた褒めた(*´ω`)=3

ついったとかでざっくり感想見ても『神』もしくはそれに類似した感想しか出てこないし、それどころか冬コミや各種イベントでソシアルナイツお二人の人柄の良さまでワッショーイされてるし、
もう…もうなんなの『人馬一体』、ソシアルナイツ!!!!

惜しむらくは、この『人馬一体』がC91限定発売だったこと。
本当に本当に良音源・超名盤だと思うので、遠方のファンのために通販して頂きたい…!

通販に手間がかかるのであればせめて今後の各イベント、大きなところだと2月のサイファ祭2017で販売をお願いしたi…

ってグッズ商品一覧のところに…ない…ないじゃん!?Σ(´・∀・) (※1/25現在)
案の定高値で転売されているので、奴らをギャフンと言わせるためにも、そしていつもサイファを楽しんでいるプレイヤーさん達のためにも、公式側で広く販売してほしいなと願うのでした…

いっぱい売れたら『人馬一体2』が出るかもしれないじゃん…
ソシアルナイツも、もっといい赤緑のネクタイや靴下装備できるかもしれないじゃん…??

ソシアルナイツ+でもいいんですよ…??(超下心)
(第七弾発売直前生放送にて、ソシアルナイツ+で披露された「光射す彼方へ」(貴様ら~も)も、中の人ならではのアレンジ・演奏がとんでもなく素晴らしい永久保存版だったので、それをまた生で拝みたいand音源化されたらステキやんって思うじゃないですか!!!!)

------------------------------------------------------------------

170121sn_4.jpg
仲間内で盛り上がったので、森ちゃん金ちゃん近ちゃん描いちゃいました。
森ちゃん可愛く描けました( ◜◒◝ )♡


ソシアルナイツ+になると、森下さんの装備がベースになるのがいいですよね。
あと、生放送のコメで「ソシアルナイツとジェイガン」って言った人、許さないけど超的確且つモルトベーネセンスだと思います。



blogramのブログランキング にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ やってます(*・◡・)
 
その他ゲーム音楽CDトラックバック(0)  コメント(0)
2017'01.20.Fri

2017年も宜しくお願い致します( ´ ▽ ` )ノ

2017年になって3週間くらい経ってますが、寒中お見舞い申し上げます!!ヽ(*´∇`*)ノ

170120ft_1.png
本当はアイドルを描いてご挨拶としようと思っていたのですが、年末のDQ30周年の番組見たらこっちが描きたくなりました。

喪中のためこのタイミングです!
改めまして、2016年は大変お世話になりました。
喪中に至る忙しなさもあったもんで、更新したりしなかったりでしたが、当ブログにお越し下さった方々、本当にありがとうございました。

昨年よりは動きたいなぁと思いますが既に2016年の遺産が滞っているのでどうなることやら今年も宜しくお願い致します!!!

というわけで、筆ならしにどうでもいいことから書いてみよう!
2016年年末から2017年つい最近までのあれこれをまとめてみます!( ´θ`)ノ

 

※以下、クリックでおっきくなる画像もあります(・∀・)

170120ft_2.jpg
年末、「ポッピンQ」観てきました。

170120ft_3.jpg

170120ft_4.jpg

170120ft_5.jpg

◆劇場オリジナルアニメーション「ポッピンQ」公式サイト
  ⇒ http://www.popin-q.com

東映アニメーション60周年記念作品。
思春期まっさかり色んな悩みを抱えた5人の少女。中学校の卒業式を控えた春、奇跡の出会いを体験する---


みたいな導入から始まる、ここ最近の女児アニメの髄をすべて詰め込んだようなアニメ映画。
近年のプリキュアとかおじゃ魔女とか好きな人は取り敢えず行っとけ、
心に東堂いずみ飼ってるならまぁ行っとけな作品でした。

最初から最後まで作画は美麗で、人物も風景も絶妙な色彩が素晴らしいし、声優さんも上手だし、もふっとした生き物も最高にカワイイ。
が、ストーリー展開は王道で熱くて分かりやすいんだけど、詰め込み過ぎて、観る側を共感させるために肝心な「いろんな悩み」を吐露して何とかするまでの過程がちょっと雑。

そこは私は「絵がキレイなので何とか」カバーしたけど、一緒に観た相方ちゃんは「納得できない」って言ってました。

あと、「ダンスで世界を救う」がテーマなのに、そのダンス曲があんまり上がらない( ˘ω˘ )
曲単体で聴く分にはオシャレな今風のJ-POPダンスナンバーでいいんですけど、せっかくのアニメ映画と合わせた時の高まりはどうか、なカンジがしました。耳に残らないっていうかさ。

でも隣で観てたおにいちゃんは泣いてたので、結局は人それぞれよね。

その後、オススヌされた『ポッピン・ドロップ』という、サイドストーリー本を購入して大事に読んでますが、このお話たちも映画に組み込めてたら優勝だったなぁという感じですね…。

でもまぁ、続編があったら観に行くよ!
(あの終わり方は作らなさそうな気もするけど…!!)

---------------------------------------------------------------------

170120ft_6.jpg
明けて2017年。喪中だけど、毎年恒例の親戚40人↓集合の新年会はやりました。

食べるもの食べたら、若い子は大体みんな移動してゲームしたりしてるんだけど、それぞれが今やってるソシャゲのガチャ引きっこしてる光景が正月だなぁっていう…
物欲センサーのない人に回してもらう、そして出る。

170120ft_7.jpg

遅ればせながら、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』
も、朝イチで観てきました。

これはもちろん、(近藤)嶺さんが劇伴を担当する、同時上映の短編映画『スナックワールド 人嫌いのレニー』を観るために行ったんですがその感想は一回おいといて(つ´∀`)つ

あ~~~妖怪ウォッチ様はさすが妖怪ウォッチ様で最の高でした!!!
ストーリーこそ、一応子供向けなので甘めなとこもあるけれど!
映像・演出・構成何もかもが圧倒的でしたL5め…!!

今回の見どころそして肝は、アニメ⇔実写を行き来するところにあると思うんですけど、これが見事なくらい違和感ないし、目まぐるしいのにきちんと話に付いていけるし、まさに2.5次元に漂って観てるような感覚。

お話の中心となるカナミさん役の浜辺ちゃん、OP特番の時は初めての声優仕事でブッ叩かれてた気がしたけど、今回は言うほどでもなかったような気がしたです。
むしろラストのラスト、実写シーンで元の世界に帰っていくときの表情がすんごく綺麗で、「うわッすごい」ってゾクッとしました。

というか山❤❤人くんの演技が一向に上手くならないよね。


『レニー』は、可愛らしい絵柄の割に元々の設定が結構ハードなこともあって、10分くらいの短編なのにえぐい仕上がりになってました(※本編と比べると)。
気にしすぎなのかな…でも、普通にドラゴンのお母さん人間に殺されて息絶えてるし、助けた主人公は悪い奴らに暴行受けてるし、…エグイよね!!?笑

嶺さんの音楽は文句なしに素晴らしかったです!(*・◡・)
10分の間に、そこそこ曲数があったと思うんですけど…ウォッチッチ本編ももっかい観てもいいし、聴き直しに行きたいな~♬

---------------------------------------------------------------------

170120ft_8.jpg
今年も、ログインボーナスとしてすず音さんを飲んでました。うまし~

170120ft_9.jpg
デパートに行ったらこんな椅子がありました。素敵すぎるけど座ってみる勇気はなかった…

170120ft_010.jpg
デパートのレストランで注文した「大人のお子様ランチ」。全部美味しかった~~!

---------------------------------------------------------------------

…とまぁ、遊んだりなんだりして実家を後にし1月下旬となりました。

あのね、上京する前に「これ、おはぎちゃんのヒゲ」って、家の人から貰い受けた猫のおヒゲを失くしてしまって…
じいちゃんばあちゃんち、長いこと猫は飼ってるけどヒゲを落としたことはなくて、超レアドロップだったのにーー!!
ティッシュに大事に包んで持ってきたのにー!折り紙にたたんで大事にお財布に入れておこうと思ったのにー!何故~!!
…とショックを受けています(:3_ヽ)_

またいつかおヒゲ落としてくれるかな~(´つω;`)


そんな感じで、今年もマイペースにいろんなことを綴っていけたらいいなと思います!
せめて一月に一回は書き残したいです…あと絵もちゃんと描きたいです……

信念を持ち、のんびり参ります!2017年も宜しくお願い致します!(*´◒`*)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogramで人気ブログを分析 やってます( ´ ▽ ` )ノ
 
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2016'12.31.Sat

[第2回]手前味噌フェスティバル

1年に1回の割合ではやりたいと思っていた「手前味噌フェスティバル」ですが、2014年振りの開催になってしまいました。
「次は大体1年後の予定で!」って締めたんですけどね、約3年振りの第2回です。そんなもんです。

[第1回]手前味噌フェスティバル (2014/5/5)
http://gyuuhi.blog120.fc2.com/blog-entry-257.html

自分でも説明がよくわからんのですが、つまり
「演奏会感想ブログを書いたときに、一緒に載っけてる絵をまとめました」の回です。

前回(2014/5/5)は、演奏会感想を書き始めた2013年初春のGAMEバンドさんから、2014年春の公平イトケン「BRASS UP!Z~!!」までをまとめていましたので、今回はそれ以降で!

※私の場合、行った順番で感想を書かないので読みにくいかもしれませんが、仕様です

参ります!!
 


140719t_00.png
2014/7/19 テンプルナイツ交響楽団演奏会 ―今、その物語を語ろう…―
【FFT】テンプルナイツ交響楽団・集結【多摩にすべてを】 (2014/9/19)

FFT一発オケ、「テンプルナイツ交響楽団」さんの演奏会。
FFTっぽくしたくて、演奏会でご活躍だった御三方(左から、MCのゆっきーさん/指揮の三浦王介さん/ラスト花束嬢のEmmaさん)をドットで描いてみました。

ゆっきーさんは登場時の時魔導士()の格好、Emmaさんはオヴェリアを参考に打ったんだけど、王介さんは誰を参考にして打ったのか忘れてしまったな…

ドット打つ時は黒できっちり縁取りするのが好きなので、FFTっぽく色トレスするその加減が難しかったような気がします( ・ω・)
記事を上げた後、「私…ドットになってる…!」って言って頂けたのが嬉しかったな~(stalking)

そして当時一発オケの予定だったTオケさん、第2回(TO演奏会)を経て2017年秋!
「星の調べ」さんとのコラボで、FFTのEX Stageを開催とのことですげーぜ。

---------------------------------------------------------------------

141129an2_00.png
2014/11/29 Orchestra An-Nin 第2回演奏会
Orchestra An-Nin第2回演奏会に行ってきた!ヾ(´ω`*)[1/2] (2014/12/20)
Orchestra An-Nin第2回演奏会に行ってきた!(*´ω`)ノ [2/2] (2015/3/20)

第1回演奏会の感想に続き、ドットでの見出し絵にしてみました。

因みに
[1/2]は【プレコンサート】~【第1部】、【第2部】の感想
[2/2]は「組曲MOTHER2」の【第3部】、【第4部】の感想になってます。


演奏会の半分以上が「MOTHER2」だったということで、こっちもMOTHER2っぽくしちゃおう!とみ~んなマザー風にしました。
ポケモン未プレイのため、赤緑から誰を連れてきたら良いか分かんなくて、絵的に良さげだったこの2匹になってます。

タイトル周りは力尽きた感ありますが、赤が映えて概ねそれっぽく出来たのではないかと…!
ルキナちゃんが可愛くできてる気がします!(*´∇`*)
どうしてもてんさいしゃしんかさんを入れたかったので、無理やりこの場所に入れました。笑

公演時間が長く内容も濃かったので全2回コースになったんですが、1/2と2/2の間隔が3ヶ月開くっていうのは…良く諦めなかったなと褒めてあげたい…

これは第3回(1+2回)の感想書くときもドットになるのかな… …( ˘ω˘ )

---------------------------------------------------------------------

141213tmm_00.png
2014/12/13 THE MUSIC MAGES 6th STAGE
【音魔導士】TMM6thに行ってきたの段!(*´ω`)【エレクトーン】 (2015/1/5)

5thの感想の時(2013/10/7)は、パンフレットを撮った写真を少し加工したような見出し絵だったので、サラッとですが当日のお衣装ver.にて描いてみました(´ω`*)

エレクトーン、厳密にはいろいろ違うんだろうけど、うまいことデフォルメして描くのが難しくて楽しかったです。あと赤いタイツ塗るのも楽しかった!

2014年秋冬は演奏会も感想もすごく詰まっちゃってたので(´>人<)、出来る限り力まずにシンプルに、TMMさんは女性多めのチームなので明るめに柔らかく~っていう感じですな。

---------------------------------------------------------------------

141005fcb_0.png
2014/10/5 FCB 12th LIVE "LIVE in KyouBun"

【メドレガ】FCB12thに行ってきた【1/3】 (2015/1/7)
【ぱーぱやぱーや】FCB12thに行ってきた【2/3】 (2015/1/11)
【この道かわさき】FCB12thに行ってきた【3/3・完】 (2015/1/15)

【1/3】は1面、ハイパーディレクテッドステージ
【2/3】は2面、チープ&マニアックステージ
【3/3】は3面・シンフォニックステージと、4面・ボーナスステージ、の感想です。


2年に1度の大仕事、FCBさんの感想だよ!( ´ ▽ ` )ノ

ご覧の通り、教文で起きた出来事をごちゃっと詰め込みまくって、めちゃめちゃ楽しく描いてます。今見ても楽しそうだもん。
久し振りにDQ5描いたわ~。2年越しで一ヶ所塗り忘れ見つけたけど見なかったことにします。

早い段階でステージ下の構図を思い付いて、そこからは一気に好きなものを詰め込んでいきました。
ふき出しはいつもの星矢のヤツ。ステージ下のワンダーモモちゃんの親衛隊とスぺランカーさんは、ちゃんとゲーム画面参考にしてドット打ちしてます。
最後に何かが足りない…ってなって、空いたスペースに教文さんの看板を埋め込んだらしっくりきました。俺達の教文…!!
トータル色味は地味だけど、FCBさんのエンターテインメント盛りだくさん感が出せたのでは…ないかと…

伝説の樹さん(右下)と、リキを描いて増殖(コピペ)してるあたりに嬉しさが垣間見えますね(*・◡・)

---------------------------------------------------------------------

141103K_00.jpg
2014/11/3 Thanks!Kオーケストラ 第2回定期公演会
【Kオケ】Thanks!Kオーケストラ行ってきた【菅野女史祭り】 (2015/3/11)

このあたりも開催時期と感想順が前後しますがKオケさん感想!
演奏会で取り上げられたタイトル(曲目)のサントラを並べて、∀さんを添えましたv(*´∀`*)v

記事内で、このイラストに関して「ダウトが3箇所あります」と言ってますが
・『Departure』が入っているのは「ブレンパワード 2」の方(写真は1)
・『shiro,long tail's』が入ってるのは「WOLF'S RAIN 2」の方以下略
・『群雄決起』は「戦国群雄伝」に入ってる

が、3つのダウトだったと思います…たぶん(忘れてる)
サントラ買い漏れがあるのはいけませんねーー!(ノ◇`*)

枠線に演奏会テーマカラーのオレンジを使って、最後に色調補正してブルー寄りにまとめました。

---------------------------------------------------------------------

141207cm_00.png
2014/12/8 コスモスカイオーケストラ 第6回定期演奏会
コスモスカイオーケストラ6thに行ってきた(♪´▽`)ノ (2015/5/1)

第5回定期演奏会感想の時も、「ドット×タイトルは光彩」ってのをやったので、それを受け継いでみました。

前回同様、アンコール時にコスプレしてきたおにく先生(アナゼル)をドット化、2nd stageで取り上げた24時間Tもお召しになって頂きました(*´∀`)
右上のキラキラ葉っぱは、1st stageで演奏された聖剣伝説のイメージでぺたぺたり。

絵はなんか爽やかなイメージに仕上がってるけど、演奏会があったのは12月だったんですよね…
---------------------------------------------------------------------

150801cus_00.png
2015/8/1 Concert under the Summer Sky
夏空のモノローグ演奏会に行ってきた(-σ□д□-)+ (2015/8/9)

制作スタッフとしてパンフレットで関わらせて頂いた、『夏空のモノローグ』のコンサート絵でした。

当初はweb用ヘッダイラストの依頼を頂いていたんですが、いろいろあってパンフ担当になりまして。
で、ヘッダ用にラフしてた絵が流れてしまったので、感想の見出し絵として再利用した、という経緯の一枚です。
(なので↑のイラストは、この記事に合わせて縮小してますが、実際は640px*200pxあるのです)

右側の土岐島(町)をラフで描き込んでいた時にパンフのお話が来たので、ヘッダとしての下描きはそこまで。
感想絵に使おうって思った時に色を塗り始めて、いろんな空色が繋がるように描きたかったんですけど……うん、そこそこ難しくて最終的にツリーがあんなだらけた雰囲気でそびえ立っています。笑

でも、パンフという一山を超えた後に描いた絵なので、青空の描き方やツリーの加工が手早く出来て助かりました(*´・∀・) (※当社比)

---------------------------------------------------------------------

150718tg00.png
2015/7/18 EGCミニコンサート 無茶ぶり低音トリオ
【中低弦】低音トリオを無茶ぶってきた٩(・ᴗ・)۶ (2015/8/22)

ヴィオラ/チェロ/コントラバスという、弦楽トリオでの演奏会でした。

公演時期が夏だったこともあり、「奏者3人になぞらえたスイーツを描こう」と思い立ち、かき氷に楽器のクッキーを添えて~みたいなイラストになりました。
爽やかげな背景涼し気な色合いは完全に後付けです。最後までO澤さんを何味にしよう~って迷ってたなぁ。(結局、カフェオレっていうかコーヒー味みたいな感じですね)

右の抹茶かき氷(抹茶アイス乗せ小豆白玉添え)がコントラバスの方なんですが、残像感がちょと足りてなかったですね。

---------------------------------------------------------------------

140803rm_0.png
2014/8/3 ルセッタアミュゼ吹奏楽団 第6回定期演奏会
【祝10th】るーみゅ10周年記念演奏会に行ってきた(*゚∀゚ ) (2016/2/29)

記事自体は、2016年1月30日に行われた、『ルセッタアミュゼ吹奏楽団 10周年記念演奏会』の感想です。
で、そこに付随しての、『第6回定期演奏会』(2014/8)の感想絵です(???)

素材を用意して感想書く気マンマンでいたんですが機を逃してしまったので、10周年記念公演感想にそっと組み込んだというわけです。まさかの1年半越しに感想書くとかそれもう賞味期限的にはどうなのなのでは。

第6回定演パンフの表紙をオマージュした背景に、登場した作品・キャラクターがステージに勢ぞろい!っぽくシルエットを並べました。
ここは大体トレスなんですけど、シルエットだけで誰か分かるってアニメキャラはすごいよね……

右上はアンコールで活躍したももクロちゃん。かわいい(自画じーさん)

---------------------------------------------------------------------

20161016moc_00.png
2016/10/16 オニオン弦楽合奏団第五回演奏会
オニオン弦楽合奏団第五回演奏会に行ってきた(サガフロ編) (2016/11/7)

これが直近の見出し絵ですね。クリックで少し大きくなります。

サガフロ/アセルス編に特化した演奏会ということで、最初は配布パンフレットに寄せた感じで、お花をバーッと散りばめて…耽美な雰囲気のイラストを描こうと思っていたんです。

そのつもりでラフ描いてたら、花を描けば描くほど脳内で「♪ダバダ~ダバダーバ~ダバダーダバダ~…」と、『マリアのフラワーソング』(@勇者ヤマダくん)が流れ出してしまったので捨てました。
因みに勇者ヤマダくんが出てきてしまったのは、この後12月に予定されている、同MoC主催シュデンゲンコンサートのせいでした(*・ω・)

置いといて
見出し絵としては本当にかなり久し振りに描いたものなので、すごくノリノリで描けて気に入ってる一枚です。
『仕立屋のジーナに着目した演奏会』ということだったので、ジーナちゃん視点でのイラスト、それっぽいモチーフをこれでもかと詰め込みました。赤・青・紫という色合いも、キャッキャっと描いてたら上手くバランス取れたし、楽しかった~(*´∀`)

あんまり説明すると野暮なのでしないですけど、演奏会で触れられなかった零姫っぽいモチーフを、最後まで入れるかどうか悩んで、結局入れてみました。
イラスト自体は、◆歳最後の作品となったのでちょっとだけ特別感(*´◒`*)
 

ここまではアマチュア団体の演奏会、

ここからは公式・プロの演奏会まとめです。
 今回は2083主催・協賛の演奏会もこちらに入れてみました。
 


puw0601_0.png
2014/6/1 Playing Uematsu Works! ~CELTIC FANTASY~
【ケルティック】プレイング植松ワークスに行ってきたヽ(*´∇`*)ノ (2014/6/12)

2083が企画を務める『Playing Works!』シリーズ。
この回は「ケルティック・ムーン」を中心にケルト編成で演奏する『プレイング植松ワークス』回でした。

植松さんは描きたいなぁと思って、それなら大木さんも描きたいってなって。でもまあせっかくなら出演者9人全員描くかーと思ったらみちみちになりました(;・v・)

全体的にあったかい雰囲気を出したくて、このくらいのざくざく似顔絵にしました。
出演者の皆さんには一応楽器を持って頂きましたが、有木さん(Key)だけ無理だったので帽子と白眼鏡でごまかしてます。可愛くできた!

ノートみたいなテクスチャも初めて使ったかも。いろんな紙テクスチャを何枚も重ねてそれっぽくしてもしっくり来なかったので、最後にノートの罫線を乗せてボーダーみたいにした上に、ケルトっぽいお花を描いてみました。
DLだけして使いどころがない可愛いフォントなんていっぱい持ってるので、こうやってたまに使えるのが嬉しいです。

今はほぼ使ってないですが、人物はPainterで色塗りしました。水彩のいい感じのムラを残せたので良かった( ´◡` )

---------------------------------------------------------------------

20150403bbff_00.png
2015/4/13 BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO
【吹奏楽】BRA★BRAFF福島公演に行ってきた(*´∇`*) (2015/4/16)

おらが町にFFが!う、植松伸夫が来た~~~!!

ということで、ふるさと感をめいっぱい出すために、まず故郷福島県の輪郭をドットで打って、3つの地域に分けました。
これ結構頑張ったんですけど、カインで隠れてしまいました。笑
地域ごとに柄を可愛く変えられたのがお気に入り(*´∇`*)

あとはご当地モノということで、赤べことハイビスカス(ハワイアンズ成分)を添えました。
赤べこ初めて描いたけど楽しかったわ~。みんなBBFFが自分の県に来たら、ご当地モノとFF絡めてイラスト描くといいよ~。

カインのことチェロ担当にしましたけど、似合うとは思うけどどうしてそこに当てはめたんでしょ。

---------------------------------------------------------------------

20150503pw1_00.png
2015/5/3 Playing Works! Best Vol.01
【4star2015/1日目】PWBestVol.01に行ってきたヽ(*´☆`*)ノ (2015/5/10)

ここからは4star2015三連続!!(・∀・)

おっとまたPWが回ってきたぞ。Vol.01は植松さんなるけさんのゲスト回でした。
アナログ+デジタル、CDやパンフレットの写真を撮って、その上にデジタル絵を合成するってのは何回かやりましたが、その逆はこれが初めてです。

2014年のPWでも、JJFを始め似たようなメンバーを描いてしまったので、さてどうしよう…同じ構図は使えない、しかも今回は9人→10人に増えてるし…!!Σ(´ω`*)
ということで、すっっっごく悩みました。
同じ構図でもいいんだけど、横に10人並べたり2段に分けたりするのは絵的にすわりが悪かったんです…(また楽器も一緒に描きたかったし)

で、実家にいたので、スケッチブックと色鉛筆を買ってきて、アナログでぐるんとU状に描くことにしました。
手描きの風味を残してわざと外した感じに描いて(て、選択出来るほど達者でもないんですけど)、文字入れと修正と色調補正だけPCでシュシュッと。便利です。
もともとの絵が薄かったので、色を整え、主線を浮き上がらせるのが大変だったような記憶があります。

スケブの下に敷いてあるのは4star2015のパンフですね。色鉛筆も4starカラー。

もうねぇ、john*さん描いてるとホント幸せな気分になるんだよ!(*´◒`*)

------------------------------------------------------------

20150503sdgn_00.png
2015/5/3 シュデンゲンアンサンブル in 4star2015
【4star2015/1日目】シュデンゲンアンサンブルに行ってきたヽ(*´★`*)ノ (2015/5/13)

7人のシュデンゲンアンサンブルメンバーをどう表現しようかな、と思ってこんな感じになりました。
なんかね、私にしてはオシャンティに仕上がった気がする!!!笑

女性メンバー3名が赤いお衣装だったので、その赤をポイントにしてから、ターコイズ?ライトグリーン?を補色にしました。
やーもうテクスチャって便利ホント便利。筆記体のフォントも、シュデンゲンとかこっち側の方々じゃないと使えないので、組み合わせるのが楽しかったです。
ただ何回描いても弦楽器は上手くならないね~(ノ´▽`*)

あと、残像してるのは描いてる私でも酔うので、あんまり長時間は見ない方が良いです。笑

因みに、「レイヤー複製」→「片方の透明度を下げる(合成モードはそのまま)」→「ずらして重ねる」、という手順で作っているのでホントに「残像」なのです。
所謂分身であり、ぼかしたりはしません。

------------------------------------------------------------

20150504pw2_00.png
2015/5/4 Playing Works! Best Vol.02
【4star2015/2日目】PWBestVol.02に行ってきたヽ(*´☆`*)ノ (2015/5/28)

PWVol.02は、菊田さん光田さんをゲストに迎えてのバンドライブでした。

手描きでふわっと仕上げたVol.01と、どことなくアートチックにできたシュデンゲン。
その2つとはまた違ったシャープな印象の見出し絵にしたくて、最初っからこの背景の幾何学三角パターンを用意していました。しかも4starっぽい配色のフリー素材があったので拝借。

複雑で鮮やかな菊田光田楽曲を背景で表したとこに、デフォルメした奏者さんたちを載せることで、ポップなグルーヴ感を滲ませることが出来たのではないかな~と思います。

俯瞰で描いたおかげでスペースに余裕があり、今回は有木さん(Key)にも楽器があります。良かったです。

---------------------------------------------------------------------

tsukemen_150706a.png
2015/7/6 TSUKEMENファン感謝祭
TSUKEMENファン感謝祭に行ってしまった(´v`♪) (2015/7/13)

CD買ってハガキ出したら当たってしまったTSUKEMENファン感謝祭。
初めて生で見る御三方、見た目も中身もキャラ立ってて楽しかったので描きたくなって描きました。笑

チャルダーシュの時に着けていた、色違いのふわふわショールを繋げた感じで描こう!と思い、色塗りの時に少しずつ境界を馴染ませる作業が楽しかったです。
TSUKEMENさん本体も、そこそこ似せて描けたと思うのですがどうでしょう( ・◡・ )♫

背景のドットは、確か赤・青・黄にいちいち塗り直してたような気がします。頑張ったぜ。

---------------------------------------------------------------------

141228fc_00.png

2014/12/28 
【和楽器】ファミ箏第三回演奏会推して参る(*/・ω・´)ゞ (2015/9/8)

ラストはファミ箏さん!えぇと…8ヶ月以上寝かせてからの感想でした()

プレイング植松ワークスで人物にPainterを使ったと言いましたが、こちらも和楽器の塗りはPainterです。水彩機能で大神っぽくしたかったのね。(なのでイッスンがいます)

背景も二種類使ってます。赤いのだけだと浮いちゃうので、雅な雰囲気を足すのに下部の金縁青海波を持ってきました。
鮮やかな千代紙素材と和楽器が、バランス良く馴染んでくれたので良かったです。

題字は、既存の和文フォントだとどーにも味が出なかったので、段位持ちの同居人に書いてもらいました。
筆ペンの墨が切れていて、筆っぽいサインペンでお願いしたためにすごく文句言われました。笑

こういういかにも『和!』って絵が描けるのも、和楽器だけの演奏会だからこそなので有難いし楽しいですな( ´◡` )

---------------------------------------------------------------------

というわけで、2014年4月~2016年11月までの見出し絵でした!(*´v`*)ノ

もちろん他にも演奏会・ライブ等いろいろ行っていますが、まだ感想書けていない記事もあるし、見出し絵自体を付けなかった記事もあります。
今回はイラストまとめの記事ということで!

普段ぼんやりしてるとなかなか絵描かなかったりするんで、こうやって機会を作って絵を描いて残して、振り返れるというのは有難いことなんだなーと改めて感じました。
絵を描いてる時間の分、感想自体を上げるのが遅くなるのがネックだし本末転倒なんですけどね。
でも原曲聞きながら色塗ったりしてる間に、頭の中で演奏会思い出して文章組んでるのでまぁいいかなと。

まだまだ文章に力が無いので、感想にイラストをくっつけることで少しでも興味持ったり読んで下さったりする方がいて、「こういう演奏会があったんだ、こういう団体があるんだ」という『知るきっかけ』になれればいいなぁ、というのはいつも思っております(*´∀人)


そんな感じの第2回でした!
次回はもうちょっと早めにやりたいです!そのためにもいっぱい演奏会行って、いろんな絵を描けますように~!っとその前に感想!(`・∀・´)



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ blogramで人気ブログを分析 やってます( ´ ▽ ` )ノ
 
その他演奏会感想トラックバック(0)  コメント(0)
2016'12.21.Wed

サガオケ!とミュ黒執事に行ってきたよ( ´θ`)ノ【生執事編】

前回記事の続き~。
『生執事』部分が思ったより長くなってしまったので、大人しく分けることにしました(๑´ڡ`๑)

『サガ オーケストラコンサート 2016』を聴きに行って来ましたよ~部分はこちら。
◆サガオケ!とミュ黒執事に行ってきたよ( ´θ`)ノ【サガオケ編】 (2016/12/20)
 http://gyuuhi.blog120.fc2.com/blog-entry-293.html


続きには、ミュージカル黒執事劇伴のことを主に、一応ここゲ音ブログなのでアニメ版サーカス編光田さんのことにも触れて感想連ねております。

 


│ミュージカル「黒執事」 ~NOAH'S ARK CIRCUS~
│2016/11/23 (Wed) 17:00 start @TOKYO DOME CITY HALL
│東京:11/18~27 福岡:12/3~4 兵庫:12/9~11 愛知:12/17~18
│原作:枢やな
│脚本:竜崎だいち・毛利亘宏/演出:毛利亘宏

-------------------------------------------------------------

ミュージカル「黒執事」 ~NOAH'S ARK CIRCUS~ (※音が出ます)

枢やな先生著の漫画・『黒執事』を原作とした舞台です。
初演は2009年5月。第4弾となる今回は、人気の「ノアの方舟サーカス編」を基にしたお話。

過去作はDVDで観てたんだけど、なかなか生で観に行けなくてですね…(生執事なのに)
この第4弾に、私の一番の推しと相方ちゃんの推しが出演するってことで観に行かない理由がなく、ようやく念願叶っての観劇になりました、というわけです。

20161123saga_04.jpg

案の定10分くらい遅れての入場になってしまいましたが、それも見据えて後方のお席を取っていたのでした( ˘ω˘ )

流石にオーチャードホールでのオーケストラを堪能した後で、TDCの舞台用音響は耳に堪えたけども!
今回の生執事は、「黒執事観たい」「好きな役者出る」の他にもういっこ、生で観たい理由があったのです。

劇伴!( ´ ▽ ` )ノ

今回の劇伴(音楽)担当は和田俊輔さん
2009年初演時の音楽担当が和田さんだったのです。(この時は「音楽舞闘会」という冠も付いていましたが)
(この後、第2弾は岩崎琢さん/第3弾は坂部剛さんが音楽担当を務めます)

(みんな和田さん知ってるでしょ?のテイで書いてますが、最近のお仕事だとハイステワンピースタワーのライブのやつなど他多数いっぱい。ハロプロ関係の舞台の音楽担当もされたりします。
来年2017年の新作に、ハイステ春とナルステが控えてらっしゃいます)

和田さんってだけで観に行く理由の半分を占めるのに(場合によっちゃ7割)、7年の時を経て、再び生執事の音楽を手掛けるとかめっちゃロマンあるじゃないすか……

-------------------------------------------------------------

で、2時間↑観てきてどうだったんですかっていうと、
「黒執事」の世界観を表現する曲も、賑やかなサーカスを表現する曲も、今回のサーカス編のドロッとした背景を表現する曲もぜーんぶ、もういいカンジにダークに煮込まれてて最高でした。
ダークな中にロックありバラードあり、頭振りたい曲あり。インドの人達出てくるので、異国風の曲やポップな曲調もあり。
音源(楽器)の使い方やコード進行なんかで、大分「あっ和田さん」て分かるようになってきました(*・◡・)

・冒頭の契約時の曲が古川くんの歌に合いすぎててすごい
・ファントムハイヴ家→タウンハウスへの場面転換、シームレスでの劇伴変化は震えた
・PVとかで何度も聴いてるのもあるけど、サーカス曲はやっぱりカッコイイ
・ドールちゃんソロは何回聴いても泣ける
・セバスチャン×ジョーカーのとこは演者二人の力量もあって圧倒的で死人が出る
・セバスチャン×ビーストちゃんとこの入りはLILIUMを彷彿とさせてたまらん
・使用人vsサーカス一軍戦のシーンはかなり好きな感じに作ってるんじゃろな~なカンジ(´ω`*)
・「すべては明日に」がすごい


『さあ夜が明けるすべては明日に』 (※歌詞です、曲名は円盤待ち)
1幕終わりとラスト、カテコで流れる楽曲。
ゲネ映像やプロモーションで流れる、ジョーカーきっかけのサーカス曲とコレが、今回の2大メイン曲なのかな~と勝手に思ったりしてます。

今までの和田劇伴でメインを張る曲の中でも、メロディは抒情的でなく、音も旋律も真っ直ぐでダイナミック。そこに歌詞が乗るので、ますます直線的に客席に届く。
でも編曲がとにかく繊細でテクニカルで、「ストレートなキャッチーさで印象に残す」けれど、「飽きさせない」、ズドンとした一曲になってるなぁと感じました。
構成や編曲なんかは、完全にこっちの黒い系の人が好きなタイプ。

冒頭のセバス曲は中盤のビースト曲に展開してたりするので、個人的にはバリエーション枠かなぁ。

どの作品・劇伴に対しても平等に愛情や技術をかけてらっしゃると思うし、どのお芝居で音を聞いても同等に感じてはいるつもり、いるつもりなんですけど、やっぱり7年振りの『黒執事』に対する、気合いや凄味は感じました。
作品に対してのオーダーや曲数、インストか歌モノかでも違うだろうから、ファン風情が一概には言えないわけですけど。

大千穐楽同日、同じく劇伴を担当されてた「チア男子」も楽日だったんですよね。
友達もすっごオススメしてたので観に行きたかったな~。ダイジェストPV的な動画が上がってたけど、こちらはまた全然異なる趣の、\cherr!楽しい!明るい!/な、アップテンポでダンサブルな音楽。

和田さんて引き出しが多いから、作品ごとにアプローチをガラッと変えて来たりするので統一性を見出すのは難しいんですが(年間の提供作品数が多いので、まず追い掛けるの大変だし)、その中でもキラキラした「芯」を見つけると嬉しくなります。どの劇伴作家さんでもそうですけどね。

来年もそこそこに、色んな舞台を観に行こうと思いました!
やっぱり劇伴は、基本劇場じゃないと聴けないんだな~。

-------------------------------------------------------------

あっ、今思い出したけど、アニメ版のサーカス編『Book of Circus』の音楽担当は光田(康典)さんだったじゃんね!
なんなら私20周年光田さんライブで「黒執事」の音楽、生で聴いたよね!(・∀・)

…ということで、ここからは今『Book of Circus』(2014)のサントラ聴いてみての感想プラスになりますが
(※そして、本当に勝手な私の推察になります)

光田版のサーカス編は、本当に『綺麗』な音楽が並んでいます。

殆どが、光田曲の代名詞のように美しく繊細で、本作の「光と闇」を表現するが如く妖しくて哀しい。
それらの曲たちやサーカスのように飄々とした曲が、オーケストラやミュゼットで優雅に奏でられたかと思えば、聴き馴染みのあるフィドル、ギター、イーリアンパイプスやティンホイッスルなどのケルト楽器が、牧歌的な「丘の向こう」を見せてくれたりします。
いろんなジャンルの楽器・音楽だけでなく、透明感ある女声も多用されていました。

今回のミュ黒執事には女性コーラスなかったんですよ。つまり新良のエッちゃん(新良エツ子さん)の声です。
パンフの「音楽制作協力」欄にお名前はあるけど、今まで聴いた劇伴ほどヴォーカリーズ要素はなかったように感じます。

和田さんと言えばエッちゃんの声だし、この手の世界観の舞台でエッちゃんの声を活かさないなんて、今までを振り返ってもちょと考えられない。
「ないなぁ」と思いながら聴いて観てましたが、ひょっとして「わざとアニメ版を意識させない」作りにしたのかなぁ、と思いました。
(ミュージカルだから声を控えたとも考えられるけど、エッちゃんの声を使った歌劇の劇伴は今までいくらでもあるのでそれは考えにくい)

今作こそ、クール且つ鮮烈な楽曲が多めでしたが、本来和田さんも、美しくて綺麗な音楽を聴かせてくれる作家さんです。
でも、「黒執事サーカス編」というテーマから想像しやすい世界からわざと遠ざけて、アニメ版と相反する曲調で「光と闇」を描く、今作のような楽曲になったのかなぁと。
どちらもアニメ/舞台それぞれの世界に合っていたので、だから何だって話でもないし、もーこれは私の勝手な妄想なんですけどすみません。

-------------------------------------------------------------

そういや、アニメではもちろん、今回の舞台版でも歌われた『丘を越え彼方へ』(over the hills and far away)は、イギリスの愛唱句(伝承曲)/マザーグースのお歌なんですね。
アニメ未見に加え超不案内なので、後から調べて知ったんですけど。

だから、アニメ版でも舞台版でも同じ旋律だったのか~とひっそり感激しました。
既にアニメ版を観ていて、舞台版観た方はどんな風に感じたのかなー。
「『あの』歌がきたー」ってなるんでしょうか。

大千穐楽のラストシーン、この『丘を越え彼方へ』を歌い上げて、こちら側へ言葉にできない笑顔を向けるジョーカーさんの佇まい、歌声、その刹那。本当に本当にすごかったです。
ジョーカーさんの、醜悪で卑劣で複雑で、だけどすべてを愛おしむような感情が真っ直ぐに溢れ出ていて、目も耳も離せなかったし、気付いたら泣いてたです。


細かいところは円盤待ちですね…りょんりょんのお歌はアンクちゃん以来に聴いたので()、今回生で聴けてホントに良かったです。
ミュージカルってこともあって、数回しか観てないのにお歌は結構覚えちゃうしアタマ回るんですが、最終的に回ってるのがスネークちゃんの歌っていう……シャーーッ

-------------------------------------------------------------

「生執事」の中身について言えば、ゆんセバス(古川くん)観られて嬉しかったし素晴らしかったです!!!
生で観た時は歌唱と佇まいに圧倒され、LVで観た時はその細やかな表現力、物腰、セバスチャンとしての全てに惑わされ、でした。

三浦のりょんりょんも、流石超ゲストとして招聘されただけあってこれ以上ないジョーカーさんでした。上にも書いたけど、絶命する間際の笑顔のアップ、あれきちんと円盤に入りますように。
サーカス団の皆はホントに一流陣で、だからこそ大楽挨拶には泣かされました。
終演後のケルヴィン男爵との家族写真もずるいでしょ……

そんでアンダーテイカー役の和泉さんのオーラが凄すぎた。好きすぎる。
(あとはもうここで書くような内容ではないので割☆愛)

11/23に東京公演観た時は、凄惨な悲劇だし、伝わりにくいとこもあって「いい舞台だった!」って手放しでは言い難かったんですけど、12/18の大千穐楽をライビュで観たら「最高」になってました。
役者さんの演技そのものに加えて、歌と、音楽と、まさに「ミュージカル」で登場人物の生き様を伝えるステージに昇華されていたように思います。

生執事すごかったです。ありがとう!!!

 


大楽LVが今年の舞台観納め・推し観納めでした。
2016年は2015年の倍も観劇してしまったので、2017年は少し抑えなきゃなぁ…と思いつつ、もう手帳には公演予定がいっぱい書いてあるのでした!つらみしかない!!!



blogramのブログランキング にほんブログ村 音楽ブログへ やってます٩( ᐛ )و
 
観劇トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。